エリック



「ブリザードブレスだー!!!」

コピー:氷海の猛者(パーフェクト)、大海の暴れ牛(2)
出身地:ノルウェー
身長:203cm
体重:172kg
年代:西暦998年
誕生日:3月20日
年齢:45歳
血液型:A型
職業:バイキング族族長
格闘技:バイキング式斧術
趣味:食べること
好きな物:クジラ、ビール、牛丼、家庭
嫌いな物:ホモ
知能指数:海よりも深い
宝物:家庭 (妻レア、息子ビッケ)

今は亡きADKの格闘ゲーム『ワールドヒーローズ』シリーズの登場人物。『2』から出場している。
もっとも力のある者が一族の長となるのがバイキング族の掟。その力を証明するためだけに大会に参加した人。
フルネームは「エリック・ザ・バイキング」。ノルウェー出身のヴァイキングである。
モデルは、ヨーロッパ人で初めてグリーンランドに入植した実在のヴァイキング「赤毛のエイリーク」。
ちなみに赤毛のエイリークの息子であるレイフ・エイリークソンは、ヨーロッパ人で初めて北米に到達した人物である。

「我が妻『レア』よ…ワシは必ず勝って帰ってみせる!!」


愛妻家であり、勝利台詞からも妻のレアに対する愛情を伺うことが出来る。
二人の間には息子のビッケも生まれている。『パーフェクト』では娘も授かったようだ。
(息子の名前は70年代のアニメ『小さなバイキング ビッケ』から。元はスウェーデンの児童文学。
 尤もこの設定だとエリックは脳筋って事になるが…(父親たちがピンチに陥る>ビッケの機転で乗り切る、が基本パターン))
北国育ちなため寒さには強いが、流石に北極の寒さはこたえるようである。
同じ船乗り故か、キャプテンキッドとはライバル関係。
好物の牛丼は現代の日本で食べて大いに気に入ったのだそうだ。
企画段階ではヴァイキングの戦士という設定はそのままに「エリス」という美人の女戦士になるはずだったらしい。

「勇気を知れ!!!相手を怖いと思うことと逃げることは同じではない!!」


戦闘スタイルは、片手斧とラウンドシールドで戦う。ノルウェー出身なので北欧神話のトールやエーギルの加護もある。
ワールドヒーローズで武器を持って戦うキャラはジャンヌに続いて2人目である。
ハンゾウフウマも忍者刀を使ってないか?という質問はごもっともだが、
 彼らは刀にまとわせた『気』で攻撃しているので、ちょっと微妙なライン。通常攻撃では使わないし)
若干動きが遅いが、力押しでいける。エリックの詳しい武器の仕組みは こちら
「長いリーチが利点。電撃を帯びたハンマーを相手にぶつける「トールハンマー」や
発生直後に無敵がある、ツノのカブトを体当たりでぶつける「ロングホーン」
オノを地面に突き刺して津波を発生させる「エーギルヘブリング」の当たり判定が強い。
中でも「ブリザードブレス」は強力で、威力、リーチ、コマンドの簡単さ、空中ガード不可なため牽制や連続技で大活躍する。
……どうして氷のブレスを吐けるのか、とつっこんではいけない。

このブリザードブレス、ガードして跳ね返す事が出来ない(ワールドヒーローズ2はタイミングよくガードすると飛び道具跳ね返しが可能)
のだが、なぜか開発途中のバグで跳ね返し可能だった(何も無いところから噴き出るブレスを見てスタッフは慌てて修正した)

ところが、今度はロケテストでエリックがヒップドロップのポーズを出しながら、はるか上空を飛んで消えるバグが発覚
スタッフは「もう勝手に飛んでけよ……」と一瞬思ったが、踏みとどまりキチンとバグを修正した。何かと逸話が多いエリックである。
最近でも某ゲームのロケテストでキャラがはるか上空を飛んでいくバグが発見されたが、約20年前から歴史は繰り返されていたのだ。

「闘いをやめるなよ…。お前には素質、そして勇気があるのだからな!!」


コロコロコミックで連載されていた、かとうひろし先生の漫画版ワールドヒーローズでは、エリックは読者を泣かせる立場だった。
まず初登場のエピソード。主人公のハンゾウとエリックがエリックの船で勝負することになった。
この時、試合はどうみてもハンゾウの優勢だった。しかしエリックは何度も何度もハンゾウに試合を挑む。
瀕死になっても決して諦めようとはしないエリックの姿の後ろに、固唾を飲んで応援する家族をハンゾウは見る。
父親の勝利を願うエリックの息子の純粋な瞳を見たハンゾウは、一瞬のスキを突かれ、
エリックのエーギルヘブリングで船から吹き飛ばされて海に落ちた。
勝利を喜ぶ家族たちを、エリックは泣きながら抱いた。本当の勝者がどっちだったのか、彼にもよくわかっていた。
一方、ハンゾウも仲間の小舟で助けられていた。「わざと負けたのか」と問う仲間に無言で答えるハンゾウ。
そのわざと負けてやる理由が納得の出来るものだったのは言うまでもない、というモノローグで占められている。作中屈指の名エピソード。

そんなエリックだが、やはり実力差が響いたのか、再登場した時はキャプテンキッドに負け(キッドの実力が上がったらしい)。
その後もその他大勢のやられ役、ぐらいの出番で終わってしまった……二重の意味で泣ける。

余談だが、彼は別の事で知名度があり、有名である。それは彼のステージ曲である。
彼のステージ曲「白夜のフィヨルド」は、実はそのアレンジ曲が夜のニュース番組である
フジテレビの『ニュースJAPAN』のOPテーマとして1994年から2000年までの6年間もの間、使用され続けていた。
その為、彼のBGMを聞いた事がある人はかなり多く、元の出典が対戦格闘ゲームの1キャラのステージBGMである事を知るものは少ない。
その為、「日本一有名な格闘ゲームの曲」という異名を持つ事となるが、肝心の本人との結びつきが非常に薄い。
ニコニコにおける煩悩坊主の様な感じである。

原作のエリック

長いリーチで相手を寄せ付けないのが基本。CPUはまき割り斬り(大パンチ)をよく使うが
豪快斬り(レバー入れ大パンチ)や、ストレート(しゃがみ小パンチ)のほうが強い。接近戦は大キックがオススメ。
代表的なコンボは
ジャンプ攻撃もリーチがよく、ジャンプ小キックのヒッププレスは起き攻めに有効だ。
しゃがみ小キック→小キック→大キック→レバー入れ大パンチ
大キック→大キック→レバー入れ大パンチ
ジャンプ大キック→着地してレバー入れ小パンチ×3→キャンセルでロングホーンorレバー入れ大パンチ

トールハンマーはハンマーの棒の部分に攻撃判定がないので、対人戦ではやや使いづらい。
エーギルヘブリング、ブリザードブレスの方が使える。ロングホーンも実は対空にも使える。

MUGENにおけるエリック

死門氏が制作したエリックが存在したが現在は入手不能。
原作同様、ブリザードブレスが強烈である。また、ライフバー下のセリフもちゃんとついている。
小パンのノックバックが若干ゆるいため『ブリザードブレス→小パン→ブリザードブレス…』と繋げることができ、
キャラによっては7割以上のダメージを叩き出すことも。

司氏の外部AIはこれを頻繁に使ってくる為かなり強い。
動画説明文のリンク(OneDrive)よりDL可能。

また、ペパーミント氏によるAIも公開された。
AIレベルと挑発レベルを10段階に調整可能。
上記の小パン→ブリザードブレスの永久の使用スイッチも搭載されている。
OneDriveの仕様変更によりtwitterのリンクからはDLできないが、URLを書き変えればDL可能。

出場大会

更新停止
非表示

出演ストーリー