島津由乃


「先手必勝、受けより攻め。いつもイケイケ、青信号。
          それでこそ『令ちゃんの由乃』なんだから」

今野緒雪の少女小説『マリア様がみてる』の登場人物。
DKソフトウェア開発室による同人作品、 スール対戦型格闘ゲーム マリばと!』と、二作目『マリばと!+プラス』に出演している。
アニメ版でのCVは池澤春菜女史。苗字が島津だが某学園の国語教師とは関係ない。

原作では、初代から登場している最古参。
主人公である福沢祐巳と同学年であり、一年生・二年生通して同じクラス。
山百合会でも、物語開始時点で『黄薔薇のつぼみの妹』 (ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン・プティ・スール) であり、
二年生になってから『黄薔薇のつぼみ』 (ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン) に昇格した。
三年生進級時には、『黄薔薇さま』 (ロサ・フェティダ) となっている。
姉妹(スール)関係は、姉に一つ上の支倉令を、妹に二つ下の有馬菜々を持つ。
支倉令とは実際の従姉妹関係(両者の父親が実の兄弟)であり、家も隣で幼い頃からのつきあいである。

生まれつき心臓に疾患を持ち、高一の秋までたびたび学校行事を休んでいる。
性格は極めて礼儀正しくしとやかであり、周囲からも儚げでつつましい、理想的な「妹」として見られていた。
実際、「リリアンかわら版」でも支倉令と合わせてベスト・スール賞をもらっている。

+ 実は・・・

物語の上では、『黄薔薇革命』で最大のイベントをこなした後は、主に主人公の福沢祐巳の相方として活動。
相当に活動的なため、ストーリーを牽引する役割としては最適だったのである。
2年生に進級したシリーズ中盤から後半にかけては「妹を作ること」と「令からの自立」が表れ、祐巳の物語と並ぶテーマとなった。

福沢祐巳とは自他共に認める親友同士であり、天然ボケと評される祐巳に対してのツッコミポジションを確保している。
姉の姉である鳥居江利子とはお互いに「支倉令に対する最高の存在」と思っており、事あるごとに令をめぐる好敵手関係だった。
(一種の同族嫌悪ともいえる。もっとも江利子の側からすれば、突っつくとムキになって反発してくる由乃が可愛くって仕方なかったらしい)

『マリばと!』では、剣道部に入部した関係からか竹刀を使用して闘う。
ただし、原作での「活発だが体力がない」設定のためか、パワーが弱めのスピードタイプになっている。
竹刀を使用した必殺技に、 「雅突」(誤字ではない)の壱式、弐式、参式、零式 を持つ。
それ以外にも、原作で隠し芸大会で披露した手品を使うことが多く、
対空技も判定が弱い参式よりも、斜め上にゆっくり飛ぶハトを二匹出す「オリーブの首飾り」の方がよく使われる。
超必殺技「令ちゃんのバカーーーーっ!!!」は、手当たり次第にいろんなものを投げつける数少ない飛び道具であるが、
持続時間が非常に長いため、発動 → 即相方に交代 → 同時攻撃 というパターンがとりやすい。
このあたり、藤堂志摩子とよく似ている。

「イッツ・ア・ショータイム!アン・ドゥー・トロワ!」


MUGENでは

死門氏が製作したものが存在したが現在は入手不能。
氏が製作した他の『マリばと!』キャラとは異なり、ストライカーは呼べず、姉妹システムも積んでいない。
蓬莱氏によるAIが存在したが現在は入手不能。

出場大会



添付ファイル