ゼノン・ゼシフィード


「エターナルスレイヴッ!!」



「エレガントに

                               いきますわ!」

斬紅郎氏の製作したフリー格闘ゲーム『アイ・舞・ミー』の登場人物。
セシリアが出演している『タイトル未定 DS』にもラスボスとしてゲスト参戦している。
愛称は「 Zの人 」「 Z嬢 」等。
Xenonじゃないのかって?Uda様の例もあるし別に良いんじゃない?

声優は計名さや香女史。セシリアや『マリばと!』の福沢祐巳BIGBANG BEATこいつと同じ声優である。
また、氏は他にも(非公式だが)『』の霧雨魔理沙や、鈴仙・優曇華院・イナバの声も担当したことがある。

『アイ・舞・ミー』作中における格闘大会「山百合会」の主催者にして、ゲームのラスボス
そもそもの開催目的は、「暇つぶし」と 「選手のエキスを集めるため」 と、いかにもボスらしい。
……ように一見思えるが、エキスを集める理由が 「美容のため」 で、選手も美少女ばかりを集めている ため、かなり危ない人物に見える。

極普通のサラリーマンである父と宇宙最強の存在である母(斬紅郎氏曰く昔のこの人のような存在(笑)らしい)の娘であり、兄と姉がいる。
性格も典型的なお嬢様であり、幼いながらも威厳を保っている。
ただ、特技の(「大会の開催」はまあいいとして) 「妖しい研究」 「少女をオトす」 が相当に突っ込みどころを作っている。
意外にも○学校に通っていて、そこでは先の父親の血が生きているのか上手くやっているようだ。
最近は「歩く」練習をしているとのこと(常に宙に浮いているため)。
年齢は12歳で、分かりづらいが右目は紫、左目は赤のオッアイである。

『タイトル未定 DS』では、かつてセシリアの手により封印されたラファたちを開放したり、巨大モンスターをペットとして飼っていたり、
セシリアを自身の コレクション に加えようとしたり、屋敷を自爆させたり、「天下一舞踏会」なる格闘大会を開催したりと相変わらずフリーダムである。
しかし、『アイ・舞・ミー』の頃よりも威厳が増しており、ラスボスらしいキャラになっているとも言える。

金髪に赤い服、使う技(後述)などからルガールの影響を少なからず受けているのはほぼ確定である。
おまけに、上記の家族設定から「ルガールの娘(末っ子)」、「アーデルハイド(とローズ)の妹」等と一部のファンからネタにされている。
もちろん、これはあくまでネタであるが、ニコニコのMUGEN動画(特にストーリー動画)ではゼノンを登場させる際の良い材料になるかもしれない。

『アイ・舞・ミー』における裏ゼノンのテーマ『Cruel Angels』。
(なお『タイトル未定DS』『森のくまを』では『ヘルマスカレード』がテーマ曲となっている)

「全ての美少女達よ・・・わたくしにチカラを!!!」


原作におけるゼノン

『アイ・舞・ミー』では初期プレイヤーキャラのゼノン(通称・表ゼノン)とラスボス仕様のゼノン(通称・裏ゼノン)の2人のゼノンが登場する。
表ゼノンは裏ゼノンが作り出した自身のクローンであり、性格もお嬢様と言うよりも子供っぽさが目立っている。
性能は、表・裏両方ともバランスの取れたキャラクターであるが、
ラスボスである裏とは違い、表は基本となるコンボや戦法がほとんど空中に絞られてしまうため、総合的なランクでは下位キャラに位置付けられている。
裏はラスボスなだけにその性能はズバ抜けており、同作のちよと並んで2強として君臨している。
ラスボスということから、飛び道具の「カイザーウェイブ」、対空技の「プティ・ジェノサイド」、前方にレーザーを放つ「エレガント・レイ」等格ゲーのボスキャラの技も使う。
他にも地上全体が吸引範囲である極悪超必コマンド投げや、ブリス技お母様の力を借りて波動砲を放つといった技まで持っている。
ちなみに、「プティ・ジェノサイド」発動時の台詞が「エターナルスレイヴ」で、何故か技名が違ったりする。
なお、本項上の台詞は「エレガント・レイ」発動時に言う台詞。
余談だが、『アイ・舞・ミー』は 「チラリズム」 をテーマにしたゲームなのであるが、
ゼノンの場合はタイツを着用しているため、 どんなに頑張ってもパンツは決して見ることができなかったりする

『タイトル未定 DS』においても、性能はラスボスらしく非常に強力。
『アイ・舞・ミー』の裏ゼノンとは性能が大幅に変更され、使用する技の大半も変更・削除されたが、相変わらず飛び道具に対空技、乱舞技となんでもござれな万能選手である。
だが、幼い外見のため通常技の間合いが若干短く、ジャンプのスピードが全キャラの中で一番遅いうえに軌道が緩慢なのが欠点。
全キャラで一番多くの技・超必を持つが、ゲージ消費が激しいものが多いのも弱点といえる。
使用する技は、飛び道具に「烈風拳」が追加され、ますますルガールっぽくなった(ただし、ギースロックのように「ダブル烈風拳」も使える)。
さらに、世界中の美少女たちから少しずつ分けてもらった乙女力をぶつける「乙女玉」なる空中技がある。
この技、発生まで隙が大きいので潰すのは容易なのだが、
原作では 自身のゲージだけでなく相手(つまりはプレイヤーキャラ)のゲージまで消費して発動する というトンでもない代物だったりする。
発動するとゼノンのゲージが0になるまでが自動的にタメ時間となるのだが、発動の段階でゼノンよりもゲージが少なかった場合は問答無用でこちらのゲージも0にされる。
おまけに、ガード不可能(実際はガードクラッシュ効果があるだけなのだが、多段Hitするため実質ガード不可能)、
ゲージの消費量次第では 即死 (消費量が少なくても3割は軽く食らう)という桁違いの威力を誇るため、
CPU戦ではゼノンがこれを発動したら潰すよりも離れるほうが得策である。
しかし、うろついているNPCに立ちふさがられて避けきれないということも…
他にも 地上・空中どちらでも発動可能 時止めや、どこぞの磁界王の技まで持っている。
総合的な性能ではセシリア、ラファと並んで3強に位置している。
上記2名と違い、即死コンボやお手軽な永久こそ持ってはいないが、数多くのお手軽かつ高威力のコンボをもつ。
特にゲージMAXの状態で時止め→小足連打という厨戦法(通称・ ガトリング小足 。これだけで並大抵のキャラは10割)がプレイヤーたちの間で猛威を振るった。

ちなみに、「プティ・ジェノサイド」発動時の台詞が「エターナルスレイヴ」なのは相変わらず。
また、「カイザーウェイブ」の技名が「カイザーフェニックス」に変更されている。
が、発動時の台詞は「カイザーウェイブ」と、やはり技名と一致していない。

余談だが、「プティ・ジェノサイド」は性能こそジェノサイドカッターをモデルにしているが、モーションはG・クレイスだったりする。
ラスボスはルガール風というコンセプトで作り始めたが、「ジェノサイドカッターのモーションそのままだと飽き飽きなので微妙に変えたらほぼ同時期に出たKOF2003とかぶった」らしい。
一応、G・クレイスとは体の向きが表裏逆という違いがある。
『REQUIEM』『森のくまを』では何故か「プチジェノサイド」と微妙に名前が変わっている。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9454120 http://www.nicovideo.jp/watch/sm15254402



「なんて脆い生き物なのかしら。

                                                             ウフフフフ…」


MUGENにおけるゼノン

MUGENでは現在のところ2種類のゼノンが存在する。
+ ハイパーヒロロ氏製作 『タイトル未定 DS』版
+ 緋錬氏製作 『アイ・舞・ミー』版

      虫けらにしては、

                                    よく頑張りましたわね


出場大会

タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
非表示

出演ストーリー

DIOの喫茶店
GO!GO!リンガ王国(『タイトル未定 DS』版、『アイ・舞・ミー』版)
MUGEN STORIES INFINITY(『アイ・舞・ミー』版・・この人この人の未来の娘)
SOS団と3人の姫君(『タイトル未定 DS』版・・ワラキアの影響、『アイ・舞・ミー』版・・量産)
血が嫌いな吸血鬼
なこるる茶屋
妄想式家族計画(未来から来たロックの娘)