ユウキ



「ゲーム・スタートォ!」

 格闘スタイル: 新日本機械格闘術
 誕生日: 7月1日
 年齢: 17歳
 身長: 180cm
 体重: 68kg
 血液型: O型
 好きなもの: スポーツ(サッカー・野球フットボール)、お祭り
 嫌いなもの: 戦争・いじめ
 大切なもの: 愛と平和
 好きな食べ物: お好み焼き
 特技: 英語やスペイン語などを操れる(自称)
 趣味: ダンス・ギター
 装備: カードリーダー付のチェンジアトミックガイ・ネオス
 CV: 緑川光


NEOGEO BATTLE COLISEUM』の主人公二人の片割れ(もう一人はアイ)。
広島県出身で連邦政府のエージェント。たまに訛りが出るが本人は隠したがっている様子。
格闘スタイルは「新日本機械格闘術」(略すと「新日本機格」。元ネタは「新日本企画(旧SNKの社名)」)
相方のアイ同様、ネオジオの機能やゲーム(主にアクション)をモチーフに、またはそこから引用した技を使う。
主人公なのに一番ドット絵が粗かったり(実はドットの打ち方の質自体はそれほど酷くもないのだが、色使いのためやたらジャギーが目立っている*1)、
アニメ枚数が少なくどこで判定が発生しているか判らないほどガクガクな動きだったりと不遇。
某サイト曰く「芋屋は手を抜いているんじゃない、本気でやった上でダメだったんだ!」。
これはKOF2003のシェン・ウーのドットについての発言だが、2005年発売のNBCでもその片鱗を垣間見ることができる。
まあ中には異様にヌルヌル動く人もいるんだが…。
しかし時間切れで負けた時のグラフィックは妙に可愛いと評判である。
色々と不遇だが、随所に散りばめられたネオジオネタと相まって、使っていて楽しいキャラクターである。

コンボ集

+ だが

+ 技性能等

"I'm not boy."

と妙に発音良く言うが、これはネオジオポケットのキャッチコピーだった言葉である(ゲームボーイとの対比)。
直訳すると「私は男の子ではありません」だが、流石にそうではないだろう。
女の子の名前としてもありえなくもないせいでこいつにも勘違いされたりもするが、
キャッチコピーらしい意訳をするなら「俺はガキじゃない」といった所。
ライデンの「I am RAIDEN」と同じである。(直訳:私はライデンです、意訳: ライデン様の妙技を喰らえ 俺がライデン様だ)
俺様語だの男言葉だの細かい分類が多いニホンゴハムズカシーネ。
実際日本語をエキサイト英訳して、さらにエキサイト和訳をして出来る文章の珍妙さを楽しむ遊びもある。

SNK公式ギャルゲー『Days of Memories』の第5作では、警官と言う設定のアイの同僚として登場。


MUGENにおけるユウキ

+ アフロン氏製NBC仕様

+ Basara-Kun氏製ユウキEX

+ hilune氏製


+ ヤンマー氏製A(アトミック)-ユウキ

+ リュウセイ氏製 ラジ

+ 大会ネタバレ注意

「ラストショットじゃ!!」 *5


出場大会

【ユウキ】
+ 一覧
【Aユウキ】

出演ストーリー



*1

全体の色合いを少し変えるだけでこれぐらい見栄えがよくなる。
このカラーは海外フォーラムで公開されていたもの。

*2
空耳で「チェンジユアポテト」と言っているようにも聞こえるが、"Change your pocket!"と言っているようだ。
MUGENでは音が若干こもってしまうため、ニコニコでは「ニンジンを食う」などの空耳が書き込まれる。

*3
元は『キングオブザモンスターズ』(以下KOM)に登場する
発狂した老科学者が自分を対象に人体実験を繰り返し怪物と化した「アストロガイ」。
一見ヒーローのように見えるが、理性は完全に失われており結局のところただの怪獣である。
さらにKOM2(KOMの3年後)では放射線の力で「アトミックガイ」に進化していた。
怪獣型の「ジオン」が放射線で進化するのは流石に不味いと思ったのだろうか。
(そのジオンは、倒したモンスターの肉を喰らい続けたことで「スーパージオン」に進化している)

なお、香港で出版されたNBCの漫画版では、ユウキの師匠ジャスティンが単独でアトミックガイに変身している。
こちらのアトミックガイはユウキ&アイのものとは異なり、緑色のカラーリングをしている。
カラー自体は原作KOM2にも存在していた別カラーである。

*4
KOM2での最大タメ攻撃「メガトンサンダー」が元か。
他にもタメ攻撃には頭のトサカを巨大化させて飛ばす「アトミックカッター」や
ポーズをとるとアトミックガイの 巨大な横顔が発射される 「ネオジオ光線」などがあったのだが、
NBCには存在しない。インパクト大でとても面白いと思うのだが。特にネオジオ光線。

*5
ちなみに乱入者氏のAIは、このセリフを放つ超ド級ネオジオ乱舞の後、「訛りを気にしている」という設定を活かして
挑発行動(「なまっとりゃせんがー!」と言うアレ)をとらせている。
原作を知らない人には最後の挑発セリフ込みで一連の技だと思っている方も多いのではないだろうか。