仮面ライダーディケイド

-世界の破壊者、ディケイド。幾つもの世界を巡り、その瞳は何を見る-

 ■スペック
 身長:192cm
 体重:83kg
 パンチ力:4t
 キック力:8t
 ファイナルアタックライド・ディメンションキック:30t
 ジャンプ力:一跳び25m
 走力:100mを6秒

+「歩く完全ライダー図鑑」
 「コンプリートフォーム」
 身長:199cm
 体重:102kg
 パンチ力:12t
 キック力:16t
 ジャンプ力:一跳び50m
 走力:100mを4秒

+「世界の破壊者」
 「激情態」
 身長:192cm
 体重:83kg
 パンチ力:5t
 キック力:10t
 ジャンプ力:一跳び30m
 走力:100mを5秒

「通りすがりの仮面ライダーだ…覚えておけ!」

(|d|b|)

概要

平成仮面ライダーシリーズ第10作『仮面ライダーディケイド』に登場する仮面ライダー。「DCD」と省略されることもある。
「ディケイド」はラテン語で「10」、現代の英語では「10年紀」を意味し、平成ライダー10周年を記念しての名前である。*1
胸のXもローマ数字では「10」であり、十にも見える。

それぞれ異なる仮面ライダー(平成ライダー)が存在する9つの並行世界が1つに融合し、崩壊するのを防ぐため、
それぞれの並行世界を旅する男「門矢士」(かどや つかさ)が変身する。
ファンからは「門矢士」の読みを変えて、「もやし」と呼ばれることも。

「だいたいわかった」

 クウガの世界、キバの世界、電王の世界…。
これまで並行に存在していた「仮面ライダー」の世界が融合を始めてしまった。
世界は入り乱れ、それぞれの世界の敵全てが同時に現れる。
このままでは世界がすべて崩壊してしまう。
 門矢士(かどや つかさ)たちに与えられたミッションは、世界を救うため、 9つの世界をめぐる旅に出ることだった…。
  その旅の目的とは? どうすれば世界を救えるのか?
 ただひとつわかっていること。それはディケイドはすべてのライダーを破壊するかもしれない存在ということだ。
 ディケイド=士とは何者か?謎を抱えつつ、士は一つ一つのライダー世界を巡り、一人一人のライダーと出会っていく…。

+詳細な原作設定など
『KAMENRIDE──』
『DECADE!』

変身ベルト「ディケイドライバー」で変身し、ソードモード・ガンモードに変形する 弁当箱 「ライドブッカー」が使用武器。
ライドブッカーの中には「ライダーカード」が収納されており、ブックモードで中からカードを引き出し
ディケイドライバーに装填する事で「アタックライド(AR)」や「ファイナルアタックライド(FAR)」など
様々な力を発揮する事が出来る。

ディケイド最大の特徴は、歴代の平成主人公ライダーに変身することが出来る「カメンライド(KR)」。
ただし、そのためのカードは物語序盤に突如失効してしまった(原因は不明)。
各ライダーへのカメンライドを有効にするには対応した世界を旅して、その世界で 説教せねば 「何か」を得なければならない。
基本形態だけでなく、「フォームライド(FR)」のカードを使う事でそこからさらに各ライダーの別フォームにも変身が可能。
平成2期のライダーはみんなアイテムでレジェンドライダー(基本形態)に変身できるので専売特許を奪われているが、フォームチェンジの点で優位を保っている。

カメンライド時のベルトは、カメンライドしているライダーのベルトではなくディケイドライバーであり、
そのため、オリジナルライダーがベルトの力で発動する能力(クウガのフォームチェンジやカブトのクロックアップなど)は
ライダーカードで代用する。
第三者の干渉(電王キバの各フォーム)や別のカードからのエネルギー供給依存(龍騎ブレイド)であっても
同様にカードで再現される。

なお、基本的にベルト付属の武器は全てライドブッカーで代用している。
しかしディケイド響鬼が「アタックライド【音撃棒・烈火】」を発動し、ベルト背部に召喚された音撃棒で敵を撃破していることから、
「アタックライド【武器名】」のカードを使えば、ちゃんと正規の武器を使うこともできるようだ。いちいち召喚するのが面倒なのだろうか。
ちなみにクウガの場合は能力の関係でそこらへんのものを専用武器に変化させることが可能であり、
アギト、キバのようにベルト付属でないフォーム専用武器使いの場合はフォームライドと同時に専用武器も装備される。


『FINAL FORM RIDE──』
『KU KU KU KUUGA!』
「ちょっとくすぐったいぞ」

各世界のライダーを「ファイナルフォームライド(FFR)」のカードでそのライダーにちなんだ姿に変形させることが可能である。
さらに「ファイナルアタックライド(FAR)」で各ライダーと協力して必殺技を放つことも出来る。

ファイナルアタックライドには「ガンバライド版」と「TV本編版」で演出や攻撃法が異なるものもあり、
中には、TV本編よりカッコイイものも…。

PS2の対戦格闘ゲーム『クライマックスヒーローズ』ではTV版に近いFARと、同ゲームオリジナルのFARが存在する。

124165498104716414365_dcd1510.jpg
変形には変形したライダーの意志で動く事が出来る自律型、ディケイドの武器となり自分では殆ど動けない装備型の二種類がある。
また、変形したライダーは大幅に戦闘能力が上がり、その世界のボスと互角以上に渡り合う事が可能になる。

一度ファイナルフォームライドで変形すると、変形したライダーの意志で通常形態と変形態の双方向変形が可能(電王以外)。
但しディケイドが望んだ場合、変形するライダーの意志を無視して形態を固定する事が出来る模様。
また、敵のライダーを変形させて使った事もあったので、変形の意志決定に関してはディケイドに絶対的な優先権があるようだ。

『FINAL KAMEN RIDE──』
『DECADE!』
9つの世界を旅した後に訪れた「ネガの世界」で手に入れた「ケータッチ」を使用することにより、
強化形態・コンプリートフォームに変化することができる。
各ライダーのマーカーをケータッチにタッチすることにより、各ライダーの最終フォームを自分の隣に呼び出し、
最強ではなく最終(TV版)のため、電王はクライマックスフォームではなくライナーフォームになる。)
彼らと共に必殺技を使うことができる(各ライダーはディケイドと動きがシンクロする)。

黒地に銀の骸骨のような色合いの装甲、額に1枚、胸から肩にかけてカードが9枚並んで付いているという
変わったデザインの多い平成ライダーの中でもすさまじく特異な姿をしている。公式の通称は『歩く完全ライダー図鑑』。
ファン間の俗称は「遺影フォーム」…実際「各自の世界と共に消えかかっている過去のライダーを記録する姿」なので
遺影という表現もあながち間違いとは言い切れないのが困りもの。 公式である種の経帷子とか言っちゃってるし。
劇場版のディケイド完結編ではヒストリーオーナメントに対応するライダーの最強形態のライダーカードがセットされた
「最強コンプリートフォーム」も登場。平成9ライダーを最強フォームに強化変身させる能力を持つ。
(こちらは最強(リイマジ含む)の為、クウガがライジングアルティメット、電王が超クライマックスフォームになっている。)



士は過去の記憶を一切失っており、自分やディケイドの出自や目的さえもわかっていないが、
ディケイドライバーの使い方と戦い方、各ライダーの力やその敵についてはなぜか知っており、自分でも驚いている。
自分のいるべき世界を求め、様々な世界を巡る旅を始める。
普段は居候している「光写真館」のバックスクリーンに新たな絵が現れることで写真館ごと別の世界に転移するという方法で世界を移動しているが、
劇場版シリーズなどでは世界をつなぐオーロラを出現させ個人で世界移動を行う描写もある。

「全てのライダーを破壊する存在」と言われ、ナレーションなどでも「世界の破壊者」と称される。
これは一応味方であるはずの士を送り出した紅渡も用いている表現であり、
なぜかディケイドを敵視する謎の男「鳴滝」や彼にけしかけられた各世界のライダーからは「悪魔」と呼ばれている。
後に仲間となるユウスケが最初はディケイドを敵視していたり、ウラタロス達がこの世界で過去がおかしくなった原因としてディケイドを疑い倒そうとする等、
実際にそのせいで各世界のライダー達に悪い意味で評判となっている。
行く先々で存在を否定されるせいで物語後半ではやや卑屈になってしまっていた。
しかし多くは伝聞にすぎず、中にはRXこと南光太郎の様に実際の士の姿を見て考えを改める者や、
最初から彼を破壊者だとは思わなかったシンケンレッド・志葉丈瑠のような人物もいる。
極度の人見知りで初対面の相手には同じ戦隊ヒーロー同士にも心を開かない丈瑠の性格を考えると驚くべきことである。

それぞれのライダーの世界で、その世界の秩序を壊しかねない特殊能力を発揮しているが、
士本人が過去の記憶を失っているため、これらの能力を習得している理由は不明である。
もう一人の「通りすがりの仮面ライダー」である海東大樹(仮面ライダーディエンド)は士の過去について知っているようだが…。

+特殊能力の例 ※ネタバレ注意
  • 古代言語「グロンギ語」を理解できるだけでなく、話すこともできる(クウガ/アギトの世界)
  • ライダーシステム装着者ではないのにミラーワールドに入り込める(龍騎の世界)
  • 不死生物「アンデッド」を殺すことができる(剣の世界)
  • オルフェノク能力を使った超人テニス(しかも2対1)を返り討ちにできる運動能力をもつ(555の世界)
  • 「特異点」ではないのに自分に憑依したイマジンを自力で体から追い出せる(電王の世界)
  • フィロキセラワームとの戦いで一瞬だけクロックアップ並みのスピードで動いた(カブトの世界)
  • 音撃を使わずに魔化魍を倒せる(響鬼の世界)

この様に異常な身体能力に加え、
「RXの世界」ではヒロインの光夏美を救う為に、命を吸い出す「パーフェクター」で命を吸いとっても生きていた。
また特殊能力ではないが、「キバの世界」ではオリジナルの『キバ』の主人公「紅渡」が得意としていた曲を難なく弾きこなし、
「ブレイドの世界」や「カブトの世界」では料理にうるさい面も見せていた。
(BOARD社員食堂のスタッフに「何だこの小じゃれた味は」と怒っていた辺り、庶民的な味が好みらしい)
さらに後述の劇場版ではチートの塊のRXとタイマンを張り、無敵と名高いバイオライダーに大ダメージを与えるという偉業を成し遂げた。
しかし、写真撮影だけは上手くいかずに異常な歪みを見せてしまう。
士曰く「世界が俺のいるべき世界ではないから、俺に撮られたがっていない」とのこと。
(実際士の世界である夏の劇場版の世界では普通に写真が撮れていた)

なおそれぞれの世界のライダーが殆ど初期スペックなのに対し、戦う敵はたいていラスボス級で無理ゲー状態なことが多い。
放映開始から僅か3話で士に死を覚悟させたグロンギ族の長ン・ガミオ・ゼダや、
「シンケンジャーの世界」にてディエンドに変身した外道衆のアヤカシ、 チノナマコ チノマナコ。
『仮面ライダーX』にも登場していたアポロガイストなど、ボスが語り草になることも多い。
ディケイドは各ライダーと力を合わせこれらを撃破しており、ここからもディケイドの異常性がうかがえる。
ちなみに9人の各ライダー世界およびシンケンジャーの世界の敵たちは元作品には未登場の新規造形だが、
デザインは元作品のデザイン担当者が行っているので、元作品に登場した怪人と並んでも違和感がないようになっている。

+共演の話・ちょいネタバレ
TV版第24話においてライダーではない『侍戦隊シンケンジャー』の世界に向かうことに。
同じ週のシンケンジャーの次回予告と次の週の本編には黒子に扮した士も登場しており、
今まで設定上ではスーパー戦隊と同一世界で活躍している風見で志郎なライダーや、
番組終了後のおまけコーナーで戦隊と共演したライダーはいたものの、
作品本編でここまでクロスした例は全くなく、これが初めての事となる。
しかし作品の垣根をも壊すとは「世界の破壊者」の悪名に恥じないブレイクぶりである。
ここまで行くと他の東映ヒーローの世界にも行ってしまいそうだったが、そんなことはなかった。
30分後の世界や他社のヒーローの世界にも、勿論行かなかった。
1号他社のヒーローと共演したこともあるのだが。

…と思っていたら約10年ぶりにバンプレストがコンパチヒーローシリーズを再始動。
その記念すべき第1弾「グレイトバトルフルブラスト」へついに参戦し、ウルトラシリーズ、ガンダムシリーズとの競演を見事に達成。
ウルトラマンメビウス、フリーダムガンダム初代ウルトラマン仮面ライダー1号ガンダム達と力を合わせて「怪獣軍団」「大ショッカー」「ジオン・ザフト連合軍」を叩き潰した。


+TV版最終回ネタバレ注意
「来るなら来い! 俺が全て破壊してやる!!」
ライダーの世界の融合が始まった原因は、ディケイドが誕生したことだったのである。
鳴滝が「悪魔」「破壊者」呼ばわりしたのも無理ないと言えよう。
世界の融合をかけた「ライダー大戦」の行方もわからないまま番組が終わったのだが…。

ちなみに、TV版最終回の後に流れたディケイド完結編の予告はほぼ嘘予告だった。
予告の通りに完結編が作られていたらまた違った展開になっていたかもしれない。
+劇場版ネタバレ、TV版最終回後の展開について
昭和の仮面ライダー達も登場した劇場版『オールライダー対大ショッカー』においてとうとうその正体が明らかとなった。
記憶を取り戻した士の正体はなんと異なる世界を股にかける悪の軍団、 大ショッカーの大首領 だったのである。*2
全ての世界を繋ぎ、全てのライダーを破壊し、全ての世界を大ショッカーの物にするのが本来の目的であり、
ディケイドライバーはそのライダー討伐のため大ショッカーが製作したものであった。
一応士は世界崩壊の原因が仮面ライダーに有ると思っていたらしく、全ての仮面ライダーを破壊する事で世界を救おうとも考えていたようだ。
だが玉座についた数分後にはシャドームーンにその座を簒奪された。
大首領の座を追われた上、結果的に仲間を裏切ってしまった事で全てを失った士だが、
自分の世界におけるライダーマンの「命ある限り戦う。それが、仮面ライダーだろ」という言葉を切っ掛けに、
最終的に「仮面ライダー」としての自分を自覚し、大ショッカーとの決戦に臨む。

こうしてディケイドは昭和と平成の全てを繋ぐ仮面ライダーになったのである。


「俺は世界の破壊者だ…」

その年の冬に公開された映画『W&ディケイド MOVIE大戦2010』での『仮面ライダーディケイド・完結編』では
最終回のその後の話が展開され、ディケイドの力・その存在の意味が解明、物語に一つの決着が付けられた。

ライダー大戦の世界を経て、どの世界からも拒絶される士は破壊者としての運命を受け入れ、
ディケイドは禍々しいマスクの激情態となる。
「カメンライドしなければ他のライダーの力は使えない」「使える力は主役ライダーの物のみ」といった
制限が全て解除され、破壊者に相応しい圧倒的な力に目覚めたディケイドは、
全ての仮面ライダーを破壊するべく活動を開始。次々と仮面ライダーを破壊して行った。
飛行可能だが滑空であるが故に急激な方向転換のできない弱点を突き、
哨戒飛行中のスカイライダーを追尾機能付きのファイナルアタックライドで撃墜。*3
直後にクロックアップ+インビジブルで超高速移動しつつ姿を不可視にするという
防御不可能のコンボを発動してスーパー1とカブトを一蹴、
巨大化したJにはG4のミサイルランチャー「ギガント」とカイザのマシン「サイドバッシャー」を召喚して
ひたすらミサイル乱舞、と自重皆無の容赦ない強さを見せ、順調に破壊を進めるディケイド。

そしてアルティメット化したクウガ=ユウスケさえも下し、遂に全てのライダーを破壊することに成功してしまうが、
士を止めるため夏美が変身した仮面ライダーキバーラの太刀をあえて受け、ディケイドライバーごと貫かれ、果てる。

夏美と海東の前に現れたオリジナルの存在と思われる紅渡=仮面ライダーキバの言によれば、
実はライダーの物語は時とともに(つまり放っておいても自然に)消滅する運命にあったのだが、
ディケイドが消えゆく世界のライダーと戦うことで人々の記憶にとどめ、再び物語を紡ぐことができるようになったという。
則ち「ディケイド」とは仮面ライダー達の物語を再び活性化させる為の”起爆剤”であり、
世界再生がその死を以て発動した事から”生け贄”で有ったとも取れる。 何というメタ作品
それにより各世界と消滅・破壊されたライダーたちも蘇り、ディケイドの使命は果たされた。
しかしそれ自体が使命であるディケイド=士の物語は存在せず…。

+整理すると
経緯がややこしいが、時系列順にならべると
各ライダー世界消滅の危機

大ショッカーがディケイドライバーを開発、世界の融合・崩壊が始まる

大首領・士がディケイドとしてライダー討伐を開始するも、なぜか記憶喪失に

世界消滅を察知した一部のライダー達がこれを利用し、消滅を食い止めるため各世界のライダーのディケイドによる破壊を画策

TV版本編(どこかで夏の劇場版)

完結編
と一部の書籍では記されている。
ただしこれでもいくつも矛盾があり、また後述のようにTV本編がループしているという解釈もあるので、
実際のところはよくわからないのだが。
特に夏の劇場版を入れることは、矛盾が大きすぎる上に、
(完結編によればディケイドには固有のオリジンや物語は存在し得ないはずなのに、
 『士の世界』が存在して家族の存在や能力の由来も明らかになっている)
すっきりまとまった話が台無しになるのでパラレル展開だという意見も多い。
ちなみにシンケンジャーの世界がその後何もなかったのは、士が仮面ライダーと化したチノマナコを破壊した事で、
図らずとも本来の役目を果たした事によるもの。

+完結編の結末、その後
士は完結編で一旦は消滅したが、夏美や海東、ユウスケ他各世界のライダー達の記憶を元に復活している。
スーパーショッカーの野望を挫いた後、「旅こそが自分達の世界」と新たな旅へと向かっていった。

映画『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』では歴代ライダーの一人として登場。
処刑広場の決戦で てつをもとい仮面ライダーBLACKを差し置いて シャドームーンと激突した。
ほら、まあ、『大ショッカー』の時はWに取られちゃったし…


2012年のスーパー戦隊と仮面ライダーの両シリーズによる大クロスオーバー映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦』では、
戦隊版ディケイドこと『海賊戦隊ゴーカイジャー』との対面が実現した。
ようやく時代がディケイドに追いついて来たのだ! またしても大ショッカー首領としての登場だけどな!!

本作では大ショッカーの首領として歴代のライダー怪人を率い、スーパー戦隊を次々と撃破していく。
大ザンギャック(戦隊怪人の集合組織)を率いてライダーを撃破していくキャプテン・マーベラス(ゴーカイレッド)とは敵対していたが、
実は2人の行動は裏で結託していた怪人達の「ビッグマシン計画」の詳細を探り、阻止するための芝居だった。ライダーも戦隊も別次元に避難させていただけだったのだ。
本作では仮面ライダー1号にカメンライドし、昭和ライダーへのカメンライドを初披露した。
これが元々可能だったのか、MOVIE大戦後に得た能力なのかは不明。
ちなみに本編でBLACKのカードを入手した時はディエンドに「これは君には使えない」と言われディエンドが使用している。

本作ではメインを務めたディケイドだが、2013年公開の続編『スーパーヒーロー大戦Z』では特に大きな出番は無く、
苦戦する「宇宙刑事ギャバンtypeG」の援軍として少し登場したのみだった。
このとき登場したのは宇宙系ヒーローとされているが、「ディケイドは宇宙系か?」といったツッコミが一部でされており、どうやらフラッシュマンとの10番目繋がりで登場したとのこと。
(同じシーンで登場したのがフラッシュマン、デカレンジャー、スーパー1、フォーゼ、メテオ)

また『仮面ライダーウィザード』最終エピソードである第52話、53話にもクウガからフォーゼまでの歴代平成ライダー達と共にライダーリングの力で魔宝石の中の異世界へと召喚され、士役の井上氏もゲスト出演。
「仮面ライダーディケイド・ウィザードの世界編」的な側面もあるエピソードとなった。
同じくこの世界に迷い込んだウィザードとの同時変身も披露し、ウィザードまでの14人に加えて新ライダー鎧武を加えて15人で共闘。
黒幕を撃破した後はウィザードに「どこかで会う事があれば、また一緒に戦おう」と約束し、また再び他の世界へと旅立っていった。

「ある人が言った。俺たちは正義のために戦うんじゃない、俺たちは… 人間の自由の為に戦うんだ と!」

そして、『昭和ライダーVS平成ライダー 仮面ライダー大戦』にまた井上氏によりオリジナルキャストで登場。
平成ライダー側の主要人物であり、物語の発端となった事件を解決させるために風都を訪れ、あるクリーニング店にも自ら足を運ぶなど
現行作品主役の仮面ライダー鎧武・葛葉 紘汰と並ぶほど出番が多い。
ディケイドへの変身や戦闘も多く相変わらずの強さを見せる他、今回登場の敵ライダー・仮面ライダーフィフティーンは
「平成ライダーロックシードにより、平成15ライダーの力を使いこなす」というディケイドに近い能力を持つため、
同一のライダーの技の打ち合い(本人不在)」という珍しい光景を見ることができる。

+余談
上記にあるように完結編として劇場版が製作される事が決まっていたとはいえ、最終回にも関わらず
明らかに話の途中で終わってしまうという展開に対して「映画の売り上げを上げるために未完にした」等と少なからず批判を呼ぶ結果となってしまい、
新聞でもこれについて取り上げる記事が出るなど、ちょっとした騒動となった。

TVの前で「おのれディケイド!」と叫んだファンやネット上だけでの騒ぎではなく、
本来のメインターゲットである子供達の親からもこの展開と手法にかなり批判が来ていたようで、
BPO(放送倫理・番組向上機構)からの質問状に対し、テレビ朝日の社長が「表現方法として不適切だった」ことを認めている。

これを受けてか、再放送では最終2話が再編集された「特別版」として放映されている。鳴滝の思わせぶりな台詞の一部や
さっきまで仲間として戦っていたディエンドの突然の反乱、ユウスケのアルティメット化のシーンなどがカットされ、
最後には第1話冒頭の『夏美が見たライダー大戦の夢』が現実に再現されるという展開に修正された。
第1話にループしているとも完結編に続くとも取れる終わり方だが、TV版だけではどちらにしろバッドエンド確定と言える。

なお本作が半年で終わったのは映画を売るため(通称 あのね商法 )とか人気が無かったとかではなく最初から半年で終わらせると決まっていた為である。
ただしその理由と言うのが「以後のシリーズの開始時期をスーパー戦隊シリーズと半年ずらすことにより玩具の売り上げアップ」であり
結局はメインスポンサーである財団Bの陰謀バンダイの都合である事に変わりはないのだが。
(親が「両方はダメ」「一つだけだよ」と言っても発売日が違えば結果的に両方買って貰えるかもしれない、と言う事。
 なおプリキュアシリーズは(大きなお友達を除き)購買層が違うからか開始時期は戦隊と一緒のまま)
加えてその元々短い尺の中でメインライターの途中降板があり、構想を立て直す時間が少なかったのも問題であったと思われる。
(好意的に解釈すれば)これらの裏事情の煽りを受けた作品とも言えるし、結果的に尺足らずでTV版が未完云々の問題に繋がったのかもしれない。

+ネタや二次創作等の扱いについて
平成ライダー10周年作品だけあって、多くの所でパロディやネタに扱われている。
ニコニコやpixivなどではカード繋がりという事もあり、東方とのコラボネタも多く「東方十年紀」と称されている。
(ちなみに東方のカードはただの。ディケイドのカードは力を引き出すものだが、
 東方のカードは“自分は力を抑えている”という証明書のようなもの)
また公式サイトのイベントの告知で鳴滝がプリキュア好きと取れる発言をしていたせいで、
鳴滝がプリキュア好きという二次設定も誕生した。
+その一文
(中略)それだけではない。「フレッシュプリキュア!」も会場ではみんなといっしょに踊るらしい。これは楽しみだ。
プリキュアとなら私もいっしょに踊るかもしれない。(後略)

ライダーファン界隈では最終回のその惨状を始め何かと不都合や理不尽なことがあると、
鳴滝の「おのれディケイド! 貴様によってこの世界も破壊されてしまった!!」という口癖のような科白から引用し、
おのれディケイド!」と、とりあえず全部ディケイドのせいにしてその場を丸く収めようとするギャグがある。
(類義語:「ゴルゴムの仕業だ!」「乾巧って奴の仕業なんだ」「全部紘汰さんのせいだ」等)

また、這いよれ!ニャル子さん最終巻ではニャル子が呼びだした古今東西のニャルラトホテプ達の大トリとして登場
(さすがにシルエットになってたが、説明含めてどう見てもディケイド)
作者はこれに先立つ事1年くらい前に「ディケイドはニャルラトホテプの一種だよね」と呟いていたが、本当に出すとは…
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17644220

+データカードダスバトル ガンバライドでは
ディケイド自体がガンバライドとのタイアップキャラ故に、色々と通ずるところが多い。
ディケイドのデザインモチーフである「バーコード」はガンバライドのバーコードをモチーフにされている、というのが一般的な説。
また、筺体の中央に変身ベルト「ディケイドライバー」をモチーフにした巨大なボタンが設置されているほか、
006弾までのカードは玩具のディケイドライバーで使用することが出来る。
ついでに、平成仮面ライダー主人公のガンバライド登場順は、ディケイドでの登場順と同じ(電王とキバは例外)。
ちなみに第1弾は『仮面ライダーキバ』放映中だったため、参戦は第2弾から。

だが、流石は世界の破壊者。
2弾からまさかのゲームバランス崩壊とは誰が予感したであろうか。
その原因はディケイドの「カメンライドシステム」にあったのだ。
これは劇中で「様々なライダーに変身し、そのライダーの能力を使える」という能力を再現した物。
当初は単なる外見、必殺技、ステータス変化と捉えられていた。

しかし研究が進められ、「追加してスキャンしたカードのレアリティによってステータスが上昇し、さらに属性をも操作する」という恐ろしいシステムということが判明した。
格ゲーユーザーに分かりやすく例えると、ステータス上昇は「ルガールが殺意の波動を手に入れ
豪鬼が暗黒パワーを手に入れる」ようなもの。
属性変化については、相性に大きく左右されるゲームで、自分だけ相手のキャラクターを見てから
キャラを決められるようなものである。
さらには2-001レジェンドレア(最高位レア)ディケイドのカード能力も当時としてはぶっ壊れており、
ゲームバランスは投げ捨てるものと言わんばかりに猛威を奮った。
(ライダースキル発動には相手と属性を合わせる必要があるが、カメンライドを使えば簡単である)
付いた呼び名が「殲滅ディケイド」(ライダースキル「ライダー殲滅」に由来)。

さらに第4弾、ガンバライド業界は阿鼻叫喚に包まれた!
4-002スーパーレアディケイド、通称「悪魔ディケイド」の登場である。
スペックは一見普通…と思われたが、ライダースキル「なぜ知っているかは覚えていない」(通称:悪魔スキル)が凶悪で「無条件で攻撃、防御、必殺すべて+200」という能力。
「前衛のとき攻撃+150」と、条件付きでちょっと上がる程度の能力が多い中でのこの設定である。
格ゲーユーザーに分かりやすく言えば「Life1000ATK&DEF100VSLife1500ATK&DEF150」と言えば通じるだろうか。
悪魔ディケイド登場以降、レジェンドレアを中心にスキルのインフレ化が進んだものの、
純粋なステータス加算スキルでは現在で見ても相当に強力である。ただしAPが増えないのが弱点。
現在でも強力なスキルは「悪魔スキルと同等」「悪魔スキル以上」などと比較され、一種の基準となっている。
第6弾にはこのディケイドと同じスキルを持つカード、通称「小悪魔ディケイド」が登場した。

そして第5弾。ガンバライド界は絶望の渦に飲み込まれた!
「ディケイドコンプリートフォーム」の出現である。
コンプリートフォームはカメンライドが使えないが、それに代わって追加された「コンプリートスキャン」が
カメンライドを上回るほど凶悪だったのだ。
コンプリートスキャンとは「時間内(15秒)に連続してカードをスキャン(最大32枚)すれば能力が上昇する」というものである。
……このゲーム、子供向けだっけ?
そして見事32枚スキャンに成功すると全能力+600(合計+2400)。
Life1000ATK&DEF100VSLife5000ATK&DEF500でやるようなものである。まさに破壊者。
第7弾になり、ようやくカメンライドとコンプリートスキャンが弱体化。
この弱体化までの間、殆どの大会ではディケイドとディケイドコンプリートフォームが参加者を占めていた。
しかし、弱体化されてもまだ十分強力なパワーアップ効果があった。

余談ではあるが、第10弾。
そこには暴れまわった代償か、自身と関連の深い数字なのにレジェンドレアになれなかったディケイド激情態がいた。
さらにカメンライドとコンプリートスキャンはさらなる弱体化をくらった。
…といっても属性変化はノータッチだったため、デッキの自由度が一人だけやたら広いのは変わらないし、
弱体化してもなおコンプリートスキャンデッキは大会で十分戦えるレベルなのだが。
そしてこのディケイド激情態は、前述した悪魔ディケイドのスキルを引っ提げている。こいつはひでぇ…。
さらに、ディケイド激情態もディケイド同様カメンライドが可能。
ちなみに、10弾のレジェンドレアの一枚はその激情態に映画でかませにされた仮面ライダーカブト
なんという下剋上。よかったなカブト!

その後のW・オーズといった主役ライダーもディケイドに続き専用システムを持っており、
現行放送時の強さはどれもディケイドCFもかくやというレベルにあったが、放送が終わると弱体化されるのが常であった。
さらに仮面ライダーフォーゼ放送開始の01において、オーズの「コンボチェンジ」を除き、オーズ以前のライダーの専用システムは全削除された。
これも時代の流れである。なおフォーゼ専用システム(モジュールチェンジ、スイッチコンビネーション)も結構強力である。

…とかいっていたら、『スーパーヒーロー大戦』でスクリーンにディケイドが堂々復帰したため、
04でカメンライドが復活した。しかも以前のものと、ライダーアビリティによる新バージョンの2つが用意されるという厚遇。
新バージョンは「戦闘中にディケイドがカメンライドして追加攻撃する」というものなのだが、
カメンライドに限らずライダーアビリティによる攻撃はカンスト制限を受けないため、火力面での限界突破が可能。
アビリティ版は04以降の新カードにしかついていないし、アビリティを持っているカードでも専用システム版のカメンライドをするとアビリティ版の方は発動しないので、
「属性変化+ステータス補強」か「1ラウンドのみダメージUP+カンスト制限撤廃」かを選ぶ形になるが、
ぶっちゃけ専用システムもライダーアビリティもないライダーが殆どなので、選ぶ余地があるなんて非常に贅沢な話である。
また、同じ04ではコンプリートフォームに劇中技が新収録されている(それまではガンバライドオリジナル技のみだった)。

シャバドゥビ弾になって、カメンライドは再び削除された。
しかしライダーアビリティ版は「カメンライド・(ライダー名)」として、一部のカードに必殺技として収録されているほか、
レベルを上げた状態で使えばライダーに対応したFFRに変化する。
シャバドゥビでのライダータイプはディケイドは 万能(マルチ) 、コンプリートフォームは 融合(ユウゴウ) 、激情態は (ヤミ)
(融合と闇はシャバドゥビ3弾から開放)
余談だが、「ゴー!ゴー!ゴールドカードゲットキャンペーン」で貰えるカードでは再びライダースキル「なぜ知っているかは覚えていない」を所持している。
同キャンペーンのW、オーズ、フォーゼが原作で特に印象的な要素を持つスキルが選ばれる中の抜擢のため、それだけユーザーへの印象が強かったということなのかも。

ちなみに、必殺技がやたら多いのも特徴の一つ。
ディケイドがライダーパンチ、ライダーキック、DCDS(ディケイドスラッシュ)、DCDB(ディケイドブラスト)、DCDV(ディケイドヴァニッシュ)、DCDJ(ディケイドジェイル)、ディメンションキック。
コンプリートフォームがディメンションスラッシュ、ディメンションブラスト、DCDI(ディケイドインパクト)、DCDU(ディケイドアンリミテッド)、ファイナルアタックライド。
激情態がDCDS(ディケイドスラッシュ)、DCDB(ディケイドブラスト)、ディメンションキック(激情態)。
実際はFFRや一般応募技もあるので総合的な技数は20を超える。お前は技のデパートか。


+『仮面ライダーバトル ガンバライジング』では
当然のごとく1弾から参戦。
しかも現行作品である鎧武・ウィザードと同様に、LRとキャンペーンカード両方の枠を持っていく好待遇。やはりガンバライドの顔役は格が違った。
ボイスもガンバライドから流用されてるとはいえ本人ボイスで、戦闘開始時にディケイド特有の効果音もなる。
奇しくもシステムボイスがガンバライド初期弾と同じディケイドライバーの中の人(マーク・大喜多)のため、なんとなく初期のガンバライドを彷彿とさせる。

今回は共通システム「ライドバースト」で各種カメンライドが再現され、
さらにバースト後は原作同様にカメンライドしたライダーの必殺技を使うようになった。
(必殺技の演出は基本的に元のライダーと同じだが、今のところディケイドカブトの「クロックアップ」のみ独自モーション(ディケイドライバー操作)が含まれている)
弾が進む度に着々とカメンライド先を増やしており、バーストすると素のディケイドのままで戦わないカードの方が多い有様である。

カメンライドが優先されたためかなかなか劇中技が実装されなかったが、5弾でついにディメンションキックを持つカードが登場。
複数のフォームで連続で必殺技を出す「極極極ワザキャンペーン」の1枚で、
ディケイドのバースト必殺技「カメンライド・ディメンションキック」はディケイドクウガでマイティキック→ディケイド響鬼で烈火弾→ディケイドキバでダークネスムーンブレイク→ ディケイドに戻ってディメンションキック、という流れになっている。
マイティキックとダークネスムーンブレイクは簡易的なものになっているが、ディメンションキックを含めてライダーキックを3発放つ豪華仕様である。

一応劇中技は実装されたが、まだ登場していないカメンライド、特殊形態激情態に最終形態コンプリートフォーム、
各種FFRもあるので、当面ディケイドはカード排出とガンバライド時代の要素再実装が続くだろう。
「ガンバライダーの世界」に踏み込んだディケイドの旅はまだ始まったばかりである。

そして遂にナイスドライブ6弾。FARを実装したコンプリートフォームが登場した。レア度はレジェンドレア・レジェンドレアエクストラ。
FARはプレイの度にランダムで決定される仕様。エクストラではディエンドとの連携必殺技。

+『仮面ライダー バトライド・ウォー』では
プロローグからウィザードの前に「W、オーズ、フォーゼは倒したから後はお前だけだ」と
クウガ~キバの9人を引き連れ襲い掛かってくるという衝撃の登場を果たす。
操作キャラの性能としてはおなじみの専用スキル「カメンライド」でインターミッションで
クウガ~キバから3枚カードを選び、選択したライダーカードから切り替えながらカメンライドして戦う。
必殺技もそのライダーの技に変わるがディメンションキックのみ固定で、使うとディケイドに戻ってから攻撃する。
通常攻撃そのものは変化しないため自分の好みのカメンライドで戦えるのが強み。
攻撃のヒットに応じて時間が延長されるクロックアップの仕様の関係で、
カブト本人よりも攻撃範囲が広いライドブッカーを持つディケイドカブトの方がクロックアップの時間が長くなるという事も。

……だが世界の破壊者はその程度では終わらなかった。
他のライダーでは最強フォームに変身する時にしか発動できない超必殺技を
ディケイドはコンプリートフォームになっている限り残り時間消費で連発できるというとんでもない仕様で、
ゲージが許す限りファイナルアタックライドで敵を蹴散らす地獄絵図と化すのであった。なお召喚するのは選択中のライダー。
その代わり他の性能は一切強化されず、FARは見た目よりも攻撃範囲が小さく威力も低い(技が同じカブトが顕著)のでバランスは取れて いた
いたのだが……(後述)

今作では各主役ライダーを救出する時に一部例外を除いた全ライダーに対して掛け合いがある。
今回登場しているのは全員原作でのライダーなのだがディケイドは会話の中でリ・イマジネーションライダーの
話題をあげたり渡や一真、モモタロスなど本人に出会ってる場合はその事をいうというファンサービスがある。
ただ残念な事に同キャラ対戦ができないというライダーゲーの共通仕様のせいで
五代クウガからディケイドへの掛け合いは存在しない(「ディケイドの目覚め」で小野寺クウガが敵として登場するため)。
逆にディケイドからは小野寺クウガの事を交えた話をする。
「タイマンはらせてもらうぜ!」というフォーゼに対して
「確認しておくが他のライダーに変身するのはルール違反じゃないよな?」と返す一面も。
…コンプリートフォームのファイナルアタックライドはルール違反なんだろうか。

+そして…終盤ネタバレ注意
ラスボスとしてまさかのディケイド激情態が抜擢されている。
とはいっても敵ボスがライダーの記憶から生みだしたものであり別に士が敵に回ったわけではない。
それでも戦闘中の声と口調は士そのものであり、
(会話では敵ボスの声と口調のまま、というかこのゲームは士のテンションが激情態並に常に低め)
映画同様にカードの制限がなく通常ディケイドとは性能も別物である。
最終的にウィザードの活路を開くためになんとディケイド本人が激情態とライドブッカー同士でぶつかり合うという展開を見せた。

また、ラスボス戦をクリアすると激情態のフィギュア(強化パーツ)が購入可能になるのだが、
その性能が「最強フォームになるための超必殺ゲージがMAX固定になる」というもの。
……そう、ディケイドがこのフィギュアを装備すると 無限にFARを撃ち続けられるようになる のである。
最強フォームになるとゲージが切れるまで解除されない(=ステージ終了まで継続)ため同じことが出来るキャラはいない。
激情態装備中は本来最強フォームに付属するコンボ数永続やスーパーアーマーが消えるが超必殺技中は無敵なのでそんな事は関係ない。
当然バランスなど存在しない。 おのれディケイド!貴様のせいでバトライドウォーの世界までも破壊されてしまった!
流石にマズいと思ったのか、下記の『II』では激情態フィギュアの効果が変更された。

続編『仮面ライダー バトライド・ウォーII』にも引き続き登場。
究極形態(劇場版に登場したフォーム)として最強コンプリートフォームが追加された。
だが究極形態に変身するボタンと超必殺ボタンが共通のため、性能は据え置きのままでディケイドの強みである超必殺連打が出来なくなってしまった。
最強コンプリートフォームでなら連打できるものの、前作でラスボスのフィギュアが猛威を振るったためか
本作ラスボスのフィギュアは無く、同様の効果も存在しない上全体的な変身時間が短い(全員共通で成長上限が前作の3分の1程度)。
さらに最強コンプリートフォームになっても技は一切変化せず、ライジングアルティメットも超クライマックスも使えないと1人だけ弱体化と言える措置を受けている。
トドメとばかりに平成一期では数少ない究極形態持ちなのに、ストーリー終盤で電王と平成二期ライダーが究極形態に変身するムービーからハブられてしまっている。

更に、激情態がプレイアブルキャラとして追加。
激情態はクウガ~キバの9ライダーのアタックライドを使用できるほか、G4のギガントなども使用できる。
その中でも龍騎のドラグレッダーが非常に強力なため、強キャラとされている。強すぎて他の技がいらないと言われることも。
ボイスは通常ディケイドと同じ。

3作目『バトライド・ウォー 創生』にも当然参戦。ボイスも新録された。
更に本作では小野寺クウガも本人キャストでディエンド共々プレイアブル化した。
でもやっぱり最強コンプリートフォームの性能は変わらない。ライダー史上最低のクソゲーことサモンライドで新規モーション増えてたのに。

本作にて超必殺ゲージを無限にするラスボスフィギュアが復活したが、
取得条件がストーリーモードに加え最難関の最高ランクサバイバルクリアと性能に見合うものに変更され、
かつ装備中は最強フォームが任意で解除可能になり誰でも無限FARと同じことが出来るようになったので1強ではなくなった。

+ディケイドそのものの再構成(リ・イマジネーション)
『小説 仮面ライダーディケイド 門矢士の世界~レンズの中の箱庭~』では、変身者の門矢士を始め設定が大きく異なっており、
各旅先の世界で「破壊者」や「悪魔」とは呼ばれず専ら鳴滝から呼ばれる程度に留まっている。
また、劇中では仮面ライダーディエンドにもカメンライド出来る他、コンプリートフォームがケータッチによる変身ではないなどの差異がある。

ちなみにこの小説、未だに正体が一切不明な謎の存在である鳴滝について踏み込んだ描写がある他(小説独自のものだが)、
終わりがないのが終わり」なディケイドの物語で明確な終わりを描いているなど見所も多い。
一方で、作者が本著がデビューとなる新人と監修した人が設定を深く考えない事で定評のある井上敏樹であるためか
設定の間違いや技・武器呼称の不統一(マイティフォームが剣を使用、イマジン間の名前呼びなど)が多く見られ、その辺りの批難も少なからずある。

また『小説 仮面ライダー鎧武』でも、明言はされてないものの(恐らくは映像作品の)門矢士と思しき人物が登場し、
高次元世界に囚われた呉島光実の元に現れ、彼に道を示す役割を務めている。

「ここも俺の世界じゃない」


MUGENにおける仮面ライダーディケイド

平成主役仮面ライダー製作でおなじみのqzak氏が製作したディケイドとその改変、DCDキバ、DCD1号が存在する。

  • qzak氏製作ディケイド
+仮面ライダーディケイド(元:DCDクウガ)
  • 仮面ライダーディケイド(元:DCDクウガ)
メインはクウガにカメンライドしたディケイドであり、
スプライトは氏の製作した同人格闘ゲーム『StreetRider』のクウガのドットをメインに使用。
通常攻撃はクウガのものだが、ディケイドの能力で「キバパンチ」「サンダー(ブレイド)」
「昇竜突破(龍騎)」「セイバースラッシュ(アギト)」など、他のライダーの技をも使うため、一種のディケイドファクトリー状態である。
勿論、ディケイド自身の必殺技である「ディメンションキック」、アタックライドの「ディケイドブラスト」なども搭載されている。
更にファイナルフォームライドやコンプリートフォームの最強フォーム召喚技までもが追加された。
平成ライダーの中では流用も含め一番必殺技が多くバリエーションが豊富で充実しているが容量が大きめ(特にsndファイル)。

以前はクウガの流用が多かったためDCDクウガという名前だったが、放送終了後に仮面ライダーディケイドへ改名。
現在変身、待機、しゃがみ、ガード、立ちダメージのモーションがディケイドの素材へと変更されている。

最新版はディケイドブラストが改良。構えが変わり当たりやすくなった。
また、sndファイルの容量も削減された。
更に24、25話でコラボした侍戦隊シンケンジャーの烈火大斬刀を使う技と
30のキャラであるイースをキュアパッションにFFRさせる技が追加。
2009年から2010年に放送されたニチアサキッズタイムをまとめたようなキャラになった。
バトスピがない? こまけぇこたぁいいんだよ!

+現在までに搭載されているディケイドと他のライダーの技

必殺技

  • クウガ技
    • マイティキック
      • 飛び蹴りだが低空で真っ直ぐ飛ぶので当たりやすい
    • ペガサスブラスト
      • 対空技。斜め上に弾を発射する
    • カラミティタイタン
  • クウガ&アギト技
    • ストームドラゴン
      • クウガドラゴンのドラゴンロッド→アギトストームのストームハルバード
  • アギト技
    • ライダーキック(アギト)
      • マイティキックと同じ?
    • セイバースラッシュ
  • 龍騎技
    • 昇竜突破
      • ドラグクローから火炎放射をする
  • ブレイド技
    • サンダー
      • 雷を落とす技。近距離、中、遠コマンド有り
  • 響鬼技
    • 烈火弾
      • 音撃棒から炎の弾を2つ発射する
  • カブト技
    • アバランチスラッシュ
  • キバ技
    • キバパンチ
    • バッシャーマグナム
      • 敵を追尾する弾を撃ち、当たると少し固まる
      • 高性能でありコマンドも簡単なのでCPUでもプレイヤー操作でも飛び道具の中では一番便利
    • ドッガウォーク
  • アタックライド
    • AR:ディケイドブラスト
      • 真っ直ぐに飛ぶ弾を3発連射する。
    • アタックライド オートバジン
      • オートバジンを呼び弾を連射するストライカー
      • 呼ぶまで時間がかかるので途中で攻撃を受けて無効になることも

超必殺技ゲージ技)

  • クロックアップ(Lv.3ゲージ技)
    • カブトと同じ時止め技
    • ブラストなどの弾も止まる。
    • 2ゲージでも発動できるが3ゲージあればライダーキックも使用可
  • ディメンションキック(クロックアップ中のみカブトのライダーキック発動)
    • 当てるのは少し難しい。遠すぎず近すぎずの距離で。
  • ライダーキック(カブト)
    • クロックアップ発動中にディメンションキックコマンドを入力すると発動。
  • ファイナルフォームライド
    • クウガゴウラム
      • クウガを呼び出しゴウラムに変形させ敵に突進させる
      • 割り込みで攻撃でき、相手と距離が短くても当たるので使える技
    • キバアロー
      • キバを呼び出しアローに変形させ敵に射撃
  • コンプリートフォーム
    • 攻撃するまで時間がかかるので使うタイミングが難しい
    • ファイズブラスター(Lv.3ゲージ技)
      • ファイズブラスターフォームを呼び出し二人でビームを発射
      • 近すぎると当たらない。敵に邪魔され攻撃できない場合もある。
    • ハイパーライダーキック(Lv.3ゲージ技)
      • ハイパーカブトを呼び出し二人でライダーキック
      • クウガとアギトのキック強化版?
    • フルスロットルブレイク(Lv.3ゲージ技)
      • ライナーを呼び出し二人で突進
      • 電王の電車斬りと同じ?

挑発

  • アタックライド 俺参上!
  • アタックライド 答えは聞いてない
  • アタックライド 僕に釣られてみる?
  • アタックライド 泣けるで!

ディケイドで新規に作られた技はキバの攻撃とAR全種とクロックアップ以外の超必殺技。
昇竜突破等、一部の技は修正が加えられ他のライダーと違う性能なのも存在する。

エマノン氏製作のがAIパッチが2010年3月2日より公開されている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9237810

ちなみに、人操作だとドッガウォークを連発するだけで強AIキャラに勝てたりする。

+DCDキバ
  • DCDキバ
ディケイドがキバにカメンライド(変身)した姿。小ポトレが大ショッカーの紋章になっている。
前は通常攻撃にクウガ~電王の素材が使われていたが、最新版は全素材がキバに変更された。
必殺技はディケイドで作られたキバの技と新規技が収録されている。
そして2011年4月1日、このDCDキバとは別に仮面ライダーキバが公開された。

データカードダスのガンバライドではディケイドキバがキバアローを使うのだが
MUGENのキャラではディケイドの方に搭載されている。新規技はガルルフォームの必殺技。
更に最新版は仮面ライダーW、仮面ライダーOOO(オーズ)がストライカーとして登場。

+現在までに搭載されているキバの技

必殺技

  • キバフォーム
    • FAR:ダークネスムーンブレイク
      • ゲージ技。
      • 劇中のように上に飛んでからキック。
  • ガルルフォーム
    • ガルルハウリング
      • 中距離系飛び道具で攻撃力はなし。
      • 喰らった相手を一時的に行動不能にする
    • ガルルスラッシュ
      • 口にガルルセイバーを咥えて飛び掛り、唐竹割に斬りつける
  • バッシャーフォーム
    • バッシャーマグナム直進
    • バッシャーマグナム追尾
      • ディケイドのバッシャーマグナムと同じ
  • ドッガフォーム
    • ドッガハンマー
      • カラミティタイタンのドッガ版
    • ドッガウォーク
      • ディケイドと変わり無し

AIは未搭載。
+DCD1号
  • DCD1号
こちらはスーパーヒーロー大戦の1号にカメンライドしていたディケイドを元にしたキャラで、
上記の2体とは違い「すべてのライダーの制作素材を一度登録して試してみる」という実験目的のキャラになる予定らしい。
目標は月一更新とのこと。
ボイスは今のところイントロと超必殺技のみ搭載。
ニュートラルは1号だが、基本動作(歩きやガードなど)はWに、しゃがみとジャンプ・通常技などはOOOに姿が変わる。
また必殺技として現時点ではライダーパンチ・ライダーキック・対空技の3つが存在。
ライダーパンチとライダーキックは1号の姿のまま攻撃(強で出すとフォーゼに変化)し、
対空技はフォーゼの姿になり上空に向かってライダーロケットパンチを繰り出す(強で出すとロケットステイツに変化)。
超必殺技は今のところ1ゲージ技のプロミネンスドロップと3ゲージ技のアルティメイタムフルコンボが存在する。
アルティメイタムフルコンボは『MOVIE大戦アルティメイタム』に登場したライダー全員で連続攻撃する技。ディエンドがスタンバってるのだろうか。
具体的にはDCD1号がウィザードに変身した後、アクセルがバイクモードに変形し突撃、バースがドリルアームとキャタピラレッグで突進、
メテオがメテオストライクで攻撃しなでしこがライダーロケットパンチで突進、
WとOOOがジョーカーエクストリームとタトバキックで同時攻撃した後
最後にDCDウィザードとフォーゼファイヤーステイツのダブルライダーキックで締めるという超大掛かりなもの。
……が、始動時にロックするわけではなく、出現するライダー一人ひとりが口上を述べる上に攻撃タイミングがバラバラのため、
フルヒットしないどころか人操作相手だと まず一発も直撃しない 。攻撃中無敵なので回避には使えるか。
AIは搭載していない模様。

2013年1月分の素材更新によりイントロがウィザードに変化し、各動作のWがkaabeelove氏製作の仮面ライダージョーカー素材に変更された。
また空中の特殊技として元祖メテオ仮面ライダーケタロスの「ケタロス・メテオ」が追加された。 どっかで見たことあるポーズ気にするな!
一番の変更点として「アルティメイタムフルコンボ」が「アルティメイタムフルコンボ・ビースト」に変化し、
技の最後に仮面ライダービーストによるダイスサーベル突進が追加された他一発でも当たれば相手をロック、再度コマンド入力で技を中断可能、
それにより「技発動で3ゲージ消費」から「ライダー一人出現ごとに約0.5ゲージ消費」に変化、と攻撃性能が大幅に強化された。
……が、相変わらず攻撃前に口上を述べるため基本的にガードされる。
それどころか今度は無敵時間が削除されたため「ショータイム見てからカウンター余裕でした」となり、
折角追加されたロック効果も相手が半画面ほど離れていないとラストのダブルライダーキック二連発がスカり相手の方が先に動けるようになる始末。
とはいえフルヒットすれば約800ダメージ+追撃可能という凄まじい性能なので、タッグ戦では猛威を振るう事間違いなし。

2月分の更新で攻撃エフェクトが変更され、仮面ライダーBLACKRXに変身して攻撃する0.5ゲージ消費の「キングストーンフラッシュ」が追加された他
1ゲージ技として仮面ライダージョーカーの「ライダーパンチ」と「ライダーキック」が追加された。
(これに伴いプロミネンスドロップは2ゲージ技に格上げされた)
またイントロに ブレイd ドキドキ!プリキュアの主人公・相田マナが仮面ライダーカリスの動作で1号に変身するパターンが追加された。
このイントロが出た場合3ゲージ技が「アルティメイタムフルコンボ・魔法少女ビースト」に変化する。
通常版との違いはビーストの口上と攻撃モーションのみ。

3月分の更新では一部動作がオーズのものに変更されたほか攻撃エフェクトの変更が進み、
「ライダーキック」の演出が変更され、仮面ライダーサガの動作が追加された

4月分の更新では映画『スーパーヒーロー大戦Z』の公開記念として新1ゲージ技の「スーパーヒーロータイム」が追加された。
内容はDCD1号がウィザードフレイムドラゴンに変身した後ゴーカイシルバー、イエローバスター、キョウリュウレッド、ギャバンの4人が順番に攻撃する技で、
「アルティメイタムフルコンボ・ビースト」と同じく一人出現毎に少しづつゲージが減少していく。
また近距離でパンチとキックを使った際に龍騎に変身して攻撃するようになった。
この他、転倒動作がオーズのものに、ガードエフェクトがオリジナルのものに差し替えられた。

5月分の更新では特殊技として仮面ライダーシザースが追加、歩きとダッシュの絵がオーズのものに差し替えされた。

7月分の更新ではオーズ単体化の先駆けとして連続攻撃の「タカキリバ」と移動投げの「タカトラーター」が追加、
更に0.5ゲージ技として空中技のギャレンジャックフォームが搭載された。

10月分の更新ではオーズが単体化したためそちらに搭載されたタカキリバとタカトラーターが削除、
代わりに「タカキリーター」「タカトラドル」が搭載され、プロミネンスドロップも「ジョーカーグレネード」に変更された。
この他、スーパーヒーロータイムが通常技に変更され、マナとウィザードのイントロにエフェクトが付いた。

2014年1月分の更新では平成ライダーに対し『仮面ライダー大戦』の本郷猛特殊イントロが搭載、
立ち弱・強攻撃、立ちガードの絵がフォーゼに変更された。

4月分の更新では対平成ライダー用勝利ポーズと汎用イントロが追加、
しゃがみ強・ジャンプ弱・ダッシュ・バックステップがフォーゼに変更され、ジャイロモジュールによる空中ダッシュも搭載された。

5月分の更新では立ち弱・しゃがみ弱がフォーゼ素材に変更、ホッピングモジュールによるハイジャンプが搭載された。


上記のディケイド3種類には全て平成ライダーキャラ定番のボイスパッチが存在し、ディケイドとDCDキバにはBGM挑発パッチ、ベルト音声パッチが存在する。
ボイスパッチはかじゅみ氏製作で、適用するとセリフや効果音が増える。
DCDキバにおいては、オリジナルキバこと紅渡のボイスが同梱されているので渡キバ気分で使える。
BGM挑発はアミバでお馴染みのオキ氏製作の「挑発ボタンでBGM変更を行える」パッチだが
他のライダーと違い、Zで出せるうえ、BGMも3曲収録されている(他のライダーはSTART)。
ベルト音声パッチはふぁいぶ氏によるもので、適用するとディケイドライバーの音声が追加される。
ただしディケイド用パッチはエマノン氏AIに対応しておらず、DCDキバ用パッチはBGM挑発スイッチ適用が必須となっているため注意。

  • 改変版ディケイド
+ディケイドEX
Azuma氏により改変されたディケイド。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm17622742
イントロを初めとしてエフェクトが多数変更され、既存技の性能も変更されている。
出は遅いが一度に複数撃つ「AR:ブラスト」、別の電王のフォームに切り替えて再攻撃出来るイマジンコンビネーションなど新技も増加。
また基本動作や通常技もほぼクウガではなくディケイドに変わっている。
代わりにゲージ技は大半が削除されクロックアップとディメンションキックのみになったが、
前者は改変版カブト同様時間鈍化に、後者は発動時前方にカードを展開しそれが当たればロックするようになった。
AIは搭載されていない。

+ディケイドSP
上記EXをベースにさらなる改変が施されたennki氏によるディケイド。仮面ライダー製作Wiki用アップローダーで公開中。
以前は名称が上記同様EXで内容も特殊イントロ追加や小ポトレ追加とEXの延長線上だったが、
2015年12月の更新でなんと カメンライドを搭載 し、SPに名称変更された。
SP公開当初 http://www.nicovideo.jp/watch/sm27715908 Ver1.0 http://www.nicovideo.jp/watch/sm30557550
Ver0.4以降は画面下部に『バトライド・ウォー』のようにライダーカードが表示されており、x・yで一枚ずつ、zで五枚まとめて切り替え可能。
そして現在の形態以外のライダーに合わせた状態でsを押すとカメンライド(KR)を発動、そのライダーに変身する。
更にVar0.65からはフォームライドも搭載され、現在はファイズアクセル、デンオウガンが使用可能。
各形態毎に元キャラにはなかった新技も搭載され、あらゆる状況に対応出来る。
KRしていない素の状態だとKR可能ライダーの技が削除され代わりにカウンター技を得たディケイドEXといったキャラ。
注意点としてKR発動時は約1秒間無防備になり、その状態で攻撃されるとKRもキャンセルされる。
0.5ゲージ消費でこの隙を消したKRを使う事も可能なので、緊急時はこちらに頼ろう。
また、1ゲージ技のファイナルアタックライド(FAR)を使用した場合、
使用したFARは一つの形態で約20秒戦うか最後にFARを発動してからKRせずに約20秒経過するまで再使用する事は出来ないため注意。
1.5ゲージ消費でKRをすっ飛ばして選択したライダーに即変身しFARを使用する事も出来るが、当然しばらく再使用は不可能。
Ver1.0にて、特定の条件を満たす事で3ゲージ消費してコンプリートフォームになれるようになった。
コンプリートフォームになるとKRが不可能になるがステータスが上昇しFARディメンションキックが3ゲージ技になり大幅強化&使用無制限化、
更に3ゲージ消費で選択中のライダーカードのライダーを召喚し二人でFARする(一度使用したライダーはその試合中再使用不可能)。
ただし現在の所龍騎、ブレイド、響鬼のFARは未実装。
この他、特殊カラーとして7P以降ではFARの使用制限がなくなる。
お遊び要素として12Pを選択すると破壊者モードになり、ステージとか被ダメージとかのけぞり絵とか色々なものを破壊する。
この状態だと通常の手段でダメージを与える事は出来ず、即死当身などの一部即死しか通用しない。
Ver0.95からデフォルトAIが搭載された。
簡易AIながらコンフィグで使用する形態を設定でき、現在は通常ディケイドの他クウガが選択可能。
なお、これだけ詰め込まれているので当然容量も重く、解凍前で約81MB、解凍後は約145MBと凄まじい容量のためDLする際は注意。

また海外製作者のninefreeman氏による改変版も存在する。


この他にもMUGENに似たような魔砲使いロボットがいる気がするが、何、気にすることは無い
まぁ中の人がライダーのOPを歌ったり高速移動や、クロックアップしたり、
二次OVAでオリジナルの中の人が同じレギュラーキャラがディケイドでも登場していたりと、何かとライダーと関連は多いのだが。

もう少しさらに言うとディケイドの「AR:イリュージョン」のようにMUGEN界隈には分身を連れて同時に戦うキャラが
何人もいたりするのだが、MUGENのディケイドではまだ再現されていない。

-全てを破壊し、全てを繋げ!!-

ライバルの仮面ライダーディエンドもAzuma氏を始めとするProject Diendにより製作・公開された。
nipa3008氏やennki氏による改変版も公開中。
プレイヤー操作 http://www.nicovideo.jp/watch/sm17424300

出場大会

削除済み

出演ストーリー



*1
…というのが公式だが、「次元」を意味する英単語「ディメンション」をもじり、
「様々な世界を旅する=次元を超越する」との意味もある、と噂され、
また「DCD」を現在稼働中のカードゲーム『ガンバライド』で使用される「データカードダス」の略称と捉える向きもある。

*2
余談ではあるが、昭和の10号ライダーであるZXが主役の漫画『仮面ライダーSPIRITS』に登場する
バダン総統=ショッカー首領も他ライダーへの変身能力を披露している。
そのため、ファンからディケイドとの関係性について考えられることもあった。
実際、ライスピ単行本での後書きなどによると平成ライダー製作者の中にはライスピ読者も数多くいるようであり
案外本当に元ネタなのかもしれない。
またディケイドも平成の10号ライダーだったりと、ZXとは色々と共通点があったり。
スピンオフのディケイドはZXのことを嫌っていたが

*3
このスカイライダーを撃墜したFARに関しては、ファンの間で「キック」か「ブラスト(ビーム技)」か意見が分かれている。
劇場版上映当時は、スカイライダーの落下したクレーターからディケイドが現れるため、
「蹴った勢いのまま着地した」と言う解釈からキックで撃墜したと言う意見が主流であった。
しかし、いざDVDが発売されて、スローや一時停止を交えて何度も見れるようになると、
映像ではブラストのようにしか見えない事が判明。
直後のシーンでカブトに放ったキックと明らかに演出が違う事もあり、ブラストで撃墜したと言う意見が広まり始めた。
別に論争になる訳ではないが、現在でもどちらの意見を信じるかは人によって違うようである。

なお、公式としては、ガンバライドでの激情態の必殺技が追尾キックになったり、
ファンブックにも「キックだ」と書かれていたりと、この攻撃はディメンションキックだったと言う事になっている様子。
しかしこれが元からなのか、それともファンの誤解から生まれた後付けなのかは不明である。