カムラナート

「ふん、愚か者が死にに来たか……。いいだろう、この私が相手をしてやる。

お前達は皆ここで……、クリスタルのために、死ね!!」

オンラインゲーム「FINAL FANTASY XI」に登場するキャラクター。ゲーム中の表記は「Kam'lanaut」。
FF11の世界ことヴァナ・ディールに存在する国家の一つ「ジュノ大公国」を治める大公。

キャラクター概要

生年:天晶暦830年、即位:天晶暦859年。
当然ながらNPCキャラである。エルドナーシュという(見た目は)歳の離れた弟がいる。
クリスタル合成法や当時は寂れた漁村だったジュノを数十年で大都市へ発展させた政治の腕と知識、
20年前のクリスタル戦争時に分裂気味だった人間の諸国を纏め上げ獣人達から勝利を収めた統率力、
その他「飛空挺」等のオーバーテクノロジーの開発に着手する等、大公として様々な功績を残しており、
自国民から絶大な支持を得ている。

しかし、初登場シーンやその 奇抜なヘアスタイルと顔の刺青 からして、あからさまに怪しい雰囲気を漂わせており、
登場当初から「腹に一物有りそうな人物だな」とちゃっかり役どころをプレイヤー達に見抜かれていた。
事実、とある目的で30年以上に渡って歴史の裏で暗躍している。

+とある目的(『ジラートの幻影』編ネタバレ)

「ハーッハッハッ!そう、その通りだ。私はクリスタルの意志なのだからな。

真のクリスタルの力で、この星を我がものとしてやろう!」

歴史の表側ではジュノ大公国を治める大公であるが、その正体は過去一万年の時間を経て
眠りから醒めたジラート人の末裔にして王族
表向きにはエルドナーシュの兄と云う立場を演じていたが、実は彼の方が弟。
自らクリスタルの意志の代行者を僭称する。

クリスタルに同調した兄を媒介に見た永遠の楽園「真世界」のヴィジョンに取り憑かれ、
クリスタルのエネルギーの収束点「デルクフの塔」の真上に、
神の扉となる浮島トゥー・リアを築き「神の国」の招来を目論むも明星の巫女とクリュー人の謀反で計画は失敗。
その際に、ジラートの文明も国も滅び、ジラート王の兄弟も永きに渡る眠りを余儀なくされた。

しかし30年前、ガルカ族の語り部ラオグリムが北の地でクリスタルに触れたのを機に一万年の眠りから覚醒。
漁を生活の糧とする寒村に過ぎなかった頃のジュノに流れ着く(この時、彼等を漁船で助けたのがマート)。
そこでカリスマ性と政治的外交手腕を振るい人間側の勢力を勝利に導く事で、
歴史の表舞台にその人ありと称される大公の任に就く。以上が現在迄の経緯の真相。

ジラートの王子達の真の狙いを知った冒険者と、デルクフの塔最上層にある天輪の場にて戦うことになる。
バトルフィールド名「デルクフの塔再び」。それまで見慣れた布製の服装から変身し、
いかにも古代文明の技術で作られたっぽい甲冑と長剣、浮遊する盾で武装した姿が印象深く、
即死級威力の必殺技「光輪剣」をはじめとする強力な攻撃でプレイヤーを苦しめた。
現在はプレイヤーのレベル上限が当時より上がっていることもあり難易度は下がっている。
勝利すると、真の黒幕はエルドナーシュのほうだったことが判明。浮島トゥー・リアへと舞台を移し、
アーク・ガーディアン戦を経て、ラスボスのエルドナーシュ戦へと物語が進んでいく。
つまり、ストーリー上のカムラナートは中ボス扱いなのである。
+原作での特殊技エフェクト集
+一部で語り草となっているリューサン6人対カムラナート
+踊り子ソロで挑んだ猛者がいた。
後日談的クエスト「世界に在りて君は何を想うのか?」で兄のエルドナーシュと共に再び冒険者の前に現れ、
当時より強化された兄弟と同時に戦うことになる。
ヴァナ・ディールでも珍しい左利きのキャラである(PC・NPC問わず大半のキャラが右利き)。
日本人プレイヤーにはその名前を砕かれて「 嘉村直人 」もしくは「 嘉村納豆 」と呼ばれる事がある。

彼の配下「アーク・ガーディアン」について

漆黒の鎧に身を包んだヒューム族エルヴァーン族タルタル族ミスラ族ガルカ族に良く似た白髪赤眼の5戦士。作中では主に「クリスタルの戦士」と呼ばれる。
プロモーションムービーに登場して正体不明の頃はプレイヤーに「美白メン」と呼ばれていた。
エルヴァーンとミスラは女性グラフィックだけど。
Arch Angel(大天使)ではなく、Ark Angel(アーク=母なるクリスタルが収められている建物)なので注意。
+その正体(ネタバレ注意)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3893815
明星の巫女によると彼らは古代ジラートでクリスタルの力を利用して生み出された人工生命体で、
それぞれが5感の能力を特化させた巨大クリスタルの落とし子である。
現在地上に繁栄している5種族は古代人類がメルト・ブローの後、
長い歳月をかけて地下に眠る巨大クリスタルの影響を受けて変化した姿であるが、
クリスタルの戦士達がクリスタルから受けた影響はこの比ではない。
その結果、各種族が持つ闇である「無知」「驕慢」「怯懦」「嫉妬」「憎悪」を色濃く反映しており、
その力も各種族の長所を伸ばした物が多い。

「内なる「無知」が、おまえたちをうつろにする……。」

Ark Angel HM(アークエンジェルヒューム)。ジョブは「戦士/忍者」またAAの中で最速の移動速度を持つ。
ヒューム男性の姿をしており「無知」を司る。
専用技「絶双十悶刃」はスタンとスロウ効果を持つ前方範囲攻撃。
空蝉の術は数回の攻撃を完全無効化し、戦士のダブルアタックと忍者の二刀流で独自グラの禍々しい双剣を振り回す。
さらには複数回使用する「マイティストライク」で怒涛の攻めをしてくる、この攻撃を終始受け切れるのは間違いなく不可能である。
本来プレイヤー側では自爆技の「微塵がくれ」を死ぬことも無く何度も使え
死に際には自爆テロを多発してくる鬼畜。
微塵がくれのダメージは残HPとほぼ同じであり、他のボスの例にもれずPCの10倍を超えるHPを持つため
戦闘終盤しか使用してこないという制約はあるがその威力は一撃で周囲のPCを半壊~全滅へ追いこむ。
また自爆ばかりに目が行くが、「マイティストライク」+「絶双十悶刃」の組み合わせはHPや防御の低いキャラなら即死する威力を持つ。
攻撃面ではメンバー中トップクラス。

「内なる「傲慢」が、おまえたちを腐らせる……。」

Ark Angel EV(アークエンジェルエルヴァーン)。ジョブは「ナイト/白魔道士」。
エルヴァーン女性の姿をしており「驕慢」を司る。
その巨大な固有グラフィックの盾はプレイヤー装備としては未実装なので羨ましがられているとか。
専用技「ドミニオンスラッシュ」は対象中心範囲にふっ飛ばし・沈黙・強化魔法解除効果付きのダメージを放つ。
「インビンシブル」で一定時間無敵、白魔法全般や瀕死になると全体高回復の「女神の祝福」を使う為、
驚異的な防御力と生命力を持つ。
そして何よりも強烈なのが片手剣WSのスピリッツウィズインである。
この技は残体力&TP量によって威力が変わる無属性魔法攻撃であるためプレイヤーの10倍以上といわれる体力から繰り出されるこの技は戦闘序盤~中盤に受けると確実に即死である、頑丈さを売りにするナイトや最大のHPを持つモンクも例外ではない。
その形相(と薄い胸)から大抵の人は初見で男性と誤解してしまう様子。
それに反して倒された時の崩れ方が妙に女性っぽいため、一部では萌え度が高いとの支持を受けているらしい。

「内なる「怯懦」が、おまえたちを押しつぶす……。」

Ark Angel TT(アークエンジェルタルタル)。ジョブは「黒魔道士/暗黒騎士」。
タルタル男性の姿をしており「怯懦」を司る。専用技「アモンドライブ」は石化と麻痺効果付きで周囲にダメージを放つ。常に空中を浮遊しやたらワープによるトリッキーな動きをしてくる。
MPが一時的に無限になる「魔力の泉」と、相手に与えたダメージ分だけ自分のHPが回復する「ブラッドウェポン」を
何度も使用する。
倒された時の表情がなんとも言えない笑いを誘う。「オー・マイ・ガ!」と言っているとかいないとか。
余談だが、魔道士なのに両手鎌を持って戦う彼の姿にかっこよさを感じたプレイヤーが多数いたのか、
のちに黒魔道士も(決して得意武器ではないが)デフォルトで両手鎌を使える様に変更された。

「内なる「嫉妬」が、おまえたちをかじりとる……。」

Ark Angel MR(アークエンジェル)。ジョブは「シーフ/獣使い」。ミスラ女性の姿をしており「嫉妬」を司る。
専用技「ハボックスパイラル」は自分中心範囲にダメージに加え睡眠+ヘヴィの効果を放つ。
下手したら全員眠らされて順番に血祭りなので事前に 毒薬 等で別の状態異常になっていなければならない。
ミスラ族の高い回避率に加え「絶対回避」を使用。トリプルアタックの頻度が高い。
最初にペットを一体呼び出してきて、これには剣虎とマンドラゴラ(黒)の2パターンが存在する。
虎は範囲攻撃と範囲麻痺技、マンドラゴラはスリプガで眠らせたり弱体魔法、高火力の古代魔法を使用する。
しかも倒しても再び呼び出す。獣使いだがプレイヤーまであやつって(状態:魅了)同士討ちさせようとする。

「内なる「憎悪」が、おまえたちを焼きこがす……。」

Ark Angel GK(アークエンジェルガルカ)。ジョブは「/竜騎士」。ガルカの姿をしており「憎悪」を司る。
専用技「亢竜天鎚落」は自分中心範囲ダメージと暗闇+バインドの効果。攻撃力や防御力、HPが尋常ではない。
事実全員黒魔道士のパーティに一斉に魔法掃射を食らっても彼だけ生き残った事があるとか。
「明鏡止水」でTPMAXにし、「雪風・月光・花車」の 乱れ雪月花コンボ を当然の様に乱発。
「コールワイバーン」使い放題でペットの飛竜を倒してもすぐ呼び出してくる。
ジラートミッション「アーク・ガーディアン」では1体ずつ戦う(プレイヤー側は最大6人)が、
クエスト「神威」においては、AA5体と同時に戦うことができる(プレイヤー側は最大18人)。

以上、 FF11用語辞典 より。(一部加筆、改訂)

+ちなみに
スクウェア(現:スクウェア・エニックス)が2008年6月より稼働開始、2010年3月に2.1へバージョンアップした
アーケードトレーディングカードゲーム『LORD of VERMILIONⅡ-深淵ヨリ招かれしモノ-』においてカムラナート、エルドナーシュ、アークエンジェルEV、闇の王がそれぞれ『大風車』、『ステラバースト』、『ディアガⅡ』、『インプロージョン』を携えてゲスト参戦している。
それぞれの特殊の効果はカムラナートが自軍の特定施設が封印された場合に威力が増加する範囲攻撃、エルドナーシュが複数の敵の攻撃力を低下させた上に攻撃速度を低下させる弱体化、
アークエンジェルEVは複数の敵の防御力を時間が経過するほど大きく低下させる弱体化、闇の王が使用するほど威力が上がり同時に毒による持続ダメージを与える単体攻撃となっている。


MUGENにおけるカムラナート

例によって某スレ産。製作は赤猫と同じおかん氏。
白身氏が製作したAIも存在している。
声はVP1のレザードやGUILTY GEARエディでお馴染みの子安武人氏のを使用。意外とイメージに合っている。
常に空中に浮いているため足元に食らい判定が無く、キャラによっては小足などの攻撃を当てづらい。
アークエンジェルを召喚して攻撃させる強力な技を持つ。
また、やられ状態以外では投げ技に対して無敵という特性を持っている。

元々がボス敵という位置づけなので、2P側での使用が推奨されている。
左向き時に左手で剣を持つように表示されるため、左利きという設定上、2P側で使用したいところ。
まぁMUGENの仕様上、というか2D対戦格闘ゲーム全般において普通は、右向き時と左向き時の画像は、
ドット絵の左右反転で振り分けられているので、あまり深く気にすることでもないかもしれない。
(それこそ、本格的に左右に振り分けるなら、左右それぞれのドット絵を用意しないといけないので、
スプライトの枚数的にも膨大になるのだが)

エルドナーシュの援護攻撃やディスペガなどの新技が加わったり、
通常攻撃の発生が速くなったりと全体的に強化された「真カムラナート」が公開されている。
アークガーディアン全員とエルドナーシュを合わせて、計7体が画面内を暴れまわるため、
その光景は原作の「神威」BFと「世界」BFを合わせたように形容される。

+真カムラナートの性能解説
初期ライフが1500(標準キャラの1.5倍)
ガード削り無効&ほぼ投げ無効(ガード硬直中やのけぞり中は投げも当たる)
見た目は浮いているが、地上扱い(投げが当たらないのは上記の無敵特性によるもの)
被コンボダメージ軽減補正あり(1ヒットごとに5%カット。最大75%カット)

通常攻撃
連続3回まで出せる。中段判定のためしゃがみガード不可。

炎神剣/雷神剣
通常攻撃に炎/雷の追加ダメージ(ガード削りあり)を付加する自己強化技。
原作では同属性の魔法ダメージを吸収する性能があったが、それは再現されていない。
後述の大風車の威力を強化し、大風車発動後に効果が解除される。

光輪剣
「食らえ!」の掛け声と共に光弾を炸裂させる前方範囲攻撃。

大風車
「散れ!」の掛け声と共に突風で周囲を薙ぎ払う範囲攻撃。

ディスペガ
詠唱完了後、対象のパワーゲージを最大値の半分減少させるガード不能の魔法。ダメージは無い。

真・光輪剣
3ゲージ消費の超必殺技。「吹き飛べー!」の掛け声と共に魔力の奔流で全てを薙ぎ払う全画面攻撃。
発動中は完全に無敵状態。

アークエンジェル召喚
ストライカーであるアークエンジェルを召喚して攻撃させる。
カムラナート本体がコントロール可能な時のみ実行可能。
ストライカー達は食らい判定を持たないため、一度出現すると攻撃終了後帰還するまで
攻撃を阻止・相殺できない発生保障がある。
原作にあるようなスタンや麻痺、石化などの追加効果はなく、基本的にダメージのみ。

AAHM召喚・絶双十悶刃(画面端から端まで一瞬で届く衝撃波)
AAEV召喚・シールドストライク(大盾での強打。ガード不可)
AAGK召喚・亢竜天鎚落(目標の真上からの強襲)
AAMR召喚・ランページ(目標の背後から片手斧で5連続攻撃)
AATT召喚・アモンドライブ(目標の頭上で魔力を誘爆させる)

エルドナーシュ援護攻撃
ストライカーであるエルドナーシュが出現して攻撃していく。内容は以下の3種。
カムラナート本体が攻撃中や食らい状態にいても勝手に出てくる。

フレア/バースト
目標の足元に爆発/電撃を炸裂させる設置型多段ヒット飛び道具。通称古代魔法。相殺不可。
攻撃判定がその場に長く残るため、固め性能が高く、飛び道具の位置を判断できないAI殺し。

オメガジャベリン
水晶のような槍を4本放つ飛び道具。飛び道具や打撃で相殺可能。
原作では目標の体内から水晶を発生させて砕く(石化の追加効果)という演出のため印象が異なる。

デフォルトで入っているAIは、あえてガードが甘く設定されており、攻撃が強力なぶん、
守りを弱めにすることでバランス調整が図られている。
攻撃判定は強めだが、ひとつひとつの威力はそれほど大きいわけではなく、
カムラナート本体の動きには隙が多く、無敵もほとんどつかないため、果敢に攻めれば結構削っていける。

ただしストライカー達の召喚間隔や同時召喚可能数の設定しだいでは凶キャラクラスにも匹敵する。
また、名無し氏による別のAIも公開されている。
大会動画などではストライカー全開で出ていることが多いが、初期設定ではストライカーを
画面内に2体までしか出さず、連続して召喚を行わないクールタイムも設定されている。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8077472 http://www.nicovideo.jp/watch/sm8231919
注:上記の動画ではベータ版のため、通常攻撃のキャンセル回数に制限が無かったり、
削りダメージが最新版のものよりも大きかったりする。


公開されていたアップローダーがデータが吹き飛んだまま閉鎖されたため最新版をDLする事は困難になっていたが、
氏のTwitterにて 2013年2月10日に再公開された
製作者曰く旧版は使用して欲しくないとのことなので、動画に出す場合は注意。

ディオボロ氏によるバグ修正パッチが公開されていたが現在は公開されていない。
しかし別人によるバグ修正パッチが某スレで公開されている。FF11関連のコミュニティを探してみよう。


出場大会

更新停止中
真カムラナート

出演ストーリー