エリル








「すまない…」



好きなもの:平凡な日常
嫌いなもの:耐え切れない重圧

アイディアファクトリー製作のシミュレーション『ジェネレーションオブカオスNEXT』の主人公。本名はエリル・ファレル。
同社のアーケード格闘ゲーム『スペクトラルVSジェネレーション』にも出演している。
CVは『スペクトラルVSジェネレーション』ではクラタユウキ氏、原作では野田順子女史。


ネバーランド大陸の北方、フレッドバーンを制するホルノスの政府軍に所属する13歳(GOCNext時)の若き騎士。
王女のロージィと相思相愛であったが、の重責を嫌って告白できずにいた。
剣の師匠のリファイアからも身分をわきまえて身を引くように厳しく叱責されていた。
そんな折、「牙獣」と呼ばれる怪物が現れ、そいつを元の住処へ返すことを決意。リファイアらと共に旅に出る。
しかし、牙獣の力に魅せられたロージィの父リューハインがその力を奪おうとする。
そして殺されかかったリファイアと牙獣が融合し、ロージィも取り込んでリューハインを殺害。
さらには怒りにまかせて世界を滅ぼそうとするのを止めるためにエリルは牙獣を殺す。
その後、恋人と師匠を同時に失ったエリルはホルノスを離れ、あてのない旅に出た。

その後のストーリーはまだないが、本編(GOC~III)とは別次元の世界が舞台の『新天魔界ジェネレーションオブカオスIV』にも出演。年齢は15歳。
過去のキャラクターとしてのゲスト出演だが、ロージィを失った結果なのか、幼かった頃と違い非常に凛々しい表情をしている。

ファンからの愛称は「すまない」。これは原作のNEXT序盤で音声付で 「すまない・・・」「ごめんよ・・・」 と連呼した事からそう呼ばれる。

GOCシリーズの中でも結構人気があり、GOCシリーズ総合人気ランキングで10位、男性キャラクターで5位と、
魅力的なキャラクターが多いIFキャラの中でも健闘している。 嫁のロージィが9位だが。
ちなみに、1位は全編ゲスト出演のこの人。自重しろ。


『スペクトラルVSジェネレーション』におけるエリル

Next代表として参戦。ロージィとリファイアはどうやら幽霊としてエリルを見守っているらしく、
エリルも世界を救うために闘おうとするなど、だいぶ前向きになっている。

騎士らしく剣を使用した戦いを得意とする。
使用する剣は、「カタール」「ジャマダハル」などと呼称される手甲剣、銘は魔神剣ラルフ+フレアルディアス。
フレアルディアスは『ドラゴンクエスト』における「ドラゴンキラー」の形状である。
魔神剣ラルフは、師匠リファイアの形見剣で二刀流のエリルはスペジェネのみ。
師匠のリファイアを召喚する技「ソウルラッシュ」「ソウルバッシュ」なども使いこなす。
スタンドとか言ってはいけない。しばらく残るためタンデムできるあたりも似ているが)
スタンドクラッシュこそないが、リファイアが攻撃を喰らうとエリルも長い間硬直してしまう欠点がある。
ロージィも体力を回復する超必殺技「アクア・ラヴァーズ」で登場してくれる。
元々はロージィが原作で使う必殺技で、エリルはロージィに回復して貰ってると考えるのが妥当だろう。
両手に剣を持っているためラッシュ力に優れ、的確にコンボを刻み込んでいける。
技の判定も強く、火力もそこそこあり、キャラランクとしては上位に位置し、極めれば最上位ともいわれている。
特に回転しながら剣を振り回すジャンプ2Cが鬼のように強く、これでめくりを仕掛けられるとどうガードしていいかさっぱり分からない。
壁際では相手を持ち上げひたすらソウルバッシュ→近Cして永久することが出来る(家庭用、AC共に)。

なぜかAC版では勝利メッセージが誤植している。

「見ていてくれかかい?」


MUGENにおけるエリル

最近まで見かけなかったが、ブラウン氏が製作したものが公開された。
基本的には原作準拠であるが、攻撃のスキなどが微妙に調整されている。
AIも搭載されており、動きもいいため、今後の活躍に期待である。


出場大会

出演ストーリー