エレクトロ


アメリカのマーベルコミックスの漫画『スパイダーマン』シリーズに登場するヴィラン(悪役)。「ラ」だと弁護士の彼女になるので注意。
名前の通り電気を自在に操る力を持つ、ヴィランチーム「シニスター・シックス」の一員。
スパイダーマンとは長い付き合いの宿敵同士である。

本名は「マクスウェル・ディロン」(マックス・ディロン)。
コンピュータ技術者である父ジョナサンと母アニタの下に産まれるが、引っ越し続きで友人を作れなかった。
さらには8歳のときに父親が蒸発し、それ以来アニタに溺愛されて育つ。
電器技術者になろうと思っていたが、知力を心配したアニタに諭され、電気会社の電線担当になった。
腕利きの電線作業員であったが、高圧線の作業中トラブルに瀕した同僚をボーナスを出すと説得されるまでは助けようとしなかった等、人格面に問題があった。
ある時、作業中に落雷に打たれたが、電線を強く握った為に生き延び、結果的にスーパーパワーを身につけた。
その後はそうした能力を悪用しようと考え、ヴィラン「エレクトロ」となった。

能力は、やはり電気に関係したものが多く、応用範囲も広い。
放電での攻撃はもちろん、体に充電しての身体機能強化、思うだけで機械を操る能力、
電力を奪ってのパワー強化、地磁気を利用しての飛行など多岐にわたる。
これらの中にはDr.オクトパスからアドバイスされたものも含んでいる。
ただし、充電中は極めて水に弱くなってしまうという弱点も持つ。
また、幼少時の体験の為、かなり重度の劣等感に悩まされている。

スパイダーマン以外にも、デアデビルファンタスティック・フォーなどとも戦っている。

ユニバーサルスタジオジャパンにあるアトラクション「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」にも
Dr.オクトパスの部下の1人として出演、声は中尾隆聖氏が演じている。



映画『アメイジング・スパイダーマン2』においては、
スパイダーマンに憧れる黒人の技術者として登場。
優秀なエンジニアであったが、
やや他者とのコミュニケーションが苦手であった事が災いして評価されず劣等感に悩まされ、
施設整備中の事故から超能力に覚醒した後は、
自分をスパイダーマンが殺そうとしたとの誤解から暴走。
グリーンゴブリンと協力し、
自ら設計した発電システムと電力網を通して街を支配しようとする、
設定もデザインも原作から見事にアレンジしたヴィランとなった。

また日本では原作:平井和正、作画:池上遼一による漫画(東映版とは無関係)で最初の敵怪人として登場し、
電撃能力(オリジナルと違い常時体内で発電しており充電不用)の他にスーツが防弾機能もちで、これを利用して銀行強盗をしていたが、
その正体は出稼ぎ中に誤って車で人身事故をして、その償いの莫大な賠償金のために手段を選ばず金を稼がねばならなくなり、
ある科学者に肉体をサイボーグ改造してもらって彼の研究資金確保に協力するという青年であった。
…それだけならまだアメコミにもいそうな範疇だったが、その後戦闘中に自分の電撃の誤射で上記の科学者を感電死させ、
電撃能力を解除できなくなって(本来は仕事が終わったら解除の約束)意思とは無関係に一生周囲の人間を感電させてしまうようになる。
最終的にスパイダーマンとの戦闘でエレクトロは死亡、スパイダーマンは彼撃破にかけられていた賞金を得るものの、
それで助けようとした少女はエレクトロの妹で…というしょっぱなから鬱展開であった。

またロックマンシリーズのボスであるエレキマンは彼をモデルにして作られているという説もある。
理由はマスクのデザインなどが似ており、エレキマンが「アメコミをイメージして作られた」キャラクターであるからである。


MUGENにおけるエレクトロ

海外の制作者であるVerz氏によるエレクトロが存在している。
サンドマンが呼んでくるエレクトロのドット絵を元にして作成したらしい。
ストライカーとしてライノを呼んだり、原作通りの放電攻撃をしたりと賑やかである。
放電攻撃は持続時間が長いため、混戦で重宝する。
naclken氏によるAIが公開されている。
+ 動画(youtube)


また、Erradicator氏によるものも存在している。
こちらは遠距離戦が中心になっており、特に「サンダーボルト」の超必殺技版は、
画面内に雷が8発落ちて来るという非常に派手なものになっている。

出場大会