仮面ライダークウガ

-A NEW HERO. A NEW LEGEND.(新たな英雄、新たな伝説)-


概要

2000年に放送された特撮番組『仮面ライダークウガ』に登場する仮面ライダー
昭和で一時終わった仮面ライダーシリーズから平成で地上波初の作品の主人公であり、
この作品以降は「平成仮面ライダーシリーズ」とも呼ばれる。
仮面ライダーディケイド』にも登場している(後述)。

主な変身者は、世界を旅する冒険家である「五代 雄介(ごだい ゆうすけ)」。
遺跡で発見されたベルトを何かに導かれるように装着したことで、クウガへの変身能力を持つようになり、
殺人ゲームを行うグロンギ族と戦うようになる。
警察側からはクウガの姿は「未確認生命体第4号」として認識されている(後述)。

+ 原作ストーリー

+ 五代雄介

+ クウガの各フォーム

+ 専用ビークル

+ グロンギ族について

+ ゲゲル

RX以来久々に製作されたテレビでレギュラー放送する仮面ライダーであり、
その今までの子供向け特撮番組とは異なる大人も楽しめる作風で一大ブームを巻き起こし、
以後10作以上続く平成ライダーシリーズの礎になった(同様の例では『ウルトラマンティガ』が挙げられる)。

ただ、以後の作品がシリアスなストーリーを繰り広げつつもある程度は今までの特撮番組のような
「お約束」を許容していった(後述)ことに対して、そういった「お約束」を徹底的に排除、もしくは理由を付けたことに
クウガの特徴と、以後のシリーズとは一線を画すところがある。

例えばロケは全て脚本上の場所と同じ場所で行い(そのため最終話では、たった1シーンのために
 特撮番組では前例のない海外ロケ(それも近隣諸国ではなく、中米のキューバ)まで行われた)
劇中での時間経過は実際に移動した移動時間まで計算に入れたものになっている。
シリーズ構成を務めた荒川稔久氏は後に「『クウガ』はシミュレーション」と専門誌のインタビューで振り返っている。

後のシリーズでは描写される事が少ない『各フォームの個性(延いては長所、短所)』がクウガではハッキリと表現されており、
新たなフォームに変身できるようになっても最初の内は使い方が解らず苦戦してしまう事が多く、
(ロッドを使った攻撃が得意なドラゴンフォームで素手での格闘を仕掛けたり、
ペガサスフォームの超越感覚に翻弄され何も出来ないまま変身可能時間が終わってしまったり 等)
その後の遺跡の古代文字の解読や雄介自身の工夫の末各フォームを使いこなせるようになる過程がリアルに描かれている。

また主人公もしくはその関係者が偶然怪人に遭遇するというパターンをなるべく廃し、
雄介が怪人の行動を知り対策を立てることができるのは警察内に協力者がいて情報を流してくれるからという設定が為された。
他にも「怪人は1エピソードで1体、弱い順に現れる」(先述のように昇進のための殺人ゲームだから)
「怪人は東京都内、遠くても近郊でしか活動しない」(人口が多く人口密度も高く、ゲゲルを行うには最適の環境)
「怪人は倒されると爆発する」(クウガの必殺技に含まれる封印エネルギーによるもの)
「怪人は回りくどい作戦で人々を襲う」(ゲームのルールで対象や方法が定められているから)
「怪人はライダーを倒せそうな時も見逃すことがある」(スコアにならない&生かしておいた方が楽しい)
といったお約束全てに設定上の細かい理由を付ける等、異常とも言える拘りを持って作られている。
そのため特撮ファンの間では、平成ライダーでもクウガとそれ以降はまた別物であるという声も多い。

今までのライダーではほとんど描かれなかった、 警察の活躍 がフォーカスされているのも特徴。
現実的に考えれば、正体不明の反社会勢力が出没すれば、警察も動くのは当たり前の話であり、リアリティ構築に一役買っている。
特に一条は本作の「もう一人の主人公」と言える活躍を見せており、それもまた本作の魅力だろう。

+ 無粋に見ると…

+ クウガの放送当時の裏話

商業面では変身ベルト等の人気で好成績を記録したが、
ドラマパート重視の作劇により結果的に戦闘シーンが極めて短いエピソードが生じたり、
10月に発売されていたクウガの最強形態が、翌年1月の最終回直前まで本編に登場しなかったり(出番も1、2分程度だった)等の
展開が行われた他、逆にスポンサーの玩具会社の担当者も知らなかった新形態が登場し、
急遽その商品が開発・発売されるなど販促番組としても異例づくめの記録を残すこととなった。

その集大成ともいえる最終回では、AパートとBパートの間にCMを挟まず一気にEDまで放送、
変身後の主役ヒーローが一切登場せず戦闘パートが無い内容だったことが賛否を呼んだ。

また、主題歌「仮面ライダークウガ!」は『北斗の拳』の「愛をとりもどせ!!」などで知られる
クリスタルキングの元メンバーである田中昌之氏が務めた。
喉の負傷事故でかつてのハイトーンボイスは見る影もなくなったものの、
それを乗り越えたハスキーボイスが魂に訴えかけるアツイ曲である。
中でも特に「熱く蘇れ」というフレーズはストーリー上のクウガだけでなく、
平成の時代での『仮面ライダー』自体の復活をも象徴しているように感じられ、非常に印象深い。
ちなみに田中氏は本作より前に『ウルトラマンガイア』でも主題歌を歌っており、
そちらの主題歌もまた『ウルトラマンガイア!』というヒーロー名+!のタイトルである。
新ライダー企画の仮タイトルに『仮面ライダーガイア』があったという話もあり、妙な偶然を感じるところである。

+ 『仮面ライダーディケイド』以降のクウガ

+ 漫画作品におけるクウガ

+ 小説作品におけるクウガ

+ 『ガンバライド』におけるクウガ

+ 『ガンバライジング』におけるクウガ

+ 『バトライド・ウォー』シリーズにおけるクウガ

(以上、Wikipediaから引用、改変)


MUGENにおける仮面ライダークウガ

平成仮面ライダーキャラでおなじみのqzak氏が手書きで平成ライダーの殆どを公開していたこともあり、
かつては平成ライダー唯一のMUGEN不在キャラクターであった。
+ 平成ライダーのMUGEN事情
一応qzak氏の仮面ライダーディケイドにクウガ要素があったが、
純粋な仮面ライダークウガとしてのキャラはDOS時代の頃から本当に長い間、存在しなかった。

しかし現在は琉衣氏&吾妻氏を始めとする制作チームによるクウガが公開されている。
現在は2012年9月27日に公開されたver1.61版に2013年10月26日公開の対バダー用イントロパッチを適用したものが最新。
小野寺ユウスケボイスになるボイスパッチがかじゅみ氏によって公開されている(ver1.20用)。

2009年8月19日のα版から10年8月8日のβ2公開を通じて一部ドットの描き直し、
スパキャンやカウンター、根性値(逆根性値)等のシステム。追撃、立ち回り強化の為の細かいモーションの追加や、
各フォームに対応した勝利ポーズや演出、それ以外にも各種F数、速度設定等の内部的な部分も含めた、
相当に丁寧な作りでの更新が続けられている。

ただし、『クライマックスヒーローズ』等のように形態変化して戦うというのは無理な様子。
(MUGENの仕様上変身キャラを作るのは非常に難しいが、それ以上に形態変化するとスプライトを書く手間が倍になってしまう)
なので、今回はスパコンのみでフォームチェンジする事になったらしい。
ドラゴンは乱舞技、ペガサスは唯一の飛び道具、タイタンはアーマーで攻撃を耐えつつ剣で反撃する(当身ではない)技となっている。
ペガサスフォームに関しては変身時間の制約があるので、原作再現ともいえる。

5Pカラーではチェーンコンボ小足・小パンが連打キャンセル可、
移動技の岡本ダッシュが使用可能(以前は通常版で使用可能だった)、スパコンのコマンドの簡略化などの性能変化が加わった
初心者用プチ簡易操作モード」となる。
\クウガァ/

ver1.48ではとうとうアルティメットフォームも使用可能になった。

また6P選択でアメイジングマイティ風カラーの暴走モードが起動するようになった。
このカラーだと常時ゲージMAXに加え体力が微回復し続けるようになり、更にライダーキックの威力が強化される。
ただし微回復のためにアルティメットフォームの条件が満たしにくくなるので注意。
ゲジマユとはいえAIがゲージ技連射を自重しているためランク的には凶中位レベルか。

現時点でも十分な完成度と思える出来なのだが、まだ制作チームは満足していないらしく、向上意欲の高さが伺える。
比較的多彩な動きをするAIも搭載されているため、大会動画等にも使えるだろう。

なお、ボイス・AIパッチ各種の制作は自由で、製作用の資料が同梱してある。
製作者曰く「AIは専門外なので、β版時代のを最新版に対応させバグが出ないようにしてるだけ」らしい。
更新により、AIもタイタンやアルティメットを使うようになったが、それでもやや不安定な面もあり飛び道具や対空には弱いらしい。
フォームチェンジを活用した格好いいクウガを見たい人は、自分でAIを作成しよう。
2013年7月にはスコープドッグなどを製作しているバルバトス氏による外部AIが公開された。
デフォルトAIをベースとして超反応やジャストディフェンス頻度が増加しており、また常時アルティメット点灯状態となっている。

過去とその他のクウガ作成動画はこちらに記載。

製作動画マイリスト
nicovideo_mylist: エラー ( 正しいマイリストURLを入力してください. )

2016年4月、平成ライダー製作Wikiロダにて龍騎なども改変したななび氏により新たにリイマジ版の小野寺クウガが公開された。現在α版。
qzak氏のディケイドをベースにクウガ素材を改変して作られたキャラとなっている。
現在搭載されている技は突進技のマイティキックと対空技の空牙
1ゲージ技の超マイティキックとスプラッシュドラゴン、2ゲージ技の超自然発火能力が存在する。
超マイティキックはしっかり前方宙返り無しの飛び蹴り。
超自然発火能力は黒目アルティメットに変身しつつ前方に手を翳して見えないガード不能のロック判定を放ち、
それが当たると『バトライド・ウォー』のように紫の炎で燃やし、相手の懐まで一瞬で接近してストレートパンチで決める。
演出の割に威力は低い(3割半)が、それ以外の性能が高いので致し方なし。
ちなみにロック判定は翳した手の指先ぐらいの高さまでなのでキャラ次第では見てからジャンプで避けられる。
5月の更新では新たに3ゲージ技のライジングアルティメットマイティキックが搭載された。
性能は五代クウガのマイティキックに近く、始動の正拳突きが当たるとロックしてライジングアルティメットに変身、キックする。
出は速い(発生7F)が、無敵やアーマーは無くガードも可能。
まだライジングアルティメット素材が少ないため演出は暫定的なものらしい。
6月の更新で新たに斜め下に急降下する空中版マイティキックと2ゲージ突進技のアルティメットゴウラムが追加された。
アルティメットゴウラムは始動から終了まで無敵のまま、かつ空中で使用可能とかなり強力だが、その分ダメージは3割弱程度。
またガードされても画面端まで飛ぶので逃げられるが終了時にはゴウラムから戻る演出が入るため画面端の相手に防がれると多大な隙を晒す。
9月の更新で1ゲージ技として空対地飛び道具のブラストペガサスが、ガードキャンセルのカラミティタイタンがそれぞれ追加された。
これにより作中で見せた形態は通常のクウガゴウラム以外全て使えるようになった。
2017年1月の更新でゲージ溜め(溜まる速度は4秒強で1本)と1ゲージ消費食らい抜け(1ラウンドにつき1回)が追加、AIも更新された。
2月の更新にて強マイティキックの始動に一回転する動作が追加、超マイティキックのモーションが飛び蹴りから横蹴りに変更された。

出場大会

+ ...

出演ストーリー



*1
上述のダグバやガドルのような昆虫やそれに近いものをモチーフとした場合は「バ」、
バルバやギノガのような植物やそれに近いものは「デ」、鳥類やコウモリのような翼を持つものは「グ」、
陸上哺乳類は「ダ」、爬虫類や両生類は「レ」、魚類やヤドカリのような水辺に住む生き物は「ギ」となる。

*2
上述の「お約束」は、予算の枠内での制作や、撮影場所を確保しなければならない関係上から編み出されたものが殆どだった。
そもそも初代『仮面ライダー』自体、クランクイン当時に制作会社である東映がストライキの渦中にあったため
予算や撮影環境が十分確保できない中、スタッフたちの創意工夫により作られたものだった。