シルバーサムライ

「ヤマトダマシイ!」
アメリカのマーベルコミックスに登場するヒーロー(場合によってはヴィラン)。初出は『デアデビル』である。
カプコンの格闘ゲーム『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』や『MARVEL vs CAPCOM 2』にも出演している。
比較的珍しい日本人のミュータント。最近ではサージやアーマーといった日本人ミュータントも増えてきたが。

設定

本名はケンイチロウ・ハラダ*1。日本のヤクザであるシンゲン・ヤシダの非嫡出の子として産まれた。
国際的テロリストであるヴァイパーの護衛などもしていたが、異母妹のマリコ・ヤシダの死
ウルヴァリンの婚約者であり、結婚式当日に敵対するヤクザにより河豚の毒で暗殺された)をきっかけにヤシダ一家の総帥となった。
このあたりからがヒーローとしてのシルバーサムライが活躍する時期であり、
政府が結成した日本初のヒーローチーム「ビッグ・ヒーロー・シックス」のリーダーにもなった。
しかし、ブラインドスポットによって洗脳されてしまい、再び犯罪行為を開始する。
そして捕まってしまい刑務所に収監されていたが、ヴァイパーとザ・ハンドによって救出される。
この二人に仲間に誘われもしたが、それを拒否し、アベンジャーズと協力して彼らを打倒した。
そして、再び日本人のために戦うことを決意し、ヒーローとして復帰した。
その後は日本の首相の警備チームのチーフを担当していた。

ウルヴァリンとは先述の通り義理の兄弟であるという以外にも因縁が強く、最初は対立していたが戦いの中で実力を認め合い、
時としてウルヴァリンに協力し、ウルヴァリンからは彼の持つ銘刀と引き換えに養女アミコの養育を頼まれるような仲になった。
最近では別の理由から再び対立し、ウルヴァリンに片腕を奪われる結果になっている。
ちなみに、その戦いで腕と引き換えにウルヴァリンの心臓を貫いたが、例の能力によってウルヴァリンには傷跡すら残っていない。

ヒーローとしての能力は、物体に対してミュータント・エネルギーをチャージする能力であり、
メインウェポンである刀にチャージすることで、アダマンチウム以外の物質なら大抵斬り裂けるほどの切れ味を持たせられる。
当然だが、刀を使った戦闘技能自体にも非常に長けている。
他にもテレポーテーションリングを装備しており、瞬間移動も可能。
さらには出身と経緯から、犯罪組織の活動についてもよく知っている。
着ている鎧は近年になって作られた軽量のスチール合金製で、別に戦国時代からどうこうといった品ではない。

また見た目通り日本観が勘違いされていた頃に創造されたキャラクターなため、城に住んで大名を名乗っているといった設定もある。

ちなみに、上記の首相の警備チームなどの収入が中々良いものなのか、
高級マンションに住み巨大スクリーンで映画等を見ながら悠々自適な生活を送っていた。
まあ、そのせいで現在指名手配中で根無し草状態のスパイダーマンや敵対しているハズのウルヴァリンがいるチームにたかられたり、
避難所に利用されたりしていたが……。
ちなみに硬派を気取っているが実はアイドルオタクだったりする。
自宅の一室でアイドル映画を見ているところにニューアベンジャーズが侵入、ドルオタなのがばれてしまった。

また近年ではザ・ハンドの忍者に襲撃され、大量の忍者を道連れに戦死した。
死後も地獄に来たウルヴァリンに恨み言を言ったりしている。
その後、息子のシン・ハラダ*2が二代目シルバーサムライを襲名。父親とは別のアーマーで戦っている。

+ ディスク・ウォーズ:アベンジャーズでは



格闘ゲームにおけるシルバーサムライ

X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』、『MARVEL vs CAPCOM 2』に出演。やはり刀を使用した戦法を得意としている。
巨大な手裏剣やエレメンタルプロパティを注ぎ込むことで炎、冷気、雷を宿した刀を使用する。
武器持ちだけあって通常技のリーチは長いが、刀の部分にはシリーズを通してしっかりと喰らい判定がついている。
2段ジャンプ、空中ダッシュ、飛行が無いため機動力にはやや欠ける性能となっている。
また『MARVEL vs CAPCOM 2』ではマーベル側のキャラクターで英語を喋らない二人の内の一人であり、日本語を喋る。
ちなみにもう一人はロシア語を喋るコロッサスである。

X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』における性能及び小ネタ

全体的にリーチが長く攻撃回数も多いため、攻めの一手で押してゆくタイプ。刀を使った通常技には削り能力もある。
ハイパーXの「雷鳴剣」はストームのライトニングストームと同様の実質全画面判定攻撃である。
(ただし意外と判定に隙間があるので小柄なキャラには相性が悪い)
下段技が一切無いという大きな弱点があり、慣れたプレイヤー同士の対戦だと勝つには一工夫が必要になってくる。
使用人口は比較的多いのだが、初出の『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』で使われた一番の理由が
「隠しキャラの豪鬼を出すコマンド失敗すると選ばれるから」という悲しいキャラクターである。
ジャッ ジャッ ジャッ … ビシッ シルバァサムラーイ
今は亡きゲーメストの攻略記事に、「豪鬼を出すのに失敗したあなたも!」とか書かれたことも。
単純に向こうの作品では珍しい日本人(という設定の)ヒーローキャラクターという点や、
純粋に彼が好きで使用していたプレーヤーが少なからずいることを理解した上で楽しんでいただきたい。
なお、これは1P側の話であり2P側だとスパイラルになる。

MARVEL vs CAPCOM 2』における性能

『X-MEN COTA』参戦キャラがVS.シリーズに参戦(アシスト専用キャラ含む)していく中
スパイラルと共にMVC2で復活。
COTAの時とは違い通常技に下段技が追加されたのでガードを崩しやすくなった。
一方でXパワーの分身や目くらましは削除された。
防御力は通常キャラの一段階上(被ダメが93%)と若干硬い。
ビーム系飛び道具や無敵対空を持たない、また上記の通り機動力も無いので
切り返せない、遠距離から固められるとどうしようもない…が
実質全画面判定+高威力の雷鳴剣で相手側のアシストを巻き込めるという強みを持つ。
自身がアシストに回った時の性能は平均的。手裏剣を投げるβアシストが無難か。
キャラランクは大体中堅といったところ。近いところにリュウケンがいる。
(このゲームの場合、「中堅=ガチ対戦ではまず使われない」なのだが。詳しくはここで)

またシルバーサムライはX-MEN COTAから続く削り能力に特化しており
飛び道具の手裏剣、HC版の超手裏剣と安定した削り能力は衰えていない。
そんな彼に本作で追加されたハイパーコンボ「氷牙陣」は
画面中央に飛び刀を地面に突き刺し全地上判定飛び道具を出すハイパーコンボなのだが、
相手を飛び越えるようにめくり攻撃でガードさせた場合
キャラクターによっては最大で体力が6割消し飛ぶ
※相手キャラによっては正面密着で削り当てた場合にも同等の削りダメージを与える事が出来る。

また『X-MEN COTA』からある「闘気」というハイパーコンボがある。
これは重ね掛けが可能で最大三段階まで重ねることが出来る。
(三段階中でさらに重ねた場合は闘気モードの時間延長)
効果はチェーンコンボ数アップ、攻撃力上昇、防御力上昇とある。
重ね掛けをしない場合攻撃力は上がるが防御力が減少、防御力が上がるが攻撃力が減少といったデメリットもある。

この闘気モードは有用性の高い氷モードが驚異である。
防御力が倍化、二段階まではスーパーアーマー、三段階目でハイパーアーマー能力が付与される。
そして上述の氷牙陣を発動出来るのがこの氷モードである。

他に強みを上げるとすれば、しゃがみ状態のシルバーサムライには投げ技が効かない。
端的に説明するとこれは食らい判定(MUGENで言う所の青枠)と投げ判定(投げられ専用青枠)の二つがあり
この投げ判定が主軸の後方に位置するため、巨漢キャラの投げ技でないとこの投げ判定に当たらないため投げが通用しなくなっている。


MUGENにおけるシルバーサムライ

+ kong氏製作、MVC2+アレンジ仕様
+ Corntortillas氏製作、MVC2+COTA仕様
+ Juan Carlos氏製作、COTA仕様
+ Iwakick氏製作、MVC2仕様

出場大会

削除済み
凍結

出演ストーリー



*1  ただし本家マーベルコミックでの表記は「Kenuichio Harada」。
このままローマ字読みすると原田けぬいちお(けんういちお)という我々日本人にとっては謎な名前になってしまう。
なんというマツオ・ツラヤバ。
一応、漢字表記は「原田剣一郎」らしい。

また「ヤシダ」というあまり馴染みのない姓も「ヨシダ」か「ヤスダ」の誤り、というのが定説で、
現にアメコミ『ウルヴァリン』の短編では「安田」と読めるような文字も登場していたのだが、
2011年放送のマッドハウス製作のアニメ『ウルヴァリン』にて「矢志田」という漢字があてがわれ、
後のアメコミ本編でも「矢志田」表記が正式に逆輸入された。

*2  シンは通称でフルネームは「シンゲン・ハラダ」。誰あろう祖父からとってつけられた名前である。