バトルマスター 究極の戦士たち

『バトルマスター 究極の戦士たち』とは、1993年に東芝EMIから発売されたSFC用対戦格闘ゲーム。
開発は、NEOGEO・MVSで対戦格闘ゲーム『神凰拳』を製作したシステムビジョン。

概要

・ストーリー
+...
2XXX年の地球・・・。
世界は大きな戦争も無く無事平穏に繁栄していた。
 
が、ある日人類は突然宇宙からの訪問者をむかえることになった!
訪問者の名は「ゼノ」。
その容姿は形こそ人間だが、体はあたかも鎧のようになっていて
顔には自信と余裕が満ちあふれていた。
ゼノは世界中の報道機関を占拠し、恐怖におののく世界中の人類にこう告げた。
 
「私は、宇宙を渡り歩く究極の格闘戦士”ゼノ”。
かんちがいしてほしくないのだが、私は世界征服といった事には興味が無い!」
「私の目的とは、全宇宙で最強を名乗ること・・・。」
「というわけで、この星いちばんの強豪と手合わせ願いたい。
私に勝った者には願い事をひとつかなえてやろう。
世界征服だろうと、永遠の命だろうとどんなことでもよい、我が外宇宙の技術に不可能は無い!
一足先に月で待っているぞ。」
 
世界中がどよめいた。地球にとっては危機かもしれないのだ。
予想どうり野望を持った強者たちが立ち上がり、幾多の激戦のすえやがて8人だけが残った。
そのなかで最も強いものだけが、ゼノとの対戦権を得られるのだ。
 
おのれの野望と闘志を燃やし勝ち抜け!
そしてゼノを倒し「バトルマスター」となるのだ!!

世界の破滅も悪の組織も関係ないという一風変わったストーリーを持つ格闘ゲーム。
プレイヤーはそれぞれ野望や強さの証明などを目的とするキャラクター8人から1人を選び
他の7人を倒して外宇宙からやってきた最強の戦士ゼノに挑戦する。

空中での連続攻撃、ガードキャンセル攻撃、必殺技キャンセル必殺技、
ダウン属性・吹っ飛び属性技がほとんど無いなど、コンボによる攻め要素が強い。
また、地上・空中問わず食らいモーション復帰後に即あらゆる行動が可能で
コンボが途切れた瞬間に逆撃に転じることができる。
ゲーム速度はかなり速く、コンボのテンポも良好。
ただし、昇龍拳タイプの必殺技ですらダウン属性が無くそのまま必殺技で追撃できたり
気絶コンボ→気絶コンボのような連続技も存在してしまうため、ゲームバランスは悪い。


キャラクター

  • 使用可能キャラクター
蘭丸、チャン・スーチン、ジアン、アルティア、ソリッド・バディ、ワッツ、ウルヴァン
CPU専用キャラクター(隠しコマンドで使用可能)
ゼノ(最終ボス)

システム

操作は方向キー+6ボタン。パンチとキック、弱・中・強に対応している。
当時としては珍しく空中での行動が豊富で、空中での攻防が熱い。
空中では弱攻撃3発、中攻撃2発、強攻撃1発まで出せ、空中ガード、空中ガードキャンセルも可能。
食らい硬直が解けた瞬間から即座に行動できるため、相手の攻撃の隙間に反撃し合う展開になりやすい。
必殺技も含めてダウン属性の技が極端に少なく、必殺技も必殺技でキャンセルできるため
かなり無茶な連続技も存在する。
(例えるなら、通常技→波動拳→昇龍拳→竜巻旋風脚がすべて繋がるという感じ)

ステージには障害物があり、上に乗ることができるのだが
障害物上ではガードしにくい・ヒットバックが無いという事実上のデッドゾーンである。
また、全キャラ共にジャンプの上昇中は空中ガードが出来ないという謎の仕様がある。


MUGENでは…

MUGENでは、主人公の翔とヒロインの蘭丸、ラスボスのゼノとチャンが存在する。