堕落天使

『堕落天使 -The Fallen Angels-』とは1998年に彩京が発表したAC向け対戦格闘ゲーム。
海外では『The Fallen Angels』として知られる。

概要

  • ストーリー
西暦2000年2月10日 午前7時13分 震度7
完全な情報操作による「平和」は一瞬で崩壊し、
コンピューターで制御されたコンクリジャングルの機能は停止した。
大規模な地殻変動により、その街は大陸から分断され
完全に孤立した。
金に狂ったメスブタは意味のない権威にしがみつき、
正義面した悪党は「人の道」を説いた。
「SEX」「犯罪」「ドラッグ」…
そして、いつしかその街は皮肉を込めて
こう呼ばれるようになった。
最後の楽園「EDEN」。
そして…時に西暦2010年…。

大地震の地殻変動によって隔絶された無法都市「EDEN」を舞台にした対戦格闘ゲーム。
彩京製作の格闘ゲームとしては『バトルクロード』に次ぐ2作目になる。
非常に独特でダークな世界観、緻密なグラフィック、滑らかなドット絵アニメーションで知られ、
既存の格闘ゲームとは一線を画すフィルムノワール的な色調のビジュアルイメージは今なお根強い人気がある。
何気にキャラクター同士の掛け合いも全キャラそれぞれが対応しており、所謂完全な汎用セリフはない。全体的に丁寧な仕上がりとなっている。

ゲーム自体は2D対戦格闘の基本を押さえた仕上がりで、
スムーズに動くキャラクター、エフェクト、必殺技演出など地味にしっかり作ってある。
また、「ラッシングコンビネーション」というチェーンコンボ系攻撃システムによりテンポもよい。

スタッフに『THE KING OF FIGHTERS』シリーズのクリエイターが参加しており、
モーションやシステム面でSNK系格闘ゲームの影響が見てとれる。
+ 堕落天使からKOFに逆輸入された(?)要素


キャラクター

  • 使用可能キャラクター
  • CPU専用キャラクター
トリガー(中ボス)、カルロス最終ボス

システム

操作系はレバー+4ボタンで、強・弱2種類のパンチとキックが割り振られている。
特徴的なのは、構えを変えることで通常技が変化する「スイッチング」とその派生「リバース・アタック」。
前転動作や投げ抜け、受け身、ガーキャンダッシュ等々、格ゲーの一般的なシステムも一通り積んでいる。

  • パワーゲージ
 ゲージは1本。
 ガードしたり攻撃してると溜まる。超必殺技を当てても溜まる。さらにゲージ溜めもあるのでわりと溜まりやすい。
 溜めきるとMAX状態となり、以降は自動的に減り続けて空になる。任意で発動したりは出来ない。
 他の格ゲーだとKOF94・95や餓狼伝説リアルバウトシリーズの方式が近い。
 MAX中は超必殺技が使えたり攻撃力が上がるほか、相手ののけぞり時間やヒットバックが増す。
  • 超必殺技 (キャラごとに所定のコマンド)
 パワーゲージMAXか、体力ゲージ点滅時に出せる。
 ゲージMAX+体力点滅状態ならMAX超必殺技となり、性能が大幅に上がる。この辺りもKOF94・95方式。
  • ガードキャンセルエスケープダッシュ (ゲージMAX時にガード中弱P+強P)
 ゲージMAX時限定行動。ガード中に後述のエスケープダッシュが出せる。
  • ゲージ溜め (強P+強K)
 自分のゲージを溜める。
  • 挑発 (弱P+弱K)
 相手のゲージをわずかに減らす。龍虎みたいにごっそり減ったりしないので気休め。

  • スイッチング (弱K+強K)
 構えを変えて「裏ニュートラル状態」となる。
 コマンド入力以外でも、特定の必殺技は出すと自動で裏ニュートラル状態になる。
 ややこしい名称増やさず「スイッチング状態」とかでいいんじゃね、と思わないでもない。
  • リバース・アタック (裏ニュートラル状態で通常攻撃)
 裏ニュートラル状態での通常攻撃。
  • ラッシングコンビネーション
 チェーンコンボの一種。キャラクター毎に性質が異なる。
 リバース・アタック時はコンビネーションも変化。
  • エスケープダッシュ (弱P+強P)
 無敵時間のある前ダッシュ。KOFの前転のようなもの。
  • エスケープアタック (エスケープダッシュ中に通常攻撃)
 エスケープダッシュからの派生技。
 中段で使いやすさはキャラによってまちまち。
  • ハイジャンプ (レバー下方向後にジャンプ)
 長距離ジャンプ。滞空時間は通常ジャンプと一緒。
  • 空中受身 (空中で弱P+強P)
 時間は短いがモーション中無敵。通常の空中状態で復帰するので攻撃も出せないことはない。
  • 投げ抜け (投げられた時に弱P+強P)
 投げを抜けて状態を五分に戻す。シビアながらコマンド投げも抜けられる。


ニコMUGENでは

マイナーゲーではあるが、現在ではほとんどのキャラが作成され公開されている。
中の人やら外見やら何かとネタにしやすい灰児をはじめ、あまりにも濃い寅男やチキン主人公のクール等他のキャラも地道に活躍の機会を増やしている。
マイナーゲーの性でパワーゲージの仕様がほとんど知られておらず、ゲージ変動のある大会で誤解を受けることも多いようである。