緋村剣心






「死ねない!俺はまだ死ぬわけにはいかない!俺には俺の帰りを待っている人がいるんだ!」

「生きる意志は何よりも… 強い!!」




プロフィール

生年月日: 1849年(嘉永2年)6月20日
身長: 158cm(人斬り時: 155cm・心太: 125cm)
体重: 48kg(人斬り時: 42kg・心太: 19kg)
血液型: AB
出身地: 不明(関西地方の寒村)
特技: 口八丁
苦手なもの: 薫の料理
流派:飛天御剣流

概要

和月伸宏の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』の登場人物。同作品の主人公である。「ひむら けんしん」。
流浪人(るろうに)として諸国を回っている赤い髪の優男で、左頬に大きな十字傷があるのが特徴。
実年齢は 28歳 と見た目より老けている。
これはいわゆる主人公勢の中ではずば抜けて最年長であり、年齢を知った人には大概驚かれている程の童顔である。*1
モデルは幕末四大人斬りの一人「河上彦斎」であるとされている。
+ 河上彦斎とは
声優はアニメ版は涼風真世女史、CDブックでは女史、幼少時のみ鈴木真仁女史。
実写版では佐藤健氏が演じる。
佐藤健氏については実写化決定前から、もし実写化するなら剣心のイメージに合うのは…と作者が奥さんと話していたそうである。

維新成立後の明治11年、彼が東京の神谷活心流道場を訪れ、師範代である神谷薫を助けたことから物語は始まる。
彼が神谷薫の元で流浪の旅を止め、士族の少年・明神弥彦、喧嘩屋・相楽左之助、女医・高荷恵らと出会い、
東京と京都を舞台に人斬りとしての過去と自らの生き方に対峙するのが『るろうに剣心』という物語である。

+ 原作ネタバレ

普段の一人称は「拙者」。穏やかな性格であり、いつもにこやかに笑っている。若干天然気味。
かなりのボケ体質であり、変な出来事に「おろ?」と口走ることもしばしば。
現在はこんな感じだが、抜刀斎時代は冷徹非情の人斬りという事もあってか、巴に会うまではクールな性格だった。
周りのボケについて行けずマジギレしたり、ガチで頭抱えたりと周囲に振り回される傾向はあまり変わってないが。
その反面、非常に義務感や庇護意識が強く抜刀斎時代の事も合って自虐的であり、思い詰めやすい面も持つ。
「剣術修行は楽しいが、人を斬るのは楽しくない」とのこと。これは過去から一貫している。

また、京都編の途中まではキレると「抜刀斎」だった頃に性格が戻ってしまい、一人称も「俺」に変化する*2
京都編終盤以降は抜刀斎に立ち戻っていなくても激怒した時等に使うことがあった。
なお、少年時代はこちらを使っており師匠である比古清十郎との再修行中は素で「俺」になっていた。
キネマ版では抜刀斎化していない時もモノローグで一人称が「俺」になっていた事がある。

「構わん。どんな技でも好きなだけ使え。だが、

俺が殺すと言った以上 お前の死は絶対だ」


戦闘では、一対多人数を想定した古流剣術「飛天御剣流」を用いて闘う。
次の攻撃につなげやすくするためか、体さばきを利用した技が多いのが特徴である。
(そのため、使い手は体躯が恵まれていないと身体が反動に耐えきれず、徐々に刀を振るえなくなる。
 元々小柄で恵まれた体格とは言い難かった剣心は奥義「天翔龍閃」の会得後体内のダメージの蓄積が加速され、
 本編から5年後のエピローグでは飛天御剣流の技を殆ど撃てなくなってしまった。
 ちなみに完全に使えなくなったわけではないので、有事には弥彦に譲った逆刃刀を借りて龍翔閃を使ったりしている。)
なお、相手の動きを先読みする事で素早い動きを可能としているのだが、剣心の場合はむしろ読みの迅さに頼り過ぎてフェイントによく引っかかる
これは師である比古清十郎にも指摘されているのだが、指摘された後も全く直っていない(というか、指摘された数ページ後に早速フェイントに引っかかっている)。

使用武器は、通常の刀とは違い刃が峰側についた「逆刃刀」。剣心の象徴の一つと言える。
当初持っていたのは2本作られた内出来が悪い方の「影打」で、後に「真打」になった。
刀を持ち込めない華道の席に花を生けるためという名目で持ち込んだ「華鉈」を指摘する声もあったが、
作者によれば不殺の象徴として竹刀や木刀では締まらないので考え出した創作とのこと。
「刃がついていなくとも鋼の塊で脳天を殴ったら死ぬだろ」とはよく言われるツッコミ所。
実際に逆刃刀にどれほどの殺傷力があるのかを検証したサイトの実験によると、 パイナップルを切断できる 程の武器であると判明している。
本編開始以前の読み切りでも、彼らしき流浪人(本名は明かされていないが、本編でいえば剣心)が「骨の数本はへし折れる」と発言している。
もっとも、この作品における逆刃刀の意味は、実際の殺傷力うんぬんよりも「不殺の信念の象徴」という面が強いため、あまりこういう指摘は妥当ではない。
また奥義の「天翔龍閃」は逆刃刀でも人を殺傷させかねない威力があり、初使用時(奥義会得時)は師である清十郎を殺しかけた。*3
以後は剣心が威力の強弱を調整している。
ちなみに峰側に付いた刃を使えば当然「斬る」事ができ、作中でも斬馬刀やら街灯やら橋やらを真っ二つにしている。
剣心も状況によって使い分けしており、「この逆刃刀は人以外の物を容赦なく斬り捨てる」と発言している。

なお、剣心の不殺の信念は「自分の目の前では誰一人死なせない」というものだが、
逆に言えば自分の知らないところでは死ぬ事があってもやむを得なしと解釈する事が出来る。
事実、作中2回ほど、悪人キャラが捕まったら死罪という状況があったのだが、そのどちらも剣心は完全スルーしている。
また、剣心の仲間である蒼紫や斎藤も剣心がいない状況だと積極的に敵を殺しにかかる
まぁ、前者については、これ見逃したらダメだろ的な状況だったし、そもそも自身による私刑的な殺人と法にのっとった刑罰では全然別物である。
後者についても後に蒼紫には「悪人相手でもあまり人は殺めるなよ」と暗に認めつつもしっかり釘を刺している。
他にも「刀一本でも目に見える範囲の人くらいなら守れる」と語った事もあり、あくまで自分のできる範囲で戦っている
(師匠の比古清十郎も「悪党を斬っても誰一人救えない事など何度もあった。自分に出来るのは犠牲者を弔う事くらい」と自分がやれる事を把握した上で戦っている)
作者の和月伸宏氏はアメコミファンなので、その辺りの思想が反映しているとも言えるだろう。
新京都編で志々雄の頭ぶち割った? 知らんな。

ちなみに左之助に誘われたとは言え、薫に黙って賭博場へ行った事がある。
賭博の腕は原作では無双状態、アニメでは壊滅的。

なお『月華の剣士』にゲスト出演する話もあったそうだが、没になったようである。

+ ニコニコ動画での扱い

「あいにくですが、人斬り働きで栄職に就く気は毛頭無いんですよ」


+ 余談


MUGENにおける緋村剣心


+ Warner&@ndroid氏製作 緋村剣心
+ Aoshi24氏製作 緋村剣心&緋村抜刀斎
+ 江戸川氏製作 ケンちゃん

他、TigerMask氏が製作した『JUMP ULTIMATE STARS』準拠のものや、
ナウシカのNemo氏が製作した蒼紫がストライカーにいる梅喧を改変したもの(AIは入っていない)も存在する。

「『剣と心を賭してこの闘いの人生を完遂する!』

 それが拙者が見い出した答でござる!!」


出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

吸血鬼姉妹とmugen学園(ケンちゃん)
剣客少女
無限の極(ケンちゃん)


*1
剣心の師匠である比古清十郎も、 43歳 という実年齢に対して外見はせいぜい20代から30前後と異様に若い。
というか回想シーンを見るに、剣心を拾った 19年前から全然変わっていない
というか、初登場時のドアップの一コマだけ下手すると剣心より年下に見えるくらい異様に若々しい。
この辺りについては作中でも「飛天御剣流には若さを保つ何らかの秘訣があるのでは!?」などと突っ込まれている。
ちなみに、ジャンプ連載陣の主人公に限れば、時間経過で剣心よりも(おそらく)年上になったも少なくは無い。
連載前の読切二本と連載第一話のオチはいずれも、助けられた人物が落ち着いたところで「維新志士なら今何歳?」と疑問を抱くというものであった。

*2
ちなみに実際の維新志士達の間では、「僕」「君」という一人称・二人称が流行していた。
さらに剣心の出身は上方であると設定され、かつ主な活動地域が京都であった事を鑑みると……。

「構わへん。どないな技やて好きなやけ使え。やけど……

僕が殺すと言わはった以上 君ん死は絶対や」

……といったような口調になるのが正確なところかと思われる。これはこれでなんか怖い。

*3
逆刃刀がメンテナンス不足であったことによる偶然の結果であり、万全の状態だったなら普通に命を落としていたかも知れない。
実際「天翔龍閃」は代々「飛天御剣流」の先代継承者の死と引き換えに伝授されてきたものである。

*4
薫が出来る事が確認できる家事は縫物くらいで、洗濯や買い出しは剣心が担当している。
料理は薫のそれが毒物な割には剣心が作ってる場面はなく、薫が作ってばかりであるが、
原作の雷十太編では由太郎のために差し入れとしておにぎりを作ったこともある。
道場で剣術の指導役を断ったエピソード、基本的にしっかり者の薫との対比等から「働かない」イメージが強いのだろうか。
家事手伝いをしっかりやってる分、物語序盤で無職になって以降は 奢ってもらうかツケだけで生活していた上に海外逃亡した 左之助
京都編ラスト~人誅編途中まで 座禅を組んでずっと引きこもってた 蒼紫よりよっぽどマシだと思うのだが…
ちなみに 巴と結婚していた頃は薬師として働いていた 。偽装のためではあるが、結構評判は良かったらしい。

なお、明治時代の士族は徴兵令、廃刀令、秩禄処分(武士階級への給与の打ち切り)により旧来の身分特権を奪われた上で
不慣れな商売に手を出して失敗する例(士族の商法)が多く、実際にニートな士族は多かった。