ルチオ・ロッシ



「殺してやるお前なんか絶対殺してやるんだ・・・」


身長:164cm
体重:49kg
年齢:16歳
誕生日:4月27日
格闘スタイル:暗殺術
趣味:なし
好きな食べ物:なし
大切なもの:なし
嫌いなもの:ワン・タイゼン

彩京が1998年にリリースした、アーケード用対戦型格闘ゲーム「堕落天使」に登場するキャラクター。
16歳にしてフリーで凄腕の殺し屋として名を馳せている。
キャッチコピーは「暗黒街の臥龍」。
CVは堀川仁。
マルコ・ロッシと同じ苗字だが、関係ない。

暗黒街のボス:ワン・タイゼンに、幼い頃より暗殺術を叩き込まれ、その道に長じる。
しかし14歳のときに、ワンの下から逃亡し、フリーになった。
そういう経緯をたどると普通はフリーターやボディーガード、賞金稼ぎでもやってそうだが、フリーの殺し屋になるあたりこの作品の空気を表している、かもしれない。
いずれにせよ、そのことで未だワンからしつこく命を狙われている。
育ちからか多分に虚無的であり、好きな食べ物も趣味も大切なものも「なし」。
唯一嫌いなものが「ワン」となっているあたり、相当に嫌っているようである。

格闘スタイルは、幼い頃より叩き込まれた「暗殺術」。
乱舞技や投げ技が多く、空中投げなども持っている。
特に超必殺技である非ロック乱舞技「蟲子蔵」は発生が速く、出掛かりに無敵判定があるため対空や割り込みにも使える。
また、立っているときもかなり姿勢が悪く、低く構える技が多いため、攻撃をよけやすい。
その反面、ジャンプの軌道が高く、遠くに飛びすぎるために間合いの調節がしにくい。おまけに、しゃがみ状態の相手に超必殺技「蟲子蔵」を当てると途中で乱舞がスカってしまい、反撃確定になるなど技の癖が強く、使いこなすのが難しい。

ボイスもついているのだが、ブツブツと上記のような内容を喋るため、相当に怖い。
また、超必殺技でもある「首牙離」はハルク結蘭と同じくらいものすごく生々しい音がする
虚ろな目で相手の首を音を立てながら折る姿は何とも言えない恐怖感がある(ちなみに上記のセリフはこの技使用時のものである)。

+勝利時セリフ集
クール
・・・・・。

ハリー
・・・・・・・。

結蓮
・・・・・・・・・。

結蘭
・・・・・・・・。

タロウ
・・・・。

ロッシ
・・・・・・ケッ。

寅男
・・・・・・・・・・。

灰児
・・・・・・・。

トリガー
・・・・・・・・・フンッ。

カルロス
・・・・・・・・・・クク・・・。


MUGENにおけるルチオ・ロッシ

mass氏が制作したロッシが存在する。
基本的には原作再現であるが、ガードクラッシュと投げ抜けは実装されていない。
また、ゲージシステムの選択や空中ガードのオンオフ、ブリス対応などのアレンジも加えられている。
このあたり、クールとだいたい仕様が同じである。
かつてJAM氏のサイトで代理公開されていたが、現在は独立。お家氏、おまけの人氏のAIが公開されている。

American idiotでおなじみのTommy-gun氏も製作しており、こちらは氏の堕落天使キャラにのみ投げ抜けが対応している。
x、y、zか、スタート押しながらa、b、cで選択することで、
攻撃力30%ダウン、最大5ゲージ、パワーMAXモードはコマンドで発動するようになる。

+大会ネタバレ
無茶?無謀?『成長+大貧民』 ランバトにおいて大将として出場。
しかし革命によって大将から降格してしまった。だがその後また革命が発生し大将に返り咲いた。
その後また革命で大将から落ちるなど怒涛の人生を歩んだ。
他のチームがどんどん落ちていく中ロッシは革命などでうまく強いチームに逃げたりし最終戦まで生き残った。

出場大会


出演ストーリー