ローズ



 「ソウルパワー…今が使う時なのね!」

     初出作品: ストリートファイターZERO
     出身地: イタリア
     生年月日: ????年7月3日
     身長: 178cm
     体重: 54kg
     スリーサイズ: B96 W57 H86
     血液型: 不明
     好きなもの: シェリー酒、入浴
     嫌いなもの: 紫外線、早起き
     特技: タロット占い
     ファイティングスタイル: ソウルパワー
     キャッチコピー: 神秘操る蟲惑の眼 (ZERO3)、運命のカード (IV)
     CV: 宮村 (ZERO・ZERO2)、根谷美智子 (ZERO3等)、田中 (CFJ)、渡辺明乃 (IV)

ストリートファイターZERO』シリーズから登場したキャラクター。『THE KING OF FIGHTERS』のキャラクターについてはアーデルハイドを参照。
後に『CAPCOM FIGHTING Jam』、『NAMCOxCAPCOM』、『ストリートファイターIV』シリーズに参戦した。


キャラクター設定

表向きはイタリアのジェノバで占い師を生業としており、よく当たると評判になっている。
しかしそれによって逆恨みをされてしまう事もしばしばあるようだ。
自らの精神力を力に変える「ソウルパワー」の使い手であり、これは悪意や憎しみの無い「サイコパワー」とされ、互いに対極にあるとされる。
強大なサイコパワーを用いて世界征服を企むベガの野望を防ぐ為、闘いに身を投じる事に。

初出作となった『ZERO』から『ZERO3』までに、ベガとの因縁を含め、度々設定に矛盾が生じているキャラクターである。
+ローズとベガの関係の変遷(長いので折りたたみ)
まず、『ZERO』のバックストーリーではローズにかつてソウルパワーの修行を施した師の話が出てきており、
「いつか必ず、お前は戦いの場へと足を向ける事になる。
 ……忘れるな、「ソウルパワー」はお前にとって、強力な武器でもあり、克服できぬ弱点でもあるのだ……」
と、将来の彼女の過酷な戦いを予告しており、ローズはその後、邪悪な意思の力による大きな災いを感じ取る。
それは「ソウルパワー」のようであり、彼女のものとは全く異質の力のようにも感じられた。
徐々に増大するその力の持ち主を軍服の男・魔人ベガと特定した彼女は、ベガを封じるべき相手として認識する。
しかしベガの方は、『ZERO』のローズ側ストーリーでは「やはり来たか。同じパワーを持つ者同士避けられぬ戦いだ」と
認識しているのだが、一方でベガストーリーでは「ほう……ソウルパワーの使い手がまだいたとはな」と言ったり、
『ZERO2』では「キサマか……このベガ様にこざかしいメッセージを送っていたのは!?」と語ったりと、
まるでローズとはちゃんと面識が無かったような雰囲気の発言も見られる。
また、『II』の頃のベガの設定に「かつて有名な師範に師事しサイコパワーを学んでいたが後に師を殺害」というものがあり、
『ZERO』のエンディングで「ローズが倒された今、サイコパワーの伝承者は、ベガひとりとなってしまった」
というメッセージがあったため、ベガとローズは同じ師範に師事していた同門同士なのでは思われていた時期もある
(これに関しては上記のメッセージの食い違い等からややはっきりしておらず、少なくとも作中では言及されていない)。
また、ローズの師匠とベガの間には何らかの過去があったらしい
(ゲーメストムックVol.47『ギャルズアイランド スイートメモリー』の開発者インタビューより)。

……のだが、『ZERO3』においては ベガがローズにソウルパワーを伝授したかつての師 と明言されている。
「師範とベガの両方から学んだ」「実は師範とベガは同一人物だが、何らかの理由で悪に染まってしまった」
「ローズのかつての師の体をベガが乗っ取ってしまった(肉体のみ師範)」等、幾つかの推測があるものの不明である。
また『ZERO』『ZERO2』ではソウルパワーにサイコパワーを封じる力があるような設定があったのだが、
こちらも『ZERO3』以降では見当たらなくなっている。
これについても「『ZERO2』のエンディングで封印した際に、力が失われたのではないか」という説がある。

いずれに関しても「時間軸的に矛盾するキャラクターや設定が存在する為、『ZERO3』はパラレルワールドの出来事」という見方もあるが、
これに関して公式には未だ明確にされていない

 『ZERO』のエンディングでは死力を尽くしてサイコパワー共々ベガを打ち倒すも(結局は復活してしまうのだが)、
 力を使い果たしてしまった反動でその場に崩れてしまう。
 『ZERO2』でもベガを倒すものの、一抹の不安を感じて引いたカードによる占いの結果から、
 未だベガのサイコパワーが完全に封印出来ていない事を悟る。
 『ZERO3』ではベガを倒しかけたものの返り討ちに遭ってしまい、瀕死の所をガイによって救われるものの、
 倒したベガの魂がローズに承継されてしまう…という、全体的にやけに悲劇的なエンディングを迎えている。

「求めすぎれば自分を失う どうか間違えないで」


なお『ストIV』においてもベガとの師弟関係に関しての詳しい設定はされていない模様。
本作でのローズの設定は、大半が『ZERO3』のものを反映しているようである。
ベガの暗躍を止める為にリュウやガイとの接触がある所からも、それが見受けられる。
…が、対戦画面中の表情が少々ふとましくなってしまい、『ZERO』シリーズからのファンをどうしてこうなったと嘆かせている。
キャラ選択画面のバストアップやオープニング、エンディングのアニメ絵では普通の美人さんなので、
尚更ゲーム中のごついモデリングとのギャップが激しい。

+『ストIV』『スパIV』における自身のストーリー内容 ネタバレ注意
『ストIV』ではベガと戦い勝利した直後に意識を失ったようで、目覚めた時にはシャドルーの基地の外に倒れていたと語っている。
その後カードによる占いからベガの生存を予感し、中々終わりの見えない闘いに再び歩んで行く事に。
エンディングではセスを倒した直後にベガが自ら接触して来る。
どうやらローズ本人に自覚はないが、彼女には先の闘いでベガによって注入されたサイコパワーが内在しており、
それを回収された後に意識を失ってしまう。
触れられた時に彼女が見た「恐ろしい事」の中には、セスの生産過程や、バイソンのエンディングで登場した謎の少年が映し出されていた。
セスはともかく、謎の少年の方は今後何らかの伏線と成り得るのかどうか…。

『スパIV』ではベガと同じ業を持つ自分では完全に倒し切る事は不可能であると悟り、
それを成す事が出来るリュウを希望とし、その時が来るまで出来得る限りサポートする事を決意する。
エンディングでは生死を彷徨っていたらしいが、ガイの呼び掛けにより目を覚ます。

ちなみに、前作や今作でもこの様に、協力者やら身を案ずる者としてしょっちゅうガイとの接点があるが、
小野プロデューサーによると「『ZERO』の同人誌でガイとローズが絡んでいるのを頻繁に目にしたから」と答えている。
その大本を辿れば、『ZERO2』のガイの乱入キャラクターとしてローズが現れ「(ガイに)心の迷いがある」と指摘したのが、
二人の関係性のルーツではないかと思われる。

の後ろに数多の屍が見える、人の定めを超えた豪鬼の運命は見えない、サガットの運命がリュウと出会った事で変わった等々、
人間の運命を見抜く能力は健在のようである。ダンの勝負運は見えないらしい。

『V』では本人は登場しないが公式サイト内コンテンツ「シャドルー格闘家研究所」で「最近弟子を取った」と語られ、その後新キャラである弟子のメナトが登場。
こちらは水晶玉とソウルパワーを操って戦う。
ただ、今でこそ礼儀正しく真面目な性格となっているが、
初期設定では師匠に破門されているだの、師匠を裏切り暗殺するだのと物騒な案が出ていた。

「人は生まれつきの星だけに従うのではない あなたなら新しい星を見つけられるわ」


彼女の元ネタが『ジョジョの奇妙な冒険』第2部に登場するジョセフ・ジョースター達の師匠リサリサというのは有名な話。
「超能力を操り、マフラーを武器に格闘するミステリアスな美女」という説明だけでは、どちらを指しているのか不明なくらいそのまんまである。
ちなみに入浴好きなのもリサリサと同じ。しかし出身は何故か彼女の弟子であるシーザーと同じ。どういう捻り方だ。
また『ZERO3』のシークレットファイルには、水面に浮かぶオールの上に立つ彼女のイラストがあるのだが、
これはそのまんま原作でリサリサが初登場した際に取っていたポーズである。
更に『CAPCOM FIGHTING Jam』では、デミトリミッドナイトブリスを喰らうと リサリサと同じ服装 になる。
また、極稀に(何を間違えたのだろうか)エンヤ婆らしき婆さんに変身する事もある。
そして『ストIV』にて初登場したウルトラコンボ「イリュージョンスパーク」は、相手にマフラーを巻き付けてソウルパワーを流し失神させる技。
オーノーだズラ おめえもうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ」
『ジョジョ』第2部の熱烈なファンならば、10人中10人が呟いてしまう程のまんま過ぎるオマージュであった(攻撃後の決めポーズも似てる)。
ここまでくるとSNKのに匹敵するレベルと言わざるを得ない
…とか言ってたらアニメ版のリサリサの声が『CAPCOM FIGHTING Jam』のローズと同じになってしまった。もうリサリサでいいや。


『CAPCOM FIGHTING Jam』のエンディングでは何とラスボスであるパイロンを封印している様子が描かれている。
原作では度々失敗してきた封印能力だけに、汚名返上と言えるシーンであった。

『NAMCOxCAPCOM』では、戦闘ではやや扱い難い技が多いものの、スキルには優秀なものが多い。
またスキルを使うのに必要なMPを敵から吸収出来るスキルがある為、MPを多く持つ敵が現れた場合には非常に心強い。
ストーリー開始時にはベガの手に掛かって既に死亡しているという設定で、
ジューダスやアーマーキングらと同じくブラックワルキューレによって甦らされ、物語に関わっていく事となる。
ちなみに作中で彼女が占いをすると碌な結果が現れないのがお約束。まるでどこぞのRPGの占い師のようである。
頼むから占わないで下さい…。


キャラクター性能

『ZERO』シリーズ

飛び道具の「ソウルスパーク」に突進技の「ソウルスパイラル」、
対空には投げ技の「ソウルスルー」を持つといった形の少々変わった波動昇龍タイプ。
『ZERO』シリーズ全てを通じて火力とリーチに優れ、おまけにスピードもそれなりにあるというかなりの強キャラ。
特に『ZERO2』においてはその仕様から最強キャラの一角に君臨していた。

彼女の特徴とも言える必殺技「ソウルリフレクト」は、『ストリートファイター』シリーズで初の飛び道具反射技であり、
そして格ゲー初の「飛び道具吸収技」でもある。
この技で飛び道具を吸収すると自分のスーパーコンボゲージが上昇し、
更に『ZERO』シリーズでは吸収した回数に応じて1発だけ、次に放つ「ソウルスパーク」の威力が上昇するという性質がある。
しかもオリジナルコンボ中はこの効果が 持続する という恐ろしい仕様があり、
最大限まで飛び道具を吸収した状態で「オリコン→ソウルスパーク連打」を行えば、
相手の体力を一瞬にして大量に奪い去る事が可能であった。

またスパコンの性能もかなり優秀。
中でもよく使われる「ソウルイリュージョン」は、自分と同じ動きをする分身を作り出して相手に連続でダメージを与えるという、
ユンの「幻影陣」の原型になったとも言える技。
ただ分身の効果を受けるのは打撃のみなので、飛び道具と投げ技の威力は変わらない。
『ZERO2』ではこの技に「ソウルスパイラル」を併用すると、異常なまでのダメージを与える事が出来た。

流石にこのままではまずいと判断されたのか、以降では技の性質は全体的に下方修正された……が、
『ZERO3』において彼女は、体力ゲージを半分持っていくX-ISM対応スーパーコンボ「オーラソウルスルー」を引っさげてきた。
レベル1では「ソウルスルー」と同じ対空投げだが、レベル2では小技から連続技に、レベル3やX-ISMでは近距離から連続技に組み込める。
…まぁ同威力のスパコンを持つキャラは他に幾らでも居るし、結局オリコンの方が強いというのも他のキャラと同じなのだが。

『IV』シリーズ

「ソウルイリュージョン」がなくなったものの、「ソウルスパーク」や「ソウルスパイラル」の隙を軽減出来るセビキャンとの相性はそこそこ。
通常投げの間合いが広く優秀だが起き攻めがあまり得意ではなく、また飛び込みもイマイチで大きなリターンを望める局面に乏しい。
優秀なバクステやスライディング、一通りそろった必殺技等で試合を制していく、立ち回り型のバランスキャラとなっている。
『スパIV』から追加された「ソウルサテライト」は攻撃判定のある飛び道具が自分の周りを回転するウルコン2で、
威力は全ウルコン最低ながら発生が早く無敵があった為に切り替えしに非常に優れており、
ローズの最大の弱点であった起き攻めへの耐性の低さを補っていた為、安定度がぐっと増した。
だが、あまりに安定して起き攻めを回避出来た為か、『スパIV AE』では発生鈍化+無敵削除で切り返しにはほぼ使えない性能に。
さらにコンボに組み込む事も難しくなってしまった。ただし、セットプレイや立ち回りの無責任発動等、強力なウルコンである事には変わりない。
しかもローズの調整は弱体化だけであった為に補う物が何も無くなってしまった為、評価がガクッと落ち込んでしまった。
2012verでは近中Kがノーマルヒットでもコンボが繋がる、スパークのゲージ回収量増加、
EXスパイラルがノーマル版よりダメージが高くなる等の調整がなされ、ローズのネックである火力不足がいくらか解消された。
また、ソウルサテライトは発生が早くなりコンボに組み込めるように戻った代わりに、セットプレイに使いづらくなる等、
一長一短の調整がなされ、総合的には中堅下位~中堅程度と目されている


MUGENにおけるローズ

+如月銃駆氏製作 SNKスタイル
  • 如月銃駆氏製作 SNKスタイル
4ボタン式のローズ。
動画で主に見られるのは、こちらのローズに青村氏のAIを導入したもの。
立ち回り・反応共に優秀であり、中々の強さを誇っている。
一時期公開停止され入手困難であったため、動画での出番自体は少ない。
現在は再公開されているので今後の活躍が期待される。

+Beximus氏製作 MVC風アレンジ仕様
  • Beximus氏製作 MVC風アレンジ仕様
現在は公開停止により入手不能。
アバレッタで有名なBeximus氏による物。
先述の「ソウルイリュージョン」を使って小足から相手のライフを9割奪う事も可能になっている等、かなりの高性能である。
また、超必殺の演出が強化されていたり「エリアルレイヴ」が使えたりと完成度が非常に高い。

+Fido氏製作 MX仕様
  • Fido氏製作 MX仕様
現在は入手不能。
ブロッキングやジャストディフェンスを搭載。氏のMXシリーズ共通のシステムを持つ。
エフェクトが非常に綺麗。

+varo_hades氏製作 P.o.t.S.氏風アレンジ仕様
  • varo_hades氏製作 P.o.t.S.氏風アレンジ仕様
MUGEN1.0専用。システム周りはP.o.t.S.氏(PotS氏)風で、『ストIV』の要素も組み込まれている。
通常のローズモードの他、マジシャンモード、マスターモードが存在し、それぞれ使用出来る技が異なる等の相違がある。
AIはデフォルトで搭載されており、そこそこの動きを見せてくれるが、昨今の強さがインフレしたAI相手では厳しいと思われる。
本来の『ストリートファイター』に近い6ボタン仕様で操作ができ、かつ完成度が高いローズは珍しいため、人によっては待望のキャラと言えるだろう。




「私はただの占い師 あなたの敵ではないわ…」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー