橘右京


ちりてのち のざらす者の 悲しさよ
                                                                                                       右京

流派: 神夢想一刀流
武器銘: 自作・無銘
出身地: 近江国 甲賀郡 馬杉村
生年月日: 明和元(1764)年 九月二十日 辰の刻
身長: 五尺八寸(約176cm)
体重: 十一貫目(約41kg)
血ノ型: AB型
好きなもの: 孤独な自分を感じる事
嫌いなもの: 真の孤独
特技: 刺繍(仕上がりは雑巾だと言う)
コンプレックス: 明るい太平の世の中にいまいち溶け込めないこと (~天)
          無口な自分 (ポリ)
          巧く自分を表現できないこと (零)
尊敬する人: ……
剣の道について: ……恐い (~天、零)
           恐怖と背中合わせ (ポリ)
平和を感じるとき: 圭殿といるとき
好みのタイプ: 圭殿
現代社会での彼は…?: 入院患者

サムライスピリッツ』の美形キャラクター。初代から『剣客異聞録 蘇りし蒼紅の刃』を除く全作品に登場。
神夢想一刀流という居合抜きの使い手(神夢想一刀流は実在したが、居合の流派ではない)。お好み焼き屋とは無関係。
CVは同シリーズの不知火幻庵天草四郎時貞も担当しているや乃えいじ氏。
剣サムでは石井一貴、ドラマCDではパチスロ版サムライスピリッツ鬼で天草四郎時貞を担当している速水奨氏。


愛する小田桐圭という女性に渡す究極の花を探し、戦い歩いている男。
すでに当時では不治の病であった肺結核に侵されていてよく咳きこむ。 オデノカラダハボドボドダ!!
近江の小さな村の野武士の末裔(馬杉村は実在する地名)。身分は低いが、れっきとした侍階級である。
しかし生まれつき病弱な体質で、右京を優しく見守ってくれた母も早くに他界している。
父親の所在は不明。ストーリーにも一切記述がないことから、既に故人か、何らかの事情があるのではないかと思われる。
こうした恵まれない生い立ちながらも、「立派な侍になって欲しい」という母の遺言をよく守って武芸と勉学に励み、
苦労を重ねながらも人々に教えを請われるほどの居合の腕前と、人並みに丈夫な身体を手に入れた。
が、ようやく剣術師範として生きる道が開けてきた矢先、肺結核の症状である吐血が右京を襲う。
己の身の不運を呪い自棄になりつつあった右京を救ったのが、母親の療養に付き添って村を訪れた領主・小田桐家の才女、圭だった。
彼女の人柄に強烈に魅きつけられた右京は叶わぬ恋と知りつつ、徐々に残り短い人生の全てを彼女のために捧げたいと考えるようになる。

美形であるため、勝利ポーズでファンの女性たちが集まってくることも(肺結核患者は耽美的に描かれる事が多く異性にとって魅力的に見える傾向がある)。
が、本人は圭以外の女性は基本的には感心なし。もっとも、圭は他の男性と結婚してしまうのだが…。
しかし、彼女も右京に惹かれていた描写もあり(圭は気にしていないのだが、右京とは「身分違い」であり、さらに「圭には既に決められた婚約者がいる」という点が、二人を結ばせない理由である)、
実際は不治の病で余命幾ばくもない右京が(おそらく真サムで死んだと思われたのを良い事に)自ら身を引いた形である。
ちなみに天サムでの彼の目的は「圭とその婚約者の危険の排除」で、
ポリゴン版では「妊娠した圭の子供(もちろん右京の子供ではない)が突如消えたため、その原因の究明」。
何処までも惚れた女に殉じる、報われない愛に生きる男である。
が、天下一剣客伝ではifとはいえ、そんな彼の想いが報われる。
時系列的には最後の登場となる『アスラ斬魔伝』では圭の面影を感じる見ず知らずの女性の為にその命を懸けて戦った。
(ただし羅刹の場合はあくまで居合いを極めようとしており、女性についての描写はない)


覇王丸のライバル……のはずだったが、2作目(真サム)にして牙神幻十郎にライバルの座を奪われてしまった。
だが、そもそも覇王丸と右京さんの間にはほとんど接点がない。
一応、右京が探している「究極の花」が魔界の入り口に咲く、という情報を教えてくれた人物が
覇王丸の尊敬する老学者と同一人物という間接的な接点はあるが、逆に言うとその程度しかない。
そんな状態でライバルの座を保てという方が無茶だったのだろうか。
他にも、 黒歴史 アニメ版では初代のキャラの中で唯一エンディングのスタッフロールでしか出番がない(約35秒)など、何かと扱いが良くない。
石川賢の漫画版『SAMURAI SPIRITS 島原天草邪神城攻略編』ではアニメとは異なり出番があったが、はっきり言って背景の驚き役でしかなかった。
だが、なんだかんだで『剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃』(ほとんどのキャラクターが新規)を除くシリーズの全てに登場しており、
また、RPG『真説サムライスピリッツ武士道烈伝』では六人の主人公の内の一人に選ばれている。
そう考えると、2作目にして一人だけリストラなんてことにならなかっただけマシと言えばマシである。
…が、天サムの覇王丸EDでは、右京っぽい人が覇王丸に切り捨てられて「かー弱えぇ。もっと強ぇやつはいねぇのか」
などという暴言を吐かれており、完全にに成り下がっている姿に涙した右京さんファンも多いとか、そうでもないとか。


作品を重ねるごとに薄れていったがナルシスト的な一面も持っており、真サムの同キャラ対戦などでは
自分に向かって「美しい…」とのたまう場面もある(初代では怒っているので、キャラが固まっていなかったとも)。
上段にあるように歌を嗜み、勝利台詞などでも非常に繊細な心を詠み込む。
吐血が始まった頃は自虐的なものが多かったが、圭と出会ったことで徐々に明るい歌が増えていくようになる。
特に草花にまつわる言葉にこだわりがあり、よく人を花にたとえる(亡き母はスミレ、圭は鈴蘭らしい)。
自己の表現が苦手な右京さんは応答に句を返す事も多々あり、周囲に色々誤解を招いてる気がしなくもない。
ちなみに、斬紅郎無双剣の攻略本では初代・真・斬紅郎無双剣における右京さんの一句(ストーリー中のものなど一部を除く)が現代語訳されている。
+ 右京 心の一句集
また、刺繍という一風変わった趣味も持っているが、あまり達者ではないようだ。
常に懐にりんごをしのばせており、右京さんと言えば吐血とりんご、と言われるほどのアイテムである。ちなみに同門のこの人は柿。
居合いに於いて相手の注意を一瞬逸らすために使われるらしく、主に秘剣・ささめゆきやツバメ六連の技を出す際に投げて使用される。
しかしりんごが日本で広まったのは明治じd
実は明治以前にも和林檎と言うのが伝来しているのでりんごを持っているのはどこもおかしくはない
それにしては大きすぎるのではと言う話もあるかもだが
RPG『真説サムライスピリッツ武士道烈伝』では重要アイテム 黄金のリンゴ を手に入れた時にプレイヤーの期待通り、一言言ってくれる。

零サムでは、中ボスである夢路と深い関わりを持つ。
公式HPに掲載されている公式小説でも出番がそれなりにあり、夢路を救うことの出来なかった悔い
(詳しくは公式ページのストーリーにて)から、次こそは夢路を救うため、病を押して戦う決意を固めるまでの姿も描かれている。
この『零』公式ページの小説は、サムスピファンならずとも一読する価値はあるので
「MUGENでしかサムスピあるいは右京を知らない」という方も、暇があったら読んでみるのをおすすめしたい。
「美形会議」の血を吐いたネタのイメージしかない人が抱いている、ある種お笑い要員的な偏見を吹き飛ばしてくれるデキである。
余談になるが、夢路には慕われていたかのような描写も見え隠れするなど、
零サムはシリーズ史上右京さんがもっとも日の目を浴びたサムライスピリッツであると言えるだろう。
他には『斬紅郎無双剣』においてに皆殺しにされた師匠(夢路の父)をはじめとする同門の人間の
仇討ちのために戦いへ向かっており、彼が情に篤い人物である事が分かる。RPG『真説サムライスピリッツ武士道烈伝』でも、
十兵衛が殺された時に、いつもの寡黙な言動が豹変、物凄い勢いでマジギレしていた。

彼の武器銘を見れば分かるが、意外な習得技術として刀鍛冶がある。
これは夢路も同じだが、神無想一刀流は自分の刀は自分で打たなくてはならないのだろうか…?
ところで、RPG『真説サムライスピリッツ武士道烈伝』では武器の強化を行うには街の鍛冶屋で鍛えてもらう必要があるのだが、
自分が作った刀を他人に鍛えてもらう右京の心境は如何なるものだったのだろうか。


なお、「死にそうなくせに続投しすぎじゃね?」とか死ぬ死ぬ詐欺とか言ったら右京さんが血を吐くので言ってはいけない。
たびたび死人か亡霊としか思えないカラーが搭載されるが、一応ちゃんと生きている。
そもそも2作目にして時系列で2Dのサムスピシリーズ最後の位置にくる真サムに出演した時点で、
何がどう転ぼうが斬サムや天サムで生きていることは至極当然なのである。
そして、何故これらの作品が真サム以前の時系列になっているかと言えば、ほぼ間違いなく
彼女を続けて出演させるためと思われるので、ある意味彼女は右京さんの命の恩人なのかもしれない。
真サムよりもさらに時代の下る『アスラ斬魔伝』の彼のエンディングではやはりと言うか、死亡したかのような描写が見られる。
ちなみにその際、ちょろっとだけ元ライバルが絡んでくる。
一方で後年に稼働・発売した閃サムは時間軸としては『アスラ斬魔伝』の後になるはずだが、何事もなかったように生きており
(同じく斬魔伝のEDで死んだはずの幻十郎も生きている)、
さらには本来は左利きのはずなのに右手で剣を振っている(幻十郎やシャルロットも同様)など、もはや訳が分からない
(斬魔伝も閃サムとはパラレル、という説もあるが)
ちなみに、余命が短いためか、RPG『真説サムライスピリッツ武士道烈伝』において、主人公勢の中ではナコルルと並んでステータスの運の値が圧倒的に低い
ついでにレベルアップに必要な経験値も多く、成長がやや遅れがち。挙句の果てにレベルアップの度に吐血する。レベル…アップ…?
まさか病がレベルアップって事かおい

また、ミナなど、暗いエンディング持ちのキャラが多いサムスピキャラだが、その多くが救済されたり伏線が回収されたりしている
まさかのSNK公式ギャルゲー『Days of Memories』でもやはり不治の病を患い「余命半年と十年前から言われている」など、
どこまで行っても悲劇の男である。ひげ……き……? というか、なんだかどこぞの蝶人みたいなことになってるぞ!
……まあ、ただでさえキャラの弱い右京さんから病気を取ったら 無個性そのもの ウゴハァ!
むしろ、彼から病気を取ったら美形でモテモテかつ、圭殿との関係で気にする必要があるのは身分だけというほぼ完璧なキャラとなってしまうし…。

あと、彼の勝利ポーズで登場する追っかけの女の子にもちゃんと設定がある。
スタッフによると、初代は香苗(赤い着物、照れ屋の17歳)、雪(黄色、強気な21歳。某姉さんではない)、園(白、純真な19歳)の3人、
真サムではさえ(朱色)、やよい(桃色)、ねね(緑)、あやめ(紫)の4人が加わり、それぞれ別の派閥を作って対立しているらしい。
名前は公表されていないが、天サムではやたら胸元が開いた色っぽい女性なんかも登場。
ゲームに登場する以外にも10代~25、6歳の女性ファンがかなりの数存在し、リンゴなどを差し入れてもらっている。 リア充爆発しろ
たとえステージが海外であろうとわらわら湧いてくることから、彼女らの熱心さが伺えよう。
渡航に関しては黒子の謎の権力によって説明できなくもないが、こんなにモテるのは不自然とか言ってはいけない
ちなみに彼女達が凄まじすぎてあまり目立たないが、圭殿も初代と天草降臨で2回も右京を追って天草までやってきている

「ウゴハァ!」 「血を吐いた!」 「右京さんに謝れ!」

+ コラム:美形会議ってなに?


原作での性能

居合らしく通常技の発生・リーチと瞬間火力に優れ、牽制戦や確定反撃を得意とする。
しかしその分技の隙は大きいものが多く、病身を反映してか基本的に体力が低く、さらにジャンプもゆっくり
歩行スピードも異様に遅いが、それとは対照的に前後ダッシュが非常に素早く、緩急を付けた立ち回りができるのが特徴。
武器を落としたときの貧弱さもあり、強いときは強いが、死ぬときはサクッと死ぬというピーキーな性能。
怒りゲージの効率は悪いが、怒り状態の持続時間・攻撃力上昇倍率や境地ゲージの効率が良く、ハマると怖いキャラである。
立ち回り技振りのセンスと正確なコマンド入力が要求されるため、上級者向けのキャラといった印象が強い。
あと、頻繁に技が添削されるので必殺技がやたら多い。
+ 必殺技解説

作品によって強さはかなりまちまちだが、ピーキーな性能は一貫している。使って面白いキャラでもあるので、使用者も多い。
初代では通常斬りのリーチとツバメ返しを生かした露骨な待ち、スライディングの強判定、
究極対空と言われたしゃがみ強蹴りが強く強キャラと言われていたが、現在は研究が進んで中堅あたりに落ち着いている。
真サムではいろいろぶっ壊れており、文句なしの最強キャラ。詳しくはこちらを参照。
いわゆる病人は死期が近付くとハッスル現象である(2Dサムスピでは真サムが時系列上最終作)。

続編の斬サムでは反動で一気に弱体化。羅刹はそこそこに戦えるが、修羅はほぼ最底辺にまで落ち込む。
天サムでは技が大幅に削除された代わりに個々の性能がやや底上げされたが、修羅は相変わらず下位を彷徨っている。
ちなみに素手時の小追い討ちがなんか生足をチラ見せる謎のセクシー技になっているので必見。
零~零SPでは夢路に羅刹右京の技が搭載された関係で、ほぼ修羅をそのまま引き継いだ性能となった。
テクニカルな部分もそのままで、零サムでは無の境地の連続技が非常に強力で中堅。
零SPではダッシュ強斬りなど全体的にフレーム面が強化され、手軽ではないが使いこなせれば最強に近いという評価を受けた。

剣サムでは上方・前方・下方に居合を打ち分ける「秘剣 神送り」と、この神送りを乱発する秘奥義「秘剣 神荒れ」という、
どう見ても「逸刀・朧」と「活殺 十六夜月華」な技が追加され、かなり使い勝手が変化。
ただし前者は完全に遠距離専用技であり、根本判定どころか中距離で使うと長い硬直からポックリ逝きかねないので
基本的に画面縮小時に先端当てで削るか、飛び道具やジャンプ逃げ等の硬直狙いで使用する事になる。
後者は根本判定があり通常技からつながる&剣気ゲージ無視で高威力なため連続技用。通常の神送りと同様の用法も可能である。
リーチを生かした立ち回りが強化され、オールラウンドに戦えるキャラとして上位に付けている。
スピリッツは境地ゲージの変換効率の高さと強力な境地連続技を生かせる零スピか、待ちに適した真スピあたりが好相性。


「………………………………御免。」

MUGENにおける橘右京

+ intense mc氏製作 剣サムベース+アレンジ
+ buyon氏製作 アレンジ仕様
+ mikenuko氏製作 剣サムベース+アレンジ
+ アリ氏製作 斬サム仕様

この他、剣サムをベースとしたTom Servo氏のもの、一旦死んでガイコツだけになってしまった「骸右京」(作者不明)など
いくつか右京は作成されていたのだが、いずれもWIPのまま日の目を見る事なく放置されている。

最近では&STGキャラと化した「STG_右京」が公開されたとか。

ニコニコでは初期の頃から墓標ネタを披露するbuyon氏の右京さんの出番が多く、
「血を吐く右京」「謝れ右京」「墓標右京」などと呼ばれ親しまれている。


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー



 「……空気読め!」


空気の読めないアフィリエイト