人造人間16号


「お前たちが騒ぐから、小鳥が逃げてしまった……」

キャラクター概要

鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及びアニメ『ドラゴンボールZ』に登場したキャラクター。
セル18号らと同じく、レッドリボン軍の残党であるドクター・ゲロによって孫悟空を抹殺するために造られた人造人間。
しかし、強大な力を持ちながら自然や動物を好む優しい性格であった事から、ゲロに失敗作と見なされいずれ作り直すつもりで封印されていた。*1
後に17号と18号が彼を目覚めさせ、しばらくの間行動を共にする事になる。

トランクスのいた未来では起動しておらず、トランクスは16号の存在を知らなかった。
また、セルも16号の事は知らなかった。

アニメやゲームにおける声優はユウキリオン・マグナスヒイロ・ユイなどと同じく 緑川光 氏。
また、同じく緑川氏が演じるパイクーハン(『ドラゴンボールZ』に登場したアニメオリジナルキャラ)も肌が緑色だったりする。
『ドラゴンボール改』で緑川光氏が演じる天津飯も服が緑色。
緑だから緑川なのだという声まである。偶然なのか、それともわざとなのか…。

17号・18号やセルのような人間の組織を使った人造人間と違い、機械のみで造られた完全なロボットタイプの人造人間である。
緑色のプロテクターを纏った巨体にモヒカンと見た目は厳ついが、争いを好まぬ温厚な性格をしている。
悟空の少年時代の友達であるハッチャン(人造人間8号)の倍の数字であり性格や体格などもやや似ている。
ゲーム『Sparking! METEOR』のifストーリーでは少年時代の孫悟空を抹殺しようと時を越えて現れ、ハッチャンと激戦を繰り広げる。
また、その際にハッチャンは「8かける2は16…俺より強そう… でも俺逃げない!! ソンゴクウ守る!!」と答えている。
…やはり数字は狙っているのだろうか?

形式は17号・18号達と同じ「エネルギー永久式」。
気功波などは出せないようだが、そのパワーや身体に仕込まれた機械兵器の破壊力は非常に高く、
第1形態限定とは言え力を取り戻したセルと互角以上に戦えるほどである。
ちなみにこの時点のセルは、一般人の生体エネルギーを大量に吸収してパワーアップしているため、
既に17号や神様と融合したピッコロすら一蹴する程の実力がある。
驚くべきは、これほどの強さの人造人間を一から造り出せるドクター・ゲロの頭脳や技術力、だろうか。


劇中の活躍

セル第2形態に敗れた際にボディを破損するも、クリリンの弁護もあり輸送先のカプセルコーポレーションにて修理を受け復活。
「孫悟空を抹殺する」という当初の目的は生きているため、悟空個人に気を許してはいなかったが、セルを倒すという共通の目的のため、セルゲームに挑戦する。
非情に徹する事の出来ない悟飯を見かねて、セルにしがみつき自爆を試みるものの、自爆装置は修理を受けた際に外されていたため不発に終わってしまった
(ドクター・ゲロが16号の再起動を異様に恐れていた最も大きな要因が、この爆弾であったとも言われている)。
その隙を突かれセルに返り討ちにされボディを失うものの、残された頭部のみで悟飯を説得。

だが、最終的にセルにより頭部も踏み潰され、完全に破壊されてしまった。
それを見た悟飯はついにブチ切れ、超サイヤ人2へと覚醒するのだった……。

……以上。 彼の出番終了
これほど重要な役回りだったにも関わらず、以後の出番は 全く無い
純粋なアンドロイドのため、神龍の力による復活は出来なかったとか、あの世にも行けなかったのではないかとも言われた。
しかし、『ドラゴンボールGT』では電池切れで動かなくなったメタリック軍曹や、ベジータに破壊された人造人間19号が復活していたため、
完全な機械製のキャラクターであったとしても死人としてあの世へと送られたり、特殊な力によって蘇る場合があるという事が分かる。
ってかそうじゃないと彼女が可哀想な事になるし、そもそもハッチャンはブウ編で一度破壊されているはずだが復活した事が確認されている
にも関らずこの扱い…。しかも、ある意味(悟空にとってのクリリン的ポジション)ではセル撃破における最大の功労者であるのに……。彼が一体何をした。

一応、PS2ソフト『ドラゴンボールZ3』のメニュー画面では、青年悟飯や悟天などブウ編のキャラが乗った車にちゃっかり乗っている姿が確認されている。
また、アニメ版では16号が復活している可能性を示唆しているシーンが存在する。

なお、『超武闘伝』のストーリーモードでは原作再現で完全体セル戦で16号が使えるようになるのだが、
ここで16号がセルに勝利すると 「俺が存在する理由はこれでなくなった…」 と発言するという、ラスボス撃破台詞なのに物悲しいものになっている。
それ以前に悟空抹殺はどうした
この勝利台詞から、原作の17&18号の「ゲロは失敗したというなら何で16号を残したんだ?」という疑問(ちなみに問われたゲロ本人は答えないまま死亡)や、
上記のセル戦の善戦の様子を絡め「万が一セルが暴走したときの対抗用に16号を使うつもりだったのではないか?」という説もある。

完全な裏設定ではあるが、16号の容姿は若くして戦死したゲロの息子(RR軍の上級兵士)をモデルにしており、
優しい性格も当のゲロが無意識に「戦闘で破壊したくない」という、親として極めて当たり前の感情を抱いた状態で制作したため。
恐らく、ゲロが16号を封印するだけに留めた点に関しては、父性愛も一因である可能性は高い。
ゲーム『ドラゴンボールファイターズ』では新たに製作された別個体が登場するが、記憶を受け継いでいるため実質本人と呼べる。
製作者である人造人間21号と、行動を共にする事となるのだが…。


MUGENにおける人造人間16号

ドラゴンボールキャラではお馴染みの超神氏によるものが存在する。
原作通り、ロケットパンチや腕に仕込んだ大砲ヘルズ・フラッシュ、腕に仕込んだ大砲によるヘルズ・バスターなどのロボらしい装備で戦う。
また、他のキャラとエネルギー溜めのエフェクトが違う辺りこだわりが感じられる。

サクラカ氏によるAIが標準搭載されており、結構な強さを誇る。
このAIは間合いが離れた時などに目を光らせる謎の行動を頻繁に行う特徴があるが、何の事はない。ただの挑発である。○作AI故、致し方なし

また、亞氏によるAIが存在したが現在は入手不可。投げを積極的に行ってくるために接近されると苦戦を強いられる。
凶キャラといい勝負をしたり倒したりもするが、スーパーアーマー持ちや投げ耐性があるキャラにはとことん弱い。

teoru氏によるAIも存在し、ゆ~とはる氏によって代理公開されている。


出場大会


出演ストーリー



*1
ちなみに、16号も人造人間編のラスボス候補で、ゲロが起動を恐れていたのはその伏線だったのだが、
「見た目がフリーザ編のリクームに似ていてラスボスには微妙だ」という意見が編集部の方から出たので、鳥山先生はセルを追加する羽目になったという。
それでもこのキャラといい界王神といい、モヒカンなのに格好いい造形のキャラに仕上げた鳥山先生には脱帽せざるを得ない。

また、前述通り「自然や動物を好む優しい性格」なのだが、
『データカードダス ドラゴンボールZシリーズ』で設定された属性は何故か「悪」となっていた。