趙雲




「フゥ!ハッ!!」

  趙雲 (ちょううん、ピンイン: Zhao Yun(ジャオ・ユン)157年? - 229年)は、
 中国、後漢末から三国時代の武将。
 字(あざな)は 子龍 (しりゅう、zi long(ツーロン))。
 常山郡真定県(現在の河北省石家荘市正定県)の人。
 封号は永昌亭侯。諡は順平侯。子は趙統・趙広がいる。父と兄の名は不詳。

五虎大将軍の一人であり、五人の中ではもっとも後の年代まで生き残り活躍している。
ただし実際は位が低く、いわゆる五虎将の中では格下だった。
演義ではイケメンとして描かれているが、記述によると実は二重顎。
……まあ馬超や劉備の妖怪的容姿表現を見る限り、昔の中国人はこういった容姿をイケメンだと思うのかもしれないが。
横光三国志ではルックスがドカベンだったりもするし、何、気にすることはない
また若武者のイメージが強いものの、年齢的に考えると終盤は黄忠に勝るとも劣らぬ「老いてなお盛ん」っぷりである。
ちなみに劉備よりも年上だったという話もあったりする。
史実でも演義でも関羽張飛と比べると極めて優等生な人物で、計略の知識や三国情勢の正しい見解を持つなど完璧超人っぷりを発揮する。

一方で戦功という点では華やかな物が多い関羽・張飛・黄忠に比べれば地味な物が多く、裏から手助けをしている事が多目。
とはいえその手の裏方が重要な事は極めて多く、五虎大将軍の中で孔明がその死を嘆いたのは趙雲一人だけである。
(関羽と張飛と黄忠の死は劉備が嘆いている。馬超ェ…
与えられた任務を何でも無難にこなして行く事から、諸葛亮からはよほど信頼されていたのだろう。

あえて問題点を挙げるなら、後年まで息子がおらず(それも趙雲の死を報告に来ただけ)良き後継を育てる事をしなかった事くらいである。

真面目で弱点もなくキャラが壊しにくいためか、MUGEN並みにカオスな三国志プレイ動画が多数存在するニコニコ動画では逆にネタにされにくい。
ちなみに、趙雲のエピソードは注釈版に付けられた『趙雲別伝』からの記載が多く、
「趙雲別伝とは趙家の家伝を改編したものではないか」なんて意見もあったりする。
ただ、上の二人と違いあっさりしすぎているが故に逆にそつの無さを浮き彫りにしているとも言えなくは無いが。

KOEIの三國志シリーズ及び三國無双シリーズでも、常に正統派のイケメンとして描かれている。
特に前者における能力は極めて高めに査定されており、『Ⅲ』では曹操をも差し置いて周瑜ともども総合値トップを誇った。
(曹操がトップでなかったのは陸戦と水戦の能力がⅢのみ分けられていたのが原因だが)
後者においても格ゲー時代からの皆勤賞。オープニングムービーの殺陣はシリーズ通してのお約束。
担当声優は小野坂昌也氏。同シリーズでは諸葛亮孔明も兼任している。
今でこそ三枚目役で定着している小野坂氏のイケメンボイスが堪能できる貴重な役である。

しかし同社が出版した爆笑三國志2で「趙雲ロボット説」なんてネタを書かれているのは意外と知られていない。
ちなみにこの本の発売時期は1992年と、戦国BASARAどころか三國無双さえ影も形もなかった時期である。
BASARAの発売後にこの本の復刻版が出ているが、
「余所があれくらいやるならうちもこれくらいやってよかったんだな」と思っての戦略かどうかは定かではない。
無双の発売時期次第では趙雲はホンダムみたいなことにされていたのでは、と想像すると恐ろしい話である。女性ファンの反応的な意味で。
とか言ってたら魏の曹仁が「5」以降ロボット風の外見になって「仁ダム」呼ばわりされるようになったり


格闘ゲームにおける趙雲

格闘ゲームとしては1993年に台湾の「熊猫軟體股扮有限公司(Panda Entertainment)」によって制作されたPCゲーム
SangoFighter(正式名『三國志 武將爭霸』)』、および1995年に発売された続編の
『SangoFighter2(『武將爭覇2』)』に登場。

初代では「五虎大将軍」の一人としてストーリーモードにプレイヤーキャラとして登場。
2でも表紙に登場する主人公格の一人。
同作一のイケメンキャラで、初代のストーリーモードのキャラ選択画面では関羽を差し置きセンターである。


MUGENにおける趙雲

『武將爭覇2』の韓国語版を元に、General Chicken氏の製作したものが存在する。
鎧を身にまとい、剣を居合斬りのごとく抜いて攻撃する。
攻撃力はそれほど高くないが、居合斬りを連発して無数の斬撃を飛ばす必殺技はヒットするとかなりのダメージを与えられる強力な技。
CPUは一旦スイッチが入るとこれを連発してくるので非常に厄介である。

出場大会

出演ストーリー