三島一八


「俺は死んだはずの人間だ…
    貴様からは…全てを取り戻す!!!」

3D格闘ゲーム『鉄拳』シリーズに初期から登場する(3では欠席)キャラクターで、初代『鉄拳』における主人公。
体内に悪魔を模した姿へ変化出来るようになる「デビル因子」を持っており、
彼(と息子である仁)のデビル因子を巡って大会中に様々な事件が過去に起こっている。

+ 鉄拳シリーズ概要

プロフィール

名前 三島一八(みしま かずや
キャッチコピー 冷血御曹司(鉄拳1)
冷血頭首(鉄拳2・TAG)
国籍 無し(日本国籍は捨てたどうやって捨てたのだろう
格闘スタイル 三島流喧嘩空手
年齢 49(5時点)
身長 181cm(2時点)
体重 76kg(2時点)
血液型 AB
流派 三島流喧嘩空手
好きなもの 親父の嫌がる顔(鉄拳1)
混沌とした世界(鉄拳2)
仕事 親父の邪魔(御曹司なので金には困らない)どこが仕事だ(鉄拳1)
三島家の当主(鉄拳2)
G社幹部(鉄拳4以降。G社は実質的には一八の独裁状態)
趣味 スニーカーの収集


設定

初代主人公の彼を始め、三島一族はそれまでの格ゲーの主人公の固定概念をぶち壊すキャラであった。
・金持ち・々堂・強さより権力・ほぼ全てのキャラと敵対している、等)
というかかなりの頻度で三島家の誰かがボスと主人公を務めている。まさに悪役主役
性格や考え方は三島由紀夫及び土方歳三の影響を受けているらしい。また、名前の由来は俳優の木村一八から来ているとも言われている。
(作中の設定上は母・一美と父・平八から一文字ずつとったようで、「八」は彼の祖父である仁八から続いている)

特徴的なのは後ろに向けて尖った髪型。平八も息子の仁もみんな尖った髪型なので、三島家の遺伝子だろうか。
胸には大きな傷を負っているが、これは幼少期に平八に崖から突き落とされたことでできたもの。
『4』以降は顔を含め全身の各所に大小さまざまな傷が増え、さらに左目が赤く光るようになった。
常に鋲入りのグローブをしているが、元ネタは『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するスタープラチナ
実際初代に登場したデビル(デビル化した一八)は紫の体色で半裸ということもありどう見てもスタープラチナである。
しかし以降のシリーズでは悪魔そのものな姿になったのでピンと来ない人も少なくないと思われる。

担当声優は『鉄拳TT』まででは教授などでおなじみ中田譲治氏が務めていたが、
『鉄拳4』以降は「ザ・ベストハウス123」のナレーターでもある篠原まさのり氏が演じている。
『TT』以前は掛け声ぐらいしか音声がなく、声付きの台詞が増加したこともあって『4』以降の篠原氏のイメージの方が強いだろう。
なお、OVAでは『仮面ライダー剣』の プラズマチョチョン 烏丸所長や
映画版ウォッチメンの主人公ロールシャッハの吹き替えなどで有名な山路和弘氏が演じた。

+ 三島一八の半生(ネタバレ)

一八と鉄拳シリーズの流れ、参考動画


ゲーム中の性能など

ポール・フェニックスの『崩拳ステップ』と並んでシリーズを代表する特殊ステップ、通称『風神ステップ』を初代から所持している。
特にステップ派生の技は決まればそれだけで有利な試合に持ち込める他、どの距離でも使いやすい技の揃った万人向けのキャラ。
しかし近年の作品では発生の早い技は軒並み行動リスクが伴う上、固め技は発生がやや遅め。
手数で押すタイプでもなくガン攻めだけでは守勢に回ってしまうため、
『風神拳』を筆頭に強烈な破壊力を持つ打撃技を軸にそれを如何にして叩き込んでいくかをテーマに立ち回る
守り重視・パワータイプのキャラの傾向が強くなっている。
デビル仁や平八と並び鉄拳シリーズでのキャラランク上位に必ず顔を並べている強キャラ。

+ NAMCOxCAPCOM』での活躍


「ここが行き止まりだ」
そして2012年3月にはよもやのクロスオーバータイトルとなる、
『ストリートファイター クロス 鉄拳』が家庭用専用タイトルでPS3とXBOX360で発売された。
前者はストリートファイターIVのエンジンを使用し、鉄拳キャラクターも
それに合わせてストIVライクにアレンジされている。
波動拳を風神ステップでかわしたり、鉄拳TTのタッグコンビネーションのような技でニーナも呼び出したりしながらも
原作とはうって変わって2D格闘ゲームのノリで攻めていく一八を始めとした鉄拳勢が見られる。

また、バンダイのトレーディングカードアーケードゲーム『百獣大戦グレートアニマルカイザー』には
一八(読みはカズハチ)という名のカンガルーが登場している。
名前や胸の傷こそ一八のパロディだが、その風貌や性格は「格闘ゲームにおける一般的な主人公」のパロディになっており、
Vジャンプに掲載された紹介記事には「リュウ的な、アキラ的な、鉄拳昇龍バーチャカンガルー」と書かれている。
公式からもプッシュされており、本来の主人公を差し置いて関連雑誌の表紙を飾ったこともある。


MUGENにおける三島一八

MUGENでは現在CVS風アレンジとD4サイズの2人(いずれも手描き)が確認されている。
ついでにMMDミクの「みしまけ」モードでは技が一八らのものになっている。

MUGENでの性能

Sdot_Thadon氏によるCVS風アレンジ版

CVS風ということで
といった要素とスーパーキャンセルに加え、鉄拳側の「ダウン追撃がほぼ無制限」
「レバーを前後に入れているだけで移動起き上がり可」という要素も持ち合わせている為にシステム面では優遇気味。
ゼクルス氏によるAIも製作され、2010年1月1日に公開された。

技性能

+ ...


チェーンコンボルート

  • 弱P→強P除く全ての立ち通常技及び特殊技
    • 強Pに繋いだ場合モーションが変わりダウンを奪うパンチになる(原作の閃光烈拳を再現する為)
  • 中P(終点、もう一度中Pを押すことでダブルアッパーになるがそれ以降は必殺技以上でしかキャンセルできない)
  • 強P→弱P、中P
  • 弱K→中K、強K、強P
  • 中K→弱P、中P
  • 強K→無し


コンボ例

  • 風神拳→強雷神拳:風神で浮かせた後は強雷神に直接繋ぐのがダメージ安定性共に優秀、密着状態なら弱P→強Kのガトリングを雷神前に挟む事も可能
  • 風神→鬼神滅裂:スーパーキャンセルを用いたコンボ、雷神に繋ぐより100ほどダメージが高いがダウン追い討ちになってしまうと雷神より安くなる
  • P投げ→強奈落払い→雷神拳:ダウン追い討ちコンボ、始動は投げに限らない
  • 弱K→強魔神拳→弱K→強魔神拳…:三島流最終奥義、相手は死ぬ


+ ちなみに


新しく、ストクロ風かつシステムがCvSベースのカズヤ(現在デモ版)を確認。
こちらはほとんど完成してるといっても過言でない出来である。
AIも搭載済みらしく、良い立ち回りをデモ版ながらも見せ付けてくる。
また、同じようにポールや闘神、クマの姿も確認された。

出場大会






添付ファイル