アクセル=ロウ








格闘スタイル古武術をアレンジ
出身地: イギリス
生年月日: 12月25日
身長: 179cm
体重: 78kg
血液型: B型
趣味: ビリヤード、時代別の地図収集(Xrd)
大切なもの: 昔の時代にいる彼女(めぐみ)
嫌いなもの: 説教、人の死(Xrd)
所属: 元ギャング
アイタイプ: 青




「OK、OK!!
           アンタはハヤかったが俺のは長かった。
                     どうよ、勝負は見えていたんじゃないの?
                               ナァ~んちって!」

プロフィール

GUILTY GEAR』シリーズに登場するキャラクター。
タイムトラベラー体質(あの男曰く「因果律干渉体」)であり、20世紀末の日本からやってきた。
タイムトラベルはアクセルの意思に関係なく起こるため、巻き込まれ型主人公のようなストーリー展開をしている。
(一応、強大なエネルギーが発生すればタイムスリップは起こるらしく、それを利用して強力な相手に自ら戦いを挑み自発的にタイムスリップした事がある。
 また、ストーリーモードでは自在にタイムトラベルできるようになった未来のアクセルと会うことも)
元の時代に彼女(「めぐみ」という名前の日本人らしい)を置いて来ている。
ソルとはタイムトラベル中に何度も出くわす仲で、彼の子供時代の写真を所持している。
若かりし頃のクリフともどうやら面識がある様子。

モデルはGuns N' Rosesのヴォーカルのアクセル・ローズ。バンダナしてる姿がそのまんま。
さらに餓狼伝説ビリー・カーンとは身体的特徴や身につけているもの・体形・誕生日・出身地から血液型まで同じである。
が、アクセルは不殺で平和主義なのに対し、ビリーは仕事先でのトラブルの際に職員を皆殺しにしたことがあり、この点では正反対。
ちなみにビリーの元同僚とはファーストネームが同じ。

不真面目な言い方や冒頭の台詞のような下ネタが多く、性格は見た目通りのナンパ男。
しかし彼の元いた時代では生まれ育ったスラム街を長年続くギャングの圧政から一人で、
しかも敵味方一人の死人も出さず解決するという離れ業をやってのけており、なかなかの大物である。
なお不殺が信条なのはスラム街でギャングの抗争を長年見続けていたため死を人一倍嫌うようになったから。
生まれ持った高い身体能力と、火の法術と鎖鎌を組み合わせたまったく新しい古武術を用いて戦う。

担当声優は、格ゲーではアンディ・ボガード役でおなじみ、アニメでは『ダイの大冒険』のポップや『タッチ』の上杉和也、カツ・コバヤシ役で知られる難波圭一氏。
前述のビリー・カーンも演出やCDドラマで演じたことがある。
アクセルは声優ありきのキャラで、「難波氏が格ゲーキャラを演じるとしたら?」というコンセプトの元に性格を設定されたらしい。

今でこそスマートな二枚目半だが初代GGではかなりムキムキでガニ股、
おまけに チューリップ柄 のバンダナに袖無し短パンという奇抜なスタイルであった。
ファンの間では「アクセルの黒歴史」と呼ばれている。イメチェンは大成功だったようだ。
……が、なんとXrdでは上は長袖、下は半ズボンの彼の姿が登場。
黒歴史かと思われたムキムキアクセルの復活に驚くファンが多発。 せめて上だけ半袖にしろよ
まあ無印時代とは比較にならないくらいカッコイイのだが
+ 現在との比較画像

+ ちなみに…

+ 参考動画

ゲーム中の性能

鎖鎌を使うリーチキャラ。ストII風に例えると「動作の速いダルシム」。
自分からガンガン攻めるよりは隙を見てチクチク突いていくタイプ。

縦横無尽に動き回る鎖鎌によって攻撃範囲が非常に広く対空手段も豊富。
ジャンプ防止の立ちPに遠距離対空の前K、近距離対空の屈Sに真上対空の近距離S、さらに上半身無敵の前Pと食らい判定が極端に低くなる屈Kすかしなど多彩。
しかしそのリーチの長さゆえに密着戦は不得手。いわゆる小パンチのP攻撃も鎌による遠距離攻撃となっているため、発生が遅く先手は取りにくい。
ただしシリーズによっては高性能の昇龍技当て身などを持ち、決して近距離に弱いわけではない。
またGGキャラの中でも食らい判定が特に大きく、対アクセル限定コンボがある。

シリーズ別の特徴としては、初代ではチャージ技を持っておらず、チャージキャンセルを絡めたコンボができない。
Xではアクセルボンバーが追加され、画面端のループコンボが強力だが立ち回りや起き攻めに難があり、弱キャラとされる。
XXでは当身技の蜂巣箱が追加され、追撃が決まれば試合を決定づけるほどの高火力コンボに繋がる。
新通常技と鎌閃撃の強化で立ち回りが大幅強化され、無敵技のS弁天刈りが猛威を振るい、先の蜂巣箱とあわせて切り返しが強力。
これらの技は後のマイナーチェンジで弱体化されていくが、牽制力と火力の高さで中堅以上の存在。
XXACになると超リーチ攻撃の引戻しに引寄せ効果がつき、それにより立ち回り・起き攻め・コンボ・対空が強化された……かに見えた。
しかし実際は引き寄せの代わりに喰らい判定が伸びてしまい、さらに遠距離を保ちたい相手も引き寄せてしまうことでかえって不利になるなど弱体化したという声も大きい。
それでも長い牽制から引き戻しにより高火力コンボに移行出来ることはACアクセルの大きな強みである。

+ 参考動画

MUGENにおけるアクセル=ロウ

無敵医師氏製作のアクセルはGGXX#R仕様。動画でもっとも見かけるのがこちら。
最近の更新により、各技の種類と性能がAC仕様になるモードが搭載された。
基本原作再現だが、#RベースなノーマルモードでSLASHで追加された虚空撃が使えるようになっている。ただし青キャンはACモードでないと使用不可。
㍻㌢氏によるAIも搭載されており、ニコMUGEN動画では初期の頃から活躍している。
爆ループを搭載し非常に高火力。リーチも相まってGB(ガードバランス 無敵医師氏のキャラには常備なのだがゲージが見えないので把握しにくい)が溜まりやすく、
溜まった状態で基底補正なしからの爆ループを決めると即死するほど。最近の更新でACモードにも対応し、まだ「あまり進んでいません」と言いつつもACのような爆ループを豪快に決める。
ガード不能の羅鐘旋を頻繁に使い、鎌閃撃青キャン⇒羅鐘旋というキャラによっては回避不能な連携まで使用するように。
また最近の更新で技学習からの高精度の当身も使うようになり、火力だけでなく防御面も強い強力なAIとなっている。
またAIの強さもさることながら、MUGENのステージの広さ上、鎖鎌のリーチが画面の端から端まで達しており、非常に避けづらくなっている。
某巫女姉妹ほどではないが、彼も原作性能のままにMUGENの恩恵を受けているキャラと言えよう。

MEKA氏製作のアクセルはGGX仕様のもの。
こちらも原作を忠実に再現されており、家庭用限定のEXモードも搭載済み。
2010年11月のiswebライト(楽天運営)終了によるサイト消滅で現在入手不可。
AIは入っていない。

kayui uma氏により2009年に製作されたアクセルはまさかの初代GG仕様。
α版で、通常技と一撃必殺技しか搭載されていない。
ただし立ちP→立ちKによる永久は可能。今後の更新を待とう。3年以上前から更新されてないのは秘密
初代GGでは一撃必殺技を当てるとバトルそのものに勝利できたが、こちらはラウンドを取るだけとなっている。
2017年2月のJ:COMのWebSpace終了によるサイト消滅で現在入手不可。

また、2011年にDope氏が上記のkayui uma氏アクセルを改変した初代アクセルを公開した。
こちらはより再現度が上昇し、ボイスやエフェクトが追加され殆どの技や仕様が搭載された。
ただし、一撃必殺技を当てても1ラウンド取るだけなのは同じなので注意(?)。
AIは搭載されていない模様。

2016年には初代GGキャラに定評のある千手百足氏により上記のDope氏のものを更に改変したアクセルが公開された。
隙あらば殺界を入れ永久も使ってくる強力なデフォルトAIを搭載し、氏曰く「今までのキャラだとジャスティスの次に強い」とのこと。
またマッチキルは搭載していないがガード殺界はあり、オプションでAIの使用率を変更可能。
とはいえジャスティスの次というのは制作キャラ同士で戦った場合の話であり、
チャージキャンセル出来ない分永久以外の本体性能も低いためランク的にはチップと同レベルの凶中位~上位レベル。
また、チップの方は更に更新が入ったため現在は明らかにチップの方が強い。


「鎌閃撃」使用時のセリフ「ノリノリだぜ」が「ロリロリだぜ」に聞こえることから、ニコニコMUGEN界ではロリコン扱いされるようになってしまった。
中にはそれが公式設定だと思い込んでいる人もいるから可哀想である。
公式では勝利セリフを見るとミリアイノなど「お姉さま」系がタイプらしい。
そんなキャラ付けを嫌がるファンの人も少なくは無いのでご利用は計画的に

+ 大会ネタバレ

タッグに関する余談

+ ロリロリだぜ!!

出場大会

+ ...

出演ストーリー

+ ...

プレイヤー操作

鎖使いの修行光景
「クールに決めたろ?」

おすすめコンボ(無敵医師氏作 アクセル=ロウ ACモード)

コマンド 備考
5Por2P>鎌閃撃 鎌閃撃は4タメ6のタメ技。ヒットガード問わず鎌閃撃を出しておく事をお勧め。
・2K>2D>鎌閃撃(>旋鎖撃)
・5K>近S(>HS)>2D>鎌閃撃(>旋鎖撃)
基本コンボ。ガト中でもタメ時間は作れるので落ち着いて。アクセルの2Kは低姿勢になれるので打点の高い攻撃を避けつつ攻撃する事が出来る。一応覚醒技の百重鎌焼も繋がる。
~2D>鎌閃撃FRC>ダッシュ5K>近S>(JC)>JKorJHS>JD>虚空撃 鎌閃撃FRCからエリアルへ行くコンボ。キャラによってはダッシュ6K>2Sで拾える
・6P>近S>(JC)>JHS>JD>虚空撃
・2S(2HIT)>(HJC)>JKorJHS>JD>虚空撃
対空からのコンボ。
天放石or投げ>5P(2HIT)>2S(2HIT)>(HJC)>JKorJHS>JD>虚空撃 中央投げ、当身始動。5Pが遅いと2Sが2HITしない。「ダッシュ2K>6K>2S」などでも可能。
~【ダッシュ6Por2Sor近S>JHSorJK>JD>アクセルボンバー】*2~3>鎌閃撃(>旋鎖撃) 画面端ボンバーループ。拾い後のジャンプはHJでやると継続しやすい。投げ,鎌閃撃FRC,低空アクセルボンバー,各種当身技などの浮かせ技から可能。2ループまでなら何もしなくてもダウン確定なのでお勧め。3ループ目は鎌閃撃を最速で出せばダウンを奪えるが、当たる前に受身をとられやすい。
D>JD>JHS>JD>(JC)>JHSorJK>JD>虚空撃 ノーゲージのダストコンボ。単純ながらダメージ375と優秀。
D>JD(>JHS)>JD(>FBアクセルボンバー>空中ダッシュJD)>アクセルボンバー>拾い 画面端ダストコンボ。FBアクセルボンバーを使えば中央辺りからなら画面端でボンバーループに移行できる。その場合は空中ダッシュにディレイをかける必要がある。