ギルガメッシュ

+ 伝説上のギルガメッシュについて

MUGENでは以下のギルガメッシュが存在している。
  1. NAMCOのゲーム『ドルアーガの塔』の登場人物。名前は上の叙事詩のギルガメシュからの引用である。詳細はギルガメスを参照。
  2. TYPE-MOONのゲーム『Fate/stay night』の登場人物。こちらは叙事詩に登場する王本人という設定。

また、レナ・シャルロット・タイクーンには原作で敵だったギルガメッシュというキャラをストライカーとして呼ぶ技がある。同作にはエンキドウという名の敵もいた事からしてこれもやはり叙事詩からの引用だろう。

このページでは2について説明する。






「―――よい開幕だ。
             死に物狂いで謳え雑念―――!」
プロフィール
身長:182cm/体重:63kg
属性:混沌・善
イメージカラー:金
特技:お金持ち
好きなもの:自分、権力
苦手なもの:自分、蛇
CV:関智一

TYPE-MOONのゲーム『Fate/stay night』に登場する、サーヴァントと呼ばれる聖杯戦争のための使い魔。
サーヴァントとしてのクラス(器)はアーチャー(弓の騎士)。
本来一回の聖杯戦争につき7騎しか英霊を呼んでサーヴァントに出来ないはずだが、第五次聖杯戦争では8騎目として物語に登場する。
元々は10年前の第四次聖杯戦争で呼び出されたサーヴァントだが、10年経って再登場する理由・経緯は原作や第四次聖杯戦争を舞台にした小説「Fate/Zero」を参照。
ルートによってはセイバーを我が物にしようとつけ狙ったり、ラスボスとして立ちはだかる。
人類最古の英雄であり、かつて世界の全ての物を手中に収めた彼は「英雄王」とも呼ばれ、サーヴァント中では最強の存在。
一人称は「我」と書いて「オレ」と読ませる格式高い物(しかしボイスが付いたPS2~PSVのコンシューマ版では何故か「ワレ」と発声する場合がある)。
公式またはファンからの通称は「金ピカ」「ギル」「我様」「うっかり王」など。
ギルガメッシュの真名が自陣営の者以外には伏せられていた第四次聖杯戦争や、第五次聖杯戦争で真名が公開されるまでは「アーチャー」または「金ぴか」をはじめとする通称で呼ばれていたが、真名が知れるとクラス名で呼ばれることはほとんど無くなる。
五次のアーチャーがいるためこれは当然のことだろう。

アニメ版以降の声優は壬生灰児ドモン・カッシュスタン・エルロン兄沢命斗でお馴染みの 関智一 氏。
余談だが、関氏はのちに『ドルアーガの塔』のギルガメスも演じている(アニメ版)。ある意味納得のキャスティングである。

+ 詳細な原作設定
+ ステータス
+ スキル
+ 無二の友

+ unlimitedcodesの英雄王

MUGENでの英雄王

+ 死門氏製作・Fate/sword dance版ギルガメッシュ
+ 旅人氏製作・デフォルメ版ギルガメッシュ
+ sunny_light氏製作・英雄王ギルガメッシュ
+ 天田志朗氏製作・ギル様
+ 旅人氏製作・D0版ギルガメッシュ

またLates氏製作の八雲紫の改変キャラ・イシュタルはこのギルガメッシュをモチーフとしており、ボイスパッチも存在する。

出場大会

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
削除済み

出演ストーリー


*1
通常格闘ゲームにおける「補正切り」とは、コンボ中に突然コンボを中断し、相手の動揺を突きすかさず更にコンボをつないで高いダメージを与えるという相手の心理をついたテクニックなのだが、ucでは独自に補正切りという、システムの裏を突いたテクニックが存在する。
通常は超必殺技を何らかの技からキャンセルして出すと「威力を1/2にせよ」という補正がかかるのだが、超必殺技発動時の「1F~暗転~発生~命中」のプロセスの間に別の攻撃が命中すると、「威力を1/2にせよ」という補正がかき消されてしまい、通常の威力で超必殺技をコンボに組み込める。
この半ばバグにも近い技のためにこのゲームの平均火力はさらに伸び、世紀末化を推し進める結果となった。
代表的な補正切りは、アーチャーの空中リンクシュートと偽螺旋剣を利用したものと、士郎のトラップシュートと勝利すべき黄金の剣を利用したものが有名。
フィニッシュのカラドボルグのダメージに注目
http://www.nicovideo.jp/watch/sm3850039