「ここで会ったが百年目。今日は憑きたてのほやほやだよ!」

『東方Project』の登場キャラクター。初出は『東方妖々夢』2面ボス、Extraステージ中ボスとしての登場。
読みは、中国語風に「 ちぇん 」。「だいだい」や「オレンジ」ではない。オレンジは旧作の野良妖怪。
種族は妖獣に分類される黒い化け猫(猫又)。八雲紫の式神である九尾の狐八雲藍の更に式神である。
「人を驚かす程度の能力」及び、特殊な条件下で「妖術を扱う程度の能力」を使いこなす。
東方萃夢想』及び『東方緋想天』には八雲紫のスペルカード(超必殺技)として出演している。
二つ名は「凶兆の黒猫」「すきま妖怪の式の式」「目にも留まらない化猫」など。
専用BGMは「ティアオイエツォン(withered leaf)」。

+詳細な原作設定
彼女は、八雲紫の式神である八雲藍から、さらに式神を憑依させられている。
(『東方Project』の世界において「式神」とは、自分に出来る動きをコピーした一種のプログラムである
この為、式神憑依時は「妖術を操る程度の能力」にパワーアップするが、
水に濡れると憑依した鬼神(おそらくスペルカード『鬼符「青鬼赤鬼」』から想像するに、
赤鬼と青鬼)が剥がれてただの化猫に戻り、「人を驚かす程度の能力」にまで弱体化してしまう。
そうでなくても猫は水が嫌いだが。更にマタタビにも弱い。色々未熟。
一応藍に使役される立場ではあるが、あまり頼りにならないため基本的に藍が自分で済ませてしまうとか…。
ちなみに式神が剥がれても姿は特に変わらず、人型のままである。
同じく猫の妖怪である火焔猫燐と違って黒猫の姿になったりはしない。


二次創作が主流なせいか偶に勘違いされるが、 彼女に苗字は無い
二次創作作品『 東方M-1ぐらんぷり 』でも「八雲橙」と名乗っているが、あくまでコンビ名である。
(ちなみに、参加の動機は「八雲の姓を授かること」だったが、優勝しても紫は「検討しておく」とはぐらかした。)
紫から見ればあくまで従者の従者なので「八雲」の姓を授かってないとか。
苗字をつけて出すのは「俺魔理沙」や「パチェリー・ノーレッジ」、
僕リグル」同様、東方ではよくある致命的なミスなので注意。
ネタとして使うならともかく、そうでない場合は荒れる危険性が高いので気をつけよう。

しかし、特に歴戦動画などで、「姓と名にそれぞれ1文字以上必要」
などの事情で便宜上「八雲」姓を付する例がしばしば見られる。この際には視聴者が酌んで流すべきであろう。

公式では紫達と同居はしておらず、普段は妖怪の山にある小屋で式神候補の猫達と暮らしており、猫たちのリーダー的ポジションにいる。
(ただし、書籍版『文花帖』では、配下の猫達を扱いきれていない所が確認されている)
主人である藍にも全く懐いていない

ゲーム中ではシューティングゲームのボスとは思えないほど縦横無尽に画面上を駆け回るのが特徴的。さすがぬこ。
しかしただの猫なら可愛いで済むが、こちらは弾幕をばら撒きながらなので性質が悪い。
弾密度が多くて姿を視認しずらい時は、妖々夢から追加されたEnemyマーカーが役に立つ。
また、くるくる回転しながらの攻撃が多いのも特徴的。

+二次創作での扱い
二次創作では、紫や藍と共にマヨヒガ(迷い家)に住み込み、「八雲一家」といわれる集団を構成していたり、
「藍しゃま~尻尾モフモフさせてくださーい」と甘える描写が多い。
基本的に悪戯好きの子供達ばかりの幻想郷では珍しく、
真面目で思慮深い良い子キャラである。藍の教育の賜物か。
作品によっては、大妖精因幡てゐ同様、
バカルテットの補欠としてチルノ以外のメンバーの代わりに登場することもある。
自分を愛してくれる藍や紫へ恩返しをしようと頑張る様は 人を萌え殺す程度の能力 となるに至る。
『ちぇーんがチャーミング過ぎるからさ。』
なお、二次作品では水を被って式が剥がれた際、しばしば普通の猫の姿になるように描かれる。

勿論これらは公式設定から大幅に反しているが、分かった上で二次創作設定を使っている人もいる。
ケースバイケースで。

「私、紫様や藍様の為に頑張って早く一人前の式になります!」

その他、ニコニコ内の東方動画で橙が登場した場合、
「ちぇえええええええええん」 というコメントがつくことが多い。
「え」の数は人によって異なるが、大抵は7個以上付く。
もちろん、他のキャラの定型句と同じように、ニコニコ外でやると嫌われるので注意するように心がけよう、ね、藍様!


MUGENでの橙

+gomashio氏作 「橙」
  • gomashio氏作 「橙」
東方非想天則仕様の橙。
くるくる回ったり、コミカルな表情をしたりと可愛らしい。
また一部の攻撃やスキルがブランカだったり、呼び出す赤鬼&青鬼が誰かに似ているなど
ユニークな挙動が多く、見ていて飽きないキャラとなっている。

オリジナルの天候 「空風(からかぜ)」 が搭載されている。
効果は「すばしっこくなる程度の天気」で受け身が通常より早くできるようになる。

性能としては牽制向きの射撃やスペカが多く、移動しながら攻撃するタイプの技も豊富と
ガン攻め向きの性能になっている。
しかし無敵切り返しが4~5コスのスペカしかないため攻められると辛い。

5コススペカ「式弾『アルティメットブディスト』」では藍を呼び出す。
発生までに時間がかかるが、発動後フルヒットすれば5割近いダメージを与えられる。
また一定確率で藍の代わりに紫が出現する。
このときは蝶弾が追加されるためうまくいけば即死級のダメージを叩き出す。

溝星氏による外部AIが存在する。2段階のAIレベルと5段階のガードレベル調節が可能。
蓬莱氏による外部AIも存在したが現在は公開されていない。

gomashio氏の製作動画
+しーぽん氏作 「チェンシロウ」
  • しーぽん氏作 「チェンシロウ」

チェン「俺のヤクモ神拳は無敵だ!」

名前から分かるように、ケンシロウ(ドロウィン氏作)がベースとなっている。
音声もケンシロウのものが使われているが、「北斗」の部分が「八雲」に変更されている。
AIもケンシロウのものがそのまま搭載されているが、技の位置や距離が異なるのでコンボがつながらないことがある。
大ポトレとテーレッテーカットイン募集中とのこと。
因みにドロウィン氏製のケンシロウがベースなので何かかっこ良く見えるスーパーケンシロウのバグも可能。
尚チェンシロウネタはこれ以前に、八雲家の家庭の事情幻想郷戦隊ハクレンジャイで使用されていたが、
どちらも外見までケンシロウになっていた。

藍「ちぇええええええん!!」

紫「良かった! 無事で!!」

+幽霊荘氏作 「やや高頭身の橙」
  • 幽霊荘氏作 「やや高頭身の橙」
image plugin error : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (cheeeen.gif)
2012年12月に斧ロダで公開されたオリジナル手描きドットの橙。
弾幕や式神などは一切使用せず、ひたすら徒手格闘に特化したゴリゴリの接近戦を好む。
AIは入っておらず、M・バイソンのターンパンチ並にタメの長い技を発生保障も無いのに
敵の目前で出そうとしては潰されるといった迂闊さが目立ち、ぶっちゃけあまり強くない。
ガチAIが搭載されたら意外と化けそうかも。化け猫だけにナンチャッテ駄洒落かよ

DL先は下記動画から。


ストーリー動画においては藍と同様に紫にくっついた形での出演が多い。
ただ、キャラの立ち位置的に藍の方がオイシイ場所にいるため、やや影が薄い。


出場大会

削除済み
更新停止中
非表示
  • 「[非表示大会] [橙]」をタグに含むページは1つもありません。
【チェンシロウ】
削除済み
凍結

出演ストーリー

+一覧
3年J組ドラゴン先生
Drえーりん診療所(非戦闘)
Medium Heart
MUGEN STORIES INFINITY(非戦闘)
mugen島物語 ~幻想帰譚~(主人公)
Transfer Avengers
イングリッドの愉しい学園生活(チェンシロウ)
小野塚横丁死神日記(非戦闘)
幻想郷戦隊ハクレンジャイ(ただしその姿は世紀末救世主
香霖堂夜想曲
サイキョー流珍道中(非戦闘。楽屋裏でゲストとして登場)
崎さんと霊夢の便利屋爆走記(ただしその姿は機械兵器
志貴と無限市物語(未だ非戦闘)
紳士と少女
すごい漢シリーズ藍&橙
掃除屋 ガーネット(チェンシロウ)
血が嫌いな吸血鬼
チルノ絵日記(未だ非戦闘)
とある吸血鬼の東方見聞録
豆腐屋 早苗さん
東方一年戦争
東方腋巫女虎闘記【シグルイ編】(非戦闘)
半人半霊のこころ
百鬼運送業(第2章より・橙姉さん)
まったりCafe「鬼神」
~ミハエル喫茶店にようこそ~(チェンシロウ)
厄神さまのおしごと
八雲家の家庭の事情(ただしその姿は世紀末救(ry
ラディッツがMUGENで幻想入り
リュウが咲く!(非戦闘)
ロックマンゼロが幻想郷の住人と戦うシリーズ
妄想式家族計画


コンボ(gomashio氏の橙の場合)
コマンド 備考
屈A×1~3→3A 下段からのコンボ。屈A・3Aから繋がるスキル・スペカはない。
~百猫襲→立A×1~2→6B→百猫襲or野生の咆哮or地落し九曜 百猫襲からの追撃。
(立A×3→空B射→空A×2)×n→近A×4→B百猫襲→近A×2→B百猫襲 相手キャラのサイズと当たり判定にもよるが、A×3後の空B射を
「全6発の弾が一瞬の間をおいて3発ずつ当たる」位置で出せば空A×2→立Aが間に合う。