鬼剣士








「鬼に呪われた『あの日』から…
                    俺の人生は変わった!」

オンライン横スクロールアクションゲーム「アラド戦記」のプレイヤーキャラクター。
その性質上正式名称は無い為職業名で記載する。

片腕に受けた鬼神「カザン」(ソードワールドいう所の怒りの精霊、フューリーのような物)の呪いに対抗する力を得る為、
呪いに冒されていないもう片方の腕に武器を携え戦う戦士。
「ウェポンマスター」「ソウルブリンガー」「バーサーカー」「阿修羅」の四職が存在する。
ドット絵の立ち方や武器が金髪のあの剣士に似てるが全くの別人 (イレギュラー)ってそういう…

  • ウェポンマスター
鬼手の力に頼らず、剣術に関わるスキルを習得していく
鬼剣術奥義を習得することで通常攻撃のバリエーションが出る。
一次覚醒名は剣聖。自動発動スキルはクリティカルヒット時に敵の防御力をダウンさせる極鬼剣術-斬鉄式
アクティブスキルは地面と空中に24本の剣を召喚し、剣戟の嵐を起こす極鬼剣術-暴風式
二次覚醒名は剣神。自動発動スキルは各種スキルに特殊攻撃を追加する極限の境地
最終スキルはフィンファンネル意のままに操れる剣を召喚し、追加攻撃を行う以気御剣術

  • ソウルブリンガー
鬼手を制御する鎖を外し、より多くの鬼神を操るためのスキルを習得していく。
Lv35で修得するトゥームストーン、Lv45で修得する黒炎のカラはクロニクル装備と呼ばれるエンドコンテンツで入手できる装備で伸びしろが大きい。
一次覚醒名はソウルテイカー。自動発動スキルは近接した敵の闇属性抵抗を下げる漆黒の恐怖
アクティブスキルは鬼神を食らう鬼神を召喚する第七の鬼神:狂暴のブラッシュ。全覚醒スキルの中でも最も手間が掛かり、それ相応の威力を誇っていたが、現在では鬼神スキルのクールタイム初期化要員に成り下がった。
二次覚醒名はダークロード。自動発動スキルは各種陣スキルの持続時間を伸ばすファントムマスタリー
最終スキルはソウルブリンガーの始祖たるジグを召喚することが出来る……が、ぶっちゃけ要らない子。
イベントで低レベルダンジョンを早回しすること以外は邪魔とまで評されている。

阿修羅とバーサーカーに関しては当該項目で解説



MUGENにおける鬼剣士


sagi氏制作のウェポンマスター


原作ドットのものを使用。
カラーに応じてアバターが変化するが最高カラーのものは4次レアアバターのゴールドVerである。
本家二次覚醒の能力まで実装されているため、解禁すると……
設定によってゲジマユにすると台パンどころではない強さになるため要注意。

ねお氏制作の鬼剣士 ムヒ


原作ドットのものを使用。
光剣的な特性と、鈍器と、大剣的な重みが混じった性能で作られている。

dadio氏制作のomake

氏曰く 考えるのが面倒だったのでこれに決定 したらしい。

装備する武器により攻撃力や攻撃速度が変わり、MUGEN入りした彼の場合は最も速度を重視した光剣という種類の武器を装備
キャラクターとしても武器の性能をそのまま反映した、単発の威力が低いが理不尽なまでの手数で攻めるコンボキャラとなっている。
ただ、1ゲージ技のオーバードライブにより、その手数と同時に火力を上げることもでき、潜在火力は高い。また、覚醒技の極鬼剣術・暴風式をアレンジしてどこぞの慢心王のように多数の剣を飛ばすこともできる。

元が格ゲーではなくアクションゲームのキャラである為、投げ技の烈破斬がガード中の相手も掴める(ただし、通常技キャンセルで出すと1ゲージ消費)上そこからコンボにいけたり
キャンセル受付タイミングがやたらに長かったりと通常の格ゲーキャラよりも強めになっている。

なお、作者自身によるガン攻めかつ上記のガードを無理やり掴む投げなども自重しない結構な強さのAIが最初から入っている。

補足しておくが、MUGENでの彼は鬼剣士と呼ばれているが、実際のところはウェポンマスター(覚醒名:剣聖)である。
その理由は、光剣という武器はウェポンマスターに転職しないと使用できない武器であり、従来の鬼剣士と違って鬼手をレギュレーターで覆っているためである。
光剣を扱うためにはエネルギーが必要であり、そのエネルギーはレギュレーターを通じて鬼手から取り出している。



参考動画


「鬼の呪いにも屈せず己の武器を鍛えること。
                              それが武道の極ではないか。」

出場大会

削除済み

出演ストーリー