ナックルヘッズ

『ナックルヘッズ』(KNUCKLE HEADS)とは、1993年3月にナムコからリリースされたAC向け対戦格闘ゲーム。
当時ナムコがこだわっていた4人同時にプレイできる特殊大型筐体のゲームの一つである。

概要

舞台は21世紀のアメリカ。全世界で放送される人気TV番組「ナックルヘッズ」。
世界中から強者を集めて戦わせ、誰が生き残るか賭けるというもの。
そして戦いの勝者には、この上ない名誉と共に賞金100億ドルが与えられる。
真の世界一を目指し、バトル開始! It's Show Time!!

全キャラクターが武器を装備しており、武器格闘に分類される。
最も特徴的な要素は 対戦格闘ゲームでは初の4人同時対戦が可能 な点
(FCソフト『ダウンタウン熱血行進曲』の「勝ち抜き格闘」があったが、純粋な格闘ゲームではない)
で、CPU戦でも後半は1対2の戦いを強いられる。
ただ、1対1では横1ラインだが、多人数戦では上下にも移動できるようになるので
移動範囲の自由度が高く立ち回りを優先できる。
格闘ゲームとしてはかなり特殊な操作系を持ち、
ジャンプはボタン操作になっており、しゃがみの概念は存在しない。
これはレバーの上・下が多人数戦での上下(奥・手前)移動専用になっているためである。
また、体力減少の根性値補正が異常に強く、瀕死に近づくとやたらと硬くなる。

実のところBGMはかなりの高評価であり、非常に聴き応えのある曲が揃っている。
また、当時としては破格の有名声優陣を使っており、
ナムコ提供のラジオ番組内でCMも行っていたのだが、そこにも塩沢兼人氏を起用しており、徹底的に 声に拘っている。
サントラCDは、それもあってかキャラ紹介の簡単なドラマ仕立てになっている。
特にブラット・ベイクのは、そのキャラクター性から 殆どが放送禁止用語で埋められている という凄まじい物。

また、Wiiのバーチャルコンソールアーケードで配信されている。
価格は800Wiiポイント。気になる人は購入してみるといいだろう。
余談だが、日本ステージのBGM「鷹舞狼吼」がAC版『太鼓の達人10』に収録されている。
タイトルは「ナックルヘッズ」で、ゲームとほぼ同じ音源を使用している。
つまりほとんど手直しされていない。それだけ、当時から性能のいい音源を使っていたということなのである。

ボスが金色カラーの性能強化された同キャラになるため
MUGENのキャラクターによくある金色カラーがアッパー性能になる仕様は
もしかしたらこのナックルヘッズの影響があるのかもしれない。



キャラクター

ボス相当のCPU専用キャラクターはおらず、最終戦は同キャラ対戦になる。
ただし、最終戦の相手は金カラーの能力強化キャラである。
キャラクターの声は当時としては珍しく、飛田展男や林原めぐみ、三石琴乃といった有名声優が担当している。
  • 使用可能キャラクター
ロブ・ビンセント、タケシ・フジオカ、クリスティン・ミャオ(クリス)
グレゴリー・ダレル、クローディア・シルバ、ブラット・ベイク
+キャラクターニュートラル集

システム

操作系はレバー+3ボタンで、武器攻撃・キック・ジャンプに割り振られている。
格闘ゲームとしては操作がかなり特殊で、 レバー上でジャンプできない だけでなく、 しゃがみも存在しない
レバーの上・下は多人数戦限定の上下(奥・手前)移動にのみ使用する。
言うなればベルトスクロールアクションのような「フィールド全体を無段階で手前と奥に移動可能な構成」になっている。
そのため必殺技コマンドには896+攻撃のような上下反対の波動拳コマンドも存在する。
ADKの痛快GANGAN行進曲よりも先駆けてこの様なシステムを導入しているが、こちらは多人数時のみ限定となるので、メインでのシステムではない。

移動について

1対1対戦の場合は横方向にしか動けない1ライン制だが、
対戦が1対2や2対2のような場合はレバー上下で奥側・手前側にも移動できるようになる。

気合攻撃

パワーゲージは無いが、攻撃ボタンを長押しすることで「気合」を溜めることができる。
気合を溜めてからボタンを離すことで溜まった量に応じて攻撃の威力が増加する。
また、気合攻撃は通常技であっても相手の体力を削ることができる。そのため、このゲームはパーフェクトが非常に狙いにくい。
溜まり具合はキャラクターの纏うオーラの強さで確認できる。
必殺技発動時にも同様に気合攻撃を使うことができるが、少々操作しにくい面は否めない。

必殺技

必殺技はコマンドが成立してモーションが始まれば例え攻撃を受けてもキャンセルされない。
言い換えるなら 全ての必殺技がスーパーアーマー属性 であるに等しい。

投げ技

投げ技は近接して攻撃ボタンを押すのみ。ボタンにより投げる方向を左右で選ぶことができる。
多人数戦の場合は敵側のもう一人にぶつけるように投げるとその相手にもダメージを与えられる。
威力は相手の残り体力に比例して下がり、根性値補正入った瀕死状態ではドット単位のダメージにしかならない。

試合形式

CPU戦では自分以外の5人とそれぞれ1対1で戦い、その後は1対2を3戦する。
最終戦は自分と同キャラクターとの1対1の対戦になるが、ただの同キャラではなく
通常使用キャラよりも性能が格段に上がった金色カラー(ゴールドドッペル)である。


MUGENでは…

知名度は全くと言っていいほど無いが、主人公のロブ・ビンセントが存在する。
2013年になってmer氏によりタケシ・フジオカ、クリスティン・ミャオ、クローディア・シルバが
新たに加わった(但しロブ以外は全てMUGEN1.0専用)。