デーモン


アメリカのDCコミック『ザ・デーモン』に登場するヒーロー。同作品の主人公でもある。

本名 ジェイソン・ブラッド 。修道士にして冒険家。
名前や外見から一見するとヴィラン(悪役)にしか見えないが、「デーモン」はヒーローとしての名前である。
(正式には「 エトリガン・ザ・デーモン 」となるようだ)。
言うなれば、「米国版デビルマン」と言ったところか。ビジュアルはむしろ妖怪人間っぽいけど

元々はアーサー王配下の騎士団「円卓の騎士」の一員であったが、
魔女モルガンの奸計にはまってキャメロットに悪魔を引き入れ、王国は滅亡。
怒ったマーリンによって、ジェイソンの魂は悪魔エトリガンの肉体に封印されてしまった。
そして、現在に至るまで、モルガンに対する復讐を続けている。
ヒーローとしては、悪魔の肉体による高い身体能力や、炎を吐くなどの魔術を使いこなす。
また予知能力、というよりは運命を読む力のようなものをもっており日時や時間単位まで正確に過去や未来を言い当てたりする。
長く生きているためか、魔術を含むオカルト関係にも造詣が深く、バットマンとは情報をやりとりしていた。

性格は、元々少々傲慢なところがあり、さらにはエトリガンに引きずられているためか、かなり短気で粗暴。
魂を見ることの出来るゴーストライダーに悪人と見なされたあたり、どうしようもない。
実際、前述の予知能力を使用して見ず知らずの人間に対し、避けえない死を宣告し(相手しか知りえない情報を言い当て、自分の予言の信憑性を高めた上で、である)
さらにその人物が自分の予言どおりの死を迎えたのを見て高笑いしたり
募金を求めている神父に13ドル(西洋では13は非常に不吉な数字である)を寄付してまた高笑いしたり
目的のためには特に葛藤することも無く罪の無い子供を殺そうとしたりとはっきり言って普通に悪党である。

ただし、これらの面は人間であるジェイソンでは無く悪魔であるエトリガンとしての面が露出している割合が多いためであり
時折、人格が人間であるジェイソンに戻った際には、これらの行動に対して罪悪感を覚えたりしている。
また、エトリガンが露出している際であっても復讐心からとはいえ悪と戦う心は本物であり、一種のダークヒーローと考えるべきである。


MUGENにおけるデーモン

wucash氏によるものと、Marvelvsdcu氏によるものが存在する。
どちらも、肉弾戦闘の他、炎を吐いたり悪魔を召喚したりと多彩な技を使用する。

出場大会

削除済み