イングリッド

「わしの一発で、おぬしもメロメロじゃ!」

概要

「謎少女」「永遠の陽光」等の異名を持つ、小柄(152cm)で華奢(38kg、BMI値16.4)な美少女の容姿に反して年寄り臭い喋り方をする女の子。
実際豪鬼を「ナウなヤング」扱いし、齢六千を超える冥王が知己の様に喋る等、かなりの年月を生きている様だ。
闇の貴公子伝説の巨竜等も正体を知っている節があるが詳細は未だ語られていない。
善玉キャラだが宇宙の支配者に「しゃしゃり出てくる理由が君にあるとは思えんのだが」などと タメ口 で突っ込まれる「お邪魔虫」。
勝ち台詞等から「猫っぽいもの」が好きな事が窺えるが、フェリシアはともかくレオブランカまで守備範囲に入るあたり、やはり只者ではない。
なお、白く見える髪の色には「白髪説」「銀髪説」「色の薄い金髪の表現説」等がある。日本語的には全て「銀髪」で括って問題ないのだが。
CVは城雅子氏。幼女から老婆まで幅広く演じ分ける同氏だが、対戦格闘ゲームで演じたのはイングリッドただ一人。


キャラクターの生い立ち

元々は『CAPCOM FIGHTING ALL STARS』という3D対戦格闘ゲームのオリジナルキャラで、
同じくルーク、D.D.という二人の新キャラと共にデビューする予定だった
しかし戦闘が出来るまで開発が進んでいた『CFAS』が発売中止となり、その後も紆余曲折を経て結局お蔵入りに。
これにより、イングリッドは当然ながらデビューの機会を失うという憂き目にあった。
幻の『CFAS』公式PV ロケテスト版プレイ動画

ここまでなら比較的ある、発表されながらも消えていった不運なキャラだったのだが、雑誌等で先行発表されたこと、
また 『CFAS』発売中止前 と発表後にもフィギュアやカプセルトイ等が発売されていた事などから密かな人気を博すようになり、
そして2004年、新たに作られたカプコンクロスオーバーの2D格ゲー『CAPCOM FIGHTING Jam』にて、
オリジナルキャラとして 2Dドット絵を新規に描き起こされて ようやく正式デビューを果たすに至った。
後に2006年のPSPソフト『ストリートファイターZERO3↑↑』(以下ZERO3↑↑)にも出演。
ただしその数ヶ月後に発売された、PS2の『ストリートファイターZERO ファイターズジェネレーション』には
同じく追加キャラのユンマキイーグル共々 出演していない のでイングリッドを使いたい方は要注意。

CFJでは初期カーソルこそリュウに譲ったものの、キャラ選択画面では ド真ん中 に配され、
CPU戦では条件を満たした時にのみテーマソング「陽炎」をBGMに乱入、
またデモや店頭ポスター、家庭用の取扱説明書、攻略本などでもリュウや春麗以上にプッシュされていた。
上記の事情もあり、コアなファンから待ち望まれていたため、かなり鳴り物入りのデビューを果たしたと言える。

……が、肝心のCFJが、各キャラ出典作品そのままのシステムのためキャラ差以前に作品差が激しい、
クロスオーバーものの割にキャラ数が少ない、タバサタオを切ってヌールハウザーを採用する等セレクト基準、
キャラのドットも使い回しが目立つ等の理由で、評判があまり良くないまま終わってしまった。

さらにイングリッド自体の性能が かなり弱かった (詳しくは後述)ため使用人口も低く、
華々しいデビューとは裏腹に、残念ながら人気は伸び悩むことになってしまった。
CFJとZERO3↑↑で共演したユン曰く、「インコース高めを狙って大暴投って感じだなアンタ」。何の自虐だカプコン。
自虐ネタの類でキャラやファンを振り回すとは感心しませんな

しかし、繰り返すも本来なら闇に消えていたキャラクター。
不運・不遇とはいえデビューの場を与えられ、現在でも一定の人気を誇る彼女はハッキリ言って恵まれている方であろう。

『CFAS』ではイングリッド(ルークとD.D.も)は〝神なる力を持つ者〟「コードホルダー」と言う存在であるらしい。
そしてその中でもイングリッドは「ナチュラルコード」と呼ばれる、自然発生したコードホルダーであった。
なお、ルークとD.D.は後天的にコードホルダーの力を移植されたらしい。
例えるなら「三種の神器」である草薙京とその力を移植されたK'、あるいは「聖女」である愛乃はぁとと「人工聖女」であるヴァイスの関係に近いだろうか。
ただしルーク達はイングリッドの力を移植された訳ではなく、また彼らに移植されたコードホルダーの力も人工的な紛い物ではない様だ。

そしてホルダー達は能力の他にそれぞれ独自の「紋章」を持ち、イングリッドはその特徴的な髪飾りが紋章であるとされている。
なお現在は「年齢不詳」のイングリッドだが、この時点では 16歳 と見た目通りの年齢の少女キャラとして設定されていた。
ただしこの頃から年寄口調ではあった。 …つまりこの頃はロリババアではなく、「のじゃロリ」だったんだよ!!

2度目の出番となった『ZERO3↑↑』では、サイコドライブにイングリッドの紋章が組み込まれているという驚愕の後付け事実が明らかになる。
またEDを見る限り何かしらの組織に属しており、任務で時空を飛び交っているような描写が見られる。
ローズの「あなたの未来も、過去も、すべて白くかすんで見えない…」というセリフからも、彼女が時を超越した存在であるのは間違い無いようだ。
そして、次の目的地である201X年に飛び立つのであった。その目標は…。

「なんと!コヤツはさっきの小僧・・・・リュウではないか

面白いことになってきおったのう!にょほほほほ!」


+  ええい、わしの次の出番はまだか!?

二次創作絵等では割と大人びて描かれる事もあるが、公式ではむしろ一貫して童顔キャラとして描かれている。
他の少女キャラと比べても一際ロリ小柄、中学生と比較してもなお小さな身体だが、
イラストやドット絵を見る限りは相当な戦闘ry(お痛がすぎたようじゃな☆
と言うか公式二次創作問わずイラスト上では大抵ロリ巨ny(貴様の望んだ結末がこれか…


原作でのイングリッド

高い移動速度とステップで高性能な通常技による差し合いに持ち込み、当身を取って投げを狙う玄人好みキャラ。
と同時に、クセはあるものの波動昇龍キャラでもあるので、初心者がリュウケンの真似事をしてもそれなりに様になる。
身体が小さく対空手段も豊富、コマンド投げは持たないものの通常投げは範囲と威力に優れている。
しかしながら
  • 低火力装甲で、コンボも貧弱
  • 食らい判定が見た目より横に広くめくりに弱い
  • 必殺技が扱い辛く構成もちぐはぐで、戦法が確立し辛い
  • 豊富な対空手段がそれぞれに致命的な弱点を抱えている
  • 当て身投げを狙う際、小さな身体が必ずしも利点とはならない
  • 当て身投げの発動が派手で分かり易いため、先出しすると見切られ易い。
  • 当て身投げでダメージを稼ぐキャラであるため、待ちキャラを崩す選択肢が少なくシビア
  • 空中戦に強い通常技を持つが、ジャンプが緩やかなため自分から空中戦を仕掛けると対空技で落とされる
等の弱点を持ち、また登場キャラクターに出典ゲームのシステムが与えられるCFJにおいて、
同作が初登場となるイングリッドに与えられた独自システムで見るべきものが前後転と移動起き上がりぐらいで、
イングリッド自身の弱点が補えるものでは無かった事から「弱キャラ」とされてしまった。
(システム自体はストリートファイターII出身キャラの方が貧弱だったが、彼らには高い単発火力が与えられていた)
総合ダイヤではヌール春日野さくらと最弱を争い、
「イングリッド≧ヌール>さくら」という意見も出ていたものの、
研究が進みきる前に CFJそのものが廃れてしまった

なお、CFAS時点では「サンオクトパス」なる超必殺技が搭載される予定だった様だが、性能等は謎に包まれている。
CFJのイングリッド http://www.nicovideo.jp/watch/sm314611 ZERO3↑↑ http://www.nicovideo.jp/watch/sm501599

MUGENにおけるイングリッド

MUGENでは、優秀なシステムが与えられた上で性能が強化されている場合が多く、
高性能な当て身投げを駆使して小さな身体で大男共を翻弄、
キラキラ光る華麗な連続技で、対戦相手と動画視聴者をメロメロにしている
どのイングリッドも、複数のダメージソースをきっちり使い、また攻め手に回って一気に持っていく火力が無く、
他と比較しての絶対的なリーチの短さからターンの継続が難しいため、1ラウンドの間に攻守が何度も入れ替わる。
この辺りが、とは言えず、明確な一打逆転の火力も持たないイングリッドが、名勝負製造機と呼ばれる所以である。
下記の通り数多く作成されているが、現在では公開停止になってしまっているものも多い。

+ GG風イングリッド
+ MVC風イングリッド
+ CVS風イングリッド
+ MB風イングリッド
+ Pot's氏風イングリッド
+ コードホルダー
+ 謎のイングリッド(ストーリー動画ネタバレ)

他に、海外製作者氏によるZERO3↑↑仕様のイングリッドもいたが、AI未搭載のため動画への出番は無かった(現在は公開停止)。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm8115753

ニコMUGENでのイングリッド

カプコンキャラとしてはマイナーだが、MUGEN動画ではトップクラスの出番に恵まれている。
原作で不遇なキャラにも好きなようにスポットを当てられるのもMUGENならでは。
美少女の容姿、CFJでは選択画面でリュウよりも目立つ位置に配置、条件付乱入キャラにコードホルダーという立ち位置から
主人公枠ヒロイン枠ラスボス等に対応出来るのが強み。
ただ、元がCFJのキャラであるため、いわゆるの出番は少ない、気がしたが
一方で、「味方殺し」「9条流」「カニミソ」などといったネタ大会での出番がは少ない。
また、MUGENの人外年長者としては比較的まともな人格者であるため、ストーリー動画では良識あるお姉さん組織のトップ等のポジションを勤めることもある。

美少女キャラだが、「長く生きている」という事実と、外見に反しての特徴的な年寄口調(取りようによっては姫様口調だが)からか、
ニコMUGEN内では「ロリババア」「高性能ばあちゃん」「求婚率の変わらないただ一人のババア」などと呼ばれる事が多い。
見目麗しい女性キャラをババア呼ばわりするとファンが反発したり、当該キャラが発言者を粛清した様なコメントが見られたりするものだが、
イングリッドはババア呼ばわりされてもファンの反発も無く、イングリッドが粛清した様なコメントも書き込まれない。
むしろファンの方が積極的に「ババア結婚してくれ!」と叫ぶなど、格ゲーヒロインとしてはなかなか珍しい立ち位置を保持している。
作中人物からも度々、ババア呼ばわりされるが、笑って受け流したりちょっとしたお仕置きで許したりするキャラ付けが多い。
「ババア結婚してくれ」的な意味でニコMUGENでの立ち位置が近い八雲紫と比べると、黒幕的な立ち回りは少なく、主役サイドでの起用が多い。
また年齢不詳であることから、「見た目相応」から「見た目より長生き」と幅広く扱うことができる。

ただ、CFJ、ZERO3↑↑共に、正体を知らない人間には基本的に子供、小娘扱いされている。
ファンがババア呼ばわりに寛容なキャラではあるが、作中人物にババア呼ばわりされる事は嫌う視聴者もいる。
特にストーリー動画などで「イングリッドの正体を知らない作中人物」にババア呼ばわりさせるのは、控えた方が無難ではある。

何気に過去に 某スレで行われた人気投票 で単独一位を取っている。

+ 大会ネタバレ


「ちとやりすぎたかのぅ」


出場大会

+ イングリッド
+ GG風イングリッド
+ MB風イングリッド
+ コードホルダー

出演ストーリー

+ 一覧

その他

+ 一覧

+ 余談