ピッコロ



「オレは魔族だ!

世界を征服するために

貴様らをただ利用している

だけだという事を忘れるな!!」



鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連アニメシリーズに登場するキャラクター。
『ドラゴンボール』無印時代におけるラスボスであり、悟空、ミスター・サタンに次ぐ作者お気に入りのキャラクターでもある。
声の出演は『北斗の拳』のシンなどを演じる古川登志夫氏。

ドラゴンボール作中ではピッコロと呼ばれるキャラが2名いるが、
現在は単に「ピッコロ」とだけ呼ぶ場合は主に彼を指す(父は「ピッコロ大魔王」と呼ばれることが多い。)
特に悟飯からは親しみを込めて「ピッコロさん」と呼ばれており、彼に倣ってそう呼ぶ原作ファンも多いのだが、
ニコニコ動画内においては某悪魔のせいで「ポコピー」、「ムシケラ」、「10円」、「仙豆」、「イシワタリー」呼ばわりをされるようになり、
さん付けで呼ばれなくなってきた。何てひどい呼び方するんだ!!

世界征服を企み、孫悟空に敗れた魔族「ピッコロ大魔王」の息子であり、分身であり、生まれ変わりとも言う。
ピッコロ大魔王が死の間際に口から吐き出した卵から産まれ、それから僅か数年間の間に青年ほどの大きさに成長
自身の強さへの自信から、悟空の抹殺と共に遊びを楽しむために第23回天下一武道会に参戦する。

当初は周りの人間の混乱を避けるため「マジュニア」という偽名を使っていたが、
天下一武道会に出場した際に正体がバレてからは、普通に「ピッコロ」と名乗っている。
当初は父(?)の遺志を継ぎ打倒孫悟空と世界征服を企んでいたが、天下一武道会決勝での悟空との激戦、
サイヤ人の襲来、悟空の死、孫悟飯とのふれ合いなどを経て次第に丸くなっていった。
丸くなったと言ってもベジータのように馴れ合いはせずに基本的には俗世を離れて一人修行に明け暮れている。
「全世界に恐怖をばらまき、堂々とテレビで顔を晒した魔王の化身が世間に出るのはまずい」との考えもあるのだろう。
ただし『ドラゴンボールZ』では、チチ(悟飯の母)に言われてから普通に自動車教習所に通えており、
「ピッコロ」と名乗っても驚かれることはなかったので、その頃には覚えている人も少なくなったのかもしれない。
(そもそも第25回で悟空達の技をトリックだと第24回優勝者が言い出して観客も賛同している状態で、
 第23回以前の天下一武道会を覚えている者は悟空関係者を除くと何故か殆ど居ない(ぶっちゃけ大会アナウンサーだけ)状態である。
 悟空達が宇宙に行ってた間だってナムとか居ただろうに・・・)
なお、サイヤ人たちが地球に襲来した時点で悪の心はかなり薄くなっているようである。
悟飯に対する態度や、魔族に殺されて永遠に成仏できないはずのラディッツがあの世に逝けたことからもそれが分かる。

性格は真面目でストイックだが、それ故にたびたびギャグで弄られている。いわゆるツッコミ役。
初期から中盤までは荒々しさの中にも求道者的な一面を持っており、
強くなることに固執しつつもサイヤ人ほどリスキーな戦闘狂ではなかった。

後に分かることだが、実はその正体はナメック星という惑星からやって来た異星人。
といって初期設定の魔族というのが嘘だったわけでもない。以下その詳細である。

かつて地球にやってきたとあるナメック星人が、修行の果てに悪の心を追い出し地球の神様になった。
しかしその時に追い出された側の悪の心は消滅したわけでなく、ピッコロ大魔王という存在になっていた。
つまりピッコロ大魔王はナメック星人であると共に、悪から生まれた魔族であるとも言えるのである。
そしてそのピッコロ大魔王が悟空に敗れた今際の時に、それまでに生み出していた単なる眷属たちとは別格の、
自らの後を託す存在として一個の卵を生み残した。それがピッコロである。
2つに分裂してもなお神様とピッコロ大魔王は一対の繋がった存在であり、片方が死ぬともう片方も死に、片方が生き返ればもう片方も生き返る。
ピッコロ大魔王の息子であり生まれ変わりでもあるピッコロもその特性を持っており、先代が死んだあともこのピッコロが神様と対の存在となっている。

神様が死ぬとドラゴンボールも消滅してしまうため、ストーリーにおいて非常に重要なポジションに居る。
人造人間編において純粋な戦闘能力の向上のために再び神様と融合し、ドラゴンボールの管理はデンデという別のナメック星人に任せることになる。
ちなみに「ピッコロ」とはナメック語で「違う世界」という意味。本来の彼の名前は不明。
(最長老は、「カタッツの子供」としか表現していない)

…が、ベジータとナッパに指摘されるまで本人は種族のことに全く気づかなかったようだ。
それどころか、「ちょっと他人と違うだけ」という程度にしか思っていなかったようなフシもある。
もっとも、DB界では地球で生まれ育った者ですら特殊な容姿の者が多いので、無理もないのかもしれない。
鼻が無い人間目が三つある人間が存在し、ピッコロ大魔王が征服した国の犬人間だったのだから。

なお、元ネタとしての「ピッコロ」は、フルートから派生した横笛の一種。
先代のピッコロ大魔王の配下も「ピアノ」「タンバリン」「シンバル」「ドラム」と、
全て楽器の名前で統一されている。
『にこにこぷん』のじゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりとは全く関係ない。

+ナメック星人について
ナメック星人の生態は地球人とは大きく異なり、戦闘タイプと龍族の二種類に分けられるが大多数が龍族で構成されていて、
原作に登場した戦闘タイプのナメック星人は、ピッコロを除けばネイルという名のピッコロに瓜二つのナメック星人のみであった。
戦闘タイプはその名の通り戦闘に特化した種族で、特殊能力こそ持たないが戦闘力が非常に高い。
ナメック星人最強であったネイルは、戦闘力42000と変身後のザーボンリクームと戦った時のベジータを凌駕する力を持つ。
アニメでは、ネイル以外に3人の戦闘タイプのナメック星人が登場し、フリーザのスカウターで戦闘力10000前後と測定された。
龍族は個体によって様々な特殊能力を持っており、ドラゴンボールの精製や、卵を吐いての繁殖、他者の潜在能力を引き出す、
致命傷を瞬く間に治癒するなどの能力を行使することができる。
戦闘タイプでない龍族も、若い大人は戦闘力3000とラディッツの倍、フリーザ軍の下級・中級兵士以上の戦闘力を持つ。
無論、ラディッツと戦った時のピッコロよりも遥かに強い
当時のピッコロでさえこの程度なのだから、地球の一般的な武道家は、宇宙から見ると相当レベルが低いようだ。
他にもナメック星人は、手足を伸ばしたり巨大化したり、頭が傷つかない限り欠損した体の一部を再生できる能力を持つ。
ただし作中でこの力を使ったのはピッコロたち戦闘タイプのみで、龍族にも同じことができるかは不明。
なお、ピッコロや神様は、ほかにも作中で服や剣などを瞬時にデザインし具現化したり心を読む能力をも見せている。
神と融合した後は星の神特有の能力(眼で天界から下界の様子を窺える)なども継承したようだ。
聴覚も地球人やサイヤ人より優れているようで、他のキャラに聞こえない距離での会話を把握しているシーンもあった。

他にも、水だけで生きていけたり、寒さに強かったりと何気にハイスペック。
(ただ、まだナメック星人やサイヤ人の設定が決まってなかった無印時代に放送されたアニメで魚を食すシーンがあった。
 原作でもナメック星編開始時点では回想場面で神様が「(昔住んでいた場所が)食べ物が少なくて大変だった」と発言している)
もっとも、過去に異常気象が起きた時には、最長老とナメック星の外に逃れた者以外のナメック星人全てが滅びたことがあった。
現在ナメック星に生きるナメック星人は最長老が生みだした者たちで構成されており、その人口も少ない。
カタッツの子供が地球にやって来たことから分かるように、過去には宇宙船の製造技術もあったが、現在ではこの技術も失われている。
大全集によると、異常気象後に機械の力によって奇跡を生み出すような科学技術を捨て去ったのが原因であるとされている。

また、口笛の音が非常に苦手。
人間にとっての「ガラスをかきむしる音」系統の音らしく、
この音を聴いていると戦闘中でも耐えられなくなるという弱点がある。

それでも口笛を吹き続けていると…
尤も、ピッコロは自ら耳を引き千切ることでこれを克服している。しかも、耳は再生出来るので殆どリスクがない。
『神と神』では音痴な歌を熱唱して周囲を苦しませており、ナメック星人の音感が地球人とかけ離れているというのが分かる場面である。

雌雄同体で性別を持たないため、「最長老」と呼ばれる個体が口から卵を産んで繁殖する。
ピッコロ大魔王と神様、つまり二人が分かれる前の「カタッツの息子」と呼ばれるナメック星人も龍族に属している。
このためピッコロ大魔王は卵を産んで魔族を増やし、神様は僅かに残された種族的記憶からドラゴンボールを創り出したが、
ピッコロ大魔王の息子であるピッコロは戦闘タイプのナメック星人であるため、これらの能力を使うことはできない。

ピッコロと神様のベースであった名もなきナメック星人は類い稀な素質を持つ龍族だったらしく、
その強さは「分離さえしなければフリーザをも倒せていただろう」と最長老に評されるほど。
…にも関わらず、ピッコロは作中で初めて戦闘力が判明した時点で400前後なのだから、
分離後の弱体化の程度は計り知れない。

しかし、この時点でフリーザは第一形態であり、しかもまだ戦闘を行っていない。
つまり最長老が感じ取ったフリーザの戦闘力は530000を下回ったものだと思われる。
『分離しなかったピッコロならフリーザを倒せる』かもと最長老が思っても不思議ではない。

基本的にナメック星人たちは真面目で優しく戦いを好まない性格であり、
界王神などの統治者たちからドラゴンボールを委ねられていたのも、その気質からである。
だが、地球の神様は地球人との交流によって僅かに邪悪な心が生まれ、先述のようにピッコロ大魔王を生み出す結果となった。
中には劇場版『ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空』で登場した、
突然変異により存在自体が純粋な悪である「超ナメック星人」と呼ばれるスラッグのような例もある。

また、ナメック星人は他のナメック星人と融合する力を持つ。
融合の際にベースとなった側の人格はそのままに相手の記憶・知識の継承、および力を数倍にすることができる。
ピッコロは作中では二度の融合を行い、その度に大幅なパワーアップと意識に変化が生じている。
一度目のネイルとの融合では、ナメック星人としての誇りと知識を得て、フリーザに対して
「きさまらに殺されたナメック星人の怒りを思い知れ!」と怒ったり、最長老への敬意を持つようになったことが見て取れる。
パワーアップで「オレは究極の力を手に入れたのだ!」とハイになって馬鹿笑いしながら悟飯達の元へ向かう様子から、
この時点ではベジータと同レベルの慢心まだ魔族の気質が強いようだったが。
そして戦場に到着した頃にはそんな発言は忘れたと言わんばかりに冷静な様子に戻っていた。悟飯が見たらドン引きしそうだしね
元は一つであった神様と融合した後は、「神でもピッコロでもない、本当の名前も忘れてしまったナメック星人」として生まれ変わった。
(このため、悟空からは当初「神コロさま」と名前まで合体させられてしまったが、本人いわく「基本はほとんどピッコロ」なので
 以降もピッコロと名乗り続けている)
その際、地球の神として知識や穏やかさを手に入れたことで人格的には殆ど別人と言える程に変貌を遂げ、
立場上元上司の界王神に驚愕して敬意を払ったり、神の神殿が崩壊するのを見て呆然としたり、ギャグメーカーに回されたりするようになった。

フリーザやセルと同様にエイリアン風の異形のキャラクターであり、それ故か悟空達とは趣向の異なる独自の技を多く使う。
目や口、触角から出す怪光線はその最たる例と言えるだろう。
指先から貫通力の高い光線を放つ「魔貫光殺砲」、相手を気弾で囲み一斉に襲わせる「魔空包囲弾」など必殺技も特殊なものが揃う。
魔貫光殺砲は悟空を殺すために編み出した技だが、あんなチャージ時間の長い技を実戦でどうやって当てるつもりだったのか謎である。
…まぁ、それ以前の悟空との対決時にも チャージ時間が長い技を使ったが悟空は攻撃せずに待ってくれてた ので、
悟空ならチャージ時間中に攻撃しないだろうとか思ったのかもしれないが。

Z戦士の中でもそれなりに強いためか、ベジータ同様かませ犬にされることが多いが、
「善戦する → 敵がパワーアップ → 不利になる → 本命登場」というパターンが多い分、ベジータよりも活躍していると評価されやすい。
原作ではアニメでいうZ以降、サイバイマン位しかまともな白星が無いというのは禁句。

何かしらキャラの改悪を被ることも多いアニメでも大きなキャラ変更はなく、比較的厚遇されている。

中ボスを何体も倒すなど戦果もそこそこだが、大抵の場合は大ボスに挑んで負ける。
特に『地球まるごと超決戦』では四回吹っ飛ばされている。いくらなんでも不死身すぎである。
『とびっきりの最強対最強』では、フリーザの兄クウラに敗れてしばらくフェードアウトしてしまう。
だが、その一方でクウラ機甲戦隊のドーレとネイズを一人で倒し、
残った一人のサウザー(もちろん「愛などいらぬ!」とかは言わない)をも追い詰めるという活躍も見せ、
物語のラストでは、クウラを倒して満身創痍になった悟空達に襲いかかったサウザーをも魔貫光殺砲で狙い撃ちしてみせた。
結果的に、クウラ機甲戦隊はピッコロ一人に全滅させられることとなった。
クウラ機甲戦隊は、戦闘力ではギニューをも上回る超天才戦士たちで構成されていたのだが、
ネイルと融合したことでフリーザ第2形態をも上回る力を得たピッコロの敵ではなかったようである。
この他、自身と同じく魔族出身の戦士であるサンショやドロダボなども倒しており、劇場版シリーズの中では戦績が多い。

上述の通り『ドラゴンボールZ』では運転免許取得に挑戦したことがある。
時系列的には人造人間編スタートの直前頃で、日頃の生活態度に激怒したチチの命令で悟空と共に教習所に通わされるが、
悟空と違って操縦はすぐに慣れたものの、案の定無茶苦茶な運転を繰り返し、路上教習の途中で教習打ち切りを喰らって結局免許は取れずじまいだった。
その回で披露した洋服姿は伝説となっている。*1

Z戦士の中でも唐突に実力を大きく上げるキャラクターの一人である。
界王星では、かつて悟空が経験した以上に厳しい修行を積み、ネイルをも驚愕させる戦闘力を得た。
ちなみにピッコロが界王星に滞在していた期間は5日程度という超短期間である。
人造人間編で神との融合を果たした後は、当時の超サイヤ人を超え、人造人間17号に匹敵するほどの力を身に付けている。
その後、さらに精神と時の部屋での修行を経て、セル第2形態以上の力を持つセルジュニアと渡り合えるまでの戦闘力を得るに至る。
セルジュニアは当時のベジータやトランクスと互角に近い力を持ち、ピッコロも17号と戦った時と比べ物にならないほど強くなったことが分かる。*2
原作ではピッコロとセルジュニアの戦闘は殆ど描写がないが、『ドラゴンボールZ』では仲間たちの援護もこなすなど、かなりの活躍を見せた。

脳筋が大半のドラゴンボール世界においてクールな性格で分析能力にも長けるため、出番は割と多い。
強さと人格がどちらも高いレベルで安定しているためか、Z戦士のまとめ役的なポジションとも言える。
魔人ブウ編では強さのインフレには流石について行けなかったものの、悟天とトランクスのフュージョンの指導をしたほか、
少しでも彼らの修行時間を長く取るために魔人ブウを話術で足止めするなどといった参謀的な役割を果たした。
逆に、魔人ブウがピッコロを吸収した後は、ピッコロの知性にゴテンクスや悟飯のパワーを兼ね備えた最凶最悪の魔人へと変貌している。
このように「頭脳派キャラ」「師匠キャラ」としての側面が強いが、実は悟飯とは4つしか年が離れていないことは意外と知られていない。
成長速度が早いピッコロや生まれた時から肉体も知性も発達しているセルは、通常そういったことをあまり意識させないキャラなのだろう。

あのベジータさえもピッコロには一目置いているらしく、フリーザ軍が地球に襲来した際に、
スカウターで探知されないよう気を抑えていたピッコロの判断力に対して、他のZ戦士たちと比較して「さすがだ」と賞賛している。
もっとも、ピッコロが自分の実力を超えてしまうと一転して焦り出す辺りはベジータらしいが。
ベジータもピッコロもあまり他者と馴れ合うことはないが、そんなところに相通ずるものがあるのか作中での2人の掛け合いは多い。
信頼の情が窺える描写もあり、劇場版でも背中合わせのカットが幾つかあることから、
「表には出さないものの、互いに互いを理解している良き友人同士」とも考えられている。

ゲームの開発者の間でも人気があるのか、
『舞空闘劇』のIFストーリーでは超サイヤ人が居ない世界でインフレに付いていこうとするピッコロさんが見られる。
原作ファン、特にピッコロや無印のファンがニヤリとさせられるような演出もあって評価は高い。

『Sparking!METEOR』では前期(サイヤ人編以降)、後期(人造人間編以降)の2タイプに分けられ細かく原作再現されている。

また、『超武闘伝2』では銀河戦士を倒してなおも修行を続ける事を悟飯に驚かれた際に
「…俺はもう、神でもピッコロでもない…名前さえも忘れた、ただのナメック人の戦士だ…。強くなる事しか、頭にないのさ…!」
という、たた純粋に高みを望む求道者としての名言を残している。
ブウ編?何の話かな?


ピッコロのテーマ

ファンの間では界王神とどちらが強いかという論争が起こりやすい。

+ピッコロと悟飯
地球に襲来するベジータとナッパに対抗するために悟飯に修行をつけた経緯から、
悟飯からは頼れる師匠として悟空と同じくらい尊敬しており、ピッコロ自身も(特にナメック星編以降は)悟飯には特別優しい。
悟飯にとっては、一年間悟空の代わりに自分を育ててくれた
(そして自分の軟弱な性格を叩き直してくれた)2人目の父親のようなものであり、非常に大きな存在と言える。
しかも、悟飯の性格については 悟空よりもピッコロの方が理解している節があり
セルゲームでは戦いを嫌う悟飯の性格を指摘し、悟空を糾弾する場面がある。*3
平和な世界で悟飯が戦闘の才能を錆びつかせていくことはむしろ良いことだと捉えており、
悟飯の力を頼りに来たトランクスに今の悟飯はかつての悟飯とは違うと釘を刺している。
悟飯役の野沢雅子氏が歌う「ピッコロさんだ~いすき」なんて直球過ぎるネーミングの 恥ずかしい 歌もあったりする。

SFCソフト『超武闘伝』では、ピッコロが負けると「ピッコロさーん!!」という悟飯の叫び声が入り、
逆に悟飯が負けた際には「ゴハーン!!」とピッコロが叫ぶ、という演出もある。悟空を差し置いて
AC『超ドラゴンボールZ』でも悟飯との専用の掛け合いが存在する。

また劇場版では必ずと言っていいほど悟飯の危機に現れる
製作者もこの点を意識しており、ブロリーとの再戦では本人が現れずクリリンがピッコロの真似をする始末。
\ポコピ~♪/


+『ドラゴンボールGT』では…
『ドラゴンボールGT』では、「ベビー編」のラストにおいて、最後の死を迎えている。
先代の神様がピッコロ大魔王と分離する前に創り出したとされる究極のドラゴンボールが地球の崩壊を招いてしまい、
ピッコロは究極のドラゴンボールを消滅させるために崩壊する地球と運命を共にし、悟飯と涙の別れをする事になった。
死んでもドラゴンボールで蘇れる上、天国からでも霊体になって割と簡単に行き来出来てるように見えるドラゴンボールの世界観で、
割と珍しく、死別の哀しみを表してるシーンとも言える。

その後「超17号編」においては、過去の功績を認められて天国へ送られることになったが、
悟空がドクター・ゲロとドクター・ミューの策略によって地獄に閉じ込められてしまったため、
天国で暴れてわざと地獄に落ち、地上のデンデと協力して悟空を地上に帰した。

それ以降は地獄の番人として活動しているらしく、最終回では地獄で暴れる悪党を退治していた。
また悟空が最後にあいさつに訪れた仲間の一人である。

+よく死ぬピッコロさん
そんな彼ではあるが作中で描かれた死亡回数はシリーズ通算で4回。これはクリリンと並んでトップタイの死亡回数である。以下それぞれの死因を記す。
  1. ベジータらが地球に初襲来した際ナッパの攻撃から悟飯を護って絶命。
    同時に神様も消滅しナメック星のドラゴンボールで復活するまでドラゴンボールは一時消滅してしまう。
  2. 魔人ブウによる地球崩壊に巻き込まれ悟飯、悟天、トランクスもろども命を落とした。この時もナメック星のドラゴンボールで生き返っている。
  3. 『GT』において究極ドラゴンボール消滅の為に最後の死を迎えている。(詳細は前述)
  4. 『超』において復活したフリーザから悟飯を護って死亡。この時もまたナメック星のドラゴンボールで生き返っている。
何かと母星のドラゴンボールのお世話になっているが、やはり故郷に恩義を感じるのだろうか。


MUGENにおけるピッコロ

ドラゴンボールキャラでお馴染みの超神氏によって製作されている。
魔貫光殺砲や魔空包囲弾などのお馴染みの必殺技に加え、二人に分身して左右から乱舞を食らわせるアニメオリジナルの技も搭載されている。
また、腕を伸ばしたり悟飯を呼んだりといったトリッキーな技も有る。
UJI氏によるAIが標準搭載されており、また、悟飯やDIOなどのAIでお馴染みのmisobon_ism氏によるAIパッチも存在する。
また、亞氏によるAIが存在したが現在は入手不可。

supermystery氏によって作られたピッコロも存在する。
こちらのピッコロは高性能なワープ、攻撃力の高さ、長いスーパーアーマー付きの突進蹴りと強い要素がそろっており、
こちらのピッコロも魔貫光殺砲や魔空包囲弾をつかえたりする。
AIもイージー、ミディアム、ハードと選択でき、ハードはこちらの攻撃を突進蹴りで潰して来たり
ワープで相手を翻弄することを自重せずボスハルクと張り合えるなど、凶の中でも上位の強さを持つ。
ただ外国語であるが故に、動画ではあまり見かけない。ボイスパッチの製作・公開が待たされるところ。

+大会ネタバレ
MUGEN∞動画改作トーナメント では先鋒1人で自チームの3人を倒してきた強豪山本無頼を大将として迎え撃ち、
激戦の末にこれを紙一重で打ち破り、その勢いのまま逆4タテするという、まさにピッコロらしい頼もしさを見せた。
ちなみに、2人とも自作AIであった。


出場大会

+...
シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み
非表示

出演ストーリー



*1
帽子のネーム「GOKUU」などを見る限り、どうやら悟空の洋服を借りているようである。
ちなみに、原作にこの回の元ネタがある。
興味がある人は、22巻の扉ページ大特集を見てみよう。

*2
ただし、セルジュニアは予めセルから「痛めつけろ」と命令されており、
セルの命令があるまでは本気ではなかった可能性がある。
また、悟空が倒れている事から疲労している彼よりは力があるとも解釈できるが、
逆に言えばセルの言った悟空の体力消耗はかなり深刻である、とも取れる。
精神と時の部屋での修行を終え、「レベルそのものが上がった」とされる実力には
解釈によっては大幅に差異が出来る非常に曖昧な所がある。
極端な話、修行前には全く太刀打ち出来なかった第一形態のセルを超えるレベルでも別次元と言えるのだから。

*3
とはいえ、当の悟飯は自分の底力に期待する悟空の思惑を理解した上でセルに挑んでおり、
セルの攻撃で気が減っていないにも関わらず悟飯が殺されたと悟空に激怒したりと、
ピッコロ自身も相当悟飯を侮っている場面が見られた。