キャロル・スタンザック




 「私の勝ちねっ!
    女を甘く見た報いよ!」


 格闘スタイル: ジムナス・アーツ
 誕生日: 7月24日
 星座: しし座
 年齢: 19歳
 血液型: A型
 身長: 168cm
 体重: 51kg
 スリーサイズ: B84 W56 H86
 趣味: ヘアースタイルを変えること
 大切なもの: 自由
 好きな食べ物: チョコレートサンデー
 嫌いなもの: は虫類全般
 特技:お菓子作り
 得意スポーツ: 新体操

風雲黙示録』の登場人物。作中唯一の女性プレイヤーキャラクターである。
手に持ったジムナス・ボールを武器に、 新体操と合気道を組み合わせた全く新しい格闘技 「ジムナス・アーツ」で戦う。
普段は遊園地のアトラクションで格闘アクション女優をしている。
キャッチコピーは、「悩める美少女格闘家」。担当声優は大島榎奈氏。

当人は今の仕事を気に入っていたが、父であるジャンリュックがさらなるジムナス・アーツの拡大を望み、
獅子王と手を組んで大々的に宣伝しようとしていた。
そのためにジャンリュックは彼女と獅子王を結婚させようとするが、彼女には到底受け入れられるものではなく、
悩んだ挙句、「自分で獅子王を倒して婚約を破棄させよう」と決意し、大会に参加する。

性格は、「悩める」とかキャッチコピーにある割には軽薄。
いい男が好きだったり、負けた相手をバカにしたりとちょっと問題が多い。
獅子王からは「我が妻にふさわしい娘よ」と好意を向けられているものの、彼女は全く応える気は無い様子である。
他にも、遊園地つながりかジョーカーからも追っかけ回されている。
また、ショー・疾風も「実は気になっている」と語っており、小説版『風雲黙示録』ではより顕著に描写されている。
こちらはキャッチコピーどおり、名実共に誰もが認める美少女なのである。
ところが…(後述)

続編の『風雲スーパータッグバトル』では、世界観に合わないという理由から、
天才少年ニコラ・ザザ共々リストラされてしまった。紅一点の座は新キャラのロサへ。
…まぁ、獅子王との結婚話さえ破談になれば彼女に戦う理由は無くなるので、それはそれで良いのかもしれないが。
ニコラ?知らん。

戦闘スタイルは、先述の通りジムナス・アーツ。
同じ新体操でも大久保久美とは違い、こちらはリボンではなくボールを主に使う。
イメージに反して動きはあまり速くないが、ボールを使用した飛び道具技が多く、立ち回りに問題はない。
…ちなみに、このボールは 髪の中に大量に隠し持っている からいくら投げても平気らしい。
超必殺技「ナーティーボール」は、画面内をボールが縦横無尽に飛び回る大技であり、
ガード不能 というトンデモっぷりであるが、 発動中は避け攻撃以外一切出来なくなる。

+ 原作での技性能

+ 余談

MUGENにおけるキャロル・スタンザック

Fervicante氏が製作したものが存在。
氏のサイトは消滅してしまったが、現在はBrazil Mugen Teamにて代理公開されている。
また、同じくFervicante氏が制作した『風雲スーパータッグバトル』風アレンジもある。
原作との一番の違いは ナーティボール中に普通に動ける 点で威力は低いものの中々の脅威。勿論ボールはガード不能。
画面中を飛び回るという性質上、シングル戦だけでなくタッグ戦においても頼れる技である。
AIは良く動くものがデフォルトで入っており、ナーティボールの性質もあってチーム戦では堅実な働きをする。
そのためあまり出場回数は多くないものの、どの大会でもそれなりの存在感を発揮している。
製作者が同じなので若葉ひなたの「いただきスクープ」にも対応している。

出場大会

削除済み