織倉香奈

「彼氏いないんでしょ?」
誕生日:9月26日
年齢:16才(高校1年生)
血液型:A型
趣味:料理、花の世話

ヒューネックス発売の恋愛アドベンチャーゲーム『ファーストKiss☆物語』に登場するヒロイン。
医師としての仕事が忙しく、不在がちな母親に代わって家の切り盛りをしているしっかり者。(父親とは死別している)
同居することになった母親の知り合いの息子(ゲームの主人公)と、風呂上がりの脱衣場でばったりと出会ってしまうなど、
お約束を外さない正当派ヒロイン。
CVは柳瀬なつみ(現・やなせなつみ)。

基本的に素直な性格の良い娘で、間違っても初対面の相手に「彼氏いないんでしょ?」などと失礼な発言をしたりはしない(はず)。
というか、恋愛アドベンチャーゲームのヒロインである以上、彼女が彼氏持ちになる確率は「1/ヒロインの数」で、
ある意味では自爆発言とも言える。
ちなみに織倉家の女性は全員が攻略対象となっているため、妹はもちろん、母親にまで彼氏候補を奪われる可能性があったりする。
余談ではあるが、香奈の妹の真奈美役の声優は人気声優の水橋かおりで、このゲームが実質上のデビュー作となっている。

PC-FX版の『ファーストKiss☆物語』にのみ収録されているゲーム内ゲーム(対戦型格闘ゲーム)
『ヒューネックスファイターズ'98』(以降HF'98)にも三人の登場キャラの一人として登場する。
なお、プレイステーション上で動作するHF'98もPS版開発途中には存在していたのだが、
PC-FXユーザーをこれ以上失望させたくない、などの理由から搭載は見送られた。


ヒューネックスファイターズ'98

『ヒューネックスファイターズ'98』(HuneX Fighters '98)とは、
1998年4月24日にヒューネックスが発売した恋愛AVG『ファーストKiss☆物語』の PC-FX版のみのおまけゲーム である。
また、PC-FX専用ソフトでは唯一の2D対戦格闘ゲームでもある。

概要

元々は恋愛AVG『ファーストKiss☆物語』のストーリー内で登場する格闘ゲームであり、
登場人物がゲームをするというシーンでおまけミニゲームとしてプレイできたもの。
使用可能なキャラクターは3人で、『ファーストKiss☆物語』本編から織倉香奈、
開発元のヒューネックスが過去に発売したゲームからアーシャとメイ・スターが参戦している。
ただし、ミニゲーム「ヒューネックスファイターズ'98」をプレイできるのは
NECの次世代(笑)ハード「PC-FX」版のみで、同年11月に発売されたPS版には収録されておらず、
FX以外でもストーリー上でイベントは存在するものの、ゲームプレイ部分がカットされている。
その為、プレイできるのはPC-FXユーザーだけの特権だった。
セリフなどに当時の流行作品のパロディネタが多く見られる。

キャラクター

  • 使用可能キャラクター
織倉香奈 (ファーストKiss☆物語)
アーシャ (ブルーブレイカー ~剣よりも微笑みを~)
メイ・スター (プライベート・アイ・ドル)


MUGENにおける織倉香奈

にゃん☆鬼龍氏が制作した香奈が存在する。
現在は氏のサイトがトクトクのサーバー障害復帰後に消滅した為、 仮のサイトで公開
勝利デモが搭載されていることなどからして、Windows用のデスクトップアクセサリ集に収録された
『HF'98 Ver.2』が元となっているものと思われる。
なお、『HF'98』の香奈には、性能がアッパー調整された裏キャラが存在するが、にゃん☆鬼龍氏の香奈はこれには対応していない。
まあ、裏キャラの存在自体、知っている人が殆どいないと思われるので仕方がないことではあるが……。
+余談:『HF'98 Ver.2』での裏キャラの出し方
ちなみに裏キャラの出し方は、
○NORMAL/SURVIVAL/TIME ATTACK
プレイヤーセレクトで、カーソルを使用したいキャラに合わせて、1Pサイドの場合左、2Pサイドの場合は右を押しながら、
挑発orメタモルキーで決定。そのままその2つのキーを約1秒押しっぱなしにする。キャラの色が変われば成功。
○TEAM BATTLE
オーダーセレクトで、カーソルを使用したいキャラに合わせて、方向キー下を押しながら、挑発orメタモルキーで決定。
そのままその2つのキーを約1秒押しっぱなしにする。キャラの色が変われば成功。

となっている。『HF'98 Ver.2』を持っている奇特な人は試してみても良いかもしれない。
ただ、残念ながら『HF'98 Ver.2』は、WindowsXPでは完全には動作せず
互換性を有効にしてもジョイパッドが有効な状態では起動しないという不具合があるため、快適なプレイは難しいかもしれない。
(キーボードによる操作は可能)
ちなみに『HF'98』は『女帝戦記』と同じプログラマーによって作られているため、
ある意味、この2作は遠縁の親戚とでも言える関係にある。

IX氏による外部AIが氏のOneDriveにて公開されている。5段階のAIレベル設定が可能。
ホルン氏による外部AIも氏のOneDriveにて公開されている。こちらは最新版に対応。

出場大会




添付ファイル