ヴァリアブル・ジオ


概要


TGLのアダルトゲームブランド「戯画(ぎが)」から発売された対戦格闘ゲーム。
ストII」ブームの真っ直中に発売されたゲームである。

当時としてはコンシューマゲーム機でもなかなか、対戦格闘ゲーム製作や移植が難しい時代において、ゲームに必要な機能が殆ど揃っていないNECのパーソナルコンピュータ「PC-9801」シリーズにてリリースされた。
(当時のパソコンはビジネスマシンという側面も持っていたため、ゲームに特化した機能は二の次、という考えがあった。その為、高速での処理などは完全にCPUに依存する作りとなってしまうため、使う機種によってはゲームが成り立たない程の展開になってしまったりすることもよくあった)

実のところ、PCでの本格的な対戦格闘ゲームの始まりは古く、このV.G.の前には「ソードダンサー」「人形使い」「クィーン・オブ・デュエリスト」といったタイトルがある。
また、PC98で対戦格闘を本格的に持ち込んだのも、「ソードダンサー」を作ったTGLである。

マシンの根本的なポテンシャルも踏まえた上で登場したV.G.は、対戦格闘としては悪くない出来であった事に加え、キャラクターデザインや原画を人気アニメーターの木村貴宏が担当した。また制服ウェイトレスが戦うというコンセプト自体が斬新で、現在に至るこのジャンルの創始者でもある。また、ジャンルが「アダルトゲーム」であったことも、その知名度をのばす事となった。(余談だが、当時木村貴宏氏は戯画に登用される事が多く本作以外でも複数作品でキャラクターデザインと原画を務めている)

やがてその知名度で、TGLから本格的にコンシューマ機への移植が行われる様になり、PCエンジン、スーパーファミコン、セガサターン、プレイステーションへと数多くの機種へと移植、製作された。

またPCの方も、Windowsの登場によりゲーム製作も容易になり、こちらでも本格的な対戦格闘が発売される事となった。

しかし、コンシューマ移植を含めて、対戦格闘としての作りはどうしても荒く、やり込もうにも底が浅い構造であったため、最終的にはキャラクター造形のみで押し通す感じでシリーズは重ねられていった。
唯一の例外と呼ばれたのが、PSソフト「アドヴァンスドV.G.2」で、これはやり込めばやり込むほどコンボの繋がりが楽しくなる非常に完成度の高い仕上がりとなっている。
尚、V.G.シリーズはWindows「V.G.MAX」を除き、完全自社製作であり、上記ソフトも開発は別会社だから面白くなったという話があるが、これは単に廉価版の発売元がサクセスであるという事から広まった噂話である。
ちなみに、その唯一の外注作「V.G.MAX」の開発元は、「Queen of Heart'99」や「MELTY BLOOD」でお馴染みである渡辺製作所(現・フランスパン)である。

最終的には、キャラクターデザインやスタッフの離脱により、対戦格闘が作れなくなった。
(ただしあくまでも"対戦型”格闘ゲームのみの話であり、
 俯瞰視点ロボットアクション『バルドシリーズ』(第一作の『武装金融外伝バルドヘッド』が1999年)や
 横スクロールアクション『デュエルセイヴァーシリーズ』(こちらは2004年なのでVGシリーズ終了後である)等の
 格ゲー要素のある作品は作り続けられている)
同シリーズの作品としては2000年に「V.G.Adventure」、2001年に「V.G.Re-birth」、2003年に「V.G.NEO」がリリースされているが
この3作品は格ゲー要素は皆無であり、格闘ストーリーのアダルトアドベンチャーゲームとなっている。

とはいえ、登場人物全てが女性というインパクトを人々に与え、キャラ造形も当時密かなブームをもっていた「ファミレス制服」に着目した点では、一つの方向性を示した作品とも言えるだろう。

PCのギャル格闘というジャンルでは「あすか120%」シリーズと二大巨頭として扱われ、
(エロ的な意味で)実用のVG、(格ゲー的な意味で)実用のあすか、と対比されることも多かった。



システム


ゲームによって様々な形態となったが、基本的には1レバー+4ボタンのNEOGEO格闘タイプに落ち着いている物が多い。
(弱強パンチ、弱強キック)

シリーズによっては体力がピンチな時に発動する超必殺技があったり、ゲージを使用するスーパーコンボがあったりと、当時の流行だった対戦格闘ゲームのシステムを導入したりしている。
MUGENに移植されているのは、主にADVANCED V.G.2とV.G.MAX仕様のものになる。

キャラクター

ボスキャラクターは対戦等に限定して使用可能。

V.G.ヴァリアブルジオ

  • 使用可能キャラクター

ADVANCED V.G.

  • 使用可能キャラクター
  • ボスキャラクター
曾根崎啓一(ラスボス)、曾根崎恵(ラスボス)

V.G.II -姫神舞闘譚-

  • 追加された使用可能キャラクター
  • ボスキャラクター
嘉島琴荏(ラスボス)

ADVANCED V.G.2

  • 追加された使用可能キャラクター
  • ボスキャラクター

V.G.MAX

  • 使用可能キャラクター

作品一覧(対戦格闘のみ)


V.G. ヴァリアブルジオ
1993年7月・PC-9801シリーズ用

ADVANCED V.G.
1994年7月・PCエンジン
1995年7月・スーパーファミコン
※「スーパーヴァリアブル・ジオ」のタイトルで発売。ストーリーモードがないのでボスキャラクターが登場しない。
1996年4月・プレイステーション
1997年3月・セガサターン

V.G.Ⅱ -姫神舞闘譚-
1994年11月・PC-9800シリーズ用
※1996年発売のV.G.PerfectCollectionにV.G.2.1へVerUPするパッチを収録

ADVANCED V.G.2
1998年9月・プレイステーション

V.G.CUSTOM
1999年2月・Windows

V.G.MAX
1999年9月・Windows
※デフォルメキャラ



MUGENでのヴァリアブル・ジオ

近年では知る人ぞ知る作品ながら、曾根崎兄妹の2名を除いた全員、更にV.G.NEOの飛鳥優がMUGEN入りしており、ニコMUGENでの出番も多い。
特に強キャラの大会には武内優香、久保田潤、レイミ・謝華が、凶キャラの大会にはミランダ・謝華が出ることが比較的多いようである。
その一方で、ストーリー動画にはほとんど出演しない。


添付ファイル