魔獣ジンメン


「お前に比べれば、俺はまだ善良なモンだ。
  何しろ俺は喰っただけだからなぁ・・・
  人間の感覚じゃ、生き物を喰うのは悪いことじゃない。そうだろ?

  だが、殺すのはいけないなぁ。
  生き物を殺すのはイケないことだろ、え、え、えッ、そうだろぅ?
  だから俺は、殺さずに喰ったのさぁ。
  殺さずに・・殺さずに・・喰ったのさ・・」

永井豪の漫画『デビルマン』に登場するキャラで、デーモン一族の一員(魔将軍ザン率いる、ザン魔団の一員でもある)。
1990年のOVA『デビルマン 妖鳥死麗濡編』と、満場一致で史上最低の邦画と呼び声高い2004年の映画『デビルマン』にも登場、
OVAでは青野武氏が、映画では魔獣の姿の時の声と人間に化けた姿の両方を格闘家の船木誠勝氏が演じた。
サイボーグ009VSデビルマン』では大塚芳忠氏が担当。

亀のような外見をしており、喰らった人間の顔が背中の甲羅に浮かび上がるという特徴を持ち、
ジンメン本人がそれに関して快楽を感じている、デーモンの中でも一際残忍な存在。
しかも、その顔には生前の魂がそのまま宿っており、苦しみの呻き声を上げるという描写は
永井豪作品の中でも一二を争うほどの凄まじさであり、読者に強烈なインパクトとトラウマを植えつけた。
主人公・不動明の知り合いである少女サッちゃんをはじめとして多くの人間を盾に明を追い詰めようとするものの、
開放を望んだサッちゃんの叫びに突き動かされた明によって甲羅を貫かれて死亡する。

   …のだが、この時点で食われた人々は開放されなかったらしく、
   続編の『デビルマンレディー』の地獄編に登場。
   明に情け容赦なく叩きのめされ、人々の魂を全て開放されて、
   何の力もない小亀の姿にまで貶められた上で叩き潰された。
   (それでもなお、生きる意志さえあれば何度でも生き返るらしいが)
この作品のサッちゃんはシレーヌに似た鳥型のデーモンになっており、頭を食いちぎられて甲羅の一部にされている。

+ OVA『CBキャラ 永井豪ワールド』でのジンメン

前述の通り原作レイプな実写映画版『デビルマン』にも登場しているのだが、原作漫画での「デーモンは同族同士でも
殺しあう異常な闘争本能を持つ」というけっこう重要な筈の設定がこの映画では大きく変更されていて、
「デーモンは同族を殺さない」 という事になっている。
その影響もあってか、ジンメンのキャラクター性と役回りはこれまでの作品とはかなり違う。
+ 以下ネタバレ。

チャンピオンRED誌で連載されたリメイク作『デビルマンG(グリモワール)』では冒頭のプロローグに登場。
オフ会(HNはデスマスク。そのままである)を利用して人間を襲った同族のデーモンを喰い、更にその力を自分のものとした。
また、本作では人間を喰らったデーモンを喰らうとその人間も一緒に甲羅に浮かび上がるようになっているらしい。
後に第9話にて再登場。より厳密には先述のプロローグは同話の挿話だったという扱いであり、
冒頭で食われたデーモンはレギュラー的な立ち位置だったのが、同話で退場となっている。

月刊ヤングマガジン連載の『デビルマン対闇の帝王』では、原作で倒されたジンメンが闇の帝王の手先として復活。
本作ではそのサイズが背の甲羅に街一つを乗せることが出来るほどにまでスケールアップしており、
喰らって取り込んだ人間の魂を、そのまま背の街で生前と何ら変わりなく活動させるという策略で明を翻弄した。
最終的にデビルマン=不動明に倒され、その能力は彼自身の物として習得される事に。

クロスオーバー作品の『サイボーグ009VSデビルマン』では短いながらも出番があり、事前に食ったさっちゃんとその他大勢を見せつけながら登場という開始数分で観客達にトラウマを植え付けた。
「009」サイドでジョーがアポロに高熱の手で捕まるシーンに合わせてジンメンも赤く熱された両手でデビルマンに掴みかかっている。
また、皮膚が赤くなっているが三倍の機動力かは定かではない。TVアニメ版にくらべて退場するのが早かったのは確かだが

+ ジンメンモチーフの敵キャラ


MUGENにおける魔獣ジンメン

MUGENにおいては、そうけん氏が制作したジンメンが存在する。ドット絵のベースはザンギエフのようだ。
外見は原作に準拠したものだが、OVAの内容にちなんだ技を幾つか持っている。
また音声もOVAから持ってきものだが、青野武氏による声の後ろに効果音などがそのまま入っている。
このジンメン、登場する全作品に共通してまずはデビルマンこと不動明の身近な人間の誰かを食って、
精神的に痛みを負わせてから襲ってくる実にイヤな奴(一部例外あり)なのだが、それぞれの作品で食われてしまう人物は異なっている。
外見からするとこれは原作のサッちゃんを食ったジンメンなのだろうが、幸いにと言うかなんというか、
流石に甲羅は個人の顔が判別出来るほど細かくは描写されていない。

「ジンメン
  こんどほど おまえたち デーモンが
  にくいと 思ったことは ないぞ!」

亀であるからか全体の動作は比較的ゆっくり。最初の単発の威力は高いが、何度か当てるうちに威力が大幅に減少する。

長いイントロや強弱2種類の当身技など、演出面に重きをおいたキャラ。
その中でも、原作にあるデビルマンに甲羅側で体当たりを仕掛けるワンシーンを再現したらしき3ゲージ超必殺技
その名もそのまま「体当たり」がその最たるもの。


この技は突進速度・ダメージ量は共に中々で、おまけにガード不能という大きな長所もあるが、
発生はやや遅めで、攻撃判定が食らい判定より引っ込んでいるため判定的にかなり弱く、
総合的には使い辛い技と言える……が、この技で相手を倒すと前述の様に対戦相手を喰らい
甲羅に浮かぶ顔たちの仲間に加えてしまうというグロ演出が自動発動するのである。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6604168

しかしこの技、突進部分にカウンターを食らうと、なんと逆にジンメンの方が一発KOのピンチに陥るという
即死攻撃とでも呼べそうな側面も持っており、この時、地面に倒れてもがくジンメンに止めを刺すことで
これまた原作準拠のなかなかグロくてニクい演出が発生する。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6716558

「やめろ~~っ!やめてくれ!
  甲羅をはがすと全員死ぬぞいいのか!全員死ぬんだぞ!」

「だが!貴様も死ぬんだろ!」

なお、迎撃に多段ヒット技を使う上手くいかないことがあるので気をつけたい。

+ 各種技解説

2009年4月3日の更新でAIも導入された。
またサクラカ氏がAIパッチを作成し、公開もしている。氏のHPの2009年3月30日の日記を見てみよう。
ただしサクラカ氏のAIパッチは最新版には適応できない(不具合は特に出ないが)ので注意。

作品への情熱を感じさせるインパクトのあるキャラなので、一度手に取ってみてはいかがだろうか。
勿論、クォリティの高いグロさから不快感を覚える人もいるので、動画での使用は細心の注意を要する。

出場大会

削除済み

出演ストーリー



悪魔ジンメンの甲羅
それは 巨大な
悲しみのデスマスク