アースクェイク





           流派 : 我流忍術
           武器銘 : FUJIYAMA
           出身地 : アメリカ・テキサス
           生年月日 : 1759年7月25日
           身長 : 112インチ(284.48cm)
           体重 : 1380ポンド(625.95kg)
           血ノ型 : A
           家族構成 : 五人の子分
           好きなもの : 自分より太ったヤツ
           嫌いなもの : やせているヤツ
           特技 : 忍術
           宝物 : 今まで集めた財宝全部
+ 

「いけねぇ、ミンチにしちまったぜ。
                    弱すぎるぅ~、グヒッ!!」

サムライスピリッツ』シリーズの登場キャラクター。 初代、真サム、剣サムに登場。
SNK VS. CAPCOM SVC CHAOS』 にも何故か登場している。デカキャラ枠でヒューゴーと張り合うためだろうか。
盗賊団を率いて各地を荒らし回る大泥棒にして、鎖鎌を自在に操る超巨漢のアメリカン忍者。
担当声優リョウ覇王丸服部半蔵黒子大門五郎空手健児などを演じている臼井雅基氏、
剣サムのみ同作の黒子を演じている佐藤巧氏。
アニメ版では「劇場版ストリートファイターⅡ」でサガットを演じた悪役声優笹岡繁蔵氏が担当していた。
尚、「アースクェイク」は英語で「地震」を意味するのだが、これが本名なのかは不明。

設定

出生時から体つきが良かったものの、そこまで異常な体型ではなかったが、
19歳の時の失恋が原因で異様に太ってしまう。 *1
だが盗みの才能は本物で、その巨体にもかかわらず身のこなしは軽く一度たりとも保安官に捕まったことは無かった。
しかしある日、銀行強盗に入ったところを不覚にも罠にかかって捕らえられてしまい、保安官に
「貴様のような悪党はいつかはこうなる運命だったんだよ。
 ジパングのニンジャでない限り俺からは逃げられないのさ」
と言われ、「ニンジャ」 という言葉に興味を持ち彼から上手くニンジャの事を聞き出すと、
その夜のうちに脱獄しすぐさま日本へと向かった。

鎖国中の日本に密入国したアースクェイクは、出羽にて甲賀の抜け忍である綾女のもとで、
同じくアメリカからやってきたガルフォードと共に甲賀流の忍術を学んでいたが、
入門から半年ほどして 「ニンジャのテクニックは全て頂いた」 という発言をして出羽を去った。
(その半年間に 山の動物をすべて彼が食いつくしてしまった ので、これ以上ここで生きていけないという理由もあった)
なおガルフォードはアースクェイクより先に綾女に師事しているので、ガルフォードとは兄弟弟子となるが
アースクェイクがパピーの食事を横取りするなどしたためその仲は非常に悪く、
出羽を去った後にガルフォードと再会した時にもアースクェイクは彼のことをすっかり忘れていた。
ただし、RPG版『武士道烈伝』では、その設定を改変してストーリー開始時まではガルフォードと兄弟弟子だったことになっており、
ガルフォードが主人公の時のみ、アースクェイクとのイベントが独自のものになったり、アースクェイクが加勢に来ることがある。

以後は学んだ忍術を自己流に改良する傍らで盗賊団を結成して各地を荒らし回っている。
子分は初代では3人 (細野トン吉、高橋チン平、坂本カン太:名前の由来はYMO) を連れていたが、
真サムでは2人 (コン八、キン三) が増えて、総勢5人になった。
どいつもこいつも見た目はちっちゃい色違いのアースクェイクという感じだが、別に息子とかではない。
アースクェイクが盗賊団に入る条件として、自分と同じような容姿であることを要求しているのかもしれない…。
ちなみに 「GFFFF」 という具合に変な笑い方をするのが特徴。発音は「グフフフフ」が最も適当だろうか。

+ 以下、ストーリーネタバレ注意

サムスピシリーズで最も体重の重い登場人物だが、身長はタムタムの方が1cm高い。
タムタム以外でアースクェイクより背の高い登場キャラクターは、妖怪腐れ外道ぐらい。
見た目は恐らくハート様のオマージュであると言われるが、特徴である口ひげや額の傷が無い事から、同作の修羅の国編に出てきた、
「ギョウコ」という、目の周りにくまどりのような化粧か入れ墨をしている 太った 修羅の男ではないかという説もある

龍虎の拳』 のズームインを除けば当時の格闘ゲームでは規格外の巨大なキャラクターで、
これほどのキャラを処理落ちせずに動かせるMVS(ネオジオ)の脅威のスペックを多くのプレイヤーに知らしめた。
故に当時のSFCやMDといったコンシューマーへの移植時の最大のネックとなってしまい、
初代のSFC版やGB版では小さくなってしまい、MD版では一人だけハブられてしまった
でも後者でも「全然悲しく無いのはなぜだろうか」などと言われてしまったりする。
格闘ゲームの歴史が流れるにつれ、センチネルオンスロート等の巨大キャラも数多く登場しているが、
それらに先鞭をつけたのは間違いなくアースクェイクであろう。

+ う・ん・ち・く話

「おめ~、ちったぁ肉つけなよ!グヒッ!!」


原作での性能

その3m近い巨体から繰り出す攻撃は、どれも破壊力が高く隙が大きいものばかりである。
一応ニンジャなので、信じられないことにこの巨体で三角飛びをやってのける

初代では 対戦相手に投げられない という前代未聞の特権を引っさげて登場し、投げられないのをいい事に
ジャンプ強蹴りのケツをガードさせて強引に放屁 (投げ技) をかますという「ケツ投げ」が猛威を振るった。
これについて後にサムスピ零の火の玉アンソロコミックで「(初代サムスピで)最大の敵は屁でした」と覇王丸が言うネタがあったりする。
CPU戦でも一方的に入るケツ投げ(もちろん対アースには入らないが)で簡単に勝ち進むことができ、
ラスボス天草すら一回投げた後はずっと画面端でガードし続けていれば簡単に勝ててしまえた。
しかし研究が進むにつれ、その巨体故に様々な昇りジャンプ攻撃がしゃがみ状態に入ってしまうことが判明し、
キャラによっては恐怖の完全二択攻撃が成立してしまうため、対戦バランスはそこまで崩していない。
また通常技もジャンプ・屈み強斬りが強力なものの、全体的に発生が遅い上に隙が大きく、
必殺技も「ファットチェーンソー」とケツでバウンドする「ファットバウンド」がどちらも連打技のため使い勝手が良いとは言えない。
(ただし必殺技の数が少なく性能が良くないのは初代の全キャラに言えることである)
図体のデカさはしゃがみのみならず、普通に立っていてもやられ判定が大きいことを意味するため、
橘右京タムタムには「秘剣 ツバメ返し」や「アハウ・ガブル」といった判定の大きい飛び道具を連発されるだけで
ハメに近い戦いを強いられた。
とはいえ、やはり投げられない=当て投げや着地投げ、ダッシュ投げが効かないことは大きな武器で、
基本的にガードを崩す手段が投げしかない初代において、しゃがんだアースクェイクの待ちを崩すのは至難の業。
また昇りジャンプ攻撃の中段も上記の通りによっては非常に強力だが、殆どのキャラは小斬りレベルだったり、
そもそも対アースクェイクの中段持たないキャラもいる。
地味な所では「ジャンプ弱蹴りが出た後は無敵」という現象も強力で、ダッシュの性能も良く意外と機動力も低くない。
これらの特性を上手く生かしてどっしりとした立ち回りで強引に投げを絡めてくるアースクェイクはかなり強い。
実際、初代稼働から約1年後に開かれたゲーメスト杯全国大会でも、
アースクェイク使いの猛者が決勝まで上り詰める、という大健闘を見せた。

真サムでは各キャラごとに用意された「対アース(兼黒子)用投げ技」で投げられる(見た目は打撃)ようになってしまった。

また、初代では無理だった半蔵ガルフォードコマンド投げも正常に喰らうようになった。
しかししゃがみ状態だと半数近くのキャラに投げられないため、結局はそれほど影響は無かったりする。
技の方では通常技に大幅な変更が行われ、使い勝手が格段と良くなっている。
立ち・屈み中斬りや、何故か下段避けを誘発してガード不能になる (一部キャラを除く) 立ち弱蹴りがその代表。
必殺技は「ファットチェーンソー」が一旦消えてから出るようになって更に使えない技になったものの、
新技として分身技「ファットコピー」、うつせみ技「ファットレプリカアタック」が追加されて忍者らしくなった。
他にも口から炎を吐く「ファットブレス」、武器破壊技「アースガッデム」も追加されている。

ちなみに真サムはCPU戦の難易度が高いことで有名だが、アースクェイクの屈み強斬りを喰らってくれる事が多く、
またしゃがんだアースクェイクを投げられないキャラも多いため、比較的簡単に勝ち進むことが出来る。
ラスボスのミヅキにも同じ事が言えるため、またもクリア率一位はアースクェイクとなってしまった。GFFFF。

SVCでは幻十郎が原作準拠のボタン配置(弱・中・強斬り・蹴り)なのに、
何故かアースクェイクのみ他キャラと同じKOF準拠のボタン配置となっている。
(弱斬り・弱蹴り・強斬り・強蹴りと考えれば真サム再現とも言えるが。 弱斬り・強斬り・弱蹴り・強蹴りじゃないのかって?言うな
そのため技の性質もサムスピとは大幅に異なり、飛び道具の屁「ファットバースト」の追加など、
性能は別キャラのような印象が強い。もちろん普通に投げられる。
この時使えた超必殺技「ファットギルティー」の性能が良く、後の剣サムでは使えなかった事に一部ファンはがっかりした。
が、そもそもアースクェイクファンが少n(ry

そしてその剣サムでは、真までの性能をある程度踏まえた上で、性能以上に大きく戦法が変化した。
具体的には初代の大投げが必殺技になった打撃投げ「スカンクバースト」とダッシュ中斬りが出の早い ダウンを奪える 中段技になり、
これとダッシュ大斬りやダッシュ蹴りなど豊富な下段技(同じく出が早くダウンさせられる)、
それに投げ+αを加えた起き攻めの択一攻撃が非常に強力。隙も小さいため起き攻めに限らず連携も組み立てられる。
相変わらずダッシュも早く機動力があるため、この状態に持ち込むのもそうそう難しいことではなく、
さらに同様に三角飛び、そして剣サムで非常に強力な三角降りを持っているのは大きい。
攻撃力が低めなので何度も択一攻撃を成功させねばならないが、その分何度も何度も転ばされ択攻撃を喰らう相手の疲労度は高い。


MUGENにおけるアースクェイク

+ Mouser氏製作 SVC+KOFアレンジ仕様
+ ActJapan氏製作 SVC仕様
+ 電人えむ氏製作 SVC仕様
+ R@CE AKIR@氏製作 SVC+アレンジ仕様
+ 腐レ雅氏製作 剣サムアレンジ
+ Ironjw氏製作 初代仕様

動画での主な出番といえば、Gonzo-氏のオロチの裏モードでストライカーとして稀に呼びだされる程度。
それでも、犬やクールチョイに比べると影が薄い。
やはりキャラ自体の人気が・・・

出場大会

更新停止中


「人を憎んで罪を憎まず。
     お宝のためにオレ達は戦う!
        ナーンチャッテよ、GFFFっ!」

*1  0歳時で既に体重は4kgで、以降は
1歳:7kg 
3歳:18kg
5歳:26kg
10歳:46kg
15歳:62kg
20歳:512kg(19で失恋)
25歳:579kg
29歳:621kg
らしい。失恋が相当ショックだったのだろう。
そのうち妖怪なってしまいそうな勢いである。

ちなみにBMIは623/(2.84)^2=77.2。(なおアメリカ基準の肥満定義はBMI30.0以上)
参考までに彼の対極に位置するであろうタムタムは55kg・285cmということからBMIは55/(2.85)^2=6.8であり
こっちはなんとBMI10以下というよほどのチビでもない限りありえないレベル。なんなんだお前らは