桔梗

「この世に迷いなき者
  一点の汚れもなき者などいるのでしょうか」

高橋留美子の漫画『犬夜叉』の登場人物。
また、バンダイから発売された格闘ゲーム『犬夜叉 -戦国お伽合戦-』にも出演している。
CVは前作のヒロインも務めた日高のり子。
某音楽ゲームの未亡人ではない。

弓矢の名手であり、とある村で巫女をしていたが、犬夜叉と出会って恋に落ちた。
だが、横恋慕した盗賊「鬼蜘蛛」から生み出された妖怪「奈落」によって致命傷を負わされる。
このとき奈落は二人の仲を引き裂く為、犬夜叉に化けており、
桔梗は犬夜叉が「四魂の玉」を奪おうとしたと誤解し、本物の犬夜叉を封印した後、彼を呪いながら死んだ。
死後50年後、500年先から彼女の魂が転生した存在、日暮かごめがやってくるが、
戦国時代でその魂がかごめから離れたとき、墓の中の彼女の骨と土を媒介にして現世へと復活してしまう。
自分を裏切った(と思いこんでいる)犬夜叉とともに地獄へ堕ちようといろいろと画策するが、
かごめの魂が戻り、正しい事情を知ったことによってわだかまりはなくなった。
その後は奈落を浄化するべく犬夜叉と協調路線を取っていたが、次第に体を蝕まれていく。
彼女は最後の力で珊瑚の弟の琥珀(この人じゃないよ?)を救い、梓山の弓をかごめに託して、犬夜叉に看取られて二度目の死を迎えた。享年18。

かなり思いこみが激しく、さらには思い詰めやすい所が、
若干ヤンデレを想起させ(実際に彼女にとっては、かごめは恋敵)、二次創作ではかごめ同様中の人ネタとして弄られる
だが、本質的には、子供の面倒を見るのが好きな優しい性格であり、心の強さを認めたかごめに対して
犬夜叉のことを任せたりと、かなりまっとうな人物である。

霊的な力はとても強く、死霊となった姿でも弓矢で射るだけで大概の妖怪を浄化させたり、
霊的な札も扱える。また、死魂虫や双子の子供の式神を使い、
犬夜叉たちを導いたり、自身の体を維持する為の魂を集めたりしている。

『戦国お伽合戦』では、梓山の弓を使用した戦闘を得意とする。
当然遠距離攻撃に優れているが、式神による中距離戦闘もこなす。

MUGENでは

RicePigeon氏が制作した桔梗が存在する。
原作どおりの技を持つが、ストライカーとして犬夜叉日暮かごめを呼べるようになっている。

他にもSnowwolf(飄雪蒼狼)氏によって改変された桔梗EXが存在する。

MUGEN1.0専用だが、氏のサイトに(全キャラ分の)WinMugen化パッチがあるので
それを当てればWinMugenでも使用可能。
簡易ながらよく動くAIもデフォで搭載しており、なかなかの強さ。

出場大会

削除済み