ネームレス




「俺は常に己を超えて
   進化し続けている…!」

 格闘スタイル: なし
 誕生日: 不明
 年齢: 不明(肉体年齢は15~18歳くらい)
 身長: 168cm
 体重: 58kg
 血液型: B(RH-)型
 出身地: ネスツ火星基地ダイモス
 趣味: なし
 大切なもの: カスタムグローブ「イゾルデ」
 好きな食べ物: レッドグローブ(種なし葡萄)
 嫌いなもの: 実験
 得意スポーツ: ルールを知っている個人競技すべて

THE KING OF FIGHTERS』2002UMに登場するキャラクター。
大人の事情除外されたK9999の代役として登場した。
CVは『涼宮ハルヒの憂鬱』の古泉一樹、『うみねこのなく頃に』の右代宮戦人等の声を演じた小野大輔氏。同作のシステムボイスも担当している。
ちなみに当時の格ゲー業界では『ストリートファイターIV』のエル・フォルテ、『タツノコVSカプコン』のキャシャーン、『デモンブライド』のリヒト・ウルフスタン・シュヴァルツ等々と、どういうわけか 小野D同時多発テロ が発生していた。

本来のコードネームは「Ж´(ジェープライム)」。
秘密結社・ネスツが行った「プロジェクトK」およびその副産物の「プロジェクトЖ(ジェー)」によって、
火星基地ダイモスで生み出された草薙京K'の遺伝子を併せ持つ9999番目の実験体。
故に京の黒髪とK'の白髪の自前メッシュヘアーで、赤黒い色の炎を使う。
常に過酷な訓練を受けてきたが「裏切り者たちを始末せよ」との命令により、KOFに参加。
変形するグローブと草薙の炎を組み合わせた独自の戦闘スタイルを操る。

この戦闘スタイルはK9999が設定から本格的に抹消されてなければ彼をモデルに考案し改良されたものと思われる。
K9999も失敗作とはいえ戦闘能力は高く評価されていたので、そこに目をつけられ生まれたのがこの戦闘スタイルなのだろう。
(なお、K9999は「京の9999体目のクローン」、ネームレスは「京とK'の遺伝子を持つ9999番目の実験体」のため、
 混同しがちだが同じ「9999番目」でもその実態は両者で全く異なる)
また、ネームレス自身の精神も安定しており暴走の恐れもなく炎も制御できるため、戦闘員としては完全な上位互換と言える。

しかし、ある境遇から他の構成員同様ネスツへの疑惑を持っており、それが真実なら本人は裏切る気満々。
さらにはネスツ自体にも疑惑を晴らす気も隠す気もあまり感じられないのでまず間違いなくイグニスが一枚噛んでいる。

KOF2002UMは公式ストーリーが設定されていない外伝的な扱いの作品ではあるものの、
本作における事実上の主人公といってもいいキャラクターである。

+ グローブとイゾルデ(ネタバレ注意)


原作中の性能

基本はK9999と同じだが「一部通常技の変更・独自の技を持っている」など、K9999とある程度の差別化がなされている。
それに伴い演出面でも AK○RAの台詞丸パクリだった 技名が「○○技・××」という形式の漢字二文字の技名に変更された。
余談ながら、通常投げ(峯雲・叢雲)・特殊技・通常必殺技の名称は旧日本海軍が保有していた駆逐艦が元ネタとなっている。

主な変更点は以下の通り。
  • 背が高くなったため、全体的にリーチが伸びた。
    ただし、ニュートラルポーズのくらい判定も拡大。
  • 近立ち強キックのダウン追い討ち判定が削除された。モーションもK9999では踏んづけだったのがアークキック風のカカト落としに。
  • 異常に遅かった歩きモーションの速度が普通に。間合い取り能力が大きく上がった。
  • 一歩踏み込んで攻撃する特殊技「足刀戦技・時雨」が追加。突進力や発生に優れ、コンボ力向上に一役買っている。 ぶっちゃけスナイパーサイド
  • しゃがみ強キックが普通の足払いになり、K9999のそれ相当のスライディングは特殊技に。
  • 「月…」の代わりとなる技「閃光型抜手刀奥技・灼鳳」は横の攻撃判定が短くなった分、
    縦の攻撃判定が拡大し飛び越えることがさらに困難に。
    ただ、元から最強クラスの対空性能を持つ技だった為、割り込みに使いづらい分弱体化しているとも。
  • MAX超必は削りダメージこそ健在だが、リーチが短くなったため「どこでもダウン追い討ち可能」
    とはいかなくなった。代わりに根元部分の攻撃判定が拡大し、迎撃性能は向上。
  • MAX2は全くの別物に変更。というかこれはまるで炎邪覚醒
やはりゲージがあれば強いキャラなので、大将として使用される機会が多い。4ゲージを使った即死コンボは圧巻。

ちなみにネームレス・京・K'でアーケードモードをクリアすると「KOF02UMチーム」としてエンディングで一枚絵が見られるのだが、
三人の身長差からこのチームを 「川の字チーム」 と呼ぶ人もいるようだ。

ネームレスの性能解説動画
プロフィール上の身長体重はK9999と同じだが見た目は彼より大きい。しかし攻撃判定は見た目より短いようである。




「螺旋――
     貴様を打ち砕く!」

MUGENにおけるネームレス

  • アフロン氏製作・2002UM仕様
ほぼ原作再現。勝利画面も搭載されており、完成度は非常に高い。
また、MAX超必殺技「回転型突貫奥技・螺旋」は味方殺し技になっている。
AIは搭載されていないが、Rei氏・君麻呂氏・ヅァギ氏、斑鳩氏によってAIパッチが作成された。

Rei氏のAIは小ジャンプや「天霧」による中段、すかし下段or投げを軸に崩しにくるタイプ。
普段ゲージを使わないと思ったらたまにクイックMAX発動から8割もっていったりするのであなどれない。
このAIも他の氏のAI同様対人向けの反応速度で作られているので、超反応持ちのAIには相性が悪い。

君麻呂氏のAIは5段階調節タイプのAIで、同封のAIConfig.cnsからAILvの他に反応速度や特殊受身の有無、削りKOを狙うかどうかを調整できる。
戦闘スタイルは空中Bを使った飛び込みで押さえ込み「早蕨」をからめた連続技で固め、一たび崩れれば確実にコンボを叩き込む。
対空や切り返しには無敵時間の長い弱版「宵月」を多用する。n択で崩すよりは暴れ潰しを狙うタイプで、コンボや割り込みに「絶影」を多用する。
ゲージがある状態で相手の残りライフが少なくなると、「絶影」や「螺旋」による削り殺しを容赦なく狙ってくる。(AIConfigの設定次第では狙わない)
超反応、特殊受身、削りKOを一切自重しない最強設定なら、凶下位に迫る実力となる。

なお、君麻呂氏のAIには本体性能が強化されるUnlimitedモードがかつて存在した。詳しくは以下の動画から(第一試合)
しかし、現行Verでは既にオミットされている。
(氏のskydriveにUnlimitedモードがあった頃のVerが一応残っているが、本体側の最新Verには対応していないので、使用はオススメできない)

ヅァギ氏のAIは10段階に調節が可能。最初はガードがやたら甘かったりするが、
時間が経過するにつれ凄まじい反応速度と的確な切り返し行動で相手の動きを封殺してくる。
条件が揃えばMAX2もコンボに組み込み、相手の体力が低いと露骨なぶっぱで削り勝ちも狙ってくる繊細さと強さを備えたAIとなっている。

斑鳩氏のAIは改変パッチも兼ねており、主にシステム関係が原作にさらに近くなる。
現在は下記のネームレスの公開に伴い、公開停止。

  • 斑鳩氏製作・2002UM仕様
アフロン氏のネームレスのAI+改変パッチを1つのキャラとして再構築したもの。
アレンジ要素はほぼ皆無で、様々な面でより改変元から原作に近づけている。

8段階の難易度調整が可能なデフォルトAIも搭載。

  • Walrus-DASH Alliance(K.O.D氏+Vans氏)製作・2002UM+XI風アレンジ仕様
2002UM仕様モードとXIアレンジモードが選べる。
XIモードでは上記の2002UMと比べ、原作にないDCが搭載されていたり、MAX発動がないなどの違いがある。
原作同様ゲージ回収の効率が悪いが、XIアレンジモードにのみゲージ溜めがあるのでそれを補うことが可能。

こちらには斑鳩氏によってAIパッチが作成されている。現在はXIモードのみ対応している。
隙あらばゲージを溜め、性能のいい超必殺技をガンガン使うAIとなっている。
ただし現在は公開停止中で、動画での使用も禁止されている。

KoopaKoot氏による改変版もあり、それにはドルジ氏による外部AIパッチが存在する。

  • 特異点製作・Existence-Less(エグジスタンスレス、EL)
イリスレギオンなど手描きキャラを製作してきた特異点氏には珍しい改変キャラ。
氏いわく 「扱いの悪さに心打たれて」 作ったとか。
火力を落とした代わりにスピード重視の改変がされ、キャンセルルートも増えている。
また一部の必殺技がゲージ技に変更され、超必のゲージ消費量も増えているので、よりゲージ依存の大きなキャラとなっている。
そしてこのネームレスの特徴はK9999を連れていること。無論、増やしたり味方殺し化させることも可能。
また、ラウンドを取られると覚醒し性能が向上。12Pでは対強SUMOUとも渡り合える。彼は一体どこへ行こうとしているのか…

  • BLACK氏製作・name
二種類に派生する必殺技「偽・早蕨」が追加されている。
燐光がなくなり、代わりに絶影にMAX2版が追加され、螺旋がMAX3に格上げされている。
デフォAIも搭載。
イゾルデを蘇らせるためにネスツ残党に所属している模様。

ニコニコMUGENではK9999が現役で活躍しているためか出番は控えめ。
代役という星の下に生まれた宿命とはいえ、彼自身に非はないのだが…不憫な男である。

+ 大会ネタバレ



「俺に敗北はない…」

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー