今坂唯笑


「ニンニンネコピョ~ン」

今は亡きKIDの恋愛アドベンチャーゲーム『Memories Off』の登場人物。
主人公である三上智也の幼なじみである。「いまさかゆえ」と読む。
CVは那須めぐみ。

主人公とは十年来のつきあいであり、恋心も抱いていたが、もう一人の幼なじみである「桧月彩花」の気持ちを考えて打ち明けられずにいた。
さらに、中学三年生の時に彩花が交通事故で他界してしまったため、告白の機会を逃してしまうことになった。
そのような状態で、彼女と主人公のクラスに転入生が来るところから物語が始まってゆく。

性格は天真爛漫で無邪気。若干とろいところがある。
純粋無垢で人の話を信じやすく、主人公にしょっちゅう騙されている。
具体的には、主人公の 「俺は隣のクラスの飼育係で、学校のプールで海亀を飼っている」 という出まかせを信じてしまうほど。……本当に十年来のつきあいか?
また、猫が大好きであり、上記のセリフも 妊娠中の猫 を見かけたときに発したもの。

同じくKID制作の『Never7』にも、ニンニンネコピョンのキーホルダーをヒロインから譲り受ける『ゆえちゃん』なる幼女が出てくるが、
公式にて『同じ名称のキャラ等が登場するが、その真偽については定かではない』とぼかされている。

+余談
上記の文章で想像できると思うが、主人公の三上智也にはかなり問題がある。
こいつらの彼氏のようにどうしようもないヘタレという訳ではないのだが、
はっきりいって救いようのない バカ である。シナリオ上ではきちんと主人公をやっているのだが。
彼の具体的言動を列挙してみると、''「オープニングで遅れそうな唯笑をどっちの選択肢を選んでも置いていく」「干して粉にしたコオロギをかき氷にかけて『カキコオロギ』として売る」
「七不思議を全て知ると 性転換 するという出まかせを言う」「野良猫にチューインガムをあげようとする」''などすさまじいものがある。
+さらに余談
これらのシナリオテキストを書いているのは、「打越鋼太郎」(ペンネームで一部『槻潮鋼』)という人物である。
捻りに捻ったシナリオに定評があり、彼の手がけた作品はシナリオ面で非常に高い評価を受けている。
特に『Ever17』では 「ゲームに関わるあらゆる事柄」を伏線化 してしまうという離れ業をやってのけている。詳しくは検索…するよりむしろゲームやってください。

だが、その一方で彼の文章や単語は 電波テキスト としてその筋では有名であり、
ちょっと列挙するだけでも 「バナ納豆パン」「クイクイ星人」「ひよこごっこ」「ここからね、ここからね、びーむでゆの」「ジャンボフカヒレサンデー(半熟)」「大パニックスペクタクルがカタストロフする」 など山のように出てくる。


MUGENでは

ミル氏が制作した今坂唯笑が存在する。制作度は75%だそうであるが、十分に動く。
書き換えキャラとのことだが、サイズからするとQOHのキャラアレンジと思われる。
原作どおりの猫好きであり、猫を大量召喚して攻撃する技も持つ。


AIはlunatic氏が作成したものが公開されている。

また、青衛門氏によるボイスパッチも公開されている。

出場大会

更新停止中



添付ファイル