不知火幻庵



           流派 :魔道な流
           武器銘 :あざみ
           出身地 :鬼哭島
           生年月日 :1762年3月25日
           身長 :五尺
           体重 :十八貫目
           血ノ型 :ヒトとは血液構造が違う
           家族構成
             あざみ(妻)
             ざくろ(長女)
             むくろ(長男)
             へど(次男)
           好きなもの :家族の禍々しい笑顔
           嫌いなもの :怒ったときの自分の肌の色
+ ...

  「卑怯者?ケケケケケッ!ありがたい、褒め言葉だケ!」


サムライスピリッツシリーズの登場キャラ。鬼哭島に暮らす不知火一族きっての戦士。
「しらぬいげんあん」と読む。苗字こそ不知火舞と同じだが、彼女とは何の繋がりも無い。
但し、『初代』のEDでそれにまつわるネタが用意されていたりする(詳しくは後述)。
登場作品は初代『サムライスピリッツ』、『真サムライスピリッツ』、『サムライスピリッツ天下一剣客伝』。
声優は『初代』『真』では右京さん天草四郎時貞担当しているや乃えいじ氏。
電撃CD文庫版では田の中勇氏。アニメ版『破天降魔の章』では北村弘一氏。

その緑色、背が低く腕が異様に長い姿から解るように、同作の所謂「イロモノ」ポジションを担うキャラである。
常に「ケケケ」という笑い声を発し、語尾にも「ケ」を付けて喋っている。
ちなみにゲーメスト増刊によると、『初代』開発中においては担当デザイナーには「異形のヒーロー」、
企画者には「不気味、陰湿、怪物」と幻庵に対するイメージの不一致があり、
デザイナーから「僕の幻庵はケケケなんて言いませんよ!」との抗議が起こったという。

「ケケッ、魔道に女は、いらないケッ!」

武器名は最愛の妻・あざみの名から取ったものである。
彼女との間には2男1女(ざくろ、むくろ、へどら)に恵まれている。
性格は狡猾で醜悪、魔王になるためならどんな汚い手も使い、卑怯者と呼ばれることすら気持ち良く思っているほど。
しかし見た目や言動より根は優しく、家族をとても愛している。
また本来美女と呼べるはずのあざみや真鏡名ミナのことを醜く思うなど、美的感覚が人間と正反対である。
これは幻庵のみの話ではなく、不知火一族は皆この感覚。したがって、幻庵は一族ではかなりの美男子なんだケ。
+ あざみは美女か醜女か

なぜか覇王丸に憧れており、『初代』のEDは彼のセルフパロディ。
『真』ではイントロや勝利ポーズでも覇王丸の真似をしている。失敗することもあるのはご愛嬌。

『初代』のEDでは不知火舞にそっくりなくの一「不知火麻衣」と一騎討ちを挑むも、龍炎舞に似た技で一撃で倒され死亡してしまう。
格ゲーのEDでプレイヤーキャラが死亡するのは、恐らく幻庵が史上初であろう。

      不知火 幻庵 -1789年 鬼哭島にて死亡-

+ 参考動画

しかし、『真』でアンブロジァの力を得て復活、羅将神ミヅキの配下となる。
だが魔王になるという野心はそのままで、ミヅキとアンブロジァを欺き倒そうとする。
ただし『初代』~『真』の中間ストーリーである『天草光臨』にも牙神幻十郎のEDで登場しているので、この頃に復活した可能性もある。

『真』のEDではミヅキを倒した後、藤堂竜白のそっくりさんの「藤堂龍白」に一騎討ちを挑むが、ここであざみと子供達が現れ、
あざみが妊娠していることを知った幻庵は家族の為に魔道を捨て、覇王丸とは逆の道を行く事になる。泣かせるのう。
なお、この時に生まれたのが「へどら」である。

+ 参考動画

『天下一剣客伝』のEDでは御前試合で優勝するも、魔道の王になって何をすればいいのか解らずに途方に暮れてしまう。
鬼哭島に帰った後、戦いを止め家族と共に暮らすことを選ぶこととなった。

+ エピローグ

こうして振り返ると、最終的には当初の担当デザイナーが目指した「異形のヒーロー」の姿が反映された、
人間味溢れるキャラクターへと変わっていった事が伺える。

「魔道トハ殺ス事ト見ツケタリ・・・なんちて、ンケケケケケ!」


原作での性能

長い腕にはめられたカギを使ったリーチの長い攻撃が特徴。
その体格ゆえ、蹴り技はどれもリーチが短く、しゃがみ蹴りは全てスライディングとなっている。
そのリーチの長さを生かしてチクチクと牽制し、相手が飛んだところを強力な空対空で落とすのが基本スタイルだが、
斬り攻撃はリーチだけでなくやられ判定まで前に伸びてるので相手の技に潰されやすいという欠点も持ち合わせている。
特に『初代』では覇王丸やタムタムの蹴り技にめっぽう弱く、
王虎に至ってはしゃがみ中蹴りを連発されるだけで殆どの地上技が一方的に潰されてしまっていた。
+ 参考動画
しかしそれでもリーチの長さと対空の強さはトップクラスで、初代ではシャルロットと並ぶ強キャラとしてダイヤグラムの上位に君臨。
続く真サムでも「殆どのキャラはしゃがんでいる幻庵を投げられない」という謎現象のおかげもあって右京に続く強キャラとされている。
特にナコルルとの対戦となると、そこは凄惨ないじめ現場と化す。

必殺技は、『初代』では毒霧を吹く「毒吹雪」と回転しながら突進する「肉転突き」の二つのみ。
前者は隙が大きすぎるので使う場面はほぼ皆無(アースクェイクがジャンプで飛び越し辛いぐらい)だが、
後者はガードされてもほとんど反撃を受けずガリガリ削れる弱が非常に優秀で、連続技や対空として使う他、
スライディングやダッシュから出して投げとの二択が嫌らしい。

『真』では肉転突きが大幅に弱体化してしまい、連続技で使うぐらいしか用途がなくなってしまったが、
「爪つまみ」「幻庵脱皮」「幻庵うつせみ脱皮」「M.D.C.(魔道ダイビングクロー)」と一気に必殺技の数が増えた。
「爪つまみ」は飛び道具を貫通し、ヒットさせると相手を引き寄せて気絶させるのでその隙に更に攻撃を入れられる、という技で、
CPU戦なら一発当たれば「気絶→大斬りキャンセル爪つまみ→気絶」という永久気絶パターンに持っていくことが出来るのだが、
対戦ではレバガチャですぐに回復され、逆にこちらの硬直中に反撃を食らってしまうというトホホな技である。
「幻庵脱皮」「幻庵うつせみ脱皮」もガードさせられれば反撃は受け辛いものの、出てくる場所やタイミングが相手にバレバレで、
幻庵脱皮に至っては脱皮中に投げられてしまうという体たらく。
結局のところ、使える必殺技の数は初代よりも減ってしまっている。
ただし、武器破壊技の「M.D.C.」は対空・連続技に使えるので、怒ゲージ点灯中は狙っていきたい。

剣サムでは「壁張り付き」という名前そのまんまに後ろの壁に張り付く技と、そこからの派生技「首狩り」が追加。
また毒吹雪の性能が変わり、毒霧がボタンに対応した場所に到達してから攻撃判定が出て、暫くそこに留まる設置技になっている。
これを利用して、相手の手前に毒霧を設置しておいて爪つまみで相手を引き寄せるとガード不能連携となる。
秘奥義の「肉転地獄突き」は一見多段ヒットする肉転突きだが、リーチの短いロック技である。


MUGENにおける不知火幻庵

Basara-kun氏製作の『真』のスプライトを用いた幻庵が存在するが、ニコニコではあまり見かけない。
だが、最近になっておまけの人氏によるAIが作成されており、「肉転突き」でガンガン突っ込んでくる。
今後の活躍に期待される。

また、悪鬼天草、初代天草を製作した腐レ雅氏も作成、公開していた。
剣サムっぽい「修羅」と真サムっぽい「羅刹」、さらに上記の名前ネタでが出てきて攻撃する裏モードが存在した。
無断転載、改変禁止とのこと。
現在は「十月からの法律が怖いので終わりデース(#^.^#)」と言い残して公開終了。
同氏の初代天草のAIも製作した5%オフ氏によるAIが製作されていたが、本体に合わせて公開終了。
ひっそりと再公開された模様。AIも更新され再公開された。

出場大会

更新停止中

出演ストーリー