ライダー


「たとえ相手が何者であろうと、我が疾走を妨げるコトはできない」


プロフィール
身長:172cm/体重:57kg
スリーサイズ:B88/W56/H84(cm)
属性:混沌・善
イメージカラー:黒
特技:乗馬、軽業、ストーカー
好きなもの:お酒、読書、蛇
苦手なもの:鏡、身長測定

TYPE-MOONから販売されているアダルトゲーム『Fate/stay night』(PS2版は全年齢対応)、
及びそのファンディスクである『Fate/hollow ataraxia』に登場するキャラクター。
また上記の作品を題材とした同人ゲーム『Fate/sword dance』や、
カプコンから販売されている格闘ゲーム『Fate/unlimited codes』にも登場している。


生前偉大な功績をあげて死後においてもなお信仰の対象となった英雄が成る「英霊」と呼ばれる存在であり、
ライダー(騎兵)のサーヴァントとして第五次聖杯戦争にて召喚される。
ライダークラスは馬や戦車など何らかの「乗り物」を宝具とする英霊が選ばれる。
仮面ライダーも仮面をつけたバイクの乗り手という意味なので命名の由来は同じである。

妖艶とも言える美貌を持つ黒衣に長髪の女性。
常に目隠しをしており、鎖の先端に釘のような短剣が付いた武器を使う。
クラス通り機動力が高く、壁面を吸い付くように移動したり、縦横無尽に移動して相手と距離を取りながら戦う。

性格は興味ない物には冷たく、敵には一切容赦せず、また敵と判別するのも早いが、
それは身内を守ろうとする防衛心からくる物で、根っからの非情というわけではない。
また背が女性にしてはかなり高く(172cm)、作中ではこの事を気にしている様子も見せていた。

原作の最終ルートでの活躍やその性格などからか、『stay night』発売当時に行われた人気投票では全サーヴァント中3番目の人気を誇った。
(全キャラクターを含めても4位)

+以下ネタバレを含む
真名は、ギリシャ神話に登場するゴルゴン三姉妹の末女「メドゥーサ」。
所有する宝具は、対象の能力を封じる幻術結界を張る対人宝具「自己封印・暗黒神殿(ブレーカー・ゴルゴーン)」、
内部にいる人間を血へと溶解させ、魔力に変える結界を張る対軍宝具「他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」、
そして幻獣すら御し、そのリミッターを外して能力を向上させる手綱と鞭のセット武装、
対軍宝具「騎英の手綱(ベルレフォーン)」の3つ。

首を切り裂くことで展開される血の魔法陣から召喚される天馬に『騎英の手綱』を用いることで、
サーヴァントの中でも宝具戦ではトップクラスの戦闘力(体系という意味でも)を見せる。

「なぜ血を使うのか、なぜ天馬なのか」というと、ペガサスはメドゥーサとポセイドンの実子なのである。従って、血を使った召喚も「血のつながった我が子を呼び出す」と考えるとうってつけな触媒といえる。つまり母が息子に騎乗i…
更に余談だが馬はポセイドンが創造したという逸話もあり、他にも試行錯誤の段階でカバ、らくだ、きりん、シマウマも生み出しているのでウマがウマれてもなにも不思議ではないのだろう。

またその他にも彼女自身の能力として、発動中にライダーの存在を認識する、
または眼で睨んだ対象を石化させる魔眼「キュベレイ」を持つが、
ライダーの意思とは関係なく周囲に影響を与える邪眼めいた物であるため、
普段は前述した「自己封印・暗黒神殿」によって自ら封じている。

この作品においてのメドゥーサは半人半神の存在であるため「英霊」としての側面を持っており、そのため召喚された。
なお、英霊たちの本体(魂)が存在する、この世界から外れた場所にある“座”での彼女は、
神話の通りある島を巣に人間を石化させその血を吸い続けたことで醜悪な魔物に変貌し、
最終的に英雄ペルセウスに討伐されることになる魔物「ゴルゴン」であり、
本来は人を減らすために顕現する星よりの抑止力の存在。
ちなみに、討伐されたメドゥーサは首を加工されて彼女の強い魔力が込められた盾になった。それこそがイージス艦の語源「アイギス」である。

神話では神々よりも髪が美しいと自慢した(またはアテナが髪の美しさに嫉妬したという話も残っている)せいだとか、
ポセイドンが浮気したせいだとか言われているが、型月世界ではこういう解釈のようだ。
他にも彼女の恋人により大きな絶望を与えて神々と戦わせる為、などの理由でバケモノになっている話もある。
彼女についてもそうだが、ギリシャ神話の女神はろくでもなく、良くも悪くも人間の延長として描かれている事が多い。
故に共感も持て人気もあるわけだが。
尤も全知全能な唯一神教とは違い多種多様な神が居る多神教ならギリシア神話に限らずよくある話である。
日本神話でも因幡の白兎に嘘を教えて笑いころげた神とか居たし)

聖杯戦争において「サーヴァント」としての殻を与えられた英霊は、全盛期の姿とその時の人格を取り戻すため、
怪物「ゴルゴン」としてではなく、かつての「メドゥーサ」としての姿で現界した。
現在では退化してしまっているものの、元々神よりの存在であったため「魔眼」や「怪力」など、比較的珍しい上に強いスキルが多い。
宝具の数も三つとかなり多め(基本的に英霊1つにつき1個、多くて2個、3個持っている者は極めて少ないんだとか)。

本来の実力もセイバーに匹敵するほどであるが、前半はマスターのせいで力を発揮できなかった。
またその経歴上望んで戦いを行ってきたわけではないため、能力の割に技量が低く、セイバーに圧される一因になっている。

上記の通り三人姉妹の末っ子で「ステンノ」と「エウリュアレ」という二人の姉がいる。
詳しく説明すると長くなるのでカットするが、彼女達と過ごした記憶のせいでイリヤその他「悪戯好きなちびっ娘」にはトラウマがあるらしい。
ちなみに彼女の服は姉のお下がりでサイズが合ってない為、あのような大変エロい姿になっている。

マスターは主人公の妹的存在にして、メインヒロインの1人も努める間桐桜
しかし桜が聖杯戦争に参加するのを拒んだため、その兄である ワカメ 間桐慎二が仮のマスターをしている。
ちなみにそのことが明らかになるのは桜ルートのみであり、他2つのルートでは桜がマスターであることすら判明しない。
前述のように慎二がマスターとしては落第点な上人格的にもライダーと相性が悪いということもあり、
セイバールート、凛ルートまでは活躍は抑え目…どころか悪女的に立ち回った挙句惨殺されたりでろくな目に会わないが、
桜ルートではセイバーを失った士郎の新たなパートナーとして「第四のメインヒロイン」と言っても過言ではない活躍を見せる。

怪物としての属性も強く、「ゴルゴン」に反転する危険性を常に秘めている。
(基本的に英霊の本質は変化しないが、英雄と怪物の属性を両方持つ者はどっちかに傾ききることがある)
このため、「怪物化する」要素を自分同様に秘める桜に対し、主従関係を超えた愛情のようなものを抱いており、
桜に危害を加える存在に対しては誰であろうとも容赦はしない。
そのせいか彼女が原因のバッドorデッドエンドは、○○、イリヤ、キャスターに並んで6つと最多を誇る。
桜もライダーを信頼し家族のように思っているのだが、人気投票では常にメインヒロインである桜より上なので
二次創作はもちろん公式ですらたまにその辺をネタにされる。

『hollow ataraxia』では私服姿で登場、桜と共に主人公の家に転がり込んでいる。
居候の身に肩身の狭さを感じているのか、食っちゃ寝ニートを見て何か思う所でもあったのか、
商店街の骨董屋でバイトを始めたりしており、しかもセーター+ジーンズ+エプロンがかなり似合っている。

能力的にも精神的にも多少アレな人が多目の 恐怖の人外魔境 衛宮家の居候の中では大分常識人で、
(精神的に)最年長という事もあって女性陣が騒動を起こす際も押さえ役に廻る事が多い。
……「末っ子は年下に対してお姉さんぶりたがる」という行動に妙なリアルさを感じる人は少なくないとか。
ライダーと呼ばれるだけあって、自転車やバイクには興味津々のご様子。
また読書が好きで、最近読んだ漫画の影響を受けて攻撃に取り入れるお茶目な面も。

なお私服時は目隠し(自己封印・暗黒神殿)をしていないが、代わりに魔眼殺しの眼鏡をかけているため、
うっかり魔眼で石化なんていう悲劇が起こる心配は(一応は)ない
(一応の意味を知りたい人は実際に買ってプレイしてみよう)
ちなみに『Fate/タイガーころしあむ』だと、このメガネをめぐってちょっとした騒動も起こっている。

+ステータス
マスター 慎二

筋力 C  魔力 B
耐久 E  幸運 D
敏捷 B  宝具 A+

本来のマスターではないためパワーダウンしている。
ただし魔力供給は桜から受けているため問題なく、魔力と宝具の値は変わっていない。

マスター 桜

筋力 B  魔力 B
耐久 D  幸運 E
敏捷 A  宝具 A+

全体的にパワーアップしているが、幸運のみ下がっている。
これは切嗣がマスターの時のみ幸運が下がるセイバーと同じく、マスターの桜の影響が強いためだろう。

『Grand Order』でのステータスは桜がマスターの時と同じ。

+Fate/EXTRAシリーズで、は……?
  • 間桐桜 との関連
EXTRAには彼女自身は登場しないが、何故か保健室にいる桜の髪が ライダーばりに長くなって色素も薄くなっている。
…融合した?
このせいでファンからは、本家と識別する意味もあって「サクライダー」と呼ばれているとかいないとか。
そんなことを言っていたらTYPE MOONエースの付録DVDにてライダーのコスプレをした桜が出てきてしまった。
しかもライダーの宝具まで使えるとか……。

また、彼女とは別にライダーのサーヴァントが登場するが、
セイバーと異なり、ぶっちゃけクラス以外は容姿も含めて完全な別人。
しいて言えば「マスターが間桐慎二(今回は正規契約)」「おっぱい」くらいしか共通点が無いため、
この記事では詳しい記述は避ける。

  • ヴァイオレット
EXTRA続編のCCCが発売され、そちらでは桜が作品のメインを張ったが、やはりライダー自身は出番はならなかった。
しかし公式設定資料集によると、彼女をモチーフとしたボスの一人で「ヴァイオレット」というキャラクターが制作段階でいたらしい。
所詮没キャラであるしあまり触れないが、桜から派生した人格の一つであり、「派生人格で一番大人になった」キャラだそうな。
…別次元での物語だというのに桜とライダーの因縁、恐るべし。
ちなみにキャス狐主役の派生漫画『Fate/EXTRA CCC FoxTail』にて登場し、「間桐慎二」と契約している。

  • Fate/EXTELLAにて
これまでEXTRAシリーズでは正式な形で出番はないとライダーファンは思っていたが、
EXTRAシリーズ第3作『Fate/EXTELLA』にて正式参戦する。
本作は無双アクションゲーである他、作中のとある事情により月の電脳空間での国取り合戦が勃発。
サーヴァント達は基本どこかの陣営に所属しているが、彼女は玉藻の前を指揮官とする千年京陣営の客将。
ぶらぶらとはぐれサーヴァントしていた所を所謂同じ「陰の女」としてお茶をしながら意気投合、そのまま仲間入りした。
基本的に鮮血神殿によるエリア侵入者の強制弱体化や敵陣営への威力偵察等、痒いところに手が届く仕事ぶりをしてくれているようだが…
+玉藻「この泥棒蛇!」

「(主人公名)。キャスターのマスターであるからには碌な人間ではあるまいと思っていましたが……

 予想以上の人物でした。……キャスターとは話が合いませんが、趣味は合うようです。」

自分のサブストーリーにてまさかの陣営裏切り。全てを片付けた後に今まで根回ししていたものを始動し、
玉藻を「殺生石ネオ」に封じ込めてマスターであるEXTRA主人公を寝取るという前代未聞の行為に及んだ。
ここまですっかり尽くされて油断していた玉藻の慢心やメドゥーサの知略もあるが、本当に恐ろしいのは彼女にここまでさせたEXTRA主人公の魅力であろうか…。

ちなみにDLCの追加衣装のヴァカンス衣装は他のキャラは水着なのに彼女だけバニースーツ、
更に別のDLCでも女性陣の現代的な衣装が登場したが、そこでも「機動淑女メドゥーサさん」という何故か1人だけネタ衣装となっている。


+BC.2655. 絶対魔獣戦線バビロニア

「立ちはだかるなら、仕留めます」

ソーシャルゲーム『Fate/Grand Order』にも登場。
ライダーのサーヴァントとしてはもちろん、まだ女神アテナの怪物になる呪いを受ける前の彼女がランサーのサーヴァント「メドゥーサ・リリィ」として昨今実装された。
アニメ版でも弁慶と差し替えられる形で炎上汚染都市・冬木に登場するが、ライダーの体格で前記したリリィの服を着ており大変けしからん恰好になっている。
加えてランサーなのに武器が槍ではなくだったり見覚えのあるワカメヘアーの石像を取り出して盾にするなど突っ込みどころも多々あったが、ゲームの方に逆輸入されることを切望するマスター(視聴者)も少なからずいる。

アルトリアメディアと合わせ「stay night」の女性サーヴァントではこれで全員が幼少期サーヴァント化の運びとなった。尚声優は変わらず浅川悠女史。
基本的には話は聞いてくれる良識のある子だがいくら幼少期でもサーヴァントとしてしっかり生前の記憶は最期まである為、
自身を迫害し女神から怪物へと落とした人間を信じ切れていない。
成長し怪物となった自身への未来への恐怖も根強く、頑なに「成長する」ことを拒んでいる複雑な少女である。

宝具は「女神の抱擁(カレス・オブ・ザ・メドゥーサ)」。突撃からの鎌による斬撃の連打、そして石化の視線の発射。
長女ステンノの「女神の微笑(スマイル・オブ・ザ・ステンノ)」、
次女エウリュアレの「女神の視線(アイ・オブ・ザ・エウリュアレ)」と三対の名称となっている。

メインシナリオでの出番は第七章。諸事情で「メドゥーサ」ではなく「アナ」と名乗っている。
アーサー王伝説の魔術師マーリンに同行しており、成り行きで主人公達と合流、人間不信ながらも古代都市ウルクで人々と触れあいを経験していく。
隠密行動で敵陣の視察等を行っており、味方ではあるがあまり主人公達とは絡もうとしてくれない。
自分のことも積極的に話そうとせず、特にウルクを、ひいては人類を滅ぼそうとしている「三女神同盟」の一柱の女神について言及を避けている。
彼女がこの紀元前のバビロニアに召喚された理由と関係しているようだが…。

+存在そのものが七章のストーリーネタバレなアレ

「私の前に立つな!!」

七章中盤にて、主人公達の前に現れた三女神の一柱「ティアマト」を名乗る存在。圧倒的体躯を誇る蛇体の女神。
ティアマトとはシュメールの神話において登場する大地母神であり、彼女自身曰く敵対理由は「母(自分)をないがしろにして発展していく人類への復讐」。
その為、クラスも復讐者(アヴェンジャー)となっている。

その正体は、「複合神性ゴルゴーン」。メドゥーサという存在が神の呪いと人からの迫害の果てに至ってしまった怪物。
形無き島で己の体、意識、概念すら崩壊し、姉達すらそれと分からず巣の中の邪魔者として取り込み、
一つ目の無数の蛇に包まれた化け物に至る直前の姿がこれである。

…にも関わらず七章でティアマトと名乗っているのは、とある理由で眠りについたままの本当のティアマト神の意志をリンクさせている為。
ゴルゴーン自身はティアマトを「」と呼んでおり、その人類への復讐に共感して行動しているといえる。
前述の幼いメドゥーサは彼女と向き合うことを恐怖しており、意図的に避けているようだが…?

宝具は「強制封印・万魔神殿(パンデモニウム・ケトゥス)」。この状態から更に進化し、真の怪物ゴルゴーンとしての姿を見せての石化光線。
その光線は人間であればただちに命を奪われ、サーヴァントにも強烈なダメージを与える。一方で無機物タイプの相手には効果がやや薄い。
ライダー状態のメドゥーサが所有する宝具『他者封印・鮮血神殿』が強化されたモノではあるものの、準備時間を必要とせず、真名解放のみで発動する。
ゲーム的には対象にダメージだけでなく呪いを付与し、自陣のNPゲージを増やす。

+コハエース

「帰ってもいいですか?」

TYPE-MOONの歴史を振り返るお祭りギャグ漫画『コハエース』ではなんと『stay night』発売前からレギュラー出演している。
一般市民役」「通行人」等の名目で毎回のように登場する。ここまで登場しまくる理由? 作者が溺愛。 以上。
作者に愛されているためキャラ崩壊しまくりのこの作品では比較的に軽微だが、
登場頻度のせいかタイトルにもなってるメインの人の無茶振りの被害者筆頭でもある。
早いとこお役御免になりたくて仕方ないらしいが、まあ連載が終わる日までそれも無いだろう。南無。

格闘ゲームにおけるライダー

Fate/sword dance』では、長い髪を使用したり魔術と思える攻撃をしたりと結構アレンジが加えられている。
武器のため間合いが長く、足下から攻撃するトリック技も多い。
また、ダッシュ速度やジャンプ速度も速く、飛び回りながらの戦いを得意としている。

+unlimitedcodesでは
『sword dance』のような妙なアレンジはなく、原作らしい技を多数持っている。
一言で言い表すならその挙動はトリッキーで、非常に癖がある。

原作を踏襲して、リーチは基本四肢を使った格闘+釘なので全体的に短く、
その機動力を生かした立ち回りで距離を詰める必要がある。
飛び道具として鎖を投擲する「アレストチェーン」を持つ他、スライディング技の「スライドシュート」、
相手の位置をサーチして頭上から奇襲する「アサルトアタック」など、
リーチを補う手段はある程度持ち合わせている。

投げのモーションは一見の価値あり

トリッキーな挙動を理解する必要はあるが、要約すればなどと同じラッシュキャラ。
アレストチェーンで相手を牽制しつつ、隙あらば懐へと飛び込んで揺さぶりをかけていくのがセオリー。
大きな強みとして投げからも追撃ができる上に、アレストチェーンからは派生攻撃「レスティブシュート」に派生可能で、
特に相手を強制的に寝かせることができる強レスティブシュートはコンボの締めに出すことでそのまま起き攻めを狙える。
一度崩してコンボを決めることができれば一気にライダーのペースに持ち込める。
空中から降下し飛び蹴りを仕掛けるJCを使った表裏択や中段技とリフレクトキャンセルを使った中下段二択は強力で、
後は「起き攻め>コンボを入れて寝かす>起き攻め〜」のループに持ち込んで殺しきるのが理想。

火力に関しては下から数えたほうが早いが、運び性能の高いループコンボ「ストームループ」により画面端への運び性能は高い。
そして画面端に追い詰めた後は相手を蹴り上げる「ライズシュート」をJCC(ジャンプキャンセルキャンセル)を使ってループする、
特徴的なループコンボ(通称足コキ)で一気にゲージを削れる、という独自の長所がある。
これはループのパーツであるCライズシュートが「ゲージを消費するが、相手の魔力ゲージをヒットする毎に削る」
という特性を持つためで、これを連発することで相手のゲージを削り、ゲージ面で優位に立つことができる。
ただし基礎コンボにはすべてJCCが絡むため難度は高く、さらに相手キャラの重量やヒット数を加味してディレイをかけないといけないため、
たとえ上位プレイヤーでも「ループ中にコマンド暴発でコンボミス」という光景は日常茶飯事。

超必殺技はもちろん、騎英の手綱。
使用時ライダーは画面外に跳躍し、発動時のライダーの向きと逆の斜め上から巨大な光の弾丸と化して突撃してくる。
これが大層な高性能で、
  • 発動時に無敵があるので、切り返しに使える
  • 出が早くコンボに組み込みやすい、攻撃判定が大きいのでスカヒットもない
  • ガードされてもライダーはバク宙して相手と距離をとり、大抵の場合反撃されない
と、至れり尽くせりの性能になっている。
ただし、ライダーにこれ以外の超必はない。

原作での特徴であった魔眼は、流石に石化はまずいので格ゲー補正が効いて「全動作の鈍化」になった。
しかしここまでいくには相当に手順を踏まねばならず、
1ゲージ使用し眼帯を外す(ラウンド持ち越し可)>魔力ゲージMAX時に魔力開放と、結構面倒。
一応眼帯外しは隙が少ない暗転技なので外すチャンスは多く、コンボに組み込むこともできるが、面倒なのは3ゲージを貯めこむことである。
主力のループにゲージ消費技が絡むので、なかなかゲージがたまらないのだ。
それも相まって、下手に魔眼を狙うよりは堅実に戦ったほうがいい戦果をあげられることが多い。
しかしそのリターンはかなりのもので、普段つながらないコンボはつながるし、相手の動きも大幅に制限される。
また、恐ろしいことにこの状態だと超必の騎英の手綱のヒット後に追撃が可能。
さらにはそこから聖杯必殺技に繋ぐこともでき、状況によっては解放抜けさえ許さずに殺し切れる。

前述の魔眼発動中はネタとして小パン(2A)連打が一部のキャラに対しループコンボになる。
元祖世紀末のプレイヤーからはその見た目が百烈に似ていることから、ニコニコでは英霊マミヤなるタグが生まれたりも。
ただし、バスケの始動として必須であったオリジナルの百烈と違い、
こちらはヒット数のせいで一気に補正がかかるためダメージは伸びにくく、あくまでネタの域は出ない。

ダイヤグラムの位置づけは稼働時期によって変遷が激しく、大雑把に言うと
  • 『UC』のゲーム性が見え始めた頃にはループコンボの開発により「高火力キャラ」と認識され中~上位
  • が、他キャラにもっと凄いループコンボや特殊テク「補正切り」が開発されたことでゲーム全体の火力の平均値が上がり、
    ループ込みでも火力は低い部類だと発覚し、中堅~下位の位置づけになった初期~中期
  • 起き攻めの強さと「ストームループ」「足コキ」の開発により「起き攻めが強く、ゲージを削ることで相手の立ち回りを制限して勝つキャラ」という立ち位置に収まり、セイバーには及ばないものの中堅上位ぐらいはあると評価された後期~末期
と立ち位置が変化している。

現在では、実戦値に優れる荒らしキャラという立ち位置。
闘劇においてはベスト8の3名がライダーだった程。



MUGENにおけるライダー

  • お家氏製作 『sword dance』仕様
お家氏が製作した『sword dance』仕様のもの。
デフォルトの状態ではボイスも『sword dance』仕様だが、氏の他のFateキャラと同じように、
ボイスを『unlimited codes』のものにするパッチもキャラと同じ場所で公開されていたがキャラ共々現在は公開停止。
ボイスパッチ適用後はイントロや勝利時にワカメ頭が出なくなるなど演出面にも変更が加えられている。
外部AIはsyuri氏製作のものがあったが、現在は氏のHP閉鎖により入手不可。
切り返し性能と攻撃力が高い「フォースレイ」を前面に押し出したAIで、かなりの強さを持つ。
上記ボイスパッチ適用後にしか対応していない点に注意が必要。

  • SUI氏製作 Ride-R(ライド・アール)
『sword dance』でのライダーのドット絵を使用し、
システムをメルブラ仕様にしたRide-R(ライド・アール)という名のアレンジキャラ。
現在は氏のサイト閉鎖により公開停止となっている。
MUGEN∞動画戯作トーナメントでサクラカ氏によるAIパッチが製作・公開されている。
+Ride-Rについて

Ride-Rについて

この人はFateのRider(ライダー)さんではなく、Ride-R(ライド・アール)さんです。
某アサシン組織の元ボスの甥の友達のお姉さんがバイトしてるメイド喫茶の…(以下略)
…まぁ、とりあえず別人です。そういうコトにしておいて下さい。
本当の事を申しますと、私『Fate/sword dance』の体験版しか遊んだ事が無いんです。

んで、体験版ではライダーさんは使用できません。えーつまりですね…
いい加減な想像 + 攻略サイトの情報 + 他の格ゲー要素
で構成されたキャラクターということです。
(以下、readmeより抜粋、改変)

このため、GUILTY GEAR風のシステムである『sword dance』仕様のお家氏のライダーとはかなり異なっている。

Ride-R技解説

  • 特殊技1(↘+B)
下段技。リーチの長い足払い。

  • 特殊技2(↘+C)
浮かし技。空中コンボの起点に。

  • まっわる~(↓↘→+C)
武器の先端付近を回転させる。

  • のっびる~(→↓↘+C)
武器を下から真上に伸ばす。
対空技だが、発生が遅く使いにくい。

  • インヴェイドヘル(↓↓+Y or B)
地面からドリルを発生させる下段技。
Yで近くに、Bで遠くに出現する。

  • 黒うにょう召喚(↓↘→+A)
禁獣っぽい「何か」を召喚して操作する。
召喚後は専用のうにょうゲージが尽きるまで操作可能。
メガリスビースト以外はボタンを離すことで発動。

 ・はしるぅ!(A)
   連続攻撃。
 ・どりるすぺしゃる~!(B)
   設置技。数秒後に地面から巨大なドリルが出現。  
 ・つっつく(X)
   弱攻撃。
 ・のびるぅ!(Y)
   対空技。
 ・はねるぅ!(Z)
   中段技。
 ・メガリスビースト(→↘↓↙←→+Y)
  メガリスヘッドエグゼビースト
  判定が大きくジャンプでの回避は難しめ。   
  ゲージ消費量1000(HEAT及びBLOODHEAT時は500)

  • 他者封印・ぷち鮮血神殿(ブラッドフォート・チミドロメダ)(↓↙←+X)
当て身投げ。相手の体力を吸収できる。

  • ラストスパイカー(↓↙←+Y or Y連打)
髪の毛で相手を連続して突く。
ボタン連打で継続。

  • ライトニングウェーブ(↓↓+C)
離れた位置に雷を落とす。
Cボタンを押しながら方向キーで左右に移動。

  • マッドムーン(空中で↓↘→+X)

  • 馬具・ベルレっぽ~ん(←↙↓↘→+C)
アークドライブ。
翼の生えたおウマさんに乗って特攻する。
ガード不能。

  • 4 Slay Rays(←↙↓↘→+C)
アナザーアークドライブ。
4連続で極太のビームを発射する。
発動後に押したボタンによって放つビームが変化する。

 ・黒(A:与えたダメージの1/3を吸収し、自分の体力を回復)
 ・紫(B:削りダメージ高め)
 ・蒼(X:高威力)
 ・紅(Y:敵パワーゲージにもダメージ)

  • 混沌開放・爬虫種Lサイズ(立ちシールド成功)
ラストアーク。
地面から巨大な怪物が現れ喰らいつく。ガード不能。


  • rioriot氏製作 ライダー
rioriot氏が手書きで制作したライダー。そのドットのクオリティーは非常に高い。
最新版はver0.5.1。β版だが動画の使用には問題ない。
宝具級の超必殺技は、石化の魔眼『キュベレイ』と他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)、騎英の手綱(ベルレフォーン)が実装されている。


石化の魔眼などの技が使用でき、その動きは実にライダーらしい。
デフォルトAIは搭載されていないが、Air氏によるAIが公開されている。


出場大会

削除済み
更新停止中
非表示

出演ストーリー