「我が前に立つこと 即ち、死!!」


     初出作品: ストリートファイター
     出身地: 中国
     生年月日: ????年3月10日
     身長: 166cm
     体重: 61kg
     スリーサイズ: B106 W75 H80
     血液型: O型
     好きなもの: 肉饅頭、漢詩を詠むこと
     嫌いなもの: 人の群れ
     特技: 漢方薬の処方
     ファイティングスタイル: 中国拳法 (喪流と忌流)
     キャッチコピー: 血闘百戦 元無敵 (ZERO)、静かなる暗殺者 (IV)
     CV: (ZERO)、多田野曜平 (IV)

ストリートファイター』シリーズのキャラクター。
シリーズ初代から登場し、後に『ストリートファイターZERO』シリーズ、『ストリートファイターIV』シリーズにプレイヤーキャラクターとして参戦した。
名前の「元」という漢字は中国語読みだと「ユアン」となるのだが、
春麗(チュン・リー)とは違って日本語表記の「ゲン」及び海外でも「Gen」となっている。


キャラクター設定

表向きはある中華料理店の経営者であるが、中国拳法をベースに独自のアレンジを加えた暗殺拳を駆使する老齢の暗殺者。
完成された暗殺拳を駆使する彼は、裏社会では数々の伝説とともに広く名を知られている。
その身体は徐々に病魔に侵され始めているが、自分の死に場所は戦いの中以外には決めておらず、今もなお「死合い」を求めて戦い続ける。

同じく戦いの中に修羅の道を築く豪鬼との戦いを強く望んでおり、また豪鬼も元に対して特別な意識を抱いているようである。
2人のストーリーモードやエンディングにお互いが絡んでくること、
『ZERO3』では戦闘前に独自のデモが挿入される事(元は瞬獄殺を、豪鬼は惨影を全て防御しきるというもの)等からその様子が伺える。
しかし『ストIV』シリーズではこのライバル関係については殆ど触れられてはいない。
スタッフもかなりキャラ作りに苦労したらしいので(作業量はダンの2000倍らしい)、あえて自重したのだろうか。

春麗の父親が元の弟子となっている。しかし春麗は元との面識が無いという言動をしている。
元は春麗の存在をどこまで知っているかは設定上では深く言及されていないが、
『ストⅣ』のストーリーモードで「あの男の娘か。」という旨の発言している為に、
自身の弟子に娘がいたこと、その娘もまた弟子から自分の技を受け継いでいることは知っているらしい。
師匠の師匠だけあって春麗の屈強Kはその名も『元伝暗殺蹴』とそのままの名前が付いていたりする。
春麗の父は暗殺者を師に持ちながらもその技を刑事として正義のために振るい、殺人拳から活人拳へと昇華させようとした
そのことに関しては元は特に咎めることもなかったようである。
恐らく死合うことこそ至上と考える元にとっては善悪など関係ないのだろう。

元にとってはシャドルーの総帥ベガは春麗の父を誘拐または殺害している為、弟子の仇敵となる。
しかし、この件に関しての心情は今までのストーリー上は深く言及されていない。

元の春麗専用勝ち台詞にて「彼奴に免じるのもこの一度のみぞ!」「命を救うたは汝が父故…以降ゆめ我の前に立つ勿れ!」と発言している。
要は「お前のパパは弟子だから、今回だけは見逃してやろう。というか、ワシと関わるとロクな目に合わないゾ☆」というツンデr(シャッシャッシャッシャッ!
どうやら彼なりに春麗と彼女の父に対して色々考えているようだ。

『さくらがんばる!』ではキャミィを抹殺しようとしたところを春麗とさくらに止められ、そのまま戦闘となる。
最初はさくらを圧倒するが、さくらと闘っているうちに殺気が消え始め、ダンが駆け付けた時には殺気が完全に消滅して「ハハハハ!!殺すつもりが殺されてしまったわい!」と言ってあっさり負けを認め、退場。
後日さくらに手紙を渡すがダンがそれを捨てた。

UDONのアメコミでは 春麗の師匠である と明確に設定され、父娘二代に渡って指導したことになっている。
さらに(ストIIIよりも多少幼い時期の)ユンヤンも弟子にしており、ストI・II・III三代の中国拳法キャラが一同に揃う豪華な場面も。
ついでに『ポケットファイター』の元飯店まで設定に組み込まれている。……すごいアメコミだ。
暗殺拳の使い手ではあるものの普通の拳法家としても活動しているようで、
回想シーンで幼い春麗に拳を教えている最中の襲撃を受け、惨影で激を殺害。
己の暗殺拳を「触れてはならぬ知識」として春麗を戒めていた。
春麗の父親がシャドルーに殺されているため、元から見ればシャドルーは弟子の仇という事になり、その縁で春麗に協力。
春麗・元・フェイロンの三人で香港のシャドルー支部を襲撃、ジウユーヤンユーを撃破している。
その後、春麗たちと別れて豪鬼と戦い、最期を迎える。場面も台詞回しもごく短いやりとりながら、未邦訳であるのが惜しまれる名場面である。
「I am glad it ended this way,Akuma.」(我が業を終わらせてくれた事、感謝するぞ。豪鬼)
「As am I, master Gen.」(我もだ、偉大なる元よ)

+ 映画『ザ・レジェンド・オブ・チュンリー』


キャラクター性能

『ストリートファイター』

中国の2番目の敵として登場する。
当然のようにCPU専用であり、2種類のモードを切り替えることも特に無い。
素早い動きでこちらを翻弄し、後に春麗に受け継がれる元伝暗殺蹴を放ってくる。
それ以外で特筆すべきことは無いが、その素早い動きは初代の異様にもっさりとした挙動の中ではかなり脅威。
初代最強奥義である波動拳を撃とうとして潰されたり、撃っても飛び越えられたりと非常に厄介な敵である。
余談であるが、初代勝利ボイスの「you are big fool!」は耳に残るので、一度は聞いてもらいたい。

『ZERO』シリーズ

元には「喪流」(そうりゅう)/「忌流」(きりゅう)という2種類のモードが用意されており、
特定のコマンドを入力する事でモードを入れ替えることが可能になっているのが、このキャラの最大の特徴である。
「喪流」「忌流」は、通常の構え、通常技必殺技スーパーコンボ、やられグラフィック、その全てにおいて別々のものが用意されているため、
「2種類に大別される性能が、1人のキャラに内包されている」と考えればよい。

「喪流」は主に牽制に秀でた技が多く、細かい技の出し入れを得意とする。その反面、奇襲的な戦法は取りづらい。
逆に「忌流」はトリッキーな技が多く、特にジャンプを絡めた戦い方を得意とする。
その一方で、地上用の技の隙が大きく、相手に攻め込まれた時の反撃手段に乏しい。

これらの大きく異なる2つのモードを柔軟に切り替えながら戦う必要性があるため、
プレイヤーにテクニカルな要求をする部分が多く、上級者用のキャラと言える。

また「喪流」では、初代『ストリートファイターZERO』の名残である「ZEROコンボ」を使用する事が許されている。
これはタイミングよく通常攻撃のボタンを押していくことで「弱→中→強」の順に硬直をキャンセルして技を繋げることができる機能である。

『ZERO2』

ZEROコンボが許されていた反面、技の単発の攻撃力が他のキャラより低くなっていた。
そのため、手数で押してもダメージで劣勢になることが多く、キャラとしての優劣を比べる場合、厳しい評価が一般的である。
対戦ダイヤグラムにおいてもダンと最下位を争うほどであった。(ストーリー設定とは真逆である。完全に設定負け)

『ZERO3』

全体的に攻撃力が底上げされ、ZEROコンボで繋ぐ事でも十分なダメージソースとなるようになった。
また、ガードクラッシュの導入により「喪流」の位置づけがかなり向上した。
『ZERO2』の「喪流」は相手にガードを固められると、削りやガード崩し能力が低い分、戦いが厳しかったが、
ガード上からZEROコンボを繋げる事で、複数の技を半強制的に連続ガードさせられるスタイルが、
ガードクラッシュへと繋がりやすくなり、少なからず脅威となった。
空中追撃概念の追加から、フルヒットすればレベル1スーパーコンボ並の破壊力がある、
必殺技の「逆瀧」などを絡めたダメージチャンスが大きく増加した。(これらの点から『ZERO3』へ移行した際のシステム変更の恩恵を強く受けた一人だと言われている)
X-ISMのみ『ストリートファイター』と同様に流派の切り替えが無い。(技は適度にミックスされたものとなる)

しかし、本作で強力なシステムであるV-ISM(オリコン)との相性があまり良くなく、必然的にZ-ISM主体の戦いを強いられるため
上位キャラの強力なオリコンの前に涙する場面もしばしば。
一応、空中投げのスカりで対空OCを無効化できたりと、対抗する上での利点もあるのだが…。
決して弱キャラではないのだが、「強さの絶対値」が見えてしまい中堅より上を伺うには厳しい…そんな立ち位置となってしまっている。

(以上。Wikipediaより引用。)

『ストリートファイターIV』シリーズ

『ZERO3』にあったガードクラッシュが無くなりZEROコンボが消滅、リーチも(今までのシリーズの元に比べて)短めに設定されるという、
『ZERO』シリーズにあった元固有の長所がことごとく減殺。
それに加え、「逆瀧」に投げ無敵属性が無く(EXスクリュー等に潰される事がある)、「蛇咬叭」が低空で投げ辛くなってしまった。
極めつけとして、体力・気絶値が豪鬼に次ぐになってしまったので、再び下位ランクに落ちてしまった。
ただ「絶影」(「惨影」を強化版)や「龍咬叭」(「蛇咬叭」の強化版)と1キャラで2つのウルコンが与えられており、
スパコンである「惨影」からどちらのウルコンにも繋げる事が出来るのでフルゲージの火力は全キャラ一。

『スーパーストリートファイターⅣ』においては「逆瀧」の無敵属性が増えたので潰されにくくなり、「蛇咬叭」も拾いやすくなった。
しかしゲージ効率が下がったりジャンプの機動が高くなる、主力コンボの使い勝手が大幅に下方修正される等、『ストIV』の元を尖らせていた部分が無くなってしまった。
結果として強さは横ばいから微強化、ランクとしては最下位レベル維持に甘んじることに。
ただし上位陣の理不尽さもマイルド化したため同じ底辺でも無印よりは頑張れる。
ウルコン2では「死点穴」(死点咒の強化版)と「啼牙」(狂牙の強化版)が追加された。
「死点穴」はリカバリアブルダメージなので時間が経てば回復されるのに威力は他と比べて特に高くない上、
カス当たりの場合もあるなど正直死に技に近いのだが、
「啼牙」は相手の対空攻撃を一方的に潰せる技とはいえ空中でのみ発動なので、
手元が忙しい元使いには咄嗟に繰り出しづらいといった一長一短の面がある。
が、こちらは普通に実用範囲なのでこちらを目当てにウルコン2を選ぶことは普通にあり得る。

『スパⅣAE2012』においても上方修正。一部の上位陣がかなりの弱体化を喰らった事も含め、相対的に地位が上昇し、
ランク的には中堅程度と言われている。
ただし、プレイヤーに求める負担が大きいのは相変わらずで、流派切り替えを生かし切れば、上位陣を喰える連携力を発揮する半面、
使う技が偏ると、下位のキャラにころっと負ける脆さも存在し、平均的なランク付けが難しい。
実際、有名な格ゲー世界大会の一つ『EVO』2013年大会において元使いの選手が並み居る強豪を制し優勝したものの、
このレベルで使いこなす難度が高すぎて使用人口はあまり増えなかった。
新作『ウルトラストリートファイターⅣ』になった現在も、全キャラ中、屈指のテクニカルキャラという評価は変わっていない。


MUGENにおける元

  • Falchion22氏製作 初代アレンジ
見た目こそ初代そのものだが、中身は『ZERO』アレンジされており、必殺技なども普通に習得している。
だが、当たり判定は初代並の謎判定に近く、SEなども初代のものを踏襲している。
初代を再現しているのか、していないのか微妙である。
最初からそれなりに強いAIがついており、これからの活躍に期待される。

  • LaQuak氏製作 ZERO仕様+
CVSやMVCの要素が加えられたアレンジキャラ。ディスプレイネームは「Master Gen」。
喪流・忌流の二つのモードが再現されており、パンチ×3、キック×3で切り替え可能。
イントロ時にはヤンユンが登場する。
AIは付属されていない。

  • Fido氏製作 元MX
現在は入手不能。
同氏作のほかのキャラと同じく、『ストIV』などの要素が加わった独自アレンジ。
デフォルトAIは搭載されていない。

  • ですからー氏製作 ストⅣ風仕様
ですからー氏おなじみ、『ストⅣ』っぽいアレンジ。
「喪流」/「忌流」のモードチェンジと各種技、氏おなじみ体力差補正を完備。
スーパーコンボはボタンの強弱でゲージ消費量が違い、「死点咒」以外はLv.3で出すと『ストⅣ』のウルトラコンボに変化する。
ボイスは「ストZEROの元にストⅣのボイスは合わなかった」という理由で『ZERO』のまま。
11段階に調整可能なAIも搭載。

  • 島村鰐氏製作 アレンジ仕様
おおよそZERO3をベースに、氏製作のクラウン同様氏自作のエフェクトを使用、前後ダッシュや回り込みと攻撃避けなどが追加されたアレンジ仕様。
ダッシュや回り込み、ガードキャンセルなどもちゃんと流派によって変わる。
幾つかの追加要素はあるものの、技自体に大きな追加やアレンジは無く、全体的な操作感はかなり原作に近い。
ただ、死点咒のカウントダウンごとのダメージについては再現ができなかったとのことで、気絶時にまとめて大きなダメージが入るようになっている。
2014年6月4日の更新でみr氏によるAIが同梱された。
かなりアグレッシブな動きで、マメに流派を切り替えながら積極的に牽制技を繰り出してくる。
手数が多い分ガードは甘めで、また対人戦想定なのか当てて五分以下の中段なども普通に繰り出してくるため
負けるときにはカウンターをもらってあっさりやられることもあるが、
使ってくる技の種類が多いので相手にすると次に何をやられるかよくわからないまま
気が付くとボロボロにされているというある意味非常に元っぽい動きである。

  • amanojaku氏製作 Guillotine Gen
ヨーヨーのような暗器を操る超アレンジキャラ。
分かる人ならばアルゴスの戦士の主人公の武器と言えば分かってもらえるだろうか。
元ネタは主人公が罠・騙し討ち・謀略なんでもありで、極めた武道を用いて正々堂々と戦う敵を虐殺していく
70年代のカルトカンフー映画『片腕カンフー対空とぶギロチン』。
(空とぶギロチンが映画『キル・ビル』のゴーゴーボールの元ネタとなったことで有名になったが、
日本ではそれより前に腕が伸びるヨガ使いの格闘家がインスパイアされている。)
AIも搭載されており、長いリーチでガンガン攻め、コンボを受けても謎の食らい抜けで再び距離を取ってくる為、
火力こそやや低いもののかなり強い。
最新版はRandom Selectではなく氏のHPで公開されている。

他にも、なぜか阿修羅閃空が使える「Soul Gen」などが存在している。

ニコニコMUGENでは余り見かけない。あのジジイの頭部グラの素になっている位か。
『ストIV』でも復活したので、この機会にどうですかお客さん!?

「弱者必滅‥‥これ自然の理也」


出場大会

削除済み

出演ストーリー