ワンダーモモ


 「がんばりま~す☆」

 血液型:O型
 星座:おひつじ座
 3サイズ:82/57/84
 好きな食べ物:さくらんぼ
 好きな花:桜草・忘れな草
 好きな色:ミルク色

本名は「神田桃(かんだ もも)」。1987年にナムコが発売した横スクロールアクションゲーム『ワンダーモモ』の主人公。
ロリコット星 からやって来た変身ヒロインで、「ワンダーパワー」でワンダーモモに変身して悪の怪人軍団ワルデモンと戦う。
必殺技はフラフープのような「ワンダーリング」の他、「ワンダービーム」「ワンダータイフーン」など。
声優はアーケードではナムコの女性社員、『NAMCOxCAPCOM』では川澄綾子氏、
『クイーンズゲイト スパイラルカオス』ではワンダーモモーイ桃井はるこ氏が担当している。
2014年より配信中の新作アニメでは桃井はるこ氏が初代、藤原侑香氏が2代目ワンダーモモのキャストを務めている。

実はこのゲームは『 小劇場「ナムコシアター」で上演されている全12幕の舞台劇 』という設定で、上記のストーリーも劇の設定。
ステージの合間には緞帳が降りて来たり、舞台の下の客席ではモモのファンが応援していたり、
カメラ小僧がフォーカスチャンスを狙っていたりと、舞台劇である事が演出されている。
もちろん神田桃も宇宙人ではなく、ナムコシアターの人気アイドルである。

全16ステージで、「怪人軍団編」・「吸血フラワーの謎編」・「狙われた女子高生編」・「変身・最終決戦編」の4部構成。
横スクロールアクションだが舞台劇という設定なので、左右にそれぞれ舞台端(画面端)がある。
変身前のモモはキック攻撃しか出来ないが、たまにステージに現れるつむじ風に入るとワンダーモモに変身する事ができ、
防御力・ジャンプ力・攻撃力がアップする他、ワンダーリングを投げて攻撃できるようになる(パワーを溜めて自力変身も可能)。


「へんしーん☆」
\ よっ!ももや!!/

「女の子」を前面に押し出したゲームは当時としては珍しく、ミニスカでパンチラしながら戦う姿に敬遠してしまう人もいたが、
反面ファンも多く、戦うナムコヒロインとしてワルキューレと並び人気を博した。ギャルゲーの走りとも言われている。
ただゲーム自体は上記の設定やノリなど味がある作りとはいえ、
非常に操作性が悪い上難易度が不条理に高いためあまり高い評価を受けていない。
地上のモモの向きが左⇔正面⇔右と3つ設定されているのが曲者で、操作に微妙なラグが生まれやすいのである。
また、正面で立っている状態で攻撃ボタンを押すと変身の前準備として回転しようとするのだが、
この際無防備になってしまう上敵の攻撃は普通に食らうのでこれが原因でダメージを負うことも少なくなかった。
おまけに敵が地面から湧いたり飛んできたりと上下左右から迫ってくるため攻撃の振り分けに忙しく、ミスが発生しやすくなっている。
さらに敵に固い敵が多かったり攻撃を受けるとひるんで一時操作不能になったりとリズムが崩れやすいのもあり、
ラストステージまで辿り着くにはかなりの回数のプレイと技術が求められた。
時間制限付きながら性能が大幅に向上する変身を道中のザコ敵では温存して、ボス戦に備えることがクリアの早道となるだろう。

後にPCエンジンに移植され、ステージの合間にモモのサービスイラスト(お風呂シーンとか)が鑑賞できるようになっている。
モーション簡略化・声関連の演出カット・開始時の幕の絵の変更等アーケード版とは多くの違いがあるが、操作性は概ね再現されている。
ただ、元々良くなかった点である操作性を再現しているので、結果として不満点は変わっていないのだが…。
ステージ選択の裏技も用意されているのでクリアの難易度自体は下がっているが、それでも敵が強いのは相変わらずである。

また、ニコニコで有名な『THE IDOLM@STER』のアイドル達の先輩でもある。
これは単に同じナムコから発売されたゲームのアイドルという意味だけでなく、
同作のアイドル事務所765プロの社長である高木順一朗が、かつて彼女をプロデュースしていたという設定があるため。
同じく昔社長がプロデュースしたアイドルという設定のある音無小鳥とどちらが先輩なのか、はたまた同期なのかは不明。

+ テーマソング

+ 外部出演


MUGENにおけるワンダーモモ

+ 日本破壊結社NHK氏製作
+ Jaldabaoth氏製作

出場大会


「どうもありがと☆」