スパイラル


アメリカのマーベルコミック『X-MEN』シリーズに登場するヴィラン(悪役)。
初出は1985年の『ロングショット』である。
また、CAPCOMの格闘ゲーム『X-MEN CHILDREN OF THE ATOM』及び『MVC2』にも出演している。
『MVC3』では参戦はしなかったが、ビューティフルジョーのEDにモジョーと共に出ていたりする。

プロフィール

本名「リタ・ウェイワード」。「飛び跳ねリタ」の名前で知られたスタントマンであった。
だが、ある日「未来の自分」に襲撃されてから運命の歯車が狂い始める。
彼女を助けたのは、異次元からやってきたX-MENの一人、ロングショットであった。
彼女はロングショットと恋に落ち、彼が自分の次元『モジョバース』へ帰るときも一緒について行った。
だが、視聴率が全てのディストピアであるモジョバースを支配するモジョーに捕まってしまい、
ロングショットも彼女に関する記憶を全て消去されてしまった。
そして、彼女はモジョーから肉体的・精神的改造を受け、ヴィラン「スパイラル」が誕生してしまったのである。

彼女はモジョの命令を受け、手始めに「過去の自分」を襲撃するが、(歴史の通り)失敗。
その後もX-MENやその他のヒーローチームとたびたび交戦し、アイアンマンに勝利するなどの戦果も納めている。
改造の結果加虐的な性格になってしまったが、心の底では改造したモジョーを嫌っている様子である。

ヴィランとしての能力は、何よりもまず『次元移動の能力』である。
改造の結果取り付けられた6本の腕(うち2本は機械)で複雑なダンスを踊ることで『時間・空間・次元』を移動する。
より『遠く』へ行こうとすればするほど、モーションも複雑なものが要求される。
また自分の外見を偽装したり、念力で剣を操ったりと、様々な魔術を使いこなす。こちらも印やダンスが必要である。
さらに、6本腕に剣を持っての白兵戦闘も非常に強力である。

埋め込み型のサイバネティックツールの商売もやっており、サイロックも義眼を買いに来たことがあった。
もっとも、カメラ内蔵のものを売りつけてX-MENをスパイしようとしていたが。


格闘ゲームにおけるスパイラル

COTA』にて、プレイアブルキャラとして登場。
格闘ゲームでも、特異な通常技や特殊技を利用して攻めていくテクニカルなキャラになっている。
特に、自分の周囲に剣を展開して任意のタイミングで飛ばす「ダンシングソード」による固めと削りが強力である。
因みに、2P側で隠しキャラ豪鬼を使おうとしてコマンドに失敗するとスパイラルになる。(1P側だとシルバーサムライ

その後のシリーズ作品では暫く出番が無かったが、MVC2にてシルバーサムライと共に復活。
MVC2では、上記のダンシングソードにこいつこいつのアシストを合わせてひたすら弾幕を張る事が出来る。
他にもダンステレポートという発生1Fの優秀な移動技もあり、ストライダー飛竜と同様に十強の末席に位置している。詳しくはここで。
有名な使用プレイヤーはEvo2005を制した、DucVader氏。

+DucVader氏の対戦動画(YouTube)

MVC2以降音沙汰のなかった彼女だが、MVC3のビューティフルジョーEDにて久しぶりの登場。
ギャラクタスを倒したジョーを使えば視聴率の取れる番組が作れるだろうと、モジョと共に番組撮影を始めた彼女達だが、ジョーがアドリブを多発する所為で撮影は難航。
同じシーンがテイク182にもなってしまった。

余談だが、別の意味での戦闘力も目視でも確認できるほど高く、
6本の腕をくねらせつつ戦うため、一部では エロい と評判である。


MUGENにおけるスパイラル

  • kong氏製作 MVC2+アレンジ仕様
原作での技は一通り揃っており、恒例の調整可能なAIも実装済み。
ただし元々強い点を伸ばす氏の方針からか、「ダンシングソード」が 周囲に展開した時点で攻撃判定が出る ようになっているため、
「ダンシングソード」を ノーゲージで展開できる劣化ウロボロスとして使うことが出来る
そのためプレイヤー操作であれば開幕「ダンシングソード」で、飛び道具や飛び道具反射技を持たない相手ならば一方的に削り殺すことも可能。

  • mmm氏製作 スパイラルカスタム
こちらはMVC2版を再現した物となっている。
現在は公開されてない。

  • Luchini氏製作 COTA仕様
なかなかのAIが搭載されているが、氏の他キャラ同様一部を弄らないとWatchモードでAIが起動しないので注意。

  • Koldskool氏製作 COTA+アレンジ仕様
Luchini氏のスパイラルを元に、KOF風の避けや前転、ゲージ溜め等を追加したアレンジ版。
MUGEN1.0専用。
デフォルトでAIも搭載されているが、ワープからダンシングソード展開から剣を飛ばすのみの簡易版。
コンボも通常攻撃のみで打ち上げからの追撃はない為、ひとまず動く程度で大会等に使うには厳しい。

  • Iwakick氏製作 MVC2原作再現仕様
シルバーサムライコロッサスに続く第3のMVC2キャラ。性能はほぼ原作再現となっている。
ヴァリアブルアシスト敏腕秘書壁要員のアシストを搭載。
また開幕のイントロは、業務用基盤の設定画面から始まってX-MEN COTAの豪鬼成功コマンドを再現したものとなっている。
特殊イントロに対応しており対応記述を導入すればCOTAキャラクターセレクト画面にmugenキャラクターを表示させることも出来る。
デフォルトでAIを搭載しており、ダンシングソードや1Fワープを巧みに使いアシストと連携して攻める手強いAIとなっている。
AIレベルは無いが、その代わり3段階のモード設定とトリカゴ戦法の使用可否によって強さが調節できる。
アシストなしのモード1、アシストありのモード2、
アシスト+ザンギエフ鋼鉄化+スピードアップ+パワーアップ+防御補正25%UPのモード3があり、デフォルトはモード2。
プレイヤー操作なら試合開始前にもアシストの有無が選択可能。
原作(MVC2)上位キャラだけあって、モード1の時点で凶クラスの実力がある。
モード2は凶上位の強さ。MVC2の恐ろしさを存分に見せつけてくれる。
モード3はエルクゥにこそ殆ど負けるものの、多くの凶上位を圧倒し一部の狂下位に土を付ける実力。
同氏のコロッサスのモード3と同様、狂門番クラスといったところか。
仮にアシスト2名を先に退場させたとしても、最も恐ろしい一発逆転要素があるため油断はできない。
それは実は通常投げであり、AIモードではどこぞのヨガ折檻の如く1回で約5割以上のライフを消されてしまい下手にゲージを絡めたコンボよりも酷い有様となる。
相手がMVCキャラならやっぱり切り札を使わざるを得ない
モード1でもこの強さである
モード2に勝った貴重な動画

MVC2ではそれなりの出番がある彼女であるが、ニコニコMUGEN動画ではやや影が薄い。
あれか、ニートやら汚いやらと罵られつつも濃い連中が目立ちすぎてるせいか。


出場大会

削除済み
  • ぼくのかんがえたおもしろいたっぐとなめ【MTC】

出演ストーリー