スーパーマン

「空を見ろ!」「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや… スーパーマンだ!

"I'm a Superman!"

アメリカのDCコミックスの『スーパーマン』シリーズに登場するヒーロー。
タイトルでわかるとおり、同作品の主人公であると共に、世界最初のスーパーヒーロー。
ひいてはアメリカン・ヒーローの代名詞的な存在でもある。
異名として「マン・オブ・スティール(鋼鉄の男)」、「マン・オブ・トゥモロー(未来の男)」、
ラスト・サン・オブ・クリプトン(クリプトン星最後の子)」などがある。

+ プロフィール

もはや、説明不要なアメコミヒーローの代表格。
世界で最初のアメコミヒーローであり、「ゴールデンエイジ」の象徴とも言える存在である。
「スーパーマン」の名前そのものが「超人」の代名詞となっている感もあり、彼をモチーフにしたキャラクターも数多い。
+ スーパーマン関連キャラ

+ 能力・弱点などについて

ヒーローとしての人脈も、知名度故か非常に広い。
ヒーローが集った一大クロスオーバーチーム『ジャティオブアメリカ』でもリーダー格である。
その中でもバットマンとは互いのことをよく知っている親友同士である。
だが、スーパーマンの「全体の正義」と、バットマンの「個人の正義」はすれ違うことも多く、対立もしている。
しかし、自分と対極にいて信用できる男として、自分が暴走してしまった時の備えとしてバットマンにはクリプトナイトの指輪を預けていた。
(現在は破壊されてしまったが、後にスーパーマンと協力して地球上のクリプトナイトを一掃した際にバットマンは誰にも内緒でクリプトナイトを溜め込んでいる)

アニメ版『ジャスティスリーグ』でも勿論登場し、一旦現場へ出動するとそのパワフルな戦いぶりを存分に見せつけてくれる。

+ 記念すべき『スーパーマン』第1話

+ Ifストーリーについて

余談だが、様々なメディアにおいてスーパーマンの派生作品に関わった俳優やスタッフは
何かと不運や不幸に見舞われるというジンクスがあり、通称「スーパーマンの呪い」と呼ばれている。
もっと余談だが、トリビアにウルトラマンワンダーマンという敵がいた」という鉄板ネタがある。

ちなみにそんなスーパーマン、出自が酷似したとは日米問わず比較される事が多々あり、
作中の描写から各々の正確なスペックを算出して比較した結果が此方。


MUGENにおけるスーパーマン

海外の制作者であるHannibal氏が製作したものと、彼とKalElvis氏が共同で製作したものの2種類がある。
マグニートーのドット絵を元に制作されており、普通の格闘ゲームと遜色ない動きを見せる。
どちらも白兵戦を中心とした堅実な立ち回りを得意としている。
ここでは主に後者の性能を解説する。
まず注目すべきは大P投げ、これはアイスマンの様に相手を凍らせて追撃可能な上にダメージ自体もKFM相手に260と高いため
ここからコンボに繋げるだけで敵のライフを半分ぐらい減らせる。
Amalgam Ultimate等の大技に繋げれば八割以上減らすことも出来る上、1F投げなので非常に強力。
ゲージ技も八種類と充実しており、乱舞、バリア、飛び道具、(ほぼ)全画面攻撃等々種類も豊富で
ケズリも大きいためガードさせるだけでも十分リターンが取れる等いたせり尽くせり。
その反面、通常技の発生自体は少々遅めで、ガードさせて不利なものが多く判定も弱い。
代わりに歩行とダッシュが非常に早く一瞬で間合いを詰めることが可能、このスピードを生かした投げが非常に強い。
クロスオーバーの再現なのか、キャプテンアメリカフュージョンして攻撃する技もある。
両者ともAIはAIインフレにより少し弱く感じないでもない。
5theone氏が改変&AI作成を行ったものが公開されていたが、 公開先がよりによってeSnipsだったので 現在はDL不可。
しっかりとエリアルを絡めたコンボを繋ぎ、画面端に追い詰めればスーパーブレスで凍らせてから超必を叩き込んでくる
中々の強さと魅せを両立した良AIであった。
その後、共同制作版はリニューアルされたものも公開された。
ドット絵はマグニートの他にサイクロップスも元にしており、オリジナルの動きも追加されている。
性能は機動力が上がり、判定にも強くなるなど、より強力なコンボキャラに生まれ変わった。
超必殺技の演出も、より派手でスーパーマンらしいものになっている。
デフォルトAIはやや簡易だが、人操作で戦うには充分な強さのものが搭載されている。
+ 動画(youtube)



2013年4月16日にBarbatos氏がHannibal氏版を改変し、自らのAIを搭載させたキャラ「Superman-HERO」を公開した。
目からビームを放つ超必が凶悪な威力を誇り、めちゃくちゃ強い。DLは氏のSkyDriveから。

出場大会

#co

出演ストーリー



*1
ちなみにDCユニバースは「クライシス」の際に、破壊を免れた次元が合一したために単一次元の世界となったが、
後に「インフィニットクライシス」で多次元世界が復活しており、その後の本編世界はニューEarthとなり(Earth-1も別に存在している)、
さらに2011年の「フラッシュポイント」での次元の改変による新設定でのリスタート(リランチ)後の現在の本編世界はPrime-Earthとなっている。

*2
スーパーボーイプライムは「インフィニットクライシス」において、
地球のヒーローの集団や宇宙から集まったグリーンランタン隊を一人で殺しまくり、
スーパーマンとスーパーマン(Earth-2)二人ががかりも圧倒し、
おまけに異次元Earth-プライムから来たためその次元のクリプトナイトでないと効かない上に、
そのEarth-プライムは既に消滅しているためにもはや彼に効くクリプトナイトは存在していなかった。後、魔法にも強い。