柊つかさ


「あはは、バルサミコ酢~♪」


コンプティーク連載の四コマ漫画『らき☆すた』に登場するキャラクターの一人で、泉こなた・高良みゆきのクラスメート。
双子の姉に柊かがみがいる。父は柊ただお、母は柊みき。
柊いのりと柊まつりという姉がいる。高校のクラスの担任は黒井ななこ。
「つかさ」と言っても通りすがりの仮面ライダーとは関係ない。

キャラクター概要

こなたとは外人(アニメではガイル似)から助けられた(実際には外人さんは道を尋ねただけ。哀れ)ときに、
みゆきとは1年時の桜藤祭の準備の際に仲良くなった。
一方、かがみの古くからの友人である日下部みさお、峰岸あやのとは高校3年生になるまで疎遠だったが、
近頃はメールのやり取りなどもしている。こなたを通じて小早川ゆたか、田村ひよりとも仲良くしている。

料理や家事が得意である一方、勉強は苦手。姉とは全く対称的である。
また白いご飯にもマヨネーズをかけるマヨラーでもある(アニメ設定)。
性格は天然であり、ぽけーっとしている。力の抜け具合はレギュラー4人の中でも随一。
休日の睡眠時間は15時間(アニメ設定)。

家は神社で、モデルとされた鷲宮神社には、聖地巡礼者が殺到した。
アニメ人気を物語ると共に、訪れる信者のモラルの問題も生じた。

神◯あかりではない…がモデルになっているのは事実である。
それに加えて『CLANNAD』の藤林姉妹の妹、藤林椋をモチーフとしてミックスされている。
本田飛鳥や雛岸希は多分関係ない。作中で唯一元ネタをネタにして弄られたが、
実は他の登場人物も皆なにがしかのゲームアニメ漫画ラノベ等の登場人物を元にしていたりする。
アニメではこなたに神岸◯かりの制服をプレゼントされたり、カメラ小僧神岸あ◯りのコスプレと間違われて
「ヒロユキちゃん」と言わされたりしている。

「幻想入りしてみたいなウサ耳が生えた」という噂があるが、それは似て非なる全くの別人である。

アニメ中ではおそらく最も多くの名言(迷言)を残しているキャラクター。
登場当初からボケ役として確立していたが、テレビアニメらき☆すたの第5話にて、テレビ番組を観ているつかさが、
番組の中でバルサミコ酢という単語を知り、意味不明に連呼することにより、アホの子の地位を不動の物にした。

またコミケに対して 「どこの?」 とかブルジョアに対して 「ヨーグルトですか?」 などとカオスな発言したり、
体育祭ではハードルで転ぶと 「あじゃぱ~」 と叫んだり、迷言をばら撒いている。
他にも「どんだけ~」「そんなの関係ねぇ」「もう立てません…」「こなちゃんのくせに~」「お餅うにょ~ん」
「なんだ。やっさいもっさいか」「よっこいしょういち」「めーす」「ばっちぐー」「あたっとるやないかーい」
など、いろんな迷言があるが、そのほとんどが声優、福原香織によるアドリブ。

ただし、「(犬の芸の)ちん○ん」に関しては原作からある台詞であり、アドリブではない。
お餅うにょ~ん」に関しては、つかさの名言として扱われることが多いが「うにょ~ん」という表現を最初にしたのはみゆきであり、
つかさはそれを復唱しただけである。しかし、アニメ後半になるにつれて台詞が少なくなっていたつかさが、
やっと喋ったという状況とこのシュールな台詞のアンバランスさが非常にうけたため、つかさの名言として扱われることが多い。

かがみ、こなた、みゆきの会話にあまり割り込んでいけないらしく、映っているだけで何もしゃべらずに空気と化していることがある。
そのため、アニメ化以前はコンプティーク誌上でも背景・空気扱いされることがしばしばあったが、アニメ化で人気が急上昇したといえる。
そのアニメであるが1クール目のED曲集「ある日のカラオケボックス」では唯一ソロで歌っていない。
正確には歌ってはいるのだがつかさが歌う曲のみ、こなたの合いの手が ほぼ曲全体に入っている ため非常に五月蝿いのである、
知っての通り声質的にもこなたのほうが耳に残るため、つかさの歌のほうが聞き取りにくいとも言える。

原作では高校を卒業し、その後の進路は調理系の専門学校に進学している。


アニメでの声優は福原香織だが、それ以外の全メディア(ドラマCDやゲーム)での中の人は竜宮レナで有名な中原麻衣。
ニコニコ動画でつかさがレナの台詞を喋ったりするMADが作られるのはこのためで、よく「アニメ化する前のつかさ」とコメントされる。
ニコニコ以外の二次創作でもつかさの顔をレナに差し替えたコラが作られたり、腹黒度が増していたり、
ヤンデレな妹になったり、変態化する等の酷い扱いが多い。

またゲーム版のとあるシーンでは、何故かスバル・ナカジマのコスプレをしており、「パンツをめくるスバル」と呼ばれてる。

因みにそのゲームでは、こなたのバイト仲間で後輩のパトリシア・マーティンが作中でレナのモノマネ&顔芸を披露するシーンがあり、
中の人雪野五月であったため、「ある意味で公式の声優ネタ」になるのだが、こちらは全くネタにされない。

「あっ、流れ星~♪」



MUGENにおける柊つかさ

シャナの作者である汚レ猫(現・にゃんちゃ)氏によって製作されたものが存在していた。(現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可)
同作者の泉こなた柊かがみに続く『ばと☆すた』キャラ第三弾として生まれた。
前作と同じく手描きであり、アニメのボイスを使用している。

遠距離系特化キャラで、敵を寄せ付けないほどの弾幕を展開できる。
しかし、防御力が通常の85%であったりとバランス面においても考慮されている。
製作者曰く、相手から離れる技がまるで無いため一度近づかれたら最後とのこと。

このほか、ニコの技として登場したり、デススターの画像&音声差し替えパッチと専用ステージが存在する。

他にも製作中のものが幾つか存在するのだが「空を飛ぶ生首」が当たり前になっている。

出場大会

出演ストーリー




添付ファイル