タンデムアタック

「トドメだ!!」 ガシガシガシガシガシガシガシガシガシガシガシガシィン!!

ジョジョの奇妙な冒険』独特のシステムであり必殺技のひとつ。通称「タンデム」、更に略すと「デム」。
1ゲージを消費して↓↙←+Sコマンドを押すと、キャラにより以下の2種類いずれかの効力を及ぼす。

1.スタンドと本体による同時攻撃を行う、 通称「プログラムタイプ」
2.本体がスタンドモードになり動きが超高速になる、 通称「オリコンタイプ」

スタンドゲージがないキャラクターにはタンデムアタックも存在しない。(影DIO若ジョセフ等)
上の画像と効果音は「キャラクター固有の発動ボイス」+「プログラムタイプの入力音」のもの。

元々このシステムは『ストリートファイターZERO2』で搭載されたオリジナルコンボの原型であったが、
ゲームバランスや展開を考慮して変更となった。
このときのシステム概念が、後にこのタンデムアタックに受け継がれたと言われている。


1.プログラムタイプ

使用出来るのは
以上の10名。
原作でもあったスタンドと本体の同時攻撃を再現するタイプ。
基本的にスタンドが本体と分離できるキャラクターが使用する。
QOH'99の柏木楓や、3部ゲームに登場しないMUGENジョジョキャラなどの本家をオマージュしたキャラに搭載されているのは大抵こちら。
MUGEN動画ではタッグモードで味方キャラクター同士が対戦相手を挟み討ちした際に「タンデム」とコメントされる。


コマンド成立後にスタンドボタンを押しっぱなしにするとカットインが入り、その間は一定時間攻撃ボタンやコマンドを任意の順番で入力していく。
時間内に入力されたコマンドはスタンドにプログラムされ、暗転後に入力した通りにスタンドが動く、と言うものである。
スタンドが単独で動き回っている間、本体も自由に行動が可能であり、
画面端で相手をタンデムで固め、本体での中下段二択というユリアンの「エイジスリフレクター」のような使い方も出来る。
だがスタンドを使用する行動(ガードや必殺技、一部の通常技)が出来なくなるというデメリットもある。
なおコマンド入力時間は、スタンドボタンを押し続けることである程度引き伸ばす事が出来る。
が、その分出も遅くなる為、スタンドの独立稼働時間を取るか出を取るかという2択になる。

しかし、通常技をキャンセルしてタンデム発動⇒その後小攻撃から開始⇒相手がダウンしないコンボのコマンドを先行入力⇒その後に最速で発動させると、
キャンセルした技からタンデムの小攻撃が連続技として繋がり、
更に本体が回り込みやジャンプで逆側に移動し、ノックバックした相手を押し込むように攻撃すれば、
効果時間終了までずっとスタンド(と本体)の連続攻撃が入るようになる。
連打速度やキャラにも寄るが、最高で大体50~60ヒット、1ゲージで4割5割当たり前のコンボとなる。
しかもタンデム終了後では本体は普通に行動出来る為、「タンデム⇒通常コンボ⇒もう一回タンデム」や「タンデム⇒超必殺技」で8割以上持っていけたりも出来る。
『初代』ではタンデムからタンデムへの制限が存在しなかった為に、このコンボは驚異的であった(『未来への遺産』ではタンデムからタンデムの間には2.5秒間の「タンデム不能時間」がある。)。
これは通称「デムtoデム」と呼ばれ大会等では禁止されることが多い。
この結果スタンドボタンを長押ししてコンボを長い間入力するということは、ほとんど行われなくなってしまった。
ただし花京院の結界使用後や起き攻め(下段プログラム本体中段技でハメっぽいことが可能)では、長押しタンデムを生かすことが出来るかもしれない。

また無敵時間も長く隙もない為、とりあえず出しておけば暗転中に相手が行動していればプログラム、
何もしてなければプログラムせずに無敵時間だけ作る(しばらくの間無敵で本体が行動可能)といったことも可能である。
更にも空振ってもスタンドボタンでキャンセルできるという万能過ぎる性能である。
唯一の欠点としてどのキャラクターも発生が遅く、スタンドが相手に近づくまでに多少時間がかかる為、コンボに組み込みづらい(コンボが難しい)というのがある。
上級者やAIだと平然とコンボに組み込むのであまり気にならないかもしれないが。
+ マッハデム

2.オリコンタイプ

使用出来るのは
以上の3名。
『ZERO2』のオリコンに近いタイプ。
発動するとスタンドモードのまま相手に突進し、動作が超高速になり、普段繋がらない技へキャンセルすることも出来る。
スタンドゲージが0になると自動的に解除される(ただしキャンセルを多用すれば0になってもすぐには解除されない)。

プログラムタイプは相手を挟めるか挟めないかで多少内容を変える必要があるが、
プログラムタイプと違い発生が早い為に連続技に組み込みやすく、状況によりコンボ内容を変える必要が少ない。
(しかし相手の食らい姿勢やスタンドゲージの状態によって変化をつける必要があるのはどちらも同じである。)

ヒット数はキャラクターによるが、20ヒットあたりが限界。
ダメージが低く相手のラッシュを切り返す手段として使いづらいため、総じてプログラムタイプより劣る。
更にコンボに失敗すると即スタンドクラッシュという危険性もある。
プログラムタイプと同様、タンデムは使用後約2.5秒間は再度使用することは出来ない(『初代』は同じく制限なし)が、
ジョセフのタンデムのようにループ染みたことが出来るものは「タンデム⇒コンボ(2.5秒経過)⇒タンデム⇒・・・・」と出来る為に非常に強力である。
ただしこちらの「デムtoデム」も一般の大会では禁止されることが多い(スタンドクラッシュを挟む場合はその限りではない)。


3.タンデムがない(スタンドゲージもない)のは

以上の9名。
この中には弱キャラとされるキャラクターが多く、タンデムの強さと重要性が分かる。鳥はなくても強いが

関連項目: 特殊システム一覧