カムラナート

「ふん、愚か者が死にに来たか……。いいだろう、この私が相手をしてやる。

お前達は皆ここで……、クリスタルのために、死ね!!」

オンラインゲーム「FINAL FANTASY XI」に登場するキャラクター。ゲーム中の表記は「Kam'lanaut」。
FF11の世界ことヴァナ・ディールに存在する国家の一つ「ジュノ大公国」を治める大公。

キャラクター概要

生年:天晶暦830年、即位:天晶暦859年。
当然ながらNPCキャラである。エルドナーシュという(見た目は)歳の離れた弟がいる。
クリスタル合成法や当時は寂れた漁村だったジュノを数十年で大都市へ発展させた政治の腕と知識、
20年前のクリスタル戦争時に分裂気味だった人間の諸国を纏め上げ獣人達から勝利を収めた統率力、
その他「飛空挺」等のオーバーテクノロジーの開発に着手する等、大公として様々な功績を残しており、
自国民から絶大な支持を得ている。

しかし、初登場シーンやその 奇抜なヘアスタイルと顔の刺青 からして、あからさまに怪しい雰囲気を漂わせており、
登場当初から「腹に一物有りそうな人物だな」とちゃっかり役どころをプレイヤー達に見抜かれていた。
事実、とある目的で30年以上に渡って歴史の裏で暗躍している。

+ とある目的(『ジラートの幻影』編ネタバレ)
ヴァナ・ディールでも珍しい左利きのキャラである(PC・NPC問わず大半のキャラが右利き)。
日本人プレイヤーにはその名前を砕かれて「 嘉村直人 」もしくは「 嘉村納豆 」と呼ばれる事がある。

彼の配下「アーク・ガーディアン」について

漆黒の鎧に身を包んだヒューム族エルヴァーン族タルタル族ミスラ族ガルカ族に良く似た白髪赤眼の5戦士。作中では主に「クリスタルの戦士」と呼ばれる。
プロモーションムービーに登場して正体不明の頃はプレイヤーに「美白メン」と呼ばれていた。
エルヴァーンとミスラは女性グラフィックだけど。
Arch Angel(大天使)ではなく、Ark Angel(アーク=母なるクリスタルが収められている建物)なので注意。
+ その正体(ネタバレ注意)
ジラートミッション「アーク・ガーディアン」では1体ずつ戦う(プレイヤー側は最大6人)が、
クエスト「神威」においては、AA5体と同時に戦うことができる(プレイヤー側は最大18人)。

以上、 FF11用語辞典 より。(一部加筆、改訂)

+ ちなみに


MUGENにおけるカムラナート

例によって某スレ産。製作は赤猫と同じおかん氏。
白身氏が製作したAIも存在している。
声はVP1のレザードやGUILTY GEARエディでお馴染みの子安武人氏のを使用。意外とイメージに合っている。
常に空中に浮いているため足元に食らい判定が無く、キャラによっては小足などの攻撃を当てづらい。
アークエンジェルを召喚して攻撃させる強力な技を持つ。
また、やられ状態以外では投げ技に対して無敵という特性を持っている。

元々がボス敵という位置づけなので、2P側での使用が推奨されている。
左向き時に左手で剣を持つように表示されるため、左利きという設定上、2P側で使用したいところ。
まぁMUGENの仕様上、というか2D対戦格闘ゲーム全般において普通は、右向き時と左向き時の画像は、
ドット絵の左右反転で振り分けられているので、あまり深く気にすることでもないかもしれない。
(それこそ、本格的に左右に振り分けるなら、左右それぞれのドット絵を用意しないといけないので、
スプライトの枚数的にも膨大になるのだが)

エルドナーシュの援護攻撃やディスペガなどの新技が加わったり、
通常攻撃の発生が速くなったりと全体的に強化された「真カムラナート」が公開されている。
アークガーディアン全員とエルドナーシュを合わせて、計7体が画面内を暴れまわるため、
その光景は原作の「神威」BFと「世界」BFを合わせたように形容される。

+ 真カムラナートの性能解説

デフォルトで入っているAIは、あえてガードが甘く設定されており、攻撃が強力なぶん、
守りを弱めにすることでバランス調整が図られている。
攻撃判定は強めだが、ひとつひとつの威力はそれほど大きいわけではなく、
カムラナート本体の動きには隙が多く、無敵もほとんどつかないため、果敢に攻めれば結構削っていける。

ただしストライカー達の召喚間隔や同時召喚可能数の設定しだいでは凶キャラクラスにも匹敵する。
また、名無し氏による別のAIも公開されている。
大会動画などではストライカー全開で出ていることが多いが、初期設定ではストライカーを
画面内に2体までしか出さず、連続して召喚を行わないクールタイムも設定されている。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm8077472 http://www.nicovideo.jp/watch/sm8231919
注:上記の動画ではベータ版のため、通常攻撃のキャンセル回数に制限が無かったり、
削りダメージが最新版のものよりも大きかったりする。


公開されていたアップローダーがデータが吹き飛んだまま閉鎖されたため最新版をDLする事は困難になっていたが、
氏のTwitterにて 2013年2月10日に再公開された
製作者曰く旧版は使用して欲しくないとのことなので、動画に出す場合は注意。

ディオボロ氏によるバグ修正パッチが公開されていたが現在は公開されていない。
しかし別人によるバグ修正パッチが某スレで公開されている。FF11関連のコミュニティを探してみよう。


出場大会

更新停止中
真カムラナート

出演ストーリー