ディージェイ


「とびっきりゴキゲンな Sounds
                      聞かせてやるぜ Ha-ha!」

     名前:ディージェイ(Dee Jay)
     初出作品:スーパーストリートファイターII
     出身地:ジャマイカ
     生年月日:1965年10月31日
     身長・体重:184cm / 92kg
     スリーサイズ:B130 W89 H94
     血液型:AB型
     好きなもの:叫ぶ、踊る、唄う
     嫌いなもの:静寂
     特技:バンブーダンス
     格闘スタイルキックボクシング
     キャッチコピー:あいつはファンキージャマイカン、超格闘音楽野郎(スーパーファイティングミュージシャン)(II)
     「キック&ミュージック」(ZERO) 陽気なマラカスファイター(IV)

ストリートファイターシリーズのキャラクターで、『スーパーストリートファイターII』から登場した。


キャラクター概要

スーパーストリートファイターII』(以下『スパII』と表記)で追加された4人のキャラクターの内の1人。
「南国の彗星」と謳われるジャマイカ代表のキックボクサーであると同時に、
出すCD全てがミリオンセラーという人気ミュージシャンでもあるという異色の格闘家。
その人気にもかかわらず、自分の音楽スタイルに満足できずにいたが、闘いの中で見つけた「攻撃のリズム」に新たな音楽のヒントを得て、
ストリートファイトで強敵たちと戦うことでそれを見いだそうとする。
エンディングでは、世界中を熱狂させる新曲を完成させ、コンサートホールでは大勢の観客が詰め掛け、ディージェイの名を叫んでいる。

褐色の肌に筋骨隆々とした肉体を持つ青年。性格は陽気を通り越して脳天気とさえ言える一面を見せるが、
常に笑顔を絶やさず、ニッと笑った口から覗く白い歯が特徴的である。
実は眠るときも常に笑顔であることが、カプコンファンクラブ公式本で明らかになっている。


ストリートファイターZERO3』(以下『ZERO3』と表記)では、ミュージシャンとしてデビューする前のディージェイが登場する。
既にキックボクサーとして名を馳せていたディージェイは、世界一強い男になるために闘いの旅に出る
エンディングでは、そのリズム感とノリの良さがレコード会社の目に止まり、ミュージシャンとしての道を歩み始める。

なお、『ZERO3↑↑』のユンのストーリーでは、ディージェイとフェイロンはかつて一緒に仕事をした事で親友になった事実が判明する。
フェイロンが麻薬取引に絡んでいるという疑惑を耳にした時も、そのような事は有り得ないという主旨の発言をしている。

ハリウッド映画「ストリートファイター」及び実写格闘ゲーム「ストリートファイター リアルバトル・オン・フィルム」にも登場。
が、陽気なジャマイカンどころかシャドルー幹部の悪党という設定になっており、
ゲームでは一般キャラになったバルログバイソンに代わって四天王ポジションを占めていた
ガイルによってバイソン将軍が倒されたと知るやいなや、将軍の部屋にあった金庫を奪ってサガットと共に崩壊する基地から脱出したが、中身はバイソン将軍の顔がプリントされた新札だった(当然鼻紙にも使えない)。

「リアルバトル・オン・フィルム」上での性能そのものは、スパIIXのディージェイとほぼ同じである。
ついでにアーケード版「ザ・ムービー」の方では出番そのものがリストラされている。

ちなみにストIVではサンダー・ホークと共に『スパII』追加キャラでは出場していないが、
理由は「アメリカのユーザーに投票を行ったところ、投票結果には影も形もなかったから」らしい。
あんまりだー!!と叫ぶ全世界の(?)ディージェイファンの願いが通じたのか「スーパーストリートファイターIV」でなんと参戦
……え?マジで?
とはいえ、ストIVのコンセプトは「ストIIへの原点回帰」なため、ストIIシリーズの全キャラが揃ったのも原点回帰の一つと言えるのかもしれない。

本作においては、ルーファスと親密になったり、
いぶきの忍者テイストに感動するもガイにはそんな格好忍者じゃないとツッコんだり、
本田の隈取や、ケンのダサ……イライザのペイントがほどこされたあのクルーザーをほめたり、
ザンギエフに音楽はボーダーレスと謡い、苦しいキャラには励ましを送り笑顔を勧め、
サガットにKing of Tigers!と太鼓判を押し、ベガには「あんたの出番もそろそろ終わりだ!See-yo!」と決める時は決める
まあ、いい奴だったよストーリーに殆ど絡んでこない?主人公もそうだから別にいいじゃないか
その、正直、なんというか……

「肩の力を抜けよBrother!!」


中の人はZERO3では誇り高き血統ジョセフや『機動武道伝Gガンダム』のチボデー・クロケット等を演じている大塚芳忠氏、
スパIVでは『炎神戦隊ゴーオンジャー』のガンパードやVOMIC版『スティール・ボール・ラン』のジャイロ、
機動戦士ガンダム00』の 炭酸 パトリック・コーラサワーなどを演じる浜田賢二氏。

…そういえばスパIVでのクライマックスビートは両手パンチ連打になってたり
発動時の台詞が『ふるえるぜマイビート!』だったりするが。

+ ボンボン版『ストリートファイターII V』について
+ UDONのアメコミでは


原作性能

必殺技タメコマンドで、性能面ではガイルに似た部分がある。
近距離立ち中パンチ、立ち強パンチ(近遠問わず)、遠距離立ち強キック、しゃがみ強パンチなど、
対空迎撃に使用できる通常技が多い(相手との間合いによる使い分けは必須)。
のだが、飛び道具である「エアスラッシャー」の隙が甚大なので、見てから飛び込まれても対空が間に合わないこともよくあった。

必殺技では無敵時間を有する「マシンガンアッパー」が対空手段として活用もできるが、コマンドの性質上、
とっさに出すことが難しい。それよりは、連続技で使ったほうが役立ったりする。
フルヒットさえ当てられるのならば、気絶→気絶の可能性もありうる程である。
そのせいで、スパIIでは、ガイルタイプというよりも、ザンギエフタイプに近かったと言えよう。

しかし、『スーパーストリートファイターIIX』(以下『スパIIX』と表記)にて、
長い無敵時間がある「ジャックナイフマキシマム」が追加されたことで、対空性能が向上しただけでなく、連続技の幅も広がった。
その他にも、「エアスラッシャー」の隙がこれでもか!というぐらい無くなり、まさにガイル並みに鉄壁の要塞と化すことが出来るようになった。
前作ではかなり見せかけだった、屈強キックのスライディングアッパーの、足を振り上げるところの攻撃判定が強くなり、
必殺技に頼らずとも対空に役立つようになったのも大きいだろう。
反面、攻めに回るには些か内容が薄く、下方向に強いジャンプ攻撃が少ないことからも、待ちディージェイとして猛威を振るうことが多かったようだ。

(以上。Wikipediaより引用・改変。)

『スーパーストリートファイターIV』においてはエアスラッシャーの発生が遅めになってしまった。
ダブルローリングソバットがアーマーブレイク属性になって少しは牽制に使えるようになったが、専らEX版がコンボ専用に。
ジャックナイフマキシマムはEX版になると長い無敵時間に高い威力を発揮するのでゲージはこれに注ぎ込んでも良いくらい。
ジャンプ中に出す特殊技のニードロップがジャンプ軌道を変えられる等で起き攻めに使える。
地上技の貧弱さは相変わらずで、ザンギエフ等の近距離で強力な確反を持つキャラにはソバットすら打てない。
結果として、II時代より肩身の狭いキャラになってしまった。
でも、その、それ以前にスパIVの国内外プレイ人口も少ないし…

ウルコン1「ソバットフェスティバル」はコンボにも確反にも使いづらいが、削りダメージが高い。
前述の「クライマックスビート」は、対空にもコンボにも使える優秀なウルコン2。

(以上はスパIVWikiより引用・改変。)

ちなみに、ズボンに書いてある「MAXIMUM」という文字は、縦書きにすると線対称である。
振り向いたときに反転してもおかしくないようにするためだと思われる。
なお元々は「MANTIS」と書くつもりだったらしいのだが、当然これでは反転したらおかしくなるので変更になったのも無理からぬところだろう。

MUGENにおけるディージェイ

+ ですからー氏製作 ストIV風仕様
+ N64Mario氏製作 ZERO3仕様
+ Scar氏製作 マブカプ風アレンジ
+ Fido氏製作 MX仕様
+ bajanflash氏製作 CVS仕様
+ Qkrtkf!氏製作 スパ2Xアレンジ仕様
+ eken55氏製作 アレンジ仕様


ニコニコMUGENでは…

スト2vs餓狼SPトーナメント において、手頃なAIが搭載されたディージェイがいなかったため、
スト2側代表選手団から唯一落選の憂き目に遭ってしまった。
(スト2側は豪鬼を含めて17名、餓狼SP側は隠しボスのリョウ・サカザキを含めて16名なので、どうしても一人あぶれてしまう。
 とはいえ、ディージェイ対ダック・キングの音楽家対決という共通項があったのに……)

むしろニコニコでは大会での活躍よりリア充爆発するトーナメントでの進行役の方が印象に残ってる方も多いのでは。
でも設定的にディージェイってリア充じゃね?


「Today’s best bout! 震えちまったぜ My soul!!」


出場大会

出演ストーリー