魔人ブウ

「オレは オレよりつよいチカラをゆるさない……」


鳥山明の漫画『ドラゴンボール』及び関連アニメシリーズに登場するキャラクター。
原作及びアニメ『ドラゴンボールZ』における最後にして最強の敵であり、シリーズ全体のラスボスと言える。
(ただし、劇場版『Z』まで含めると他にも最強候補が存在し、『Z』の続編『ドラゴンボールGT』にもより強大なボスが登場する上、
 神と神ではそれらを軽く上回るというレベルじゃないものも登場する)
名前の由来は、ビビディ&バビディと合わせて某ディ○ニー映画の挿入曲『BIBBIDI-BOBBIDI-BOO(ビビデバビデブー)』より。
声優は塩屋浩三氏。デブブウから純粋ブウまで全ての声を氏が担当されている。
他にも塩屋氏は同作でギニュー特戦隊のグルド等を演じている。

邪悪な魔道士ビビディによって偶然造り出された魔人。
大きさは人間と殆ど変わらないが、ピンク色の肌や頭の触角等外見的には人間とかけ離れている。

悟空達にも計りにくい独特の『気』を持ち、魔法の様な(というかそのもの?)不思議な技を操り、
触角から発射した光線によって相手をクッキーや飴玉などに変えたり、傷を一瞬で癒すことも出来る。
また、悟空やベジータから受けた技を一瞬で会得するほどの高い学習能力を備えている。

自身の意思によって肉体の形状が自在に変化し、
身体を柔らかく変化させるほか、元の体積を超えて膨張させる事も出来る。
身体から離れた肉片も操作でき、千切った肉片を武器として使う事も可能。

再生能力も備えており、身体を真っ二つにされても瞬時にくっつき、
粉々にされても肉片が再結合し、粉々にした後の肉片を焼かれて灰にされても、そこから出た煙が集まって即座に再生してしまう。
しかもピッコロセルと違って再生時に体力まで回復するため、ノーリスクで何度でも復活し続けられるという驚異的な能力である。*1

+ 原作ネタバレ

+ 『ドラゴンボールGT』では…


MUGENにおける魔人ブウ

stig87氏製作の悪の魔人ブウ(ディスプレイネームは『Super Buu』)と、
miaoyu氏製作のデブブウ(ディスプレイネームは『Mr Buu』)が存在する。
デブブウの方はAIが搭載されていないが、悪ブウの方はかなり強いAIが搭載されている為、動画でもそこそこ出番がある。
また、神々への挑戦トーナメントでは海外製の狂キャラのブウがDBチームの大将として参加している。
製作者はレジェンドゴジータなどでお馴染みのsupermystery氏。ボイスが日本語なせいか、動画では日本製と間違われやすい様子。

出場大会

更新停止中
削除済み

出演ストーリー


*1
但し、あまりに大きなダメージを受けてしまった時には体力の回復がやや遅れてしまうらしく、
デブブウと純粋ブウが対決した際にベジータが「やばいぞ…デブのほうはもう死にかけだ…!」と発言している。

*2
2000年代に入ってのリバイバルブーム以降は、
悪ブウという名称との対比か「 魔人ブウ(善) 」と表記される場合が多い。

*3
尤も、悟空曰く「本気で戦っていれば、この時の魔人ブウなら倒せていた」らしい。

元々、悟空は「人造人間編」の終盤でセルの自爆に巻き込まれて死亡しており、
「自分が生きているとまた悪人達を呼び寄せてしまう」との考えからドラゴンボールによる復活もしなかったが、
この「魔人ブウ編」では、天下一武道会に参加する為に占いババの力で一日だけ現世に戻って来ていた。

彼は自分があの世に戻った後の事を考え、既に死人である自分ではなく、若い者たちの力で地球を救って欲しかったという。
その為、デブブウを倒せるだけの力がありながら本気で戦う事はしなかった。
(尤も、超サイヤ人3への変身によって急激に現世に留まれる時間が減っていた事を考えると、本気で戦っても時間切れになっていた可能性は否定できないが…)

結局その願いが叶う事はなく、最終的に地球を救ったのは悟空・ベジータサタンらであったのだが。
悟飯がさっさとブウにトドメを刺してれば悟空が出張る必要なかったんだけどな

*4
原作の描写のみで考えれば、悟飯吸収ブウが全形態の中で最強であると言える。
ガリブウがデブブウを吸収して変化した悪ブウについて、悟空は「ベジータとの2人掛かりでも勝てない」と評しており、
その悪ブウがゴテンクス・ピッコロ悟飯らを吸収して更なるパワーアップを遂げたのが、この悟飯吸収ブウである。

一方、純粋ブウに関しては、
悟空とベジータが初めてその姿を見た時に「あれならなんとかなるかも」と発言しており、
実際に悟空がある程度戦えているため、戦闘力は悟飯吸収ブウよりも低いと考えられる。
ベジータの発言については、デブブウとの戦いでも油断していたことから信憑性は薄いが、
悪ブウに敵わない筈の悟空でも戦える為、悪ブウよりは弱いと考える事が出来る。

一方で、アニメ『ドラゴンボールZ』で純粋ブウが登場したシーンでは、
悟空がこのブウを「全てにおいて今までのブウとは段違いだ」と評している。
この為、原作とアニメで強さの設定が異なっていることになる。

ただ、上述の説明にもある様に、悟空はデブブウと対峙した時には「地球のことは若い者たちに任せたい」との考えから敢えて本気では戦わず、
また周囲に対しても、最初は「あのままやってたら勝てなかったかもな」と説明していた為、
「ベジータとの2人掛かりでも悪ブウには勝てない」という発言も、同様の理由によるものだったのかもしれない。
実際この後、超サイヤ人3ゴテンクスやアルティメット悟飯は、本来悪ブウを倒すのに十分な強さを発揮している。

また、「悟飯吸収ブウと戦う時にサタンやデンデまで視野に入れてポタラで融合する相手を探していた説明が付かない」との意見もある。

ただ、『ドラゴンボールZ』における悟空は、セルの自爆によって殺された少し後、あの世での戦いでも急激にパワーアップした描写があり、
重い胴着を着た状態でセルを瞬殺したパイクーハンが胴着を脱ぎ捨ててスピードを上げても、それを相手に互角に渡り合った事がある。
この為、『ドラゴンボールZ』における悟空は原作以上に飛躍的な早さで格闘センスが成長する設定になっていると考える事も出来る。
悟飯吸収ブウとの戦いにおいてわざわざベジータとポタラで融合してまで戦闘力を高めたことについても、
融合した状態で戦う内に悟空自身が強くなったか、一度吸収されて仲間を救出しなければならないリスクに備えて融合したとも考えられる。

なお超サイヤ人3悟空は、劇場版『ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』においても、
アルティメット悟飯や超サイヤ人3ゴテンクスを一撃で倒したヒルデガーンの攻撃に数発耐えた上、「龍拳」一発でヒルデガーンを倒してしまっている。
この戦いぶりからすると『ドラゴンボールZ』における超サイヤ人3悟空や純粋ブウの戦闘力はアルティメット悟飯を凌駕するほど高いのかもしれない。

原作・アニメに共通して一つだけハッキリしているのは、悟飯吸収ブウも純粋ブウも超ベジットなら楽に倒せる相手だということである。


添付ファイル