ロレント



「目指すは恒久平和!理想国家の夜明けッ!」

 初出作品: ファイナルファイト
 出身地: アメリカ
 生年月日: 1949年1月22日 (FF) / 11月15日 (CVS2以降)
 身長: 182cm (FF) / 181cm (FF2) / 180cm (ZERO2以降)
 体重: 80kg (FF) / 70kg(FF2) / 81kg (ZERO2以降)
 スリーサイズ: B122 W86 H90
 血液型: A型(FF2) / O型 (ZERO2以降)
 好きなもの: 規律、統制
 嫌いなもの: 軟弱、怠惰
 嫌いな食べ物:キクガシラコウモリ、オオハラブトツノガイ……ガマンすれば喰えないこともない (FF2)
 特技: 銃火器・爆薬の取り扱い、オリジナルトラップ考案・設置、アンブッシュ
 キャッチコピー: 集え凱歌の朝のため (ZERO3)、単身戒厳令 (CVS2)、理想国家のために (ウルIV)
 CV: 山野井仁 (ZERO3・CVS2)、原沢勝広 (アニメ)

ファイナルファイト』シリーズ、及び『ストリートファイターZERO』シリーズ、
CAPCOM VS. SNK 2』に登場するキャラクター。


キャラクター設定

フルネームは「ロレント・F・シュゲルグ」。出身はアメリカだが生まれは旧西ドイツである。
犯罪組織マッドギアの元幹部。
所謂傭兵であり、階級は軍曹。特殊部隊レッドベレーに所属していた経緯を持つ。
軍隊至上主義者であり着用している軍服も然る事さがら、普段の口調、行動すら軍人然としている。
アメリカ国民全員を軍人とし、究極の国防と完璧な平和を両立する軍事国家を立国しようという、何ともとんでもない願望を持っている。
その外面・内面ともに『北斗の拳』に登場するカーネルの影響を強く受けていると思われるキャラクター。
余談だが、山野井氏は『ロックマンX4』でカーネルという同名の敵役(理想国家のために手段を選ばない軍人気質な性格が災いしてイレギュラー認定された)を演じた。
性格はハートマン軍曹を髣髴とさせ、とても人道的とは言い難い面を持つ。
語尾に「ッ!」が付くのが特徴。

『ファイナルファイト』シリーズ時点で既に生年月日や血液型などのプロフィールが設定されていたが、
後の格ゲー作品などでは受け継がれず、新たな誕生日や血液型が設定されている


『ZERO2』のエンディングでは自身の目標と、自分こそが指導者であり次期国家元首であること知らしめる為に、
アメリカ市内を装甲車で走り回り、部下と共に呼び込みを行うという派手なデモンストレーションをやらかしている。
『ZERO3』では嘗ての宿敵であるコーディーの実力に目を付け勧誘しようとするが、既に囚人として堕落してしまっていたのを見て落胆して終わっている。
エンディングではベガのサイコドライブによる洗脳を唾棄すべきものと語っているあたり、立国にも彼なりの美学があるようである。
サイコドライブ破壊後は協力を誓ったソドムを同志と呼び、野心を更に強めていく。
余談であるが、ソドムは自身のエンディングと同じく、このときもトラックに乗ってやって来る。
『ZERO2』のホームステージのものと同じであるが、乗り回しているのだろうか……。

『CVS2』でも『ZERO』時代同様、同志を集めるべく大会に出場している。
特にハイデルンとの接触を望んでいたようなのだが、
生憎と彼等はキャラになっていたためか(どうかは不明だが)失敗に終わった。
勝利時での相方との掛け合いでは自らの思想を熱く語ったり、相方を部下のように扱い檄を飛ばしたりしているが、ほとんど相手にされていない。
果ては同キャラ同士で軍人ごっこまでしだす始末

ロレント「戦闘終了ッ!我が隊の被害を報告せよッ!」
ロレント「はっ!被害僅少、問題なしでありますッ!」


春麗キムからは悪人扱いされている。
かといって同じ軍人とも気が合うわけではないらしく、軽くあしらわれている。
他にも「狂信者」「狂人の寝言」「立国マニア」「イカレ軍曹」「ヤバイ薬キメてる」「攘国主義者」とロクな呼ばれ方をされていない。
一応仲間なのに酷い扱いである。

ロレント「敵の息の根を断つまでが、戦闘だッ!!」
さくら「なんか、遠足の帰り道みたいなセリフだね 」


『スーパーストリートファイターIV』にある、ロレントステージに非常によく似たメトロシティ超高層ビルの工事現場ステージは、
実はスタッフが「新キャラのステージ作るんですって?よし作りますよ!ロレント出ますよね!作っちゃいますからね!?」という、
本当にその場の勢いで作ってしまったものだったのだ。
小野プロデューサーも「あれは完全にロレントのために作られたんです」と認めている。
当時はまだ『スパIV』の新キャラにロレントが確定していたわけでもないのに(会議の結果、惜しまれながらもお蔵入りになった)、
開発陣の中でも圧倒的にロレントの人気が高かった為、誰も止めようとせずハイクオリティなステージが誕生したのであった。
ちなみにその時ロレントの代わりに会議で参戦が確定したのが アドン 。アドン?アドン!…………アドン………。

しかし、スタッフのロレント愛は死滅してはいなかった!
2012年発売の 『ストリートファイター×鉄拳』に出場 。公式タッグの相手はいぶき
『CVS2』からすると実に10年振りの新作参戦である。スタッフの苦労がついぞ報われた瞬間であろうか。
公式で見られるスーパーアーツが新規技になっている辺り、なんというか愛を感じざるを得ない
一方のクロスアーツではいぶきに呼び出された際 「貴様ぁ~、上官に向かってッ!」 と言いつつもちゃんと追撃。 なんだかんだ言って協力的な御仁である

そして2014年稼働のストIVアッパーバージョン『ウルトラストリートファイターIV』にも参戦、本家シリーズへの復帰を果たした。
気になる個別ストーリーは「S.I.N.が開発した能力強化装置を軍備拡張の為に強奪を計画する。」というものである。
アニメパートではキャラクターのイメージを重視してのことであろうが、 銃弾が飛び交う本物の戦場でもロッドを用いて戦っている。
+ 他人の空似


キャラクター性能

『ファイナルファイト』ではステージ4のボスとして登場。エレベーター内で決戦を挑む。
はじめはエレベーターの正面の梯子を上りながら手榴弾で攻撃し、
頂上に着くとロレント自身もエレベーターの中に降り、後はプレイヤーキャラクターと直接の勝負となる。
体力がゼロになると自分に手榴弾を投げて自爆する(この時の爆風に攻撃判定は無い)。
SFC版ではステージ4はカットされているため、直接戦ったことがないプレイヤーも多いかと思われる。
(メガCD版を始めとした他機種移植では収録されていることがあるので、アーケード版を知らないコンシューマユーザーにとっては「知る人ぞ知る」存在だった。)
これはGBA版のリメイク『ファイナルファイトONE』では囚人時代のコーディーの対戦前の会話でネタにされている。
参考動画

上記の通り、文字通り自爆したため、ラスボスベルガーと同様に死んだと思われていたが、
『ファイナルファイト2』においては「宿敵」として颯爽と復活を果たした。
独特の歩法による捕らえ辛さとハメ辛さ、発狂時のこれでもかと言わんばかりの手榴弾連射によって、ラスボスよりも強い印象を残した。
ただ初代と違って戦うステージが広いので、
距離を大きく離してロレントの攻撃に合わせて対処を変えていけば、初代より楽に戦える。
この作品で後に『CVS2』及び『ストZERO3↑↑』で共演するマキと死闘を繰り広げることになるのだが、
『CVS2』の勝ち台詞ではお互いその事には振れず、初対面であるかのようになっている。

プレイアブルキャラでの性能はシリーズ通してスパコンが使い辛く(精々使えるのは「テイクノープリズナー」ぐらい)、
コンボに利用出来る技が少ないという特徴を持っている。
その為ロッドを使ったリーチが長めの攻撃や、豊富な移動技や奇襲技を使ってチクチクと攻めて行くのが基本。
オリコンに関しては、独特の挙動を生かしたコンボは難度は高いがかなり強力。
特に『ZERO2』時代はハイジャンプキャンセルを利用したオリコンは8~10割近く奪う程だった。
後に海外版移植+調整版の『ZERO2 ALPHA』では調整が入って全く減らなくなってしまったが。
概してキャラランクはトップクラスに位置する事はあまり無く、中堅クラスが多いが、
独特の動きやキャラの濃さから愛好者は多い。
参考動画

『CVS2』では各種技の性能が非常に良く、ヒットアンドアウェイによる立ち回り、速いジャンプに判定が強い多段ジャンプ攻撃、
「テイクノープリズナー」がコンボに組み込める等、独特な動きは健在だが強キャラに分類される。
あのサガットを立ち回りでは圧勝(サガットの間合いの外を動き回れる)、
更に速いジャンプから繰り出される多段ジャンプ攻撃は、座高の高いサガットではよほど神経を集中していないと対空の反応が間に合わないことが多い。
この様に常にロレントペースの戦いになることから、ロレントの強キャラっぷりがわかるだろう。
同作においてはスーパコンボの「スティールレイン」や挑発(手榴弾を放る)を利用した相打ちコンや、
ダンと同様ダウン時にオリコン等での投げられ判定が存在する為に、
恭介と並んでコンボムービーに出る機会は多い。主にやられ役として。
参考動画 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1920727


MUGENにおけるロレント


  • 悪咲3号氏製作のロレント
09年に入って新たに製作され現在は入手不能。『CvS2』仕様。
大艦氏によるAIパッチが蓬莱氏のサイトで代理公開されていたが、2016年4月のフリーティケットシアター終了により入手不可。

  • rei氏製作のロレント
『CvS2』仕様。
対人戦向けながらよく動くAIも入っている為、動画では主にこちらが活躍している。
+ 成長トナメ ネタバレ
+ 正統派作品別トナメ ネタバレ

  • Fido氏製作のロレント
現在は入手不能。
氏独自のアレンジ規格「MXシリーズ」のキャラ。
独自のゲージと派手なエフェクトが特徴。

  • acey氏製作のロレント
MVCアレンジ。
部下がミサイルで援護する技とロレント自身が戦車でひき逃げする技の2つがゲージ技として追加されている。
AIも付いているものの昨今のAIインフレについていくには厳し目。
現在公開されているものは新mugen専用。

また、ZERO3仕様のロレントも存在しているがAIがないためあまり動画では出番がない。

ニコmugenではいろいろな意味で活躍しているロレントだが、
彼の所属していたチームはいずれも非常に優秀な成果を収めている。
あまり名誉な話ではないかもしれないが、もはやロレント伝説が存在するといっても過言ではないだろう。



「我が崇高な理念に反するなど 極刑に値せし重罪!」


出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中

出演ストーリー動画