小松代真


"Get Ready!"

実在する日本の女性歌手、およびそれを元にしたゲームキャラクター。「こまつ よま」と読む。
2000年にコナミが行ったイベント「Dance Dance Revolution アーティスト・オーディション2001」にて選出され、
小坂梨由、前原しゆな、白石紀亜らと共に女性グループ「BeForU」(ビーフォーユー)としてデビューした。
その後、同社の音楽ゲーム『ダンスダンスレボリューション』『ギターフリークス&ドラムマニア(略称ギタドラ)』
ポップンミュージック』『ビートマニアIIDX』などに楽曲を提供していた。
「YOMA KOMATSU」「ΨΦΜΑ ΚΦΜΑΤSU」「代真」などの名義を使っていたこともある。
2007年12月12日に一身上の都合によりBeForUを脱退。
その後は本名の「小松奈央」に改名して、歌手だけでなくデザイナーとしてもソロ活動を続けている。

キャラクターとしてのBeForU

「BeForU」は上記のゲームへ楽曲提供をすると共に、『ギタドラ』ゲーム中のイメージクリップにも
アニメ調の同名キャラクター「BeForU」として出演していた(上記のバストアップイラストがそれ)。
このキャラクター達はゲームが初出だが、後に本人達のイメージキャラクターとしても使われるようになった。
ただしリアルの本人達とイメージキャラクターの姿は結構かけ離れたデザインとなっている(理由は後述)。

+ 「BeForU」キャラクターの紹介
以下はMUGENのyomaと共に登場するキャラクター(結成当時のメンバー4名)を紹介する。
ちなみにリアルの「BeForU」はボーカルユニットのため当然全員が歌っているのだが、
『ギタドラ』でキャラクターとして登場する際はバンド設定となり、担当楽器パートが存在する。
(なお、キャラBeForUの方は本来名字を表記しないのが正しい…のだがMUGENじゃあまり関係ない)
MUGENでの衣装とカラーリングは「チカラ」で登場した時のものがベースになっている。

小坂梨由(こさか りゆ) / RIYU
 1月17日生まれ。神奈川県出身。BeForUの実質的なメインキャラ。
 キャラとして登場した際のパートはヴォーカル (Vo.)。赤い服を着用。
 リアルの方は後に小坂りゆに改名。ソロの持ち曲も多い。
 後の新生BeForUにも残る結成初期からの唯一のメンバーである。
 2009年よりフリー活動宣言(BeForUについては言及せず)。
白石紀亜(しらいし のりあ) / のりあ
 9月12日生まれ。埼玉県出身。
 キャラとして登場した際のパートはギター (Gt.)。紫の服と帽子を着用。
 初出時のキャラデザインは黒髪で、チカラでは金髪だが後に黒髪のデザインに戻る。
 リアルの方は後に白石のりあ→Noriaと改名。2007年12月30日に卒業。
 2008年より引き続きNoriaとしてソロ活動中。
小松代真(こまつ よま) / yoma
 12月30日生まれ。秋田県出身。
 キャラとして登場した際のパートはベース (Ba.)。水色の服を着用。
 リアルの方は「代真姉(よまねえ)」と慕われ、リーダーとしてグループを牽引した。
 ライブ・CDジャケ・PV等の衣装デザイン・コーディネートは全て彼女の手によるもの。
 後に代真と改名。2007年12月12日に脱退。2008年より小松奈央に改名してソロ活動中。
前原しゆな(まえはら しゆな) / しゆな
 11月30日生まれ。東京都出身。
 キャラとして登場した際のパートはドラム (Dr.)。オレンジ色の服を着用。
 初出時のキャラデザインは黒髪だったが、チカラ以降金髪のデザインになる。
 リアルの方は2004年7月に卒業。「BeForU」の中で最初に脱退したメンバーである。
 脱退以降に出た曲のムービーには当然ながらキャラのしゆなも登場していない。
 なお、本人は「SHIYUNA」だがキャラは「SIYUNA」というローマ字表記の微妙な違いがある。

ちなみに、BeForUはこの後「4 - 1 + 3(音ゲーここまで) - 2 - 2 + 3 - 1」とメンバー数が変動していき、
現在は初期メンバーの小坂りゆ以外音ゲーと全く無関係のユニットになっている。
更に2009年以降、BEMANIシリーズの新作から過去のBeForUの楽曲も殆ど削除されていたり、
公式サイトが消滅したりなど色々ごたごたしていたのだが、それはまた別のお話。
2010年の『ギタドラXG』以降、削除されたBeForU曲もちらほら復活し始めたようだ。


リアルのBeForU自体のデビューは『DDR5thMIX』からなのだが、彼女達がキャラクター化したのは
『GF8th』&『dm7th』収録の「BRE∀K DOWN!」からである。……のだが……、

 あれ…?よまは…?
+ どうしてこうなった
実を言うと、上の曲「BRE∀K DOWN!」のクリップで初登場したこのガールズバンドのキャラクター達は
元からBeForUのメンバーのキャラ化を意識して作られた物ではなかったりする。
キャラクターデザイナーのあまもん氏がこの曲のイメージクリップに登場させた3人の女の子を、
作曲者のNAOKI氏がそれぞれBeForUのメンバーの名前になぞらえて
ヴォーカルを「RIYU」、ギターを「のりあ」、ドラムを「しゆな」と名づけたのが始まり。
つまり、元々はBeForUのメンバー達とは全く無関係に生みだされたキャラだった。
なのでこの時点では「yoma」に当たるキャラがおらず、RIYU以外の二人も黒髪。
(ちなみにあまもん氏はこの時点でBeForUのメンバーに会ったこともなかった
当然本人達とは髪型や特徴なんかも違っていたのだが、自然とそのまま「BeForUのイメージキャラ」として定着し、
後のBeForUの曲のクリップにも(「yoma」のキャラもちゃんと追加されて)出演し続ける事になった。
なお、リアル代真の方はちゃんと「BRE∀K DOWN!」の曲に参加して歌っている。
間奏で出てくる台詞は丸ごと代真の喋ってるセリフだったりする(アニメはRIYUだが)。
 「そのさー、つまんない話付き合ってる暇なんか
    あたしにはないんだよね。レベル低いんじゃないの?」

実質、4人のキャライメージが固まったのはMUGEN版のベースにもなっている「チカラ」以降から。
その後メンバーが増え6人になり、追加メンバー「BeForU NEXT」のキャラも3人分ちゃんとデザインされた。

ちなみに、リアルの本人は「りゆ」「Noria」「代真」「しゆな(SHIYUNA)」表記だが、
キャラは「RIYU」「のりあ」「yoma」「しゆな(SIYUNA)」表記と微妙に変えるこだわりもあった。
……ようだが、後に本人側も「RIYU」「のりあ」「YOMA」表記などを使ったり、
新メンバーのキャラはそのまま「みはる」「りさ」「さやか」だったりして今や既にうやむやになっている。
「RIYUたん萌え」とか言った場合は主にキャラの方を指す事が多い。


MUGENにおける代真/yoma

バレッタでおなじみのBabyBonnieHood氏によるものが存在している。
上記の音ゲー『ギタドラ』でキャラクターとして登場したものを元に、手描きキャラとして作られている。
戦闘スタイルはベースの演奏や楽器による殴打。強力な防御手段であるアドバシングガードを持っている等、遠近両方いけるバランスの良いキャラ。
また、ストライカーとしてBeForUのメンバーを呼び出して攻撃させることもできる。

空中ダッシュやハイジャンプ、ロマキャンやサイクバーストやパワー溜めなど、多くのシステムを備えている。
また、技名の多くはギタドラの曲や他の音ゲーのBeForU曲のタイトルから取られている。
必殺技「Band Session」では他のメンバーを呼び出すが、何故かアンダンテのクリップのキャラが出てくることも。
超必殺技「BreAk down!」は音ゲーで降ってくるバーを前方に乱射する技であるが、スピードが速い上に弾数も半端じゃなく多い。
また、撃ちながら上下動が出来るため、タッグ戦だとダメージ・拘束力・範囲の全てにおいて強力である。
上記の通り原作の「BRE∀K DOWN!」時点ではキャラのyomaは存在しないのだが気にしてはいけない。

+おまけ
余談だが、やられカットインとボイスが妙にエロイ
というかぶっちゃけ別キャラだろと思ってしま・・・おや、こんな時間に誰か来たようだ…


以前は「RANDOMSELECT」にて代理公開されていたが、現在「trinitymugen」に公開の場を移している。

出場大会

削除済み