ケン



「いいか 迷ったら

  昇龍拳

    昇龍拳

      そして昇龍拳だぜ!」
出身地: アメリカ
生年月日: 1965年2月14日
身長: 176cm(II) - 175cm(II以外)
体重: 76kg(II) - 72kg(ZERO・IV) - 83kg(V)
3サイズ:B114 W82 H86(II・IV) - B110 W82 H86(ZERO)
血液型: B型
好きなもの: スケートボード、スパゲティ(II)、パスタ類(ZERO3・IV・V)、家族(V)
嫌いなもの: 梅干し、ソープオペラ
趣味: ドライブ(CVS)
特技: 料理(パスタゆで)
職業/所属:(V)マスターズ家当主/格闘家
キャッチコピー:帰ってきた好敵手(スパIIX) - 炎の龍牙が天を裂く(ZERO3) - 炎の昇龍(III) - いくぜ神龍拳!!(XVS) - 烈火をまとう格闘王(MVC2) - 緋炎の昇龍(CVS) - 紅蓮の格闘王(IV) - 終生の好敵手(ストクロ) - 全米格闘王の名を持つ、紅蓮の男(PXZ) - 纏うは、熱き紅蓮の炎(PXZ2) - ラッシュ&ブレイズ(V)
ご存知ストリートファイターシリーズのキャラクター。フルネームは「ケン・マスターズ」。
初代『ストリートファイター』のときは漢字で「拳」が使用された。
「ケン・マスターズ」の初出はアニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』。
初代開発時に設定されていた名前は「ケン・アンドリュー・飛鳥」だったという噂があるが、ソースは不明。
リュウがミスター格闘ゲームなら、彼はさしずめミスターライバルといった所か。

主な声優は『ZERO』シリーズ・『EX1』・『EX3』・『NAMCOxCAPCOM』などでは岩永哲哉氏、
『III 3rd』・『CAPCOM VS. SNK』シリーズ・『IV』以降では岸祐二氏、『IV』以降の英語ボイスはダンテの声でもあるルーベン・ラングダン氏。
ちなみに無印『ストIV』で以前のキャストが引き継がれているのは彼とブランカベガ(『CVS』・『SVC』からの続投)だけ。
なお、岸祐二氏は『激走戦隊カーレンジャー』の主演で知られるが、ラングダン氏も『ビーファイターカブト』で
ビーファイターヤンマとして出演されており、奇しくも両者共に東映ヒーロー経験者である。
客演作品の『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』ではSNKでおなじみの前塚あつし氏が担当している。
なお、『III 1st・2nd』ではユンと二役のとべこーじ(現・戸部公爾)氏、『EX2』では山根剛氏、
劇場版アニメ『II MOVIE』やテレビアニメ『ストリートファイターII V』では羽賀研二氏が担当しており、ドラマCDなどを含めるとさらに多い。


アメリカ出身で、母方の祖父がアメリカ人のクォーター。現在はサンフランシスコ住在。
剛拳(ゴウケン)のもとへ弟子入りし格闘家への道を歩む。
武者修行のため祖国アメリカへ渡り、頼れる親族も友人も居ない地でイライザと出会い恋人同士になる。
当初「ケン・マスターズ」は彼の敬称とされていたが後に本名となり、
マスターズ財団の御曹司で全米格闘選手権のチャンピオンという設定が後に追加されたが、この設定は後付のため、他の設定と矛盾する点もある。
ストリートファイターIII』では家業を継いで社長になり、さらには弟子も持つことになる。
また、自身の経験を一般向けにまとめた「マスターズ通信空手」を販売しており、受講者達の実力(若葉ひなた・委員長など)を見る限り良質な内容であることが伺える。
ある意味、剛拳の暗殺拳を格闘技として昇華する路線を引き継いだと言えなくもないのだが、
当の剛拳が死んでいると思われていた時に勝手に門外不出の流派を通信空手にしてしまっていたため、『PXZ』ではリュウに「師匠にバレたら事だぞ」と心配されている。
サイキョー流があるから今更じゃね?

同門であり主人公のリュウとは親友でもあり最大のライバルでもあるが、リュウとは育った環境も性格も違う。
CAPCOM VS. SNK』では、テリー・ボガードと試合開始前に演出が用意されており、SNK側ではテリーを親友兼ライバル視している模様。
またロバート・ガルシアのガルシア財団と大会の共同出資をしているため、ガルシア財団やロバートとは交友関係を持っているようだ。

余談だが、リュウよりも幾分軽めの性格のせいなのか、彼の勝利メッセージは面白いものが多く
特にCAPCOM VS. SNK2では、スタッフたちのセルフ突っ込みとも見られるようなものもあった。
ゴッドルガールに対し、「自分のことを、神とか究極とか・・・・言ってて恥ずかしくねえか?」
暴走庵には「暴走とか殺意とか、いい加減にしろってんだよ!など。
原作が出た当初はよくネタにされていた。
もっとも両者ともニコニコMUGENでは人気が高いため、あまりこの発言はネタにされることはないが、
ごくたまにMUGEN動画で彼らが登場したとき、ケンのこの台詞が書かれることもあるようだ。
他にも春麗のIIのEDをネタにする発言も多く、
CVS2の勝利メッセージにて春麗がここで負けたら捜査官廃業とぼやくと「普通の女の子に戻れるならOKだろ?」と突っ込み、
ストIVでも対春麗用の勝利メッセージで「普通の女の子に戻るんじゃなかったのかい?」と突っ込んでいる。

「子供なら憧れるよな、世界征服ってのは。
でも、いい大人がやるのは馬鹿だぜ。」

髪の毛はもともと黒髪だったが、自分で金髪に染めており(金髪なのに眉毛が黒いのはこのため)、肩の上まで伸ばしている。
ストリートファイターZERO』シリーズではさらに腰まで伸びており、赤いリボンで先の方を縛っている。
『ZERO2』ではこのリボンをリュウに渡し、これがリュウの赤いハチマキになったと思わせるシーンがある。
なお映画では額を怪我したリュウへの手当てでリボンを使用した。

カプコンが1990年にファミコンで発売した『2010 ストリートファイター』の北米版であるNES版『Street Fighter 2010: The Final Fight』では
主人公が初代『ストリートファイター』から25年後のケン本人という設定になっている。
海外版『2010』のケンに一体何があったのかは ケビン・ストレイカー の項目を参照。

ストIIのケンのEDはイライザがケンを追ってきて、最後は抱き合う…というものなのだが、
その際のグラフィックが凄まじいものだと当時話題になった。(詳細は当該記事を参照)

ポケットファイターでは倦怠期に突入したので、モリガンとデートするというしょうもないことをしでかしてイライザに強烈な右ストレートをもらい、
ストIVシリーズではイライザが妊娠して安定期間に入ってから出産するまでの時期で、ケンがムービーでよくイライザをよく気遣い
ストIII2ndでは息子のメルのトレーニングの相手をしてたら股間にパンチを炸裂されている。
しかし、実際はやはり家族思いの良い父親である。

「おっと そろそろイライザに連絡しとかないとな!子供が生まれたら会いに来てくれよ! 待ってるぜ!」

そして中平正彦氏の漫画『RYU FINAL』では、「家族に誇れる強い父親でいたい」という思いから、リュウよりも早く 真の格闘家 へと辿り着き、一度は追い詰められたギルを瞬殺する実力を見せた。
え、アレックス? そんな奴ぁいねぇ
その性分ゆえか、リュウや豪鬼と同門であるにもかかわらず、殺意の波動に飲まれる可能性が一切無いようだ。
同時に殺意の波動に飲まれたリュウを生死を問わず止めるよう師の剛拳に頼まれていたようで、純粋な格闘家としての質はリュウよりも高かったのかもしれない。
一方で実力はリュウよりは低く見られがちで、サガットからは「ハンパな拳(CVS2)」、「あの男と似ていても、まるで及ばぬ未熟者(ストIV)」と酷評され、
3rdではユンから「そろそろ現役引退しなよ 息が上がってるぜ?」と言われたり、ヤンからは「炎の男か・・・ 燃え尽きる直前だったのかい?」など、
割と酷いことを言われたり。
本人もそのことを自覚しているようで、家庭を持った代わりに修行が疎かになり、実力的にリュウに置いていかれることで、格闘家としての自分に悩んでいたようである。

NAMCOxCAPCOM』では、殺意の波動に飲まれたリュウを目覚めさせ、結果実力差が開いても悔恨を残さない情の厚いシーンを見せる。
ゲーム上での性能は、リュウは攻撃力がほんの少し高いが近接戦闘では物理属性(打撃)オンリーで、ケンは近接戦闘に炎属性(昇龍拳)を所持しているためリュウよりも万能に戦えることもある。
ちなみに遠距離攻撃では弟子の技であるハドウバーストを使える。
さらにイベントシーン限定だが、リュウを目覚めさせるシーンでケンが真・昇龍拳を使う。
飛竜の「貴様らに~」のシーンとトップを競う、ゲーム中屈指の名場面であるとも言われている。
肝心のシーンは24分頃から。

また40話でもベガのサイコパワーに呼応する殺意の波動に惑うリュウに克をいれ、
リュウとの複合技である双龍拳でベガに致命的な一撃を与えるに至る。
その都度、殺意の波動に悩まされるリュウを精神的にずっと支えてきたのはケンといっても過言ではないだろう。
『IV』では迷いも吹っ切れ、格闘家としての答えもリュウよりも先に見つけたようである。

『V』ではデザインが唐突に大きく変わった。

UDONのアメコミではリュウの回想シーンなどで出番は多いものの、
物語がリュウ対豪鬼、春麗・ガイル対シャドルーに絞られているため、活躍の場面は少ない。
お約束のように洗脳されるものの、リュウとの戦闘さえ無いまま洗脳が解けて出番終了。あんまりである。

「オレはオレのやり方でお前を倒してみせる!そう決めたんだ!」


キャラクター性能

『ストリートファイター』、『ストリートファイターII』では同キャラ対戦ができなかったため、リュウと基本的に同性能の2Pキャラとして登場していた。
(ただしストIIではキャラ毎に気絶ポイントが2倍入る箇所が隠し設定で入っており、リュウとケンとでは部位が異なっている)。
CPU戦でのケンは、強の「昇龍拳」と「竜巻旋風脚」を多用する豪快な戦い方で、「波動拳」を軸とし堅実に戦うリュウと好対照であった。
しかし、『ストII’』以降、同キャラ対戦ができるようになると、ケンの存在意義が問われるようになった。
そのため、『スーパーストII』あたりから、リュウとケンで技の性能の差別化が明確になり、
以後、シリーズを重ねるたびに昇龍拳の強化や足技の増加など、リュウとは違う性能を持つようになった。
上記の設定のように、一部のキャラからはリュウより軽んじられているようだが、実際のゲーム中の性能はそうでもなく、
ダイヤグラム的にリュウとほぼ同格、作品によっては抜きつ抜かれつを繰り返しつつ、
互いに大きく差が離される事もない実力を示しており、まさにシリーズを代表する、切磋琢磨するライバル関係と言っていいだろう。
総じて、ケンの方が一撃は軽いが技のヒット数が多く、派手な連続技が成立しやすい。
そのため攻め・ラッシュを重視するタイプであるものの、技の硬直がやや長めで、隙を作りやすい傾向にある。

「オレの得意技は知ってるだろう?自分から当たりにきてどうする?」

余談だが、リュウが格ゲー全体での主人公のステレオタイプとすると、ケンはライバルキャラのステレオタイプとも言え、
ケンと同じように足技が得意なライバルキャラというのは非常に多くなっている。
例:ロバート・ガルシア廿楽冴姫(※厳密にはライバルキャラではない)等。
その後の格闘ゲームでも主人公と対になっているライバルキャラというのは非常に多く(対になりすぎていて橘右京はライバルを外されたが)
リュウと共に格闘ゲーム界に与えた影響は非常に大きい。

「そろそろ全米じゃなくて北半球格闘王くらい名乗ってもいいかもな」

『ストリートファイターIII 3rd Strike』では開発者自ら「意図的に強くした」とのこともあり、2の次点に着けている。
『ストリートファイターIV』ではダイヤグラムでこそリュウには一歩届かない位置に甘んじてはいるが、
相変わらずのラッシュ力の高さから人気が高く、強キャラ達と並ぶ高いシェア率を得ている。
続編の『スーパーストリートファイターIV』では「紅蓮旋風脚」といった「トルネーイ!」に似たウルコンが追加。
その見た目とは裏腹に、早い発生に発生時飛び道具無敵、立ち弱Pから目押しでつながるなどの要素が相俟ってなかなか優秀。

『ストリートファイターV』は通常技が全てリュウとは異なるものとなった他、竜巻旋風脚の性質の変更、独自のVスキル・Vトリガーの実装などにより、
リュウとは全く異なる性能を持つキャラに生まれ変わった。
EX版はそれぞれ、波動拳がファイヤー波動拳に、竜巻旋風脚が『MVS』~『MVC2』のような軌道になり、昇龍拳が昇龍裂破に変化する。
Vスキルはボタンを押し続けると蹴り技に派生できる、フロントステップの『奮迅脚』。
Vトリガーは足に炎を纏って前方にダッシュし、必殺技に炎属性を付加させる『ヒートラッシュ』。

「才能だけじゃ長持ちしない 努力してこそだぜ ベタだけど」

洗脳されたケン

「貴様では…俺の心を満たせない」

劇場版アニメ『ストリートファイターII MOVIE』では、
リュウに置いていかれることへの焦りをベガにつけ込まれて洗脳され、リュウに襲い掛かった。
このシーンは『ストZERO3』のCPU戦でも再現されている。その際にはサイコパワーの注入により力を増しているような演出もある。

他にも漫画版(徳間書店版、神崎正臣著)、アメコミ版など、「ケンが洗脳されて敵に回り、リュウの説得で正気に戻る」展開があまりにも多かったため、
NAMCOxCAPCOM』では犯罪超人ドッペル(キャプテンコマンドーより)がケンに変身して現れた時、春麗は真っ先に洗脳の可能性を疑っていた程である。

「まさか…『また』操られているの!?」

以上の経緯を知っているといないとでは上記の台詞の受け取り方も変わってくるだろう。
ただし、TVアニメ『ストリートファイターIIV』では、ベガによりサイバーチップを埋め込まれて洗脳されたリュウを、ケンが渾身の波動昇龍拳で正気に戻すという展開もあり、
必ずしもケンばかりが洗脳されているわけではない。
また、最近は流石にマンネリになってきた為か、逆に殺意の波動に目覚めたリュウをケンが説得して正気に戻す展開の方が多くなっている。

※コラです

 これを受けてか、『SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』では通常のケンとは別に、
 隠しキャラとして「洗脳されたケン」という形でも登場する。
 これは『CAPCOM VS. SNK』シリーズにおける「殺意の波動に目覚めたリュウ」(以下、殺意リュウ)に相当する形になっており、
 それぞれCPU戦では「ツキノヨルオロチノチニクルフイオリ」と同様の条件で登場する。
 英語表記は「Violent Ken」(バイオレント(=乱暴)ケン)となっている。
 特徴として凄まじく速い前ワープの「羅刹脚」を使用可能。ジェネラル並のスピードである。
 また、殺意リュウに対抗できるほどに技の性能が高められており、1回の連続技でのダメージが上がっている(超→超、超→EX)。
 反面、歩きなどの移動速度が若干下がっており、また特筆すべき点として跳び込みの異常なまでな遅さが挙げられる。
 このゲームにおいては跳び込みからの高威力の連続技を積極的に狙って行くSNK(プレイモア)作風の影響か、
 地上戦の差し合いを重視する大半のカプコンキャラが割を喰うかたちで弱くなっている。
 このキャラも跳び込みが極端に遅く、かつ移動速度も遅めなため、前述の「羅刹脚」で相手を攪乱し、地上技から条件によっては超ダメージの連続技を狙っていく…
…と、SNK(プレイモア)とカプコンの作風の決定的な相違点を強調した性能となっている。

「神武滅殺」の最後に放つ昇龍拳に『KOF』シリーズのオロチ一族が見せるような髑髏の浮かぶ気を放っていることから、
オロチの力を持っているようにも見えるが、同作に登場するオロチ一族であるゲーニッツは洗脳ケンに対し特別な反応はしていないため、
オロチとは無関係である可能性が高い。
一方でシャドルー四天王のバルログはサイコパワーに言及しており、ここでもベガによりサイコパワーを注入されているのがわかる。

そしてNintendo Switchにて発売した『ウルトラストリートファイターII』にて殺意リュウと共に洗脳されたケンが参戦。
カプコン純正の格ゲーにおいては本作が初参戦となった。

性能としては「羅刹脚」や「神武滅殺」の追加などSVCを踏襲したものになっているが跳び込みはSVCとは一転して速くなっており、
鎌払い蹴りや鉈落とし蹴りは通常技扱いになっているなどの違いがある。
防御力も最低クラスなので高いラッシュ力を生かし切れるかが勝敗を分けるカギになるだろう。

※以上、wikipediaより抜粋・改稿。

「力こそが・・・正義!」


MUGENにおけるケン

人気キャラだけあって、原作準拠やアレンジも多数存在する。
改変キャラの数もリュウ豪鬼に次ぐ多さである。

以下、代表的なケンを拳げる。
+ ストリートファイター
+ ストリートファイターII
+ ストリートファイターIII
+ ストリートファイターIV
+ VSシリーズ
+ その他

この他にもSF3ver洗脳ケン(RIOT KEN)、ザ・ムービー版実写ケン等の原作アレンジケンから、
Evil Kenやホーリーケン、ゴッドケン、マスターゴットケンといった凶狂改変ケンまで幅広いケンがいる。
ネタ改変としてはHadoabuser氏の「波動拳」がおり、天昇脚やコマンド投げなど必殺技を一新、名前にもなってる波動拳はゲージ技。
攻撃判定のある挑発伝説が出せる。

なおゲジマユ2には21名のケンが参加し、続くFinalゲジマユではさらに5人のケンが追加され、計26名のケンバリエーションが出場している。
「改先生ケン」やハゲケンこと「M.B.Shotoman」といったレア改変ケンも拝める、さながらケン見本市である。


  • お勧めコンボ
コマンド 備考
弱昇龍拳→中昇龍拳→強昇龍拳 所謂ドラゴンダンス
+ 悪咲氏CvSケンの場合



 「かかってきな!」

出場大会

+ 一覧

出演ストーリー

+ 一覧