楠真奈美


「おねえちゃん、あそぼ!」

出身地:兵庫県
格闘技能:謎(笑) ← VG1の原文ママ 、 子供のケンカ(?) ← AVG以降
在籍・年齢:県立K女子高等学校1~2年生・15~16歳
誕生日・血液型:3月3日(魚座)・O型
身長・体重:143㎝・34㎏
3サイズ:75/57/79
所属: 不士屋
好きなもの:ママの手作りクッキー、絵本
嫌いなもの:オバケ、ピーマン
趣味:映画鑑賞(アニメ)、読書(マンガ)
一人称:まなみちゃん
将来の職業(予定):保母さん
ボイス:【VG,VG2】小川由美子
    【AVG,AVG2】荒木香恵
    【OVA】大谷育江



知る人ぞ知るエロ格闘ゲーム『ヴァリアブル・ジオ』シリーズの登場キャラの1人。
初代から参戦している古参メンバーの一人。

まず、プロフィールでわかるように ちんまい さらに童顔なので、小学生に間違われる
内面も外面同様に幼く、ハチャメチャなことばかりするので何を考えているのかよくわからない。
学業の成績は下の中とかなり悪く、精神年齢も低い。
その一方で、「目的のためには手段を選ばない」という黒い面も見られる。
早い話が、実年齢以外のありとあらゆる面において 「お子様」 である。
大会の参加目的も、「賞金で欲しいものをいっぱい買いたいから」とまったくもって子供っぽい。
AVG2では、一番欲しいものを 「お菓子のお城」 と答えているほどで、
御剣珠緒からは「勝利ではなく、お菓子に対する執着なのね…」と呆れられていた。


また、出身地故か、ひらがなのみの河内弁でしゃべり、これも幼さの演出に一役買っている。
(流石に読みにくかったのか、AVG2や小説では普通に漢字を使うようになった)
さらに、AVG1から2までの一年間に、武内優香の胸を 49回 揉んだらしい。
エリナ・ゴールドスミスにも目を向けている当たり、巨乳フェチの気があるのかもしれない。

「メッチャ凄いやんけ、姉ぇちゃんの胸ぇ!」

↑OVA版 ヴァリアブル・ジオ 第2話 「錯綜する女神達」より
優香の胸を背後から揉んだときの台詞
*18禁注意

第三話(最終話)では久保田潤に抱きついてもふもふするが、感触は「イマイチ」だったらしい。
硬かったのだろうka(久保田バスター!

+ 紳士的余談


格闘スタイルは上記の通りだが、強いて言うなら「子供のケンカ」。
回転しながら体当たりしたり小さい頃からやっているバレエを応用したキックを放ったりといろいろ。
戦うときは、ゴムひも付きの猫グローブを着用する。なお、彼女曰く中にはが入っているらしい。
これを飛ばして攻撃する「ねころけっとぱんち」なる技も持つ。
戻ってきたグローブは自分の顔に当たるので硬直が長く、作品によっては極小の自爆ダメージがある
超必殺技ごっついねころけっとぱんち」ではグローブが巨大化するのだが、どういう仕組みかは不明。
ケーブルTVで見た昔のロボットアニメを参考に作ったらしい。

ピンク色のツインテールという見た目のせいで視聴者からはよく「ちびうさ」と呼ばれる。
実際、AVGとAVG2でのCVがちびうさと同じ荒木香恵女史であるためではないか?との声も。
ちなみに、OVAでの優香の声は三石琴乃である。

加えて、転がりながらの体当たり投げ技が乱れ引っ掻き等、戦い方がフェリシアと似ており、こちらもCVは荒木女史である。
ちびうさ(外見)+フェリシア(戦闘スタイル)=真奈美(性格も二人を足して割った感じ)
という風に考えても強ち間違いではないが、真奈美の外見と戦闘スタイルの元ネタがこの二人であるかは不明。

なお、OVAの公式ムックのスタッフメッセージによると、外見の元ネタは『アイドル天使ようこそようこ』の田中ようこらしい。
他にも髪の色は違う(水色)が先述のスタッフメッセージによると、
久保田潤役の折笠愛に「『天地無用』(『魔法少女プリティサミー』)の砂沙美に似ている」と言われたらしい。

+ 小説版ヴァリアブル・ジオについて


対戦ツールとして最も盛んなAVG2では文句なしの最弱キャラ。
長所としては、高速突進の「ごろごろあたっく」(発生6F)と「ばんざいあたっく」(発生7F)が強力で
空中ガード不能、発生が早く移動も高速、ガードされても反撃を受けにくい、ダウンを奪うため
これを中心にヒットアンドアウェイ戦法を取っていく。
また、こう見えても単発火力はかなり高めで、コンボをきっちり当てていけばかなりのダメージを取ることが出来、
身体も小さい上浮きも特殊なためコンボを受けにくい。

これだけ聞けば悪くなさそうだが、
身体が小さい故にリーチが全キャラ最低で刺し合いに弱く、無敵切り替えしに使える技も全く無く、
飛び道具相手にすることが無く(遠距離技の「ねころけっとぱんち」は硬直が長い上に自爆ダメージがある)
コンボを受けにくいとはいえ体力が全キャラ最低なので真奈美専用の即死コンボが多数あり
前ダッシュからジャンプが出来ないなどスピードキャラとしても機動力に難がある。

総じて、高速突進技で画面を飛び回りつつ隙を見て単発7割ダメージの超必殺技を当てていくというロマン寄りのキャラである。


MUGENにおける真奈美



国内で2体の真奈美が存在していた。

にゃん☆鬼龍氏によるAVG2仕様のものは本来のものに加え、エフェクトやイントロに若干の改造が施されていた。
トクトクサーバー復旧後のサイト消滅により現在入手不可。

柊・竹・梅氏がAIを制作していたが、公開停止したキャラのAIを公開停止&動画使用禁止にする方針により現在公開停止。
ミッドナイトブリスに対応するパッチも同梱されていた。しかもスク水体操服+ブルマの二種類。

また、青村氏によるAIも公開されている。


きゃぷてん氏によるものはVGMAX仕様となっていた模様。現在は公開されていない。
AIは無い。

小次郎、破れたり!」




出場大会

更新停止中

出演ストーリー

プレイヤー操作