タロス



「…………!」

キャラクター概要

富貴商会の対戦格闘『アシュラブレード』および続編『アシュラバスター』に登場。
古代魔法の技術で作られたアイアンゴーレム
永い年月、ASURAの剣を守護する役目を務めてきたが
剣が消失したため、捜索に赴くこととなるのが『ブレード』のストーリー。

結局剣は見つからず、捜索を続ける途中、野盗に襲われていた少年を保護。
すっかり少年になつかれたタロスは、とまどいながらもうち解けていく。
しかし、国土消失事件の際に自分を呼ぶ声を感知。
事件の真相を悟ったタロスは、少年を比較的安全な街に預けて旅立つ、というのが『バスター』のストーリー。
少年を介してローズマリーのストーリーともリンクし
エクストラステージの相手はローズマリー。ローズマリーの相手はタロスである。

+ 『アシュラバスター』 タロス ストーリー

+ バスターEDネタバレ

アリス曰く「大きなヤカン」、フーティー曰く「でっかいヤカンのオバケ」。
ここから通称「やかんロボ」。
変形など一連の動作にヴァンパイアシリーズのフォボスの影響がうかがえたが
続編では「少年とロボ」という設定までパク似てしまった。
胴体内部にある顔のようなものがおそらく本体ないし中枢であり
外殻は魔法の力で自在に変形可能。
装甲の固さと一撃の重さは驚異的で、他のキャラクターからも厄介な存在と見られている。


原作での性能

  • 『ブレード』
 ロボだけに防御力が高く攻撃も痛い。歩きは遅いがダッシュ可能で機動力もそこそこあり
 空中奇襲技「クロノスドライバー」もあって空中戦も不得意ではない。
 通常技の出も意外と早めでリーチがあり、ダウン属性のついた特殊技も多く
 適当に技を振ってるだけでも強いうえに、マジックブーストではさらに火力が上がる。
 強化版ニードルチャージからの空中コンボも強力で、デカいという以外の弱点が見あたらない。
 外見はヤカンだが意外にも初心者向けの強キャラである。

  • 『バスター』
 端から端まで一瞬で届く「ロケットパンチ」と突進技「ニードルチャージ」が削除。
 かわりの突進技「キリングギア」も移動起き上がりの使い回しで
 タロスなどに容量を割けないという大人の事情が伝わってくる。
 そして強化版キリングギアも強化版ニードルチャージの使い回しなのだが、これがまた
 「出が早い・相殺判定強すぎ・多段ヒットでダメージ高い・当たると垂直に浮き追撃も可能」
 という超性能のため、ガードキャンセル強化版キリングギアだけで世の中渡っていけるようになって
 お手軽感はさらに増した。
 ガーキャン強化版キリングギア→J弱弱キャンセル強化版クロノスドライバーで簡単に30HITを越えるため
 ラウンド中のヒット数が得点に加算される『バスター』でスコアアタックをするならタロスが適任である。

 結局、強化版キリングギアを主体とした攻めで、存在自体が反則なヤシャオウに続き
 低空イビルアローを軸に封殺できるローズマリーと共に3強を形成した。

 ちなみにマジックブレイク(超必殺技)の「インビジブルソード」は
 他にゲージの使い道がいくらでもあるので両作ともにいらない子扱いである。


MUGENにおけるタロス

日本破壊結社NHK氏による『ブレード』仕様のタロスが存在した。
原作再現に定評のある氏のキャラらしく、細部まで作り込まれている。
性能については付属の取説に詳しいので、そちらをよく読もう。
現在はフリーティケットシアター終了によるリンク切れで入手不可。

特に名乗る名の無い流れ者氏によってAIパッチが公開されている。

『バスター』仕様のタロスがMUGEN入りする日は来るのだろうか…………。

+ 動画ネタバレ



「ヤカン? ヤカンッテナンデスカ?」

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
削除済み
更新停止中
凍結

出演ストーリー